ビットトレード(BitTrade)の本人確認方法を徹底解説!手順・かかる時間・必要書類は?

ビットトレード(BitTrade)の本人確認方法を徹底解説!手順・かかる時間・必要書類は?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

さぁ!今日も仮想通貨取引所に口座開設をするわよ!今日はビットトレードにしようかしら♪

カネット XXX(表情名入力)カネット

あっ、待ってモナちゃん。ビットトレードに登録するときは本人確認をする必要があるんダ。だから、本人確認に必要なモノを先に用意しておくとスムーズだヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

本人確認って……ま、まさか在宅確認の電話がかかってくるの……!?

カネット XXX(表情名入力)カネット

家に電話がかかってくることはないヨ!今回はビットトレードの本人確認方法を説明するから落ち着いて聞いてネ!

ビットトレード(BitTrade)は充実したチャート機能で、簡単に仮想通貨が売買可能な取引所。しっかりしたセキュリティも魅力です。

しかしビットトレードで取引を行うためには口座開設(アカウントの登録)後、本人確認を完了させる必要があります。

ここではビットトレードの本人確認方法について、必要な書類や手順に加え、本人確認にかかる時間など詳しく説明していきます。

本人確認の大まかな流れとかかる時間

①アカウント作成
②氏名など必要な情報を登録
③本人確認書類を提出
④確認ハガキを受け取る

①のアカウント作成から③の本人確認書類提出まで、10分~15分ほどで完了します。その後、提出した書類の審査に通常1日~2日、④のハガキ到着までさらに2日~3日前後かかります。

しかし混雑状況によってはさらに日数がかかることもあります。そのため口座開設は早めに済ませておきましょう。

なお、口座開設の詳しい方法については別の記事「ビットトレード 口座開設方法」にまとめています。こちらも参考にして下さい。

ビットトレードでの本人確認方法

ビットトレードでメールアドレスを登録するとアカウントが作成され、ログインができるようになります。しかしこの段階ではまだ、仮想通貨の売買はできません。

仮想通貨の取引を行うためには、本人情報を登録して本人確認書類をアップロードする必要があります。

10分~15分程度の簡単な作業です。手順を詳しく見ていきましょう。

ログイン後、本人情報を登録する

ビットトレードにログインすると、基本情報登録画面が表示されます。

ビットトレード 基本情報

基本情報登録画面では

  • 氏名
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 住所
  • 取引の目的
  • 職業

の各項目について、選択・入力していきます。

なお、この時に登録した情報をもとに、本人確認書類に記載されている内容と同じかどうかの確認が行われます。その後、登録住所あてに届く確認ハガキを受け取ることで本人確認が完了します。ですから、ここで入力する内容は間違いのないように注意しましょう。

それぞれの項目を入力したら、「外国の重要な公人」部分の該当する箇所にチェックを入れ、(ほとんどの人は「該当しない」になると思います)「確認」ボタンをクリックして下さい。

ビットトレード 基本情報登録画面

その後、入力内容についての確認画面が表示されます。間違いがなければ「登録」をクリック。これで基本情報の登録が完了です。

ビットトレード 登録画面

本人確認書類のアップロード

基本情報の登録が完了したら、本人確認書類の提出に移ります。続いて表示される画面の「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックしましょう。

ビットトレード 基本情報登録完了画面

まず「本人確認書類の種類」から提出する書類を選びます。そして「本人確認書類のアップロード」の下のイラスト部分にカーソルを当てると「+」ボタンが表示されます。

ビットトレード 本人確認書類アップロード画面

「+」ボタンをクリックすると、パソコン内に保存してある画像データがアップロードできます。同じ作業を繰り返して裏面もアップロードしましょう。その後「アップロードする」ボタンをクリックして完了です。

郵送による本人確認で完了

本人確認書類のアップロードまで終わり、ビットトレードの本人確認処理が終わると、その旨が記載されたメールが送られてきます。

その後、登録した住所にビットトレードから本人確認ハガキが届きます。

なおこのハガキは簡易書留のため、ポスト投函はされません。受け取れなかった場合には不在票が入りますので再配達を依頼しましょう。

ビットトレード 確認ハガキ

確認ハガキは圧着式になっています。中面を開くと、左側に「ご登録ありがとうございます」のメッセージ、右側には今後の流れと暗証番号が記載されています。

ビットトレード 確認ハガキ

あとはハガキの案内にしたがって、

1.ログインしてアカウント画面を開く(スマホの場合、ハガキ左側のQRコードを読み取ることで素早くアクセスが可能)
2.登録情報>本人確認書類にある「暗証番号で有効化」をクリックして認証ページを開く
3.ハガキに記載された暗証番号を入力し「有効化」をクリック

なお、暗証番号による認証は必須ではありません。ハガキを受け取った翌営業日には自動で有効化が行われます。しかし、暗証番号を入力すれば即時にサービスが開始できるため、急ぎの場合は認証を行いましょう。

これですべての本人確認が済み、ビットトレードの口座開設が完了です。

ビットトレードは口座開設までに早くても3日~4日程度かかり、新規の申込者が多い期間はもっと日数がかかることもあります。そのため、事前に口座開設だけでも済ませておくことをお勧めします。

本人確認のために必要な書類

ビットトレードの本人確認書類として有効なものは以下の通り。

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・在留カード

のいずれか1点。

また、書類によって提出する際の注意点が異なります。注意点を含め、さらに詳しく見てみましょう。

【運転免許証】
ビットトレード 運転免許証

運転免許証は、裏面も提出が必要です。提出の際、住所・氏名・生年月日・番号・公安印・顔写真が鮮明に写っているか確認しましょう。提出できるのは有効期限内のものに限ります。

【パスポート】
パスポートは、顔写真と生年月日が記載されている面と住所が記載されている面の2ページを提出する必要があります。また旅券番号・住所・氏名・生年月日が鮮明に記載されているかも確認しましょう。提出できるのは有効期限内のものに限ります。

【住民基本台帳カード】
住民基本台帳カードは表面と裏面、両方の提出が必要です。同じく住所・氏名・生年月日が鮮明に記載されていることと、有効期限を確認しましょう。

【在留カード】
在留カードは表面と裏面、両方の提出が必要です。有効期限内であること、印章・記号番号・住所・氏名・生年月日が鮮明に記載されていることを確認しましょう。

以上がビットトレードで本人確認する際の必要書類です。どの書類を提出する場合も、書類に記載されている住所・氏名・生年月日がビットトレードに登録したものと同じでなければなりません。

また、スムーズに本人確認を完了させるために気を付けておくべき点があります。続いて詳しく説明していますので確認しておきましょう。

書類を提出するときの注意点

ビットトレードは本人確認書類の提出が簡単にできますが、提出の際、以下の点に注意しましょう。

書類の画像が不鮮明ではないか
本人確認書類をデジカメやスマートフォンで撮影する際、書類全体が鮮明に写るように撮影する必要があります。

端の部分が欠けていたり、文字や写真にピントが合っていないということがないか、提出前に確認しましょう。また光で反射して一部が見えなかったり、極端に暗い画像になっていないかも確認して下さい。

有効期限が切れていないか
本人確認書類は有効期限内である必要があります。期限が切れているもの、発行日から何年も経過しているものは受理されないため注意しましょう。

以上がビットトレードで本人確認を行う際の注意点です。これらの点に気をつけて書類を提出すれば、審査もスムーズに行われます。

本人確認を素早く完了させて、1日でも早くビットトレードで仮想通貨取引を始めましょう!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ピントをあわせた綺麗な写真なら、スマホで撮影したものを本人確認書類としてアップして大丈夫だヨ!明るいところで綺麗に撮ってネ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

じゃあパスポートを本人確認書類に使うわ♪ えーっと、ピントを合わせた写真を撮って、色白とデカ目補正、小顔効果に、あとは髪の毛の色も……

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

すごい加工技術……!モナちゃんのパスポートの写真と、実物のモナちゃんの外見がどんどん乖離していく……!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ワァすごイ……!じゃなくて、画像加工はしちゃダメだヨ!スマホに搭載されている普通のカメラで撮影してネ!

本人確認について気になるギモン

ビットトレードで本人確認を行う際に必要な書類と手順を詳しく紹介してきましたが、本人確認を行うにあたって、気になる点や不安な点があると思います。

よくある疑問と回答を下記に記載していますので、参考にしてください。

本人確認の審査にどのくらい時間がかかる?

ビットトレードは口座開設まで3日~4日程度かかります。しかも、確認ハガキを受け取らない限り取引ができません。

また上で紹介したように本人確認書類や撮影した画像データに不備があった場合、審査に時間がかかったり書類の再提出を求められる可能性があります。

これからますます仮想通貨投資が世間に広まり、申し込みが集中すれば審査に時間がかかってしまうことも十分に考えられます。そのため、1日でも早く口座開設の手続きを進めておきましょう。

本人確認をしないとどうなるの?

2017年4月1日に施行された改正資金決済法により、国内の仮想通貨取引所で本人確認が必須となっています。

これは、なりすましなどによる不正アクセスやマネーロンダリング(犯罪などによって不正に得た収益を流通可能なお金に変えること)を防止するためです。

そのため、ビットトレードでは本人確認が完了しなければ、仮想通貨の取引ができない仕組みになっています。

顔写真付きの身分証明書を持っていないけど、どうすればよい?

2018年2月現在、ビットトレードでは顔写真付きの身分証明書以外では本人確認ができません。

とはいえ、仮想通貨投資は世間にどんどん広まっています。ビットトレードで取引をしたいという人がさらに増えれば、保険証など顔写真のない書類での本人確認に対応することも十分考えられます。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

顔写真がない身分証明書は今のところダメなのね。パスポートや免許証、顔写真入りのマイナンバーカードとかを持ってない人には、ちょっと難しそうね……

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだネ。他の取引所だと、顔写真がない書類でも2点以上組み合わせたらOKだったりするからネ……でも、ビットトレードでもそういう風になっていくと思うナ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

何ならこのタイミングで顔写真入りの身分証明書を作ることも検討してみても良さそうだね。顔写真入りの身分証明書は、取引所に限らず日常生活で何かと便利だし!

まとめ

いかがでしたか?ビットトレードで本人確認を行うために必要な書類や手順、かかる時間について詳しく解説してきました。

仮想通貨の取引は、ハッキングやなりすましなどのリスクもゼロではないため、本人確認や審査はきっちりと行う必要があります。

少し手間に感じるかもしれませんが、実際にやってみると非常に簡単。画面の案内も丁寧なので迷うことなく進めていけます。

ビットトレードはセキュリティがしっかりしている上、全ての取り扱い通貨が取引所形式で売買可能。

お得に取引ができるビットトレードで、仮想通貨の取引を始めましょう!