ビットバンク(bitbank)ではいくらから仮想通貨が買える?最低取引単位や最低入金額を徹底解説!

ビットバンク(bitbank)ではいくらから仮想通貨が買える?最低取引単位や最低入金額を徹底解説!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

しまった!昨日飲み会でお金を使いすぎて、ビットバンクで仮想通貨を買うお金が残ってない!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ちょっと財布の中身を確認……オヤ!3000円残ってるネ!それなら大丈夫だヨ!ビットバンクの最低取引単位は低いから、そのお金でも仮想通貨が購入できるんダ!

ビットバンク(bitbank)は全ての取り扱い通貨が手数料無料でお得に取引できる仮想通貨取引所。また、コールドウォレットによる資産管理やマルチシグなど、しっかりしたセキュリティも魅力です。

しかし、ビットバンクで仮想通貨の取引を始めたい人の中には「仮想通貨はいくらから買えるのかわからない」という方や「始めるのに高額な費用がかかるのではないか心配」という方も多いと思います。

また、仮想通貨は値動きが非常に激しいため、高額の取引をすると大きな損失をしてしまうんじゃないかという不安もありますよね。

ここでは、ビットバンクでいくらから仮想通貨が買えるか詳しく解説。さらに注意すべき点や気になる疑問についても説明します。

ビットバンク公式サイトはこちら

ビットコインは1BTCより小さい単位での取引が可能

仮想通貨は非常に多くの種類があります。そして価格も1円に満たないものから、数十万円を超えるものまで様々です。

仮想通貨で最も有名なのがビットコイン。その価格は2018年4月現在、1BTC(BTCはビットコインの単位)=80万円前後。そのため「購入してみたいけど、高すぎて買えない」と思っている方も多いかもしれません。

しかし、ビットコインは0.1BTCや0.001BTCなど、小数点以下の単位から取り扱いが可能。最小単位は0.00000001BTC(=1BTCの1億分の1)と非常に小さくなります。

ですから1BTC=100万円の場合、0.001BTCなら1,000円、0.0001BTCなら100円で買えることになります。

そのため、仮想通貨投資は数千円や数百円からでもスタートできるのです。

では、ビットバンクではどの仮想通貨がどのくらいから買えるのでしょうか。続いて詳しく見ていきましょう。

ビットバンクで仮想通貨はいくらから買える?

ビットバンクの最低取引単位について見ていきます。

最低取引単位は取り扱い通貨によって違う

ビットバンクでは、以下の6種類の仮想通貨が取引できます。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)

上の取り扱い通貨は、全てが同じ金額分から買えるわけではありません。ビットバンクでは取り扱い通貨によって最低取引単位が違います。それぞれ詳しく見ていきましょう。

取り扱い通貨ごとの最低取引単位と購入金額

ビットバンクで取り扱っている仮想通貨ごとの最低取引単位は以下の通りです。

仮想通貨最低取引単位
ビットコイン(BTC)0.0001BTC
リップル(XRP)0.0001XRP
ライトコイン(LTC)0.0001LTC
イーサリアム(ETH)0.0001ETH
モナコイン(MONA)0.0001MONA
ビットコインキャッシュ(BCC)0.0001BCC

例えば1BTC=100万円の場合、0.0001BTCは100円。ですからこの場合、100円からビットコインが購入できるということになります。

アルトコインについても同じく、小額で購入が可能です。仮想通貨によって価格は違いますが、どの銘柄も数百円単位、数千円単位から買うことができるため、気軽に取引が始められます。

仮想通貨取引は小さな金額からスタートできる

ビットバンクでは取り扱い通貨によって最低取引単位が違いますが、どの仮想通貨も小さな金額から購入が可能です。

千円単位のお小遣い程度から始められるので、取引の仕組みや流れを掴むためにも、まずは少しずつ購入してみることをオススメします。

でも、ビットバンクで実際に仮想通貨投資を始める際、必要な費用はあるのでしょうか。また、日本円は最低いくらから入金ができるのでしょうか。

続いて、ビットバンクを利用するための費用について、詳しく見ていきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

100円から買えるってありがたいけど、0.0001とか仮想通貨を買った気がしないなぁ

カネット XXX(表情名入力)カネット

そういうときは、リップルやモナコインみたいに、価格が低い仮想通貨を購入しよウ!

ビットバンクを利用するためにはいくら必要?

ビットバンクで仮想通貨を売買するには、まず口座を開設し、その後日本円を入金する必要があります。また仮想通貨取引で得た利益は、日本円に換えて出金できます。

それぞれについて、いくら必要なのか、いくらから入出金ができるのか見ていきます。

口座開設や維持にかかる費用

口座開設をするだけなら、費用は一切かかりません。口座開設費も維持費も無料です。

ただし、口座開設には書類の提出や本人確認があり、時間がかかる場合があります。仮想通貨の価格が急激に下がった時など、購入したいときにチャンスを逃さないためにも口座開設は早めに行っておきましょう。

なお、口座開設について詳しくは別の記事にまとめていますので確認して下さい。(「ビットバンク 口座開設」の別記事へリンク)

日本円の最低入金額

ビットバンクへの入金方法は、銀行振込のみ。ATMやインターネットバンキングなどから指定の口座に振り込みを行うことで、日本円が入金できます。

ビットバンクの最低入金額と入金できる上限額は以下の通りです。

最低入金額入金上限
1円~なし

入金は1円から可能なため、小さな金額から始められます。しかし、入金の際には手数料がかかるので注意が必要。

ビットバンクの入金手数料は以下の通りです。

入金手数料 0円~600円前後(金融機関による)

入金の際、ビットバンクに支払う手数料は無料。しかし、金融機関あてに振込手数料を支払う必要があります。

振込手数料は、金融機関や入金額によって違います。また、入金には時間がかかる場合もあります。

なお、入金方法について詳しくは「ビットバンク(bitbank)の入金方法を徹底解説!反映時間や手数料、手順など画像つきで説明します!」で説明しています。

銀行口座への最低出金額

ビットバンクの最低出金額と出金上限は以下の通りです。

最低出金額出金上限
1,000円~なし

1,000円以上であればいくらでも出金ができますが、以下の手数料がかかります。

出金額出金手数料
3万円未満540円
3万円以上756円

出金手数料は出金額によって変わります。手数料は出金のたびにかかるので、できるだけまとまった金額で出金した方が手数料を抑えられます。

なお、出金方法について詳しくは「ビットバンク(bitbank)で日本円を出金する方法とは?手数料やかかる時間、注意点を徹底解説!」で説明しています。

ビットバンクは全ての取り扱い通貨が手数料無料で取引できる

ビットバンクは、全ての取り扱い通貨の取引手数料が無料。これは非常に大きなメリットです。

多くの取引所では仮想通貨の売買時、通貨や注文方法によって0.01~0.8%前後の手数料がかかります。ビットコインの取引手数料は無料でも、他の通貨で手数料が割高になる取引所も多くあります。

しかしビットバンクなら、どの通貨でも手数料が無料。買う時や売る時、それに成行注文や指値注文といった注文方法に関わらず手数料ゼロでお得に売買可能です。

なお、成行注文とは価格を指定しない注文方法で、指値注文とは価格を指定する注文方法です。

ビットバンクの取引方法について、詳しくは「ビットバンク(bitbank)の取引方法を徹底解説!失敗しない購入方法・買い方・売り方とは?」で説明しています。

以上のように、ビットバンクは口座開設費用が無料で、入金額の制限もありません。しかも、取引手数料は全ての取り扱い通貨で無料。そのため、とりあえず口座を開設して試しに仮想通貨を1,000円分だけ購入するということもコストを抑えながらできるのです。

ただし、取引を行うにあたって注意すべき点があります。続いて見ていきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

じゃあ、お金は余ってるけど仮想通貨の価格が軒並み高くて買えない時でも、特に維持費用とかは発生しないんだね!

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!だから、焦って仮想通貨を買わなくて済むのがメリットだヨ!……さて、一緒に注意点も見ておこうカ!

ビットバンクで取引する際の注意点

ビットバンクで取引する際、以下の3つに注意しましょう。

日本円での取引に対応していない通貨ペアがある

ビットバンクでは、日本円でビットコインやアルトコインを売買(日本円建て)する以外に、ビットコインでアルトコインを売買(ビットコイン建て取引)できます。

しかし、全ての通貨が日本円、またはビットコインで売買できるわけではありません。

売買できる通貨同士の組み合わせを通貨ペアと呼びます。ビットバンクで取引可能な通貨ペアは以下の通りです。

  • ビットコインと日本円(BTC/JPY)
  • リップルと日本円(XRP/JPY)
  • モナコインと日本円(MONA/JPY)
  • ビットコインキャッシュと日本円(BCC/JPY)
  • ライトコインとビットコイン(LTC/BTC)
  • イーサリアムとビットコイン(ETH/BTC)
  • モナコインとビットコイン(MONA/BTC)
  • ビットコインキャッシュとビットコイン(BCC/BTC)

これを見てもわかるとおり、ライトコインとイーサリアムは日本円では売買不可。さらに、リップルはビットコインでの売買ができません。

購入したい仮想通貨が日本円で取引ができない銘柄だった…ということのないよう、取引所の通貨ペアはしっかり確認しておきましょう。

ビットバンクは取引所形式のみ

国内にはいくつかの仮想通貨取引所が存在しますが、仮想通貨の販売形式は取引所によって異なります。

仮想通貨取引所の主な販売形式は、販売所形式と取引所形式の2つ。それぞれの違いは以下の通りです。

・販売所形式…運営する仮想通貨取引所を相手に、取引所が提示する価格で売買を行う
・取引所形式…別のユーザーを相手に、お互いの希望をマッチングさせて売買を行う

上の2つのうちビットバンクは取引所形式のみの取引所。全ての取り扱い通貨が取引所形式で購入できます。

取引所形式の場合、希望の金額と数量を指定して注文する必要があるため、販売所形式より操作や画面の見方が複雑です。そのため初心者の方には難しく感じるかもしれません。

販売所と取引所の違いは、仮想通貨を売買する際に必ず知っておく必要があります。詳しくは別の記事にまとめていますので確認して下さい。(販売所と取引所の違いについての別記事へリンク)

注文が通らない場合もある

ビットバンクは取引所形式のため、別のユーザーを相手に取引を行います。そのため、必ずしも希望が通るとは限りません。

例えば、「0.1BTCを○○円で買いたい」という希望を出しても、その価格で売りたいというユーザーがいないと売買は成立しません。ユーザー同士のマッチングがうまくいかなければ、希望の金額や数量を購入できないということになります。

そのため、条件などによって注文が通らず、機会損失する可能性もあるので注意が必要です。

以上のように、仮想通貨取引にはいくつか注意する点があります。特にビットバンクは取引所形式のため、仮想通貨を希望の価格で買えないこともあります。しかし、取引手数料が無料なので、小さな金額で売買を繰り返しても比較的コストを抑えられます。

まずは取引の流れを覚えるためにも、無理のない範囲で少しずつ売買を始めてみましょう!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ビットバンクはユーザーとユーザーをマッチングさせる取引所形式だヨ。だから、自分の希望価格で希望数量が手に入るとは限らないんダ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

安い価格で注文を出したら注文が通らなくて機会損失、高すぎる価格で注文を出したら普通に損をする、取引所形式は色々と考えないといけないわねぇ

ビットバンクの口座開設はこちら

ビットバンクを利用する際に気になる疑問

ビットバンクでは、取り扱い通貨によって購入できる最小単位が違うことを詳しく説明してきました。

でも、実際に取引を始めるとなると、不明な点や不安な点があると思います。

よくある疑問と回答を下記に記載していますので、参考にして下さい。

初心者はいくらから始めるのがオススメ?

ビットバンクでは、少額から仮想通貨を買うことができますが、初めのうちは千円単位から少しずつ購入していきましょう。

実際に自分のお金で買ってみることで、仮想通貨についての知識を積極的につけるようになります。

ただし、慣れてきたとしても深追いして高額取引をしすぎるのは禁物。高額の取引をすればするほど大きな利益を得られる可能性がありますが、その分損失も大きくなります。

仮想通貨投資を行う際は損失のリスクがあることを決して忘れず、無くなってもいい程度の余剰資金で取引するようにしましょう。

仮想通貨はどのくらい買えば利益が出る?

仮想通貨の価格は変動が非常に激しいため、具体的にどの仮想通貨をどれだけ買えばどれくらいの利益が出るかは誰にもわかりません。とはいえ、たくさん利益を出そうと思えば多くの仮想通貨を買う必要がありますが、仮想通貨は買うタイミングも重要。

値上がりが続いている仮想通貨を一度に大量に買ったとしても、その瞬間から価格が急落すれば、あっという間に損失が広がってしまいます。

常に価格が変動している仮想通貨は買うタイミングを見極めるのが非常に難しいもの。そのため、短期的に大きな利益を狙って大量に購入するのではなく、長期的に見て、安くなったタイミングで少しずつ買い増していくようにしましょう。

資産がマイナスになったらお金を請求されるの?

ビットバンクでは、たとえ購入した仮想通貨の価格が暴落して資産がマイナスになったとしても、追加でお金を払ったり、借金を背負うということはありません。

ただし、これは「現物取引」の場合のみ。現物取引とは、例えば「1万円で1万円分のビットコインを買う」という取引のことです。

しかし、レバレッジをかけた取引を行った場合、資産がマイナスになると追加でお金を払わなければいけません。

レバレッジをかけるとは、例えば「1万円を担保として5倍の5万円分のビットコインを買う」という取引のことです。2018年4月現在、ビットバンクはレバレッジ取引に対応していませんが、複数の取引所ではレバレッジ取引が可能。

レバレッジをかけると大きな利益が期待できる反面、大きなマイナスを生んでしまう恐れもあります。そのため、慣れないうちは現物取引を行うようにしましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ビットバンクはレバレッジに対応していない……ということは、資産がマイナスになってもお金を請求される心配はないってことだね!

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!もし損をすることがあっても、購入した仮想通貨分の損しか出ないヨ!だから、仮想通貨投資初心者でも安心して取引できるのが魅力だネ!

まとめ

ビットバンクでいくらから仮想通貨が買えるか、始めるのにいくら必要かについて詳しく説明してきました。

仮想通貨取引を始めるのに、高額な費用は必要ありません。数百円程度の小さな金額から買える上、ビットバンクなら取引手数料も無料で、気軽にスタートできます。

仮想通貨は多くの人から注目されていますが、気軽に始められる反面、損失のリスクもあります。大切な資産を失わないために、取引は無理のない範囲で行って下さい。

仮想通貨取引の仕組みに慣れていくためにも、ビットバンクで少しずつ仮想通貨を購入してみましょう。

ビットバンク公式サイトはこちら