ビットフライヤー(bitFlyer)でFX取引!最大レバレッジや手数料、買い方・売り方を詳しく解説します!

ビットフライヤー(bitFlyer)でFX取引!最大レバレッジや手数料、買い方・売り方を詳しく解説します!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ビットフライヤーの取引画面に「bitFlyer Lightning」っていうボタンがあるんだけどこれ何だろう…?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

サトシくん、試しにクリックしてみたら?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

よしクリック…なんだこれ?難しそうなトレード画面が出てきたよ!

カネット XXX(表情名入力)カネット

bitFlyer LightningはビットフライヤーでFX取引ができるツールなんダ。せっかくクリックしたことだし、FX取引のやり方を説明していくネ!

ビットフライヤー(bitFlyer)は、仮想通貨投資がはじめての方でも気軽に利用できるだけでなく、高性能取引ツール「bitFlyer Lightning」を使って本格的なFX取引が可能な取引所。

FX取引は少ない資金で大きな取引ができるため興味を持っている方も多いと思います。しかし、取引所によってFX取引の方法や取引ルールなどが違うため、予備知識なしで取引をはじめるのは危険です。

ここでは、FX取引のメリットに加え、ビットフライヤーでFX取引を行う際にかかる手数料や確認しておくべき取引ルール、そしてbitFlyer Lightningの特徴や取引方法などについても詳しく説明します。

「ビットフライヤーでFX取引をはじめてみたいけど、難しそうで不安…」という方は、ぜひ参考にして下さい。

ビットフライヤー(bitFlyer)はFX取引が可能な取引所

ビットフライヤーのFX取引について説明する前に、FX取引とはどういうものかについて見ておきます。

現物取引とFX取引の違い

仮想通貨取引所で利用できる取引方法は、大きく分けて現物取引FX取引の2種類があります。

現物取引とは、持っている資金の範囲内で仮想通貨を購入すること。例えば「口座に入れている10万円で10万円分の仮想通貨を買う」というような、一般的な取引です。

そしてFX取引とは、資金を「証拠金」として担保にすることで、何倍もの高額取引が可能な取引のこと。「FX取引」の他にも「信用取引」「証拠金取引」「レバレッジ取引」「差金決済取引」といった呼び名があります。

また現物取引では、日本円と引き換えに仮想通貨が受け渡しされますが、FX取引は仮想通貨をやり取りしている「想定」で取引を行います。

つまり、最終的な価格差に相当する日本円の受け渡しのみを実際に行っているため、手元に仮想通貨が残ることがありません。

ですから、FX取引で購入した仮想通貨を別の取引所やウォレットに送金することができないのです。

FX取引のメリット

FX取引の主なメリットは以下の2つ。

  • レバレッジをかけて少ない資金で大きな取引ができる
  • 売り注文から入れる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

レバレッジをかけて少ない資金で大きな取引ができる

レバレッジとは「てこ」という意味。てこの原理を使えば、少ない力で重い物を動かせるように、レバレッジをかけることで自己資金の数倍~数十倍にもなる高額取引が可能です。

高額の取引を行えば、その分得られる利益も大きくなります。ですからFX取引をうまく使えば、少ない資金で大きな利益が狙えるのです。

売り注文から入れるので下降トレンドでも利益が期待できる

上でも説明したとおり、FX取引は仮想通貨を売買した「想定」で行う取引。そのため、仮想通貨を持っているものとして、売り注文から取引をスタートさせることができます。

例えば1BTC(ビットコインの単位)=100万円の時に売り注文を出し、その後1BTC=80万円に下がった時に買い戻せば、差額の20万円が利益となります。

現物取引の場合、仮想通貨が下降トレンドにあるときは再び価格が上昇するのを待つか、損失の拡大を防ぐために売却(これを「損切り」と言います)するしかありません。しかしFX取引なら売りから入れるので下降トレンドでも利益が期待できるのです。

以上のように、FX取引には現物取引にはないメリットがありますが、高額取引が行える分、仮想通貨の価格が急落した時の損失も大きくなるので注意しましょう。

それに、相場を掴むためにはある程度の経験や知識が必要なため、初心者の方や取引に慣れていない方は、まず現物取引から始めることをオススメします。

ビットフライヤーはサイトデザインがわかりやすく、操作もシンプル。仮想通貨投資がはじめての方や、FX取引に興味があるという方は、すぐに口座を開設しましょう。

★ビットフライヤー(bitFlyer)の公式サイトへリンク★

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ふむふむ。FX取引なら少ない資金でも大きな取引ができるうえに、下降トレンドでも利益が狙える…すごく魅力的じゃない!

カネット XXX(表情名入力)カネット

そこだけ聞けば良いこと尽くめのようだケド、FX取引はリスクもあるヨ!だから、ある程度現物取引の経験を積んでからトライするようにネ!

ビットフライヤーのFX取引にかかる費用と取引ルール

続いて、ビットフライヤーでFX取引ができる通貨ペアや取引にかかる手数料、最大レバレッジやロスカット、追加証拠金といったFX取引ならではのルールを確認しておきましょう。

下の表は、ビットフライヤーでFX取引を行う際に確認すべき項目を一覧にしたものです。

取引可能通貨ペアBTC/JPY
取引手数料0%
スワップポイント0.04%/日
最大レバレッジ15倍
ロスカットルール証拠金維持率50%以下
追加証拠金証拠金維持率80%以下

それぞれの項目について詳しく見ていきます。

取引手数料とスプレッド

取引手数料 0%

取引手数料とは、FX取引を行う際にかかる手数料のこと。ビットフライヤーは手数料無料でFX取引ができます。

ただし、スプレッドには注意しましょう。FX取引におけるスプレッドとは、購入価格と売却価格の差額のこと。以下の画像は、ある日のビットフライヤーのFX取引画面です。

板

上の画面は「板情報」と呼ばれ、ユーザーが提示している「売買したいビットコインの数量と価格」を表しています。

板の上半分に並んでいるのが「売り注文」つまり「ユーザーが売りたいビットコインの数量と価格」の情報。そして、下半分に並んでいるのが「買い注文」つまり「ユーザーが買いたいビットコインの数量と価格」の情報です。

「売り注文」と「買い注文」は上から価格が高い順に並んでいます。そのため、売り注文と買い注文の境目を見れば、最も安く買える価格・最も高く売れる価格がわかります。

板の境

上の場合、最も安い購入価格・最も高い売却価格は下の通り。
【購入価格】961,248円
【売却価格】961,096円

スプレッドは152円ということになります。

スプレッドは、それぞれの取引所でユーザーが出す「売り注文」と「買い注文」の内容によって変動します。

それに、取引が活発に行われている取引所ほど「安くてもいいから売りたい」「高くてもすぐに買いたい」という人が多くなります。そのため、購入価格と売却価格の差があまり開かず、スプレッドが狭くなるのです。

ビットフライヤーは取引量が多くスプレッドが比較的狭めですが、スプレッドは取引状況によって変動します。高額取引を行うFX取引では、損益に大きく影響するため注意しましょう。

スワップポイント

スワップポイント 0.04%/日

スワップポイントとは、銀行でいう金利のようなもの。FX取引では、レバレッジをかけることで証拠金の何倍もの金額で取引ができますが、これは取引所からお金を借りて取引をしているということなのです。

そのためFX取引では、日をまたぐたびにスワップポイントという手数料が発生します。

スワップポイントは、決済注文(仮想通貨を売却して日本円に換える)を行うまで日ごとに発生します。ビットフライヤーでは約定金額(注文が成立した金額)の0.04%が日をまたぐごとにかかります。

ロスカットルール

ロスカットルール 証拠金維持率50%以下

ロスカットとは仮想通貨の価格が下がり続けている時に強制的に決済注文を行い、損失の拡大を防ぐ仕組みのこと。ビットフライヤーでは証拠金維持率が50%を下回った場合にロスカットが適用されます。

また証拠金維持率とは、必要な証拠金に対する資産の割合のことを指します。

例えば1BTC=100万円の時、証拠金10万円で10倍のレバレッジをかけたとすると1BTCを買った時点で証拠金維持率は100%。その後1BTC=80万円に下がれば証拠金維持率が80%となるわけです。

追加証拠金(追証)の有無

追加証拠金 証拠金維持率80%以下

追加証拠金(追証)とは、証拠金が不足している時に追加で支払うお金のこと。ビットフライヤーでは、証拠金維持率が80%を下回った時点で追証が発生します。

上で説明したように、通常は証拠金維持率が50%を下回った時点でロスカットとなりますが、価格の急激な暴落でロスカットが間に合わないことがあります。すると証拠金維持率が80%を下回り、お金を払う必要があるのです。

以上のようにFX取引には、スワップポイントやロスカットなど確認しておくべき取引ルールがあります。中でも、どれくらいの損失があった場合にロスカットや追証が発生するのかについてはしっかりと確認しておきましょう。

また、ビットフライヤーでは「bitFlyer Lightning」という取引ツールを使ってFX取引を行います。続いてbitFlyer Lightningの特徴について見ていきましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

スワップポイントにロスカットに追証…FX取引ならではのルールっていろいろあるのね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

特に「追証」には注意が必要ダヨ。ビットフライヤーでは証拠金の80%を下回ったときに追証が発生する。相場が急落したときなんかはロスカットが間に合わないこともあるから注意シテ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

気を付けるよ…。ところで、bitFlyer Lightiningって普通の取引ツールとどこが違うの?

FX取引ツールbitFlyer Lightningの特徴

bitFlyer Lightningは、本格的な分析が可能な高性能チャートや、バリエーション豊かな注文方法などFX取引をスムーズに行うことに特化した取引ツール。

ビットフライヤーでFX取引を行う際は、bitFlyer Lightningの特徴や機能についても確認しておきましょう。

テクニカル分析が可能な高性能チャート

bitFlyer Lightningは、時間ごとの価格変動がわかりやすく見やすい高性能チャートを搭載しています。実際の画面を見てみましょう。

チャートの見方

ライトニングチャート

bitFlyer Lightningでは「ローソク足チャート」を採用しています。ローソク足チャートとは、名前のとおりローソクの形に似た棒状のグラフで値動きを表したものです。

チャートの基本的な見方は、以下のとおり。

・赤いローソク…価格が下がっている(陰線)
・緑のローソク…価格が上がっている(陽線)
・ローソクの上下に伸びている線(ひげ)…その時間内の最高値(最安値)を表している

ローソク足チャートでは、これらのローソク足が組み合わさることで、どれくらいの値動きがあったかだけでなく、時間ごとの最高値や最安値もわかるようになっています。

また、チャートの値動きをどれくらいの間隔で表示するかという「時間足(じかんあし)」も細かく設定可能。「1分ごと」といった非常に細かいものから「1週間」といった長期的な値動きも確認できます。

なお、詳しくは「ローソク足チャートの見方とは?」で詳しく説明しています。

移動平均線などの分析ツール

bitFlyer Lightningでは、チャートに移動平均線を書き込むことでテクニカルな分析が可能です。

移動平均線とは、一定期間の価格平均をグラフにしたもので、上昇・下降トレンドを判断するために使ったり、値動きの想定に使ったりします。

また移動平均線の他にも、どれだけの幅で価格が上下しているかを表す「ボリンジャーバンド」などを使って、価格変動を細かく分析できます。

様々な注文方法が選択可能

bitFlyer Lightningでは、選択できる注文方法が非常に豊富。以下の8つから状況や好みに合わせて注文方法が選べます。

成行(なりゆき)注文数量を指定するだけで、その時点で最も有利な価格で売買できる注文方法
指値(さしね)注文希望の価格・数量が指定できる注文方法。買い注文は指定した価格を下回った時、売り注文は上回った時に約定(注文が成立)する。
STOP(ストップ)注文指値注文とは逆に、指定以上の価格で買い注文、指定以下の価格で売り注文が成立する注文方法。
STOP-LIMIT(ストップリミット)注文STOP注文と仕組みは同じだが、STOP注文が「成行注文」で発注するのに対してSTOP-LIMIT注文は「指値注文」が入る。
TRAILING(トレーリング)注文STOP注文を応用した注文方法。約定価格が相場の動きに応じて変動する。
IFD(イフダン)注文ひとつの注文と同時に、その注文が約定した時に初めて有効になる注文をセットで出せる注文方法。
OCO(オーシーオー)注文2つの注文を同時に出しておいて、どちらかが成立したら、どちらかがキャンセルされるという注文方法。
IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文指定した注文が成立したら、2つの予約注文が同時に行える注文方法。

表を見てもわかるとおり、bitFlyer Lightningでは様々な注文方法が選択できます。それぞれの注文方法に特徴がありますが、まずは成行注文指値注文で基本的な取引に慣れていくことをオススメします。

以上のように、bitFlyer Lightningではテクニカルな分析や高度な注文が可能。FX取引がはじめての方はもちろん、中級者の方も高度な取引ができます。

なお、bitFlyer LightningではFX取引だけでなく、現物取引や先物取引もできます。

「bitFlyer Lightning」についての記事にリンク

続いて、実際にビットフライヤーでFX取引を行う流れについて見ていきます。

カネット XXX(表情名入力)カネット

bitFlyer Lightningはチャートの種類から使える分析ツール、選べる注文方法も違うヨ。特にビットフライヤーは初心者にも簡単に取引できるサイトデザインが特徴だから、初めてbitFlyer Lightningを使う時はあまりの違いに戸惑うカモ。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

まさに今、戸惑ってます…。カネットさん、取引の流れを順番に教えて下さい…。

FX取引の流れ

FX取引を行うには、初めに日本円を入金します。ビットフライヤーでは現物取引とFX取引で口座が別になっているため、現物取引用に入金している場合でも資金をFX口座へ移動しなければなりません。

そのため、まずはFX口座への入金方法から確認しておきましょう。

ビットフライヤーのFX口座に入金する方法

① ビットフライヤーにログイン

ビットフライヤーにログイン後、画面左のメニューにある「bitFlyer Lightning」をクリックします。

ログイン

クリックするとbitFlyer Lightningのメイン画面が表示されます。はじめてアクセスした場合は現物取引画面になっているので、画面左上の「BTC-FX/JPY」というボタンをクリックしてFX取引画面に切り替えましょう。

ライトニングトップ

FX取引画面ではチャートや板情報、注文ボックス、チャットなどの情報が表示されています。

FX取引画面

② 入出金画面へ移動

FX口座へ入金を行うには、画面左上にある「三本線マーク」をクリックしましょう。

メニュー

続いて、メニューが表示されるので「入出金」をクリックします。

入出金

③ 現物口座から日本円を移す

その後、入出金画面が表示されます。赤く囲まれた部分で日本円の金額を入力すれば現物口座からFX口座へお金が移動できます。

証拠金

もし、現物口座への入金がまだの場合や追加で入金をしたい場合は、上にあるメニューから銀行口座やクイック入金を利用して日本円の入金ができます。

銀行口座

なおビットフライヤーの入金方法について詳しくは「ビットフライヤー 入金方法」で説明しています。

レバレッジを選択する

FX口座に入金が完了したら、レバレッジ倍率を設定しましょう。

① メニューから設定画面に移動

bitFlyer Lightningのトップページ左上の「三本線マーク」をクリックします。

メニュー

その後、メニューから「設定」を選択して下さい。

設定

② レバレッジ倍率を設定

設定画面をスクロールすると「レバレッジ設定」という項目が出てきますので、お好きなレバレッジ倍率を選択しましょう。

レバレッジ

ただし、いきなり高いレバレッジをかけて取引を行うのはリスクが高くオススメできません。FX取引初心者の方は、2倍や3倍といった低レバレッジから徐々に慣れていきましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

レバレッジをかけるときは倍率を高く設定しすぎないようニネ!レバレッジは高いほど大きな利益を狙えるとはいえ、取引所からお金を借りて取引するってことを忘れないデ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

例えばレバレッジ10倍なら、1万円を担保に10万円借りるってことよね。レバレッジをかけるときはいつも以上に慎重に…ってことね!

レバレッジをかけてFX取引をしてみよう

レバレッジ倍率を設定したら、実際にFX取引をしてみましょう。FX取引の流れは以下の通りです。

  1. チャート・板情報を参考に購入する価格を決める
  2. 注文方法を選択
  3. 希望の数量(金額)を入力して購入(売却)

基本的な取引の流れは、取引所形式の現物取引と同じ。それぞれ詳しく見ていきましょう。

① チャート・板情報を参考に購入する価格を決める

取引を開始する前にはまず、bitFlyer Lightningの取引画面に表示された証拠金額レバレッジ倍率を確認します。

確認

その後、チャートや板情報を参考に購入するビットコインの価格を決めて下さい。

FX取引画面

② 注文方法を選択

購入したい金額や決まったら、注文方法を選びましょう。注文方法の選択は取引画面右側にある注文ボックスから行います。

注文エリア

注文ボックスの上部にある「指値」「成行」「特殊」と書かれたタブから注文方法を選択しましょう。なお、「STOP注文」「STOP-LIMIT注文」「TRAILING注文」「IFD注文」「OCO注文」「IFDOCO注文」は「特殊」のタブから選択できます。

タブ切替

③ 希望の数量(金額)を入力して購入(売却)

注文方法を選択したら、それぞれの注文方法に合わせて希望を入力します。

【成行注文の場合】

成行

成行注文は、数量を入力するだけで注文可能。注文を出すとその時点で最も有利な金額で約定されます。

【指値注文の場合】

指値

指値注文は、希望の金額が指定できます。チャートなどから値動きを想定して「この先これくらいまで下がる(上がる)だろう」という金額で注文を出しておけば、実際に価格が下落(高騰)したときに約定されます。

なお板情報の見方や、特殊注文について詳しくは
ビットフライヤー 取引
トレール注文について
「※OCO注文・IFD注文・IFO注文」で説明しています。

以上が、bitFlyer LightningでFX取引を行う方法です。上でも説明したとおり、基本的な流れは取引所形式と同じなので、現物取引にある程度慣れていれば、迷うことなく取引が進められます。

ただし、FX取引と現物取引ではレバレッジをかけているという大きな違いがあります。レバレッジをかけることで大きな取引を行う以上、注意しなければならない点があります。

続いて、FX取引の注意点について見ていきましょう。

ビットフライヤーでFX取引を行う際の注意点

ビットフライヤーでFX取引を行う際、以下の3点に注意が必要です。

  • レバレッジのかけすぎ
  • スワップポイント
  • SFD

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

レバレッジのかけすぎに注意

上でも説明したとおり、FX取引のメリットは少ない資金で大きな利益が狙えるところ。しかし、高いレバレッジをかければかけるほど得られる利益が大きい分、損失も大きくなることを忘れないようにしましょう。

それに、レバレッジのかけすぎで高まるのは損失リスクだけではありません。高額の取引を行っていると、値動きに敏感になるあまり1日に何度もチャートをチェックしてしまいがち。多くの時間を費やしてしまう上に、仕事や生活に支障が出る可能性もあるのです。

かけるレバレッジが高ければ高いほど得られるリターンも大きいですが、相場をうまく掴むことができれば、3倍や5倍といった低レバレッジでも十分利益が期待できます。

特に価格変動が非常に大きい仮想通貨投資では、暴落によってロスカットが間に合わず追証に…ということも少なくありません。FX取引を行う際は決して深追いせず、無理のない範囲で利用しましょう。

日またぎの取引はスワップポイントに注意

ビットフライヤーでは、FX取引で決済を行うまで、日をまたぐたびに0.04%のスワップポイントが発生します。

スワップポイントは一見、わずかな金額に感じるかもしれません。しかし、レバレッジをかけることで約定金額も大きくなるため、積もり積もれば大きな金額になります。

出費を抑えるためにも、FX取引を行う際はできるだけその日のうちに決済をするようにしましょう。

現物取引とFX取引の価格乖離を抑制するSFD

ビットフライヤーの現物取引とFX取引では、ビットコインの価格に大きな差が生まれます。これを価格の乖離(かいり)と呼びます。

価格乖離は、現物取引とFX取引では取引量が違うことや、レバレッジをかけることで強気に買い注文を入れるユーザーが増えることなどが原因で発生します。

価格乖離をそのままにしておくと、現物取引とFX取引の価格が連動しなくなり、ユーザーが離れる恐れが出てきます。

これを防ぐため、ビットフライヤーでは「SFD(Swap for Difference)」という仕組みを採用しており、以下のように手数料として発生します。

約定の種類新規注文決済注文
価格乖離を広げる注文手数料を徴収手数料を徴収
価格乖離を縮める注文手数料を付与SFDなし

表を見てもわかるとおり、価格乖離を広げる注文(主に買い注文)をした場合に手数料がかかり、逆に乖離を縮める注文(主に売り注文)をした場合には手数料がもらえます。

そして、SFDの比率は以下のように設定されています。

価格乖離SFD比率
5%以上10%未満0.25%
10%以上15%未満0.5%
15%以上20%未満1%
20%以上2%

例えば、現物取引でビットコインの価格が100万円、FX取引では150万円で15%以上の乖離が起きていたとします。

このとき、FX取引で1BTCを購入したとすると、150万円の1%に当たる15,000円がSFDとして徴収されることになり、逆に売却したときには15,000円が付与されることになります。

ここまで大きな金額の取引を一度に行うことは少ないため実際はもっと少額になりますが、価格乖離と注文方法によって、思わぬ手数料がかかることを覚えておきましょう。

以上のように、FX取引を行う際にはいくつかの注意点があります。中でもレバレッジのかけすぎには特に注意が必要。思わぬ損失を生まないためにも、まずは低いレバレッジで取引をはじめましょう。

★ビットフライヤー(bitFlyer)の公式サイトへリンク★

カネット XXX(表情名入力)カネット

FX取引では日をまたぐごとにスワップポイントという手数料がカカル。いわば利子のようなものだけど、積もり積もればかなりの出費になるカラ、できるだけその日のうちに決済しよウ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

FX取引は短期決戦のほうがいいってことか…。確かに、慣れていないとハードルが高いかも…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

まずは、低いレバレッジで少額の取引を行ってみるのが一番ダネ。実際にやってみた方が理解も速いし、いろいろコツも分かってくるだろうカラ!

FX取引についての気になるギモン

ビットフライヤーでFX取引を行う方法について詳しく解説してきましたが、実際に取引をするに当たって、気になる点や不安な点があると思います。

よくある質問と回答を紹介しますので参考にして下さい。

ビットフライヤーで両建てはできる?

FX取引では、仮想通貨の買い注文を出すことを「買い建て」、空売りをすることを「売り建て」といい「買い」と「売り」を同時に行うことを「両建て」と言います。

ビットフライヤーで行えるのは「買い建て」もしくは「売り建て」のみで「両建て」はできないので注意しましょう。

仮想通貨FXで得た利益にも税金はかかる?

仮想通貨FXで得た利益は、現物取引と同じく課税対象となります。特にFX取引の場合は得られる利益に合わせて課税額も大きくなるため、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

なお、仮想通貨で得た利益の計算方法や税金について詳しくは「仮想通貨 利益計算」で説明しています。

スマホや携帯でもFX取引ができる?

ビットフライヤーではスマホアプリでもFX取引が可能。高性能チャートによる分析や特殊注文など、PCで行うのと同じ操作がいつでもどこでもできるので非常に便利です。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ビットフライヤーは1倍~15倍まで6段階からレバレッジ倍率が選べるシ、取引ルールもしっかりしているから、初心者も取引しやすいと思ウヨ。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ユーザーも多いから、注文が通りやすいというメリットもありそうね。一度試してみる価値はありそう!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ただし、リスクがあることは絶対忘れないようニ!常に無理のない取引を心掛けヨウ!

まとめ

ビットフライヤーでFX取引を行う際に確認しておくべきポイントや取引方法について詳しく解説してきました。

FX取引はレバレッジをかけることで少ない資金でも高額の取引が可能。しかし、損失リスクが高まるだけでなくスワップポイントや追証など、FX取引ならではの取引ルールもあります。

FX取引を行う際は、これらをしっかり理解したうえで無理なく利用するようにしましょう!