ビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証とは?設定・解除方法、認証コードの取得方法を徹底解説!

ビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証とは?設定・解除方法、認証コードの取得方法を徹底解説!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ツイッターを見てると、取引所の口座をハッキングされた!って言ってる人がいるけれど、ビットフライヤーってハッキングされやすいのかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

そんなことはないヨ。ビットフライヤーのセキュリティ力はかなり高いと言われているからネ。取引所のセキュリティも大事だけれど、二段階認証を設定したりパスワードを複雑にしたり、自分でセキュリティを高めることも大事なんダ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

パスワードはともかくとして……二段階認証って何?設定することでセキュリティが上がるの?

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!じゃあ今日は、ビットフライヤーで二段階認証を設定するメリットとその方法を説明するネ!

ビットフライヤー(bitFlyer)は創業以来、セキュリティと顧客資産の保護を経営の最優先課題として取り組んでいます。そして、この取り組みによりビットフライヤーは、世界中の取引所の安全性を分析している「Sqreen」社から、セキュリティ世界一と評価されました。

しかし、いくら取引所のセキュリティが優れていたとしても、個人アカウントのIDやパスワードが盗まれてしまえば、不正アクセスされる可能性があります。セキュリティを強化するために必ず「二段階認証」を設定しておきましょう。

ここでは、ビットフライヤーで二段階認証を設定する方法について画像入りで詳しく解説。さらに解除方法や注意点、二段階認証の気になる疑問についても説明します。

二段階認証とは?なぜ必要?

二段階認証とはメールアドレスとパスワードに加えて、個別に発行される確認コードで認証を行うこと。二段階認証を行うことでセキュリティが大幅に強化されます。

ただし、ビットフライヤーは二段階認証の設定が任意のため、ついつい後回しにしてしまったり設定しないまま取引を行ってしまいがち。

しかし、二段階認証を設定しないまま取引所を利用するのは非常に危険。悪意のあるハッカーたちは、ユーザーのアカウントを常に狙っています。

個人アカウントを狙った不正アクセス事件は、取引所の利用者数増加に伴って増加。2017年には149件の不正アクセスが発生しており、被害総額は実に約6億6240万円相当にも及びます。

そして、被害にあったアカウントの8割が二段階認証を設定していなかったのです。

二段階認証を設定していない場合、不正アクセスを防ぐ方法はパスワードのみ。しかし、パスワードは変更しない限り同じものを使うため、盗まれてしまうと不正ログインを防ぐことができません。

しかし二段階認証を設定していれば、本人あてに毎回新しい確認コードが発行されます。それに万が一、確認コードが盗まれても使い回しができないため認証されず、資産を奪われる危険性が大幅に減少するのです。

大切な資産を守るため、二段階認証は必ず設定しましょう。

ビットフライヤーの二段階認証は3種類

ビットフライヤーでは、二段階認証の方法を以下の3種類から選べます。

  • スマートフォンの認証アプリ
  • 携帯電話のSMSメッセージ
  • 電子メール

それぞれの認証方法によって、必要なものが違います。

二段階認証を設定するために必要なもの

スマートフォンのアプリを使って認証する場合、認証アプリのダウンロードが必要。対応する認証アプリは以下の通りです。

  • Google Authenticator(iOS向け)
  • Google認証システム(Android向け)
  • Authy
  • Duo Mobile

上記の中でもオススメは「Google Authenticator」と「Google認証システム」。Googleが提供するこれらの認証アプリはビットフライヤーだけでなく、ほとんどの取引所で二段階認証に対応しています。ですから、取引所ごとに認証アプリを使い分ける手間がありません。

またSMSメッセージを使って認証する場合は、受信可能な携帯電話が必要。SMSメッセージが受信できればガラケーでもOKです。

二段階認証を設定できるタイミング

ビットフライヤーでは、二段階認証を以下のどのタイミングで行うか設定ができます。

  1. ログイン時
  2. 外部アドレス登録時
  3. 日本円出金時
  4. 仮想通貨の外部送付時

上記のうち①~③は自由に設定・解除ができますが、④は必須の項目となります。

以上のように、ビットフライヤーでは二段階認証を行うタイミングが細かく設定できますが、二段階認証はログインや取引のたびに毎回行うのが最も安全。安心して取引するためにも全て設定しておきましょう。

続いて、ビットフライヤーで二段階認証を設定する手順を詳しく見ていきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

簡単に言えば、パスワードを2つ設定するのが二段階認証なんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだネ。特にGoogleの二段階認証を使えば、パスワードが時間経過で変わるカラより安全性は高くなると思うヨ!

ビットフライヤーで二段階認証を設定する方法

アプリ認証の設定方法

アプリ認証の設定方法を順番に見ていきます。

1.スマホで認証アプリをダウンロード
まずは、スマートフォンで必要な認証アプリをダウンロードしましょう。今回は、Googleが提供している「Google Authenticator」(Android版は「Google認証システム」)で説明します。

以下のリンクよりダウンロードして下さい。
Google Authenticator(iOS)
Google認証システム(Android)

2.ビットフライヤー(bitFlyer)にログイン
認証アプリのダウンロードが完了したら、ビットフライヤーにログインしましょう。そして、画面左のメニューにある「設定」をクリックして下さい。

ビットフライヤー ログイン画面

クリックすると下の画面が表示されます。「セキュリティ設定」をクリックしましょう。

ビットフライヤー 設定画面

その後「二段階認証設定を変更する」をクリックして下さい。

ビットフライヤー 設定画面

二段階認証の設定を変更する前に、まずメールによる本人確認を行います。ビットフライヤーに登録したアドレスあてに確認コード入りのメールが届くので確認しましょう。

そして、画面に確認コードを入力して「次へ」をクリックして下さい。

ビットフライヤー 設定画面

3.確認コードの取得方法を選択
続いて、変更内容選択画面が表示されるので「確認コードの取得方法」から「認証アプリを使う」にチェックを入れます。

ビットフライヤー 設定画面

続いて、二段階認証を行うタイミングを選択します。セキュリティを高めるためにも全ての項目にチェックを入れておきましょう。

ビットフライヤー 設定画面

入力後「次へ」をクリックして下さい。

4.認証アプリでQRコードをスキャン
クリックすると画面にQRコードが表示されます。

ビットフライヤー 設定画面

ここで、先ほどスマートフォンにダウンロードした認証アプリを起動して下さい。初めに起動すると下の画面が表示されるので「設定を開始」をタップしましょう。

その後「バーコードをスキャン」をタップします。

タップすると、アプリのカメラ機能が立ち上がります。

このカメラで、ビットフライヤーの画面に表示されているQRコードを読み取ります。画面内にある緑の四角の中に、QRコードが入るようにしましょう。

読み取りに成功すると、認証アプリの画面に確認コードが表示されます。

5.取得したコードを入力
確認コードを取得したら、ビットフライヤーの二段階認証設定画面に入力しましょう。

ビットフライヤー 設定画面

そして「二段階認証を設定する」をクリックして下さい。

これでアプリによる二段階認証が設定できました。後はログイン時や出金時など、二段階認証を求められたとき、同じようにアプリを起動して、表示される確認コードを入力すれば認証されます。

なおQRコードを一度スキャンすれば、ビットフライヤーの認証情報がアプリ内に保存されます。そのため、認証のたびに毎回QRコードをスキャンする必要はありません。

また、ビットフライヤーの設定画面に表示されているQRコードは、念のためスクリーンショットか印刷したものを保管しておきましょう。

QRコードのバックアップをとっておくことで、万が一スマートフォンを紛失した場合にログインできなくなるのを防げます。

SMS認証の設定方法

携帯電話によるSMS認証の設定方法も大まかな流れは同じです。

1.ビットフライヤー(bitFlyer)にログイン
ビットフライヤーにログイン後、画面左のメニューにある「設定」をクリックして下さい。

ビットフライヤー ログイン画面

その後、「セキュリティ設定」>「二段階認証設定を変更する」の順にクリックしましょう。

ビットフライヤー 設定画面

二段階認証の設定を変更する前に、まずメールによる本人確認を行います。ビットフライヤーに登録したアドレスあてに確認コード入りのメールが届きますので確認しましょう。

そして、画面に確認コードを入力して「次へ」をクリックして下さい。

ビットフライヤー 設定画面

2.確認コードの取得方法を選択
クリックすると変更内容選択画面が表示されるので「確認コードの取得方法」から「携帯電話のSMSで受取る」にチェックを入れます。

ビットフライヤー 設定画面

続いて、二段階認証を行うタイミングを選択します。セキュリティを高めるためにも全ての項目にチェックを入れておきましょう。

ビットフライヤー 設定画面

入力後「次へ」をクリックして下さい。

3.SMSメッセージで確認コードを取得
クリックすると、口座開設時に登録した携帯電話番号あてに確認コード付きのSMSメッセージが届きます。届いた確認コードを画面に入力して「二段階認証を設定する」をクリックしましょう。

ビットフライヤー 設定画面

これでSMSメッセージによる二段階認証が設定完了。後はログイン時や出金時など、二段階認証を求められたときに届くSMSメッセージに記載された確認コードを入力すればOKです。

メール認証の設定方法

メール認証も同じ流れで設定できます。

1.ビットフライヤー(bitFlyer)にログイン
ビットフライヤーにログイン後、画面左のメニューにある「設定」をクリックして下さい。

ビットフライヤー ログイン画面

その後、「セキュリティ設定」>「二段階認証設定を変更する」の順にクリックしましょう。

ビットフライヤー 設定画面

続いて本人確認を行います。ビットフライヤーに登録したアドレスあてに確認コード入りのメールが届きますので確認しましょう。

そして、画面に確認コードを入力して「次へ」をクリックして下さい。

ビットフライヤー 設定画面

2.確認コードの取得方法を選択
続いて、変更内容選択画面が表示されるので「確認コードの取得方法」から「メールで受取る」にチェックを入れます。

ビットフライヤー 設定画面

次に、二段階認証を行うタイミングを選択します。セキュリティを高めるためにも全ての項目にチェックを入れておきましょう。

ビットフライヤー 設定画面

入力後「次へ」をクリックして下さい。

3.メールで確認コードを取得
クリックすると、口座開設時に登録したアドレスあてに再度、確認コード付きのメールが届きます。届いた確認コードを画面に入力して「二段階認証を設定する」をクリックしましょう。

4.暗証番号を設定
メールによる認証を選択した場合、セキュリティ強化のために暗証番号を設定する必要があります。暗証番号は4桁の数字で自由に設定できますが「0000」や「1234」など、推測しやすい数字は避けましょう。

ビットフライヤー 設定画面

暗証番号を入力したら「設定する」をクリックして下さい。これで設定完了です。

後はログイン時や出金時など、二段階認証を求められたときにメールに記載された確認コードと設定した暗証番号を入力すればOKです。

以上が二段階認証を設定する方法です。認証アプリ、SMS、メールのどれも、設定の流れは同じ。アプリに表示される、もしくはSMSやメールに記載される確認コードを入力すれば認証できます。

カネット XXX(表情名入力)カネット

フリーメールアドレスで二段階認証を設定した場合は、フリーメールアドレスのアカウントのハッキングにも気をつけてネ。とくにパスワードは同じものを使わないコト!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

どちらかのパスワードが分かっちゃえば、取引所のアカウントにハッキングできるもんね……面倒だけど別々のパスワードを設定しておこーっと

ビットフライヤーで二段階認証を解除する方法

大切な資産を守るためにも必ず設定しておきたい二段階認証。しかし、二段階認証は解除が必要な時もあります。

続いて、二段階認証を解除するのはどんな時なのか、そして解除するにはどうすればよいのかについて詳しくみていきましょう。

二段階認証の解除が必要な時

二段階認証で使われる認証アプリの多くはバックアップ機能がついていないため、スマートフォンの機種変更をした時などに設定を引き継ぐことができません。

ですから、スマートフォンの機種変更時やアプリを一度削除してダウンロードしなおす場合などは、ビットフライヤーで二段階認証を一旦解除する必要があります。

設定をしたままだと、機種変更前のスマートフォンでしか確認コードを取得できなくなるため、ログイン自体ができなくなる可能性があります。

スマートフォンを買い替えたり機種変更をする場合は、二段階認証を一度解除し、新しいスマートフォンに認証アプリをダウンロードした後、再設定するのを忘れないようにしましょう。

二段階認証の解除方法

二段階認証の解除は非常に簡単です。

1.ビットフライヤー(bitFlyer)にログイン
ビットフライヤーにログイン後、画面左のメニューにある「設定」をクリックして下さい。

ビットフライヤー ログイン画面

その後、「セキュリティ設定」>「二段階認証設定を変更する」の順にクリックしましょう。

ビットフライヤー 設定画面

続いて、現在設定している認証方法で二段階認証を行います。確認コードを取得して入力した後「次へ」をクリックして下さい。

ビットフライヤー 設定画面

2.確認コードの取得方法を選択
クリックすると変更内容選択画面が表示されるので「確認コードの取得方法」から「メールで受取る」にチェックを入れます。

ビットフライヤー 設定画面

続いて、二段階認証を行うタイミングの項目にある「ログイン時」「外部アドレスの登録時」「日本円の出金時」の3つのチェックを外しましょう。

ビットフライヤー 設定画面

その後「次へ」をクリックして下さい。

3.メールで確認コードを取得
クリックすると、口座開設時に登録したアドレスあてに再度、確認コード付きのメールが届きます。届いた確認コードを画面に入力して「二段階認証を設定する」をクリックしましょう。

以上で二段階認証が解除できます。

解除できない場合

すでにスマートフォンの機種変更をしてしまい、認証アプリで確認コードが受け取れなくなると、ログイン自体ができません。

そうなると、二段階認証の解除もアプリの再設定もできません。その場合、ビットフライヤーに問い合わせて設定を解除してもらう必要があります。

以下の問い合わせフォームに必要事項を入力して送信すると、電話で本人確認が行われます。そして、問題がなければ二段階認証が解除されログインできるようになります。

ビットフライヤー問い合わせフォーム
https://bitflyer.jp/contactpage?id=3&mode=contact&_ga=2.145324340.1059955070.1522889972-601067961.1522889972

以上のように、ビットフライヤーは二段階認証の設定や解除が非常に簡単。あっという間に設定可能なので、必ず設定しておくことをオススメします。

ただし、二段階認証を設定する際に、注意すべき点があります。

二段階認証を設定する際の注意点

ビットフライヤーで二段階認証を設定する際には、次の3つに注意しましょう。

確認コードの入力ミスに注意

取得した確認コードを入力する時に、誤字や脱字などの入力ミスに注意しましょう。間違ったコードを何度も入力するとアカウントが凍結され、しばらく利用ができなくなります。

メール認証の場合はコピー&ペーストで入力するのが確実ですが、認証アプリやSMSの場合は、コピー&ペーストができません。入力は確実に行い、間違いがないかしっかりと確認しましょう。

スマホの紛失や盗難に注意

認証アプリによる二段階認証は、一定時間で確認コードが変わるため最も安全性の高い認証方法です。しかし、スマートフォンを紛失すると、ログインができなくなってしまいます。

またスマートフォンが盗難に遭うと、確認コードが盗まれ不正にアクセスされる恐れがあります。

スマートフォンの紛失や盗難には十分注意しましょう。

QRコードはバックアップを取っておく

万が一、認証アプリが入ったスマートフォンを紛失したり故障した場合でも、あらかじめバックアップをとっておけばログインが可能です。バックアップには2種類の方法があります。

QRコードとアカウントキーを保存しておく

上でも説明したとおり、アプリ認証に必要なQRコードは念のため保存しておきましょう。

スマートフォンを紛失したり故障してしまった場合でも、新しい端末でQRコードをスキャンすれば二段階認証が再び設定できます。

またQRコードだけでなくアカウントキーでも再設定が可能。アカウントキーとは、QRコードの下に記載されている文字列のことです。

ビットフライヤー 設定画面

しかし、QRコードやアカウントキーは毎回変わるため、後からもう一度確認することができません。

ですから、QRコードが表示されている画面のスクリーンショット、あるいは印刷したものを保存しておくことで二段階認証のバックアップができます。また、アカウントキーをメモしておくのも有効です。

なお、アカウントキーは、認証アプリの「手動で入力」をタップすれば入力が可能です。

複数の端末でQRコードを読み込んでおく

バックアップのもうひとつの方法として、予備のスマートフォンやタブレットなど複数の端末でQRコードを読み込んでおくのも有効です。

複数の端末で保存しておけば、ひとつの端末が使えなくなってしまっても別の端末で認証が可能。

そのため、できるだけ複数の端末で認証できるようにしておきましょう。

以上がビットフライヤーで二段階認証を設定する際の注意点です。二段階認証は簡単に設定できますが、入力ミスやスマートフォンの紛失には特に注意が必要。万が一のことを考え、バックアップを取っておきましょう。

二段階認証の設定方法と注意点をしっかり把握しておけば、安心して取引所を利用できます。早速ビットフライヤーで取引を始めましょう!

カネット XXX(表情名入力)カネット

おすすめは、メインで使う端末以外にサブの端末を購入して、そっちで二段階認証をするコトだネ!今はタブレットもスマホも、有名ブランド以外なら安く購入できるカラ、追加購入しても良いと思うヨ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほど……安い端末ならそれほど大きな出費にはならないし、いざとなったらサブ機として利用してもいいもんね!

二段階認証についての疑問

ビットフライヤーの二段階認証について詳しく解説してきましたが、実際に設定を行うとなると、不明な点や不安な点があると思います。

よくある疑問と回答を下記に記載していますので、参考にしてください。

二段階認証を設定しないとどうなる?

上でも説明した通り、仮想通貨取引所は利用する上で、資産を失うリスクがあります。二段階認証は任意ですが、リスクを減らすためには必ず設定すべきです。

またビットフライヤーでは、不正アクセスによる盗難が発生した場合に補償してくれる制度がありますが、二段階認証を設定していないと補償が受けられません。

ビットフライヤーなどの仮想通貨取引所を利用する際は、二段階認証を必ず設定してセキュリティを強化しましょう。

SMSメッセージが届かないけどどうして?

ビットフライヤーでは、SMSメッセージが海外のサーバーを通じて送信されることがあります。そのため、海外からのSMSを拒否する設定にしているとSMSが届きません。

SMSメッセージが届かない場合、携帯電話やスマートフォンの受信設定を確認してみましょう。

アプリ、SMS、メールのどれで二段階認証するのがよい?

ビットフライヤーでは3種類の認証方法が選択できますが、もっとも安全と言えるのがアプリ認証です。

アプリ認証は一定時間ごとに変わる使い捨ての確認コードで認証を行うため、確認コードが流出して不正にログインされる可能性が非常に少ないです。

ただしアプリ認証は、スマートフォンの紛失や故障、機種変更時にログインができなくなる恐れがあります。

また、特に注意したいのがメール認証。口座開設用のメールアドレスは他のサイトと使い回している場合が多いため、万が一アドレスが盗まれると二段階認証が簡単に突破される可能性があります。

どの認証方法にもメリット・デメリットがあります。認証方法はいつでも変更が可能なため、状況や使いやすさに応じて選択しましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

二段階認証がある取引所では、必ず二段階認証を設定してネ。二段階認証を設定している、いないとではセキュリティに大きな違いがあるヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

パスワードが2つあるってだけでセキュリティは大きく違いが出るもんね。よーし、面倒だけど設定しておこうかな!

カネット XXX(表情名入力)カネット

スマホを持っている人なら、QRコードを専用アプリで読み込むだけだカラ簡単だヨ!面倒臭がらずに設定しておいてネ!

まとめ

ビットフライヤーで二段階認証を設定する方法について詳しく解説してきました。セキュリティ対策に力を入れているビットフライヤーですが、不正アクセスによる盗難リスクがあることは常に認識しておきましょう。

二段階認証を設定しておけば、安全性が大幅にアップします。ログインの時など、本人確認の作業が一つ増えるので少し手間がかかりますが、セキュリティ対策を怠って資産を盗まれてしまっては意味がありません。

大切な資産を守るため、ビットフライヤーで二段階認証を設定しておきましょう!