ビットバンク(bitbank)での法人口座開設方法!手順を画像入りで詳しく解説!

ビットバンク(bitbank)での法人口座開設方法!手順を画像入りで詳しく解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

セキュリティが高いことで有名なビットバンクでは、個人口座だけじゃなくて法人口座も作れるんダ。法人口座が作れる取引所は限られているから、会社で仮想通貨を持ちたい人は口座を開いてみよウ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

僕は将来的に社長になる予定なんだけど、今すぐ法人口座を開設できるかな?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

サトシくんは大学生だし貯金もないし、今すぐはちょっと難しいんじゃないの?

カネット XXX(表情名入力)カネット

でも社長になりたいって気持ちは大事だし、未来のサトシくんのためにも法人口座を解説する方法を説明しておくヨ!

bitbank(ビットバンク)はセキュリティと信頼性が高い上、取り扱っている全ての通貨が板取引可能な仮想通貨取引所。bitbankでは、個人だけでなく法人名義での口座開設も可能です。※個人の方はビットバンク 口座開設方法にて詳しく説明しています。

ここでは法人名義での口座開設手順を画像入りで詳しく解説していきます。

ビットバンク公式サイトはこちら

法人口座開設の大まかな流れ

メールアドレスを登録

法人、代表者についての情報を入力

必要書類を提出

確認ハガキを受け取る

法人口座の開設に必要なもの

・メールアドレス
・法人、個人それぞれの確認書類
この2つがあれば、すぐに口座開設が可能。

運転免許証などの本人確認書類は、スマホなどで撮影したものをネット上にアップロードすることで提出できます。あらかじめ撮影したデータをパソコンやスマートフォンに保存しておくと登録がスムーズにできますよ。

では、口座開設の手順をひとつずつ見ていきましょう。

bitbankの法人口座開設方法

メールアドレスを登録

bitbankの公式サイトにアクセスすると、トップページが表示されます。

ビットバンク トップページ

そして「メールアドレス」と書かれた枠の中にカーソルを合わせて、メールアドレスを入力しましょう。YahooメールやGメールなどのフリーメールアドレスでも登録が可能です。

メールアドレスを入力後「新規登録」のボタンをクリックすると、下の画面が表示されます。

ビットバンク 登録確認メール送信完了画面

その後、入力したメールアドレス宛にbitbankからメールが届くので確認しましょう。

確認メールのリンク先をクリック

bitbankから送られたメールの本文には、登録用URLが記載されています。ここをクリックして下さい。

ビットバンク 確認メール画面

パスワードの設定

メールのURLをクリックすると、下の画面が表示されます。

ビットバンク パスワード登録画面

ここではまず、パスワードを設定します。「パスワード入力」の欄に任意に設定したパスワードを入力しましょう。パスワードは半角英数字と記号を自由に組み合わせて設定できます。

なお、パスワードは複雑で長いものほど安全性が高くなります。セキュリティの面でも、推測がしやすい短いパスワードは避けて下さい。また、他の取引所やサイトで使っているのと同じではなく、独自のものを設定するようにしましょう。

そして、「パスワード再入力」の欄に設定したパスワードをもう一度入力します。

利用規約等の確認
サービスを利用するためには、以下に同意する必要があります。

【確認事項】
・利用規約
・取引ルール
・リスク事項

それぞれの項目をクリックして目を通し、同意したら左側のチェックボックスにチェックを入れていきます。

ビットバンク パスワード登録画面

全てのチェックボックスにチェックを入れたら「登録」をクリックしましょう。

法人情報を入力

ここまででアカウントの登録は完了。ただ、この段階では入出金や仮想通貨の取引ができません。口座開設を進めるためには法人口座開設申込書の記入が必要です。

bitbankにログイン後、管理画面の右上にある「?」マークにカーソルを合わせるとメニューが出てきます。その中の「FAQ」をクリックしましょう。

ビットバンク 管理画面

すると、FAQ画面に移動します。

ビットバンク FAQ

FAQ画面>「アカウント」>「法人口座の登録方法」>「2.下記フォームへの回答」から法人口座開設申込書へ移動します。こちらから直接アクセスも可能

ビットバンク 法人口座開設

法人口座開設申込画面ではまず、
・登録メールアドレス
・bitbankにおけるID

について入力します。

bitbankにおけるIDはアカウント登録後、自動的に設定されます。自分のIDは、こちらからログインして確認できます。

法人概要の入力

メールアドレス、IDを入力した後、法人概要について入力していきます。

ビットバンク 法人概要

法人概要では
・国内法人であるか否か
・法人名称
・法人名称フリガナ
・住所
・電話番号
・業種
・業務内容
・設立年月
・HPなどの有無
といった項目について入力・選択していきます。

なお、業務内容はできる限り詳細に入力しましょう。具体的な記載がない場合、再提出を依頼される場合があります。

代表者情報の入力

続いて、代表者についての情報を入力します。

ビットバンク 法人口座開設申込書

この画面では、代表者の
・役職名
・氏名
・フリガナ
・取締役・監査役員全員の氏名
について入力します。

取締役・監査全員の氏名を記入する欄では、登記簿謄本に記載されている取締役・監査役員全員の氏名を「,」で区切って入力しましょう。

実質的支配者の情報を入力

次に、実質的支配者についての情報を入力します。

ビットバンク 法人口座開設申込書画面

ここでは実質的支配者の
・氏名
・フリガナ
・生年月日
・住所
について入力します。

実質的支配者とは、法人の議決権(株式など)のうち、25%超を保有していることなどにより、法人の事業活動に支配的な影響力を有すると認められる地位にある人。

なお、法人の議決権のうち直接または間接に25%超を有する、またはそれに準じた支配的影響力を有する人がいない場合、当該法人を代表し、その業務を執行する個人が実質的支配者となります。

実質的支配者の記載がない場合、法人口座の開設ができないため、必ず入力しましょう。また、実質的支配者が複数いる場合は、全員分の情報を入力して下さい。

担当者の情報を入力

続いて、取引担当者についての情報を入力します。

ビットバンク 担当者の情報の入力

ここではまず
・代表者と担当者が同一か否か
・担当者の役職名
・所属部署
・氏名
・フリガナ
・生年月日
・住所
・電話番号
について入力していきます。

なお、この時に登録した情報をもとに、本人確認書類に記載されている内容と同じかどうかの確認が行われます。その後、登録住所あてに届く確認ハガキを受け取ることで本人確認が完了します。ですから、ここで入力する内容は間違いのないように注意しましょう。

全ての項目に入力したら「送信」をクリックします。その後、登録メールアドレスに法人口座の申込み確認メールが届くので確認しましょう。

本人確認書類のアップロード

法人情報の登録が完了したら、続いて、担当者の本人確認書類を提出します。確認メールのリンクをクリックするか、ログイン後>アカウント>登録情報から本人確認書類のアップロード画面に移動しましょう。

ビットバンク 本人確認書類アップロード

まず「本人確認書類の種類」から提出する書類を選びます。

ビットバンク 本人確認書類アップロード2

そして「本人確認書類のアップロード」の下のイラスト部分にカーソルを当てると「+」ボタンが表示されます。「+」ボタンをクリックすると、パソコン内に保存してある画像データがアップロードできます。

ビットバンク 本人確認書類アップロード3

同じ要領で裏面もアップロードしましょう。(パスポートの場合、顔写真のページと住所記載のページ)あとは「アップロードする」ボタンをクリックして完了です。

なお、本人確認書類として有効なものは

・運転免許証(両面)
・パスポート(顔写真のページと住所記載のページ)
・住民基本台帳カード(両面)
・在留カード(両面)

のいずれか1点。全て有効期限内のものに限り、デジタルカメラもしくはスマートフォンなどで撮影した、鮮明なカラーファイルである必要があります。

法人確認書類のアップロード

必要書類のアップロードまで終わり、bitbankの確認処理が終わると、その旨が記載されたメールが送られてきます。

その後、登録した法人住所あてにbitbankから本人確認ハガキが到着します。

ビットバンク 確認ハガキ

なおこのハガキは簡易書留のため、ポスト投函はされません。受け取れなかった場合には不在票が入りますので再配達を依頼しましょう。

確認ハガキは圧着式になっています。中面を開くと、左側に「ご登録ありがとうございます」のメッセージ、右側には今後の流れと暗証番号が記載されています。

ビットバンク 確認ハガキ中面

あとはハガキの案内にしたがって、
1.ログインしてアカウント画面を開く(スマホの場合、ハガキ左側のQRコードを読み取ることで素早くアクセスが可能)
2.登録情報>本人確認書類にある「暗証番号で有効化」をクリックして認証ページを開く
3.ハガキに記載された暗証番号を入力し「有効化」をクリック

これですべての本人確認が済み、bitbankの口座開設が完了です。

なお、暗証番号による認証は必須ではありません。ハガキを受け取った翌営業日には自動で有効化が行われます。しかし、暗証番号を入力すれば即時にサービスが開始できるため、急ぎの場合は認証を行いましょう。

以上のように、bitbankで法人口座を開設するのは思ったよりも簡単。画面もシンプルでわかりやすいため、迷うことなくスムーズに口座開設ができます。

また口座を開設したからといって、すぐに取引を始めなくても大丈夫。チャートや画面を眺めているだけでも仮想通貨取引の仕組みが把握できてきますし、実際にいろいろ試してみた上で理解が深まれば安心して利用できます。

bitbankは取り扱っている全ての仮想通貨で板取引ができる上、セキュリティもしっかりしているので安心して利用できます。早速口座を開設してみましょう!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ハガキさえ受け取れば、あとは自動的に番号の有効化もされるんだね。でも会社の口座ならその場ですぐに有効化しといた方がいいよね?

カネット XXX(表情名入力)カネット

すぐに取引をしたい場合は、認証をして有効化しておいた方がいいと思うヨ!口座を開設したあとはお金を振り込む必要もあるしネ!

ビットバンクの口座開設はこちら

口座開設のギモン

bitbankで法人口座を開設する手順を詳しく紹介してきましたが、仮想通貨取引所の口座を作るとなると、不明な点・不安な点があると思います。ここでは口座開設の際に気になる5つの疑問にお答えします。

法人口座を開設する条件はある?

bitbankで法人口座を作る際、特に条件はありません。スマホやパソコンなどのインターネット環境があって、必要な書類が提出可能であれば口座開設を申し込めます。

ただ、法人名義の場合、法人としての経歴や実績、資本金額などを基準に審査が行われます。明らかな節税対策のみで取引の実態がないといった場合、審査が通らないこともあるようです。

しかし法人名義で仮想通貨取引を行うと、多くのメリットがあります。ですからまずは、上で紹介した手順を参考に口座開設を進めてみましょう。法人名義で仮想通貨取引を行うメリットについては別の記事にまとめています。(別記事へのリンク)

登録や口座開設にかかる費用は?

bitbankで法人口座を開設する際、費用は一切かかりません。登録の際はもちろん、口座維持手数料も無料です。

登録はスマホからもできる?

口座の開設はスマートフォンからも可能です。画面の表記は少し異なるものの、登録と口座開設の流れは上で説明したとおりです。スマートフォンであれば、本人確認書類を撮影してそのままアップロードできるので便利ですよ。

本人確認書類はなぜ必要?

2017年4月1日に改正資金決済法が施行され、国内の仮想通貨の交換所や取引所において、口座開設の際に本人確認が必須となりました。

これは、なりすましなどによる不正アクセスやマネーロンダリング(犯罪などによって不正に得た収益を流通可能なお金に変えること)を防止するためです。

そのため、bitbankでは本人確認書類の提出と確認が完了しなければ、仮想通貨の取引ができない仕組みになっています。

少し手間はかかりますが、裏を返せばbitbankはそれだけセキュリティがしっかりしていて信頼できるとも言えますね。

開設から利用までにかかる日数

bitbankの公式サイトによると2018年1月現在、新規口座開設の申込み数が増加しているため、審査完了まで1~2週間程度かかっているそうです。

これからますます利用者が増加することを考えると、1日でも早く口座開設の手続きを進めておくのが得策です。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

結構時間がかかるんだね。やっぱり会社を起ち上げる前に登録しておいた方が良いんじゃないの?

カネット XXX(表情名入力)カネット

存在しない会社の登記簿謄本は用意できないから無理だネ……。でも時間に余裕があるうちに作っておいた方が良いのは確かだヨ!

ビットバンク公式サイトはこちら

口座開設後にやっておきたいこと

bitbankで口座の開設が完了したら、すぐにでも取引をスタートしたいですよね。でも、次に紹介する2段階認証は事前に設定しておきましょう。安心して取引が始められます。

2段階認証

仮想通貨取引所では、まず資金として日本円を入金し、そのお金で仮想通貨を買うのが一般的な流れです。自分のお金を使ってネット上で取引する以上、セキュリティ面はしっかりしておきたいですよね。

そのために、2段階認証の設定を強くオススメします。2段階認証とはログインの際、メールアドレスと通常のパスワードに加えて、もうひとつの段階を経て認証するものです。

2段階認証を設定していないと、第三者がパスワードを解読し、不正にアクセスする恐れがあります。もし、不正にアクセスされ勝手にパスワードを変更されてしまえば、ログインができず、取引所にある日本円やビットコインを失うことになります。

安心して取引するためにも、2段階認証は設定しておきましょう。

bitbankの場合、2段階認証を以下の2つから選択できます。
1.スマホの認証アプリ
2.携帯電話のSMSメッセージ

それぞれの2段階認証の設定については、こちらで詳しく説明しています。(別記事へのリンク)

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

二段階認証って名前からしてめんどくさそうだなぁ。だけど、法人口座ならちゃんと設定しておかないとね…

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

そうね。設定してなくて会社の資産がパーになったら、サトシくんの社長人生もおしまいよ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

あわわわ……やろう!今スグやろう!

まとめ

いかがでしたか?法人口座の開設は必要な書類が増える分、難しいイメージがあるかもしれません。

しかし実際にやってみると、とてもシンプルなのでつまずく箇所はほとんどありません。

bitbankは手数料を抑えて仮想通貨が取引可能なことに加え、セキュリティもしっかりしていて信頼性が高いのが魅力。今すぐ口座開設して、仮想通貨取引を始めましょう!

ビットバンク公式サイトはこちら