ビットフライヤー(bitFlyer)で仮想通貨を送金したい!送金・受取方法やかかる時間、手数料を徹底解説!

ビットフライヤー(bitFlyer)で仮想通貨を送金したい!送金・受取方法やかかる時間、手数料を徹底解説!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

うーん。ビットコインをビットフライヤーで買ったけれど、別の取引所にまとめて保管しておきたいなぁ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

そういう時は送金したらいいのよ。送金の方法くらいわかるでしょ?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

わからないよ!僕まだ送金したこともないんだから!

カネット XXX(表情名入力)カネット

それなら仕方ないネ!じゃあボクが今から教えるから、ビットフライヤーから送金する方法を覚えよウ!

ビットフライヤー(bitFlyer)などの仮想通貨取引所では、別の取引所やウォレットへ仮想通貨を送金することができます。

しかし、送金手続きの方法は仮想通貨取引所によって違うので、はじめての方にはなかなか難しそうですよね。それに送金の際にかかる手数料や時間など、知っておくべきこともたくさんあります。

ここではビットフライヤーで仮想通貨を送金する方法について画像入りで詳しく説明するとともに、送金手続きの注意点や気になるギモンについても解説します。

はじめてビットフライヤーで送金しようと思っている方は、ぜひ参考にして下さい。

送金の大まかな流れ

  1. 送金先の取引所などでアドレスを取得する
  2. ビットフライヤーで取得した送金先アドレスを入力する
  3. 送付する仮想通貨の数量を入力して送金申請をする
  4. 送金が反映されるのを待つ

ビットフライヤーで送金できる仮想通貨の種類

ビットフライヤーで送金できる仮想通貨は次の7種類。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

ビットフライヤーで取り扱っている全ての仮想通貨が送金できます。

ただし別の取引所に送金する場合、送り先の取引所で取り扱っている銘柄しか送金できません。誤って送金してしまうと、取り戻すことができない場合があるので注意しましょう。

送金の際にかかる手数料

ビットフライヤーで仮想通貨を送金するには、以下の手数料がかかります。

ビットコインの送金手数料

ビットコイン送金手数料 0.0004BTC(2018年3月現在)

ビットコインを送付する場合、手数料として1件につき0.0004BTCがかかります。例えば0.1BTCを送りたい場合、手数料を含めた0.1004BTCが必要です。

また急ぎの場合には、以下の手数料を上乗せすることで優先度と処理スピードを上げることができます。

優先度追加手数料(BTC)
普通+0.0000
やや高い+0.0001
高い+0.0002
最高+0.0005

・アルトコインの送金手数料
アルトコインの送付手数料は以下の通りです。(2018年3月現在)

通貨の種類手数料
イーサリアム0.005ETH
イーサリアムクラシック0.005ETC
ライトコイン0.001LTC
ビットコインキャッシュ0.0002BCH
モナコイン無料
リスク0.1LSK

アルトコインのうち、ビットコインキャッシュのみビットコイン同様、追加手数料を支払うことで優先度を上げることができます。

以上がビットフライヤーから仮想通貨を他の取引所やウォレットに送付する際の手数料です。ビットフライヤーならビットコインを送付する際の優先度が調整可能なため、急いでビットコインを送りたいときなどに便利です。

送金反映までにかかる時間

ビットフライヤーで送金をして反映されるまでの時間は以下の通りです。

通常時10分~30分前後
混雑時数時間~1日前後

仮想通貨の送金にかかる時間は、送りたい仮想通貨の取引量や取引所の混雑状況などによって大きく違います。そのため送金手続きは余裕を持って早めに行いましょう。

ビットフライヤーで仮想通貨を送る方法

ビットフライヤーでの送金手順を順番に見ていきます。

1.仮想通貨を送りたい場所のアドレスを取得する
ビットフライヤーで仮想通貨の送金を行うには、まずどこに送るかを決めます。

仮想通貨が送れるのは、別の取引所やウォレットなど。仮想通貨のまま銀行口座に振り込むことはできません。

送り先となる別の取引所やウォレットを準備してから、送金手続きを行いましょう。

また、仮想通貨を日本円に換えて自分の銀行口座に振込を行う場合は、出金手続きを行う必要があります。出金手続きについて詳しくは「ビットフライヤー(bitFlyer)で日本円を出金する方法とは?手数料やかかる時間、注意点を徹底解説!」で説明しています。

別の取引所やウォレットなどを準備したら、アドレスを取得しましょう。

アドレスは銀行でいう口座番号のようなもので、ビットコインならビットコインアドレス、イーサリアムならイーサリアムアドレスという具合に仮想通貨ごとに設定される文字列です。

例えば、ビットフライヤーから仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)あてにビットコインを送金するとします。そのためにまず、送り先であるザイフのビットコインアドレスを取得しましょう。

ザイフにログイン後、画面上のメニューにある「入出金」クリックして下さい。
ログイン後画面

その後、仮想通貨の種類を選択します。

ザイフログイン後画面

この場合、ビットフライヤーから送ったビットコインをザイフに「入金」することになるので「入金」が選択されていることを確認しましょう。

初めて送金を行う場合は「ビットコインアドレスを取得」をクリックして下さい。アドレスが自動的に作成され、下のように表示されます。

入出金画面

画面に表示された数字とアルファベットのランダムな文字列が、ザイフあてのビットコインアドレスです。このアドレスをビットフライヤーで入力すれば、ザイフあてに送金ができます。

ただし、アドレスは複雑な長い文字列のため、1文字ずつ手入力をすると間違える可能性があります。ですから、コピーしてメモ帳などに貼り付けておきましょう。

また、スマートフォンの場合は、画面に表示されているQRコードを読み取ることで入金先アドレスを表示することができます。

2.ビットフライヤー(bitFlyer)にログイン
入金先アドレスを取得したら、続いてビットフライヤーで送金手続きを行います。ビットフライヤーにログイン後、画面左のメニューにある「入出金」をクリックして下さい。

BFログイン後画面

クリックすると、送金できる仮想通貨と「送金(送付)」か「受取(預入)」を選択する画面が表示されます。今回はビットコインを送金するので「BTCご送付」をクリックしましょう。

BF入出金画面

3.ラベル、アドレスを入力
続いて、「ラベル」と「アドレス」を入力する画面が表示されます。

ビットコインアドレス

ここで入力する「ラベル」とは、送金先アドレスを管理しやすくするために付ける名前のこと。「ザイフ」や「GMOコイン」といった取引所の名前や「保管用ウォレット」など、自由に入力することができます。

ラベルの入力は必須ではありませんが、送金間違いや混乱を避けるためにも入力しておきましょう。

ラベルに続いて、先ほど確認した送り先のアドレスを入力します。

ビットコインアドレス

ここで注意したいのが、アドレスの入力ミス。アドレスは複雑な長い文字列のため、1文字ずつ手入力をすると間違えやすく、間違いを見落とす可能性も非常に高いです。

もしアドレスが間違っていると、いつまで経っても送金が反映されません。間違って送金されてしまった仮想通貨は取り戻すことができず、資産を失うことになります。

そのためアドレスは手入力ではなく、コピー&ペーストで入力しましょう。そして入力した後はもう一度、間違いがないかを必ず確認するようにして下さい。

4.送金したい仮想通貨の数量を入力
送り先のアドレスを入力したら「送付数量」の欄に送金したい仮想通貨の数量を入力します。

送付数量

送付数量を入力すると、相場に基づいた日本円の金額と、送金手数料を含めた総額が表示されます。

そうがく表示

また、急ぎの場合は「優先度」の項目から手数料を追加することで送金スピードをアップできます。状況によって選択しましょう。

優先度

5.確定ボタンを押して完了
送金額を入力したら、内容を確認して「ビットコインを外部アドレスに送付する」ボタンをクリックしましょう。

BF入出金

これで送金申請が完了です。あとは送金先の取引所やウォレットに送金が反映されるのを待ちましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

受け取る取引所のウォレットアドレスを発行して、それをビットフライヤーの入出金ボタンから入力するだけなんだね!にしてもこのビットコインの優先度っていうのは何なのかな?BTCを支払うみたいだけど……

カネット XXX(表情名入力)カネット

ビットコインの送金は、手数料が大きければ大きいほど早く送金ができるんダ。ただ、送金する時にもともと手数料がかかっているカラ、よほど急いでいる時以外はあまり推奨できないカモ

外部から送った仮想通貨の受け取り方法

別の取引所やウォレットから送金した仮想通貨をビットフライヤーで受け取る場合も、基本的な手続きの流れは同じです。

1.ビットフライヤー(bitFlyer)にログイン
ビットフライヤーにログイン後、画面左のメニューにある「入出金」をクリックして下さい。

BFログイン後画面

続いて受け取りたい仮想通貨を選択し、それぞれの「お預入」をクリックしましょう。

BF入出金画面

2.アドレスを取得する
受け取りたい仮想通貨を選択したら「アドレスを取得する」ボタンをクリックします。入金用アドレスが作成されるので、コピーをして、メモ帳などに保存をしましょう。

イーサリアムアドレス

3.送金元の取引所で送金手続きをする
ビットフライヤーあての入金アドレスを取得したら、送金を行いたい取引所で送金手続きを行います。

取引所によって送金手続きの方法は多少違いますが、アドレスと送金額を入力し、申請することで手続きができます。

4.ビットフライヤーに送金が反映されるのを待つ
送金手続きが完了し処理が終われば、ビットフライヤーに送金が反映されます。

以上のようにビットフライヤーは仮想通貨の送金と受取が非常に簡単。アドレスと金額を入力して確定するだけです。

しかし、送金の際に注意すべき点があります。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ここで注意したいのが、受け取る際は送金より時間がかかるというコトだヨ。仮想通貨は送金スピードが早いのが魅力であり特徴でもあるけれど、一度にたくさんの取引がある場合はどうしても遅れが出てしまうんダ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へぇ~。送金したよ!って連絡がきても、すぐに僕のウォレットに仮想通貨が着金するわけじゃないんだね。争いの種になりそうだから覚えておこーっと

ビットフライヤーで送金する際の注意点

ビットフライヤーで送金を行う際には、次の3つに注意しましょう。

送金ミスに気をつけよう

上で説明したとおり、仮想通貨は送金ミスをした場合、取り戻すことができません。大切な資産を失わないためにも、送金ミスには十分注意しましょう。

送金ミスの主なものは以下の2つです。

送金先アドレスの間違い

送金先アドレスは27~34文字の英数字が組み合さって設定されます。そして、この中の一文字でも間違えたり、大文字が小文字に変わるだけで、まったく別のところに送金されてしまいます。

送金先アドレスは非常に長く複雑なため、メモして1文字1文字入力するのは間違いのもと。必ずコピー&ペーストで貼り付けるようにして下さい。

また、仮想通貨によってはアドレスが都度変わる可能性があるので、間違いがないか毎回しっかりと確認するようにしましょう。

別の仮想通貨アドレスに送金した

ビットコインを送金したいのに、送金先のアドレスがイーサリアムやビットコインキャッシュのアドレスだったという送金ミスもあります。

入力したアドレスが別の仮想通貨のアドレスだった場合でも、エラーが出ることはありません。後からどこに送られたか追跡することも取り戻すこともできないため、送金するアドレスはしっかりと確認しましょう。

送金制限に注意

ビットフライヤーでは、コンビニや銀行ATM、インターネットバンキングによるクイック入金を行った際に、下記の送金制限がかかります。

送金が制限される金額入金した金額に相当する資産
送金できない期間入金後7日間

例えば、ビットフライヤーに2万円の資産がある状態で、1万円をクイック入金で追加したとします。その後、3万円分のビットコインを購入した場合、1万円分のビットコインは7日間送金ができません。

送金制限がかかっていると送金できないので、制限が解除されるまで待つ必要があります。

送金時の二段階認証は必ず設定しておこう

二段階認証とは、メールアドレスとパスワードでのログインに加えて設定する、もうひとつの本人確認方法。二段階認証を設定しておくことで第三者の不正送金が防げます。

セキュリティを高めるためにも、送金時の二段階認証は必ず設定しておきましょう。

二段階認証の設定方法について、詳しくは「ビットフライヤー(bitFlyer)の二段階認証とは?設定・解除方法、認証コードの取得方法を徹底解説!」で説明しています。

以上が、ビットフライヤーで送金する際の注意点です。仮想通貨の送金操作や仕組みは非常にシンプルで簡単ですが、送金ミスには特に注意が必要。送金の際には、しっかりと確認を行うようにしましょう。

送金方法と注意点をしっかり把握しておけば、いつでもスムーズに送金ができます。早速ビットフライヤーを利用してみましょう!

★ビットフライヤー(bitFlyer)の公式サイトへリンク★

カネット XXX(表情名入力)カネット

とくに気をつけて欲しいのが、送金先のアドレス間違いだヨ。送金アドレスは複雑な英数字の組み合わせだから、手打ちじゃなくてコピー&ペーストで正しいアドレスを入力してネ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ビットフライヤーでは外部のウォレットアドレスを登録することもできるから、その機能を使えばいいわね。一度ちゃんと送金できたアドレスを登録しておけば、次回から間違える心配もないわ!

仮想通貨を送金する際に気になるギモン

ビットフライヤーの送金方法について詳しく解説してきましたが、実際に送金を行うとなると、不明な点や不安な点があると思います。

よくある疑問と回答を下記に記載していますので、参考にしてください。

送金反映が遅い!なかなか反映されないのはなぜ?

仮想通貨を送金する際、マイナー(採掘者)と呼ばれる人たちによって取引内容が正しいかどうかの確認・承認作業が行われています。

ですから取引量が少なければ承認作業も少なく、取引量が増えれば確認する量が増えて承認に時間がかかります。送金するとすぐに反映される場合もあれば、何時間もかかることもあるのはそのためです。

送付先のアドレスを正しく入力していれば処理自体は進められているはずなので、送金申請は余裕を持って早めに行いましょう。

またビットフライヤーが展開している「chainFlyer」というツールを使えば、ビットコインの送金状況が確認できます。

一度に送金できる金額に上限はあるの?

ビットフライヤーでは送金できる金額に上限はありません。

ビットフライヤーを含む仮想通貨取引所では、送金のたびに手数料がかかるため、送金はこまめに行うよりも、まとまった数量で行った方が手数料を抑えられます。

そのため、一度に送金できる金額に上限がないのはビットフライヤーの大きなメリットと言えますね。

送金はキャンセルできる?

ビットフライヤーで送金申請をすると「お手続き中の送付申請」の表示になります。

キャンセル

上のように「お手続き中の送付申請」欄に表示されている取引であれば「キャンセル」をクリックすることで送金申請を取り消すことができます。

しかし、すでに送付処理が進められている場合はキャンセルができません。送付先アドレスが間違っていた場合、仮想通貨を取り戻すことができないので上の画面で送付先をしっかりと確認しましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ビットフライヤーでは送金上限が無いから、できるだけ大きな金額を送金するのが良いヨ。送金のたびに手数料がかかっちゃうカラ、ちょっと損しちゃうヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

だからといって、最初から大きい金額を送金するのもやめておいた方が良いわ。万が一送金アドレスが間違ってたら仮想通貨が全部無くなっちゃうからね。初めて送金するアドレスは、まずは小額送金を行ってアドレスが間違ってないかを確かめてね

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ふむふむ……小さい金額を送金して、そのアドレスを登録。無事に着金したら登録したアドレスに大きい金額を送金すればいいんだね!なるほど!

カネット XXX(表情名入力)カネット

理解してくれたようで何よりだヨ!送金ミスさえ注意すれば、仮想通貨の送金はとても簡単だからやってみてネ!

まとめ

ビットフライヤーで仮想通貨を別の取引所やウォレットに送金する方法について詳しく解説してきました。

仮想通貨の送金手順は非常に簡単ですが、その分送金ミスには十分に注意しましょう。不安な場合は少額をテスト送金してみるのがオススメです。

仮想通貨取引を行う上で、複数の取引所やウォレットに資産を分散することは安全面でも非常に大切。手順や手数料、かかる時間などを把握していつでも送金できるようになれば、安心して仮想通貨取引所が利用できます。

手軽に売買ができるビットフライヤーで、仮想通貨取引を楽しみましょう!