51%攻撃で仮想通貨の価値がゼロ(0円)になる?51%問題の真実とは

51%攻撃で仮想通貨の価値がゼロ(0円)になる?51%問題の真実とは

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨のことを調べていると、51%攻撃って単語を目にしたんだよね。調べてもよくわかんなかったけど

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

あぁ、それなら私も見たわ。といっても、技術的な話みたいだし、私達には関係ないわよ

カネット XXX(表情名入力)カネット

ちょっと待っテ!確かに直接的には関係ないかもしれないケド、51%攻撃は仮想通貨が無価値になるかもしれにない攻撃なんだヨ!知っておいて損は無いから説明していくネ!

仮想通貨投資に興味がある方なら、「51%攻撃(問題)」という言葉を一度は聞いたことがあるはずです。しかし、技術的な問題のため、多くの人が自分とは無関係だと思っています。

でも、この問題によって、仮想通貨の価値がゼロになるかもしれないといわれれば、気になりますよね?

そこで今回は、一度は耳にしながら、詳しくは知らない51%攻撃について解説していきます。

51%攻撃(問題)を知るために仮想通貨の仕組みを理解しよう

仮想通貨の価値がゼロになるかもしれない51%攻撃。でも本当に、それだけの影響を与える問題なのでしょうか?まずは、51%攻撃とはどんなものかを知るために、仮想通貨の仕組みを簡単に確認していきましょう。

仮想通貨の取引は、すべて記録されている

仮想通貨は取引が行われる度に、その取引内容が記録されていく仕組みになっています。これが、いわゆるブロックチェーン技術によるものです。

ここでブロックチェーン技術について簡単に説明しておきます。ブロックチェーン技術というのは、仮想通貨の根幹を形づくっている以下のようなシステムのことをいいます。

  • 作り出されてからこれまでの取引記録を全て記した台帳のようなもの
  • ブロックは台帳の1ページ。それが一つずつ鎖状に繋がっているため、ブロックチェーンと呼ばれる
  • インターネットでつながっているすべての人が利用できる
  • ネットワークに参加している全員のパソコンによって管理されている。そのため、ひとつのパソコン が壊れてもデータが消えることがない
  • ネットワークに参加する全員が監視し、不正な取引や情報の改ざんができない仕組みになっている
  • 参加者によってチェックされて、正しい情報だと認められたものだけが記録される

以上のような特徴があり、仮想通貨の取引が行われると、その記録がブロックに記され、鎖状にどんどん繋がっていきます。そして新しいブロックができると、それ以前のブロックに記されたデータを暗号化して取り込んでいくのが特徴です。

そのため、偽の取引情報が記録されたり、不正な情報が正しいかのように書き換えられるようなデータの改ざんが行われようしても、過去のデータとの整合性が取れなくなるので、不正行為に気付くことができます。

仮想通貨が不正行為に強いと言われるのは、このブロックチェーン技術があるからです。

マイニングに参加する人々がデータの正しさを裏付けている

仮想通貨の取引履歴をブロックに書き込むためには膨大な計算が必要です。マイニングはこの計算に参加すること。そして、最初に計算処理を成功させた人に報酬として仮想通貨が与えられるのです。

そして、マイニングはこの過程でデータの署名や不正な書き換えが行われていないかを監視する役割もあります。

このとき、データが正しいものか不正なものであるかは、多数決によって判断されます。つまり、マイニングに参加した人のうち51%以上の人が正しいと判断したものが、正しいデータと認められるのです。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

えーっと、1番最初に暗号を解読した人の答えを、他の人たちが合ってるかどうかを検証。正解してたら1位の人に報酬を与えるのね

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

間違った答えを出した人はどうなるの?

カネット XXX(表情名入力)カネット

正しい答え以外は無視されて、みんなが『この人の正解が正しい』って判断したものが正解になるヨ。多数決で正しい答えを決めるのがマイニングなんダ

51%攻撃(問題)の本質はマイニングの仕組みにある!

51%攻撃はこのマイニングシステムが悪用されることで起こります。どのようなものかを詳しく確認していきましょう。

51%攻撃とは

51%攻撃は、先ほど説明をしたような監視やデータの記入を担うマイニングに参加して人(マイナー)の51%以上が結託し、自分たちに有利な運用を実施することです。

ブロックチェーン技術のところで説明した通り、ブロックチェーンに記録される情報は、ネットワークに参加している人全員の手で管理されています。ブロックに書き込まれる情報が正しいものなのかどうかも、その全員で判断することになっています。

どのように判断するかといえば、多数決で判断されます。要するに51%以上の参加者が正しいと判断すれば、その情報が正しい情報として記録されるのです。ある意味、完全な民主主義に従って、記録する情報の正しさを確保されるということ。

中央銀行といった特定の管理者が、独裁的に正しさを振りかざす法定通貨では、ありえないことです。だからこそ、仮想通貨は新時代の通貨として、多くの人に期待されるといえるでしょう。

しかし、これは一方であるリスクを生み出しています。それが51%攻撃。つまり、不正かどうかを多数決で判断するため、多数派が不正行為をすれば、それが正しいデータになってしまうのです。

本来あってはならないことですが、マイニングの仕組み上、このようなリスクは起こりうります。そのため、仮想通貨の大きな問題点として議論され続けているのです。

51%問題が与えるとされる仮想通貨への影響

では、実際に51%問題が起こるとどのような影響があるのでしょうか。

主に以下のことが考えられます。

・取引の承認が邪魔される
・2重支払いのような取引の取り消しなどが行われる
・マイニング報酬が奪われる

仮想通貨投資を行う人にとって、取引に影響が出るのは深刻な問題です。

具体的には、仮想通貨の送金処理などが上手く機能しなくなる可能があります。つまり、送金したはずの仮想通貨が正常に手続きされず、誰かの手に渡ったり、どこかに消えたりするのです。

こうなると、多くの人が仮想通貨の安全性に疑問を持ち、価値がないと考えるようになるでしょう。その結果、今ある仮想通貨の価値がゼロになるかもしれません。

51%問題が起こったとしても問題にならないこと

一方で、たとえ51%問題が起こっても、仮想通貨の価値には影響が及ばないという意見もあります。

そう考えられている理由は下記のとおりです。

・過去の取引履歴などを書き換えるのは不可能に近い
・仮想通貨を新しく無限に生み出すことはできない
・他人のウォレットなどから仮想通貨を奪うことはできない

51%問題が起こると、自分が所有している仮想通貨も奪われるのではないかと考える人もいます。しかし、技術的な面からそれは不可能に近いと考えられているのです。

つまり、51%問題の発生イコール仮想通貨の終わりといった話もありますが、すべてがダメになるわけではありません。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほど、ビットコインユーザーの半分が一斉に不正行為をすれば、ビットコインのシステムをメチャクチャにして、人の取引記録とかも改ざんできるってことなんだね……

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

でも、人の持ってるビットコインを奪ったり、新しく作ることはできないんでしょ?ならそれほど問題じゃないわよね?

カネット XXX(表情名入力)カネット

確かに、個人のビットコインが奪われることはないヨ。でも、ビットコインで51%攻撃が成功してしまえば、他の仮想通貨でも51%攻撃が可能になって、仮想通貨全体の価格下落が予測されるんダ

51%問題は現実に起こるものなのか?

それでは、51%問題は現実に起こりえるのでしょうか。この点については、さまざまな意見があり、マイナーの状況を踏まえた検討がされています。

現状では不可能とされている

これまで、仮想通貨のマイニングは個人でも副業感覚でできる作業でした。しかし、仮想通貨の流通量や利用者が増加したことで状況は一変。今ではASIC(エーシック)という専用機が不可欠となりました。

さらに、設備投資や電気代に莫大な費用がかかるため、マイニングで収益を上げるには、プールと呼ばれるマイニングのグループに所属するか、企業活動として行う必要があります。つまり、個人でマイニングを行うのは不可能に近いのです。

このような事情から、計算力のシェアは最大のところでも20%程度。51%には遠く及びません。特定の組織やグループが多数になることがないのです。

この事実から、51%問題の発生はあまり現実的ではないと見られています。しかし今後、莫大な資金力がある大企業や国家がマイニングに参入した場合には、このバランスが大きく崩れることも考えられます

また、高い計算力を持ったマシンの登場によりこのバランスが崩壊し、51%問題と同様の問題が生じる可能性もゼロではないでしょう。

そもそも51%攻撃を起こすメリットがない

51%問題は、ここまで伝えたように仮想通貨の価値をゼロにしてしまう可能性があるものです。そのため、不正をする側にもメリットがないのです。

たとえば、仮想通貨市場を徹底的に壊したいというのであれば、話も変わります。しかし、そうでもない限りは、全く意味のない行動になってしまうのです。

以上の2つの理由から、51%問題は現実には起こらないというのが、大方の考えです。

仮想通貨の価値がゼロになると聞くと不安になりますが、必要以上に怖がる問題でもありません。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へ~51%攻撃を起こす犯人が得るものがないから、51%攻撃は起こらないってことなんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

それに、ビットコインの計算力を51%以上にするためには、色んなマイニンググループや企業の協力が必要になるヨ。そんな人たちが一気に、ビットコインを無価値にしようと攻撃をしかける……なんて、あんまり考えられない話だよネ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

確かに、膨大な電気代もかかるし、51%攻撃をしかけても犯人が大損するだけだものね

カネット XXX(表情名入力)カネット

ただし、こういった攻撃を仕掛けられるリスクがあるってことだけは覚えておいてネ。絶対に起こらないと断言はできないカラ

51%攻撃はあまり心配しなくていい!必要以上に不安にならないよう情報を集めよう

仮想通貨に関する大きな問題のひとつとして取り沙汰される「51%攻撃(問題)」。この問題を詳しく知らずに、「仮想通貨の価値がゼロになる」などの情報だけを聞いて、不安に思っている人も多いはずです。

しかし、ここで説明したように、「51%攻撃」は現実に起こる可能性が低い問題。必要以上に怖がる必要はありません。

この問題に限らず、仮想通貨は急速に市場が拡大したこともあり、今後も様々な問題点が取り沙汰されるでしょう。

しかし、今回の51%問題のように中身をしっかりと確認すれば、さほど大きな問題ではないことも多いはずです。

仮想通貨の投資を行うためには、正しい情報を得ることが大切。そのため、不安なことやわからないことがあれば、自分でしっかりと調べるようにしましょう。