ビットトレード(BitTrade)の手数料を徹底解説!取引手数料や入金にかかる振込手数料とは?

ビットトレード(BitTrade)の手数料を徹底解説!取引手数料や入金にかかる振込手数料とは?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ビットトレードに口座開設しようと思ったけれど、手数料ってどれくらいかかるのかしら?

カネット XXX(表情名入力)カネット

取引所の手数料は、取り扱い銘柄と同じくらい気になるよネー。じゃあ今日は、ビットトレードの手数料をまるごと解説するヨ!

ビットトレード(BitTrade)は簡単に売買ができる仮想通貨取引所。充実したチャート機能や、高いセキュリティも魅力です。

しかし仮想通貨取引所を利用する際に気になるのが「手数料」。ビットトレードで仮想通貨を買う時や売る時、また入金や送金を行う時にどれくらい手数料がかかるのか気になりますよね。

ここではビットトレードを利用するにあたって、かかる手数料について詳しく説明していきます。

ビットトレードを利用する際にかかる手数料

ビットトレードの主な手数料は以下の通り。

  • 仮想通貨を取引(売買)する際の手数料
  • 日本円を入金・出金する際の手数料
  • 仮想通貨を別の取引所やウォレットに送る際の手数料

なお、口座アカウントの作成や維持にかかる手数料は無料です。

仮想通貨を取引する際の手数料や入出金手数料、送金手数料は通貨の種類や方法によって違います。

それぞれの手数料について、詳しく見ていきましょう。

ビットトレードで取引(売買)する際の手数料

国内にはいくつかの仮想通貨取引所が存在しますが、仮想通貨の販売形式は取引所によって異なります。

仮想通貨取引所の主な販売形式は、販売所形式と取引所形式の2つ。それぞれの違いは以下の通りです。

  • 販売所形式…運営する仮想通貨取引所を相手に、取引所が提示する価格で売買を行う
  • 取引所形式…別のユーザーを相手に、お互いの希望をマッチングさせて売買を行う

上の2つのうちビットトレードは取引所形式のみの取引所。全ての取り扱い通貨が取引所形式で売買できます。

取り扱い通貨ごとにかかる手数料をひとつずつさらに詳しく見ていきましょう。

ビットトレードの取引(売買)手数料

ビットトレードで取引可能な通貨ペア(通貨同士の組み合わせ)は以下の通りです。

【取引可能な通貨ペア】

  • ビットコインと日本円(BTC/JPY)
  • リップルと日本円(XRP/JPY)
  • モナコインと日本円(MONA/JPY)
  • ビットコインキャッシュと日本円(BCC/JPY)
  • ライトコインとビットコイン(LTC/BTC)
  • イーサリアムとビットコイン(ETH/BTC)
  • モナコインとビットコイン(MONA/BTC)
  • ビットコインキャッシュとビットコイン(BCC/BTC)

ビットトレードでは、日本円でビットコインやアルトコインを売買(日本円建て)する以外に、ビットコインでアルトコインを売買(ビットコイン建て取引)できます。それぞれの手数料は下記の通りです。

【手数料】

 成行注文(テイカー)指値注文(メイカー)
BTC/JPY0.2%0.2%
XRP/JPY0.45%0.25%
LTC/BTC0.70%0.30%
ETH/BTC0.25%0.20%
MONA/JPY0.70%0.30%
MONA/BTC0.70%0.30%
BCC/JPY0.70%0.30%
BCC/BTC0.70%0.30%

ビットトレードで仮想通貨を売買する際、注文方法によって表の手数料がかかります。

成行注文(テイカー)は価格を指定しない注文方法で、指値注文(メイカー)は価格を指定する注文方法です。

例えば相場が1BTC=100万円だった場合、1BTCを成行注文で購入するには手数料が0.2%かかるので1,002,000円が必要。

同じように売却する場合も0.2%の手数料がかかります。1BTC=100万円の場合、1,000,000円から2,000円の手数料が引かれ、総額は998,000円となります。

なお、ビットトレードの取引方法について、詳しくは別の記事にまとめていますので確認して下さい。
ビットトレード 取引方法

以上がビットトレードで仮想通貨を売買する際にかかる手数料です。ビットトレードは売買する通貨ペアや注文方法によって手数料が異なります。

それぞれの通貨ペア、注文方法の手数料の違いをよく見比べて取引を行いましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

0.2%ってことは、1BTC=100万円のときに、0.01BTCを購入するだけでも200円かぁ。0.2%とはいえ結構大きい金額だよね

カネット XXX(表情名入力)カネット

1回の注文ごとに手数料が発生するから、小さい金額をこまめに何回も注文するよりも、ある程度まとまった金額を注文する方が良いかもネ

日本円の入金手数料・出金手数料

続いて、ビットトレードで日本円を入金・出金する際にかかる手数料について詳しくみていきましょう。

入金手数料

ビットトレードの入金方法は、銀行振込のみ。銀行ATM、インターネットバンキングなどから指定の口座に振込を行うことで入金ができます。

銀行振込で入金する際の入金手数料は無料。ただし、銀行の振込手数料が別途必要です。

出金手数料

ビットトレードで仮想通貨を日本円に換え、銀行口座に出金する際にかかる手数料は以下の通りです。

銀行出金手数料 648円

以上が、入出金の際にかかる手数料です。

なお、ビットトレードの入金方法・出金方法について詳しくは別の記事にまとめています。
ビットトレード 入金方法
(「ビットトレード 出金」の別記事へリンク)

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

出金手数料は結構かかるのね。648円って結構大きい金額だし、何回も出金しない方が良さそうだわ

カネット XXX(表情名入力)カネット

出金金額にもよるけど、注文手数料よりも高くつく可能性もあるからネ。できれば大きい金額を一気に出金する方が良いヨ

仮想通貨を別の取引所やウォレットなどへ送金する際の手数料

ビットトレードでは、仮想通貨を別の取引所やウォレットに送ることが可能。送金にかかる手数料は次の通りです。

ビットコインの送金手数料

ビットトレードから別のアドレスにビットコインを送付する際にかかる手数料は0.001BTCです。(2018年3月現在)

ビットコイン送金手数料 0.001BTC

仮想通貨を送金する際、マイナー(採掘者)と呼ばれる人たちによって取引内容が正しいかどうかの確認・承認作業が行われ、最も早く承認したマイナーに報酬が支払われます。

つまり、送金手数料はマイナーへの報酬として支払われるもので、ビットトレードが受け取るものではありません。

また、他の取引所などから送付したビットコインを受け取る時は手数料がかかりません。

アルトコインの送金手数料

アルトコインの送付手数料は以下の通りです。

通貨の種類手数料
リップル(XRP)0.15XRP
ライトコイン(LTC)0.001LTC
イーサリアム(ETH)0.005ETH
モナコイン(MONA)0.001MONA
ビットコインキャッシュ(BCC)0.001BCC

ビットコインと同じく、アルトコインの送金手数料もマイナーの報酬として支払われるものです。

また、他の取引所などから送付したアルトコインを受け取る際の手数料は無料です。

ビットトレードは仮想通貨の送金手数料が比較的安いのがメリット。別の取引所やウォレットに仮想通貨を送る機会が多い場合に便利です。

なお、送金の仕方について詳しいことは別の記事にまとめていますので確認して下さい。
(「ビットトレード 送金」の別記事へリンク)

以上のように、ビットトレードでは売買する通貨の種類や注文方法によって手数料が変わります。取引時や利用時のコストを抑えるためにも、かかる手数料について把握しておくことが大切です。

手数料について理解したら、早速ビットトレードで仮想通貨取引を始めてみましょう!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

送金する金額が少なくても一律でこの手数料なんだね。出金手数料と同じで、できるだけ大きい金額を一気に送金した方がお得かも……

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだネ。でも、大きい金額を送ろうと思って送金間違いしてしまうと、仮想通貨を失うカラ、送金に不慣れな人は送金慣れすることを先に考えてネ

手数料を抑えるにはどうすればよい?

ビットトレードを利用する際の手数料について詳しく解説してきましたが、少しでも手数料は抑えたいですよね。ここでは、手数料をできるだけ抑える方法をお伝えします。

入出金の際に注意したいこと

仮想通貨取引所を利用するにはまず日本円を入金しますが、小さな金額を何度も入金するよりも、ある程度まとまった金額を一度に入金した方が手数料を抑えられます。

例えば1万円だけ入金し、1万円分のビットコインを買ったとします。その後、一時的に価格が下がり「買い増したい」と思ったら、再び入金する必要があり、その都度手数料がかかってしまいます。

特に仮想通貨は価格の変動が非常に激しいため、一気に相場が下がって「買い」のチャンスが急に訪れることが多くあります。その都度入金していると、手数料も毎回掛かってしまいます。

ですから、想定よりも少し多めの金額を入金しておくと手数料の節約に繋がります。ただし入金は、あくまで余剰資金の範囲内で行いましょう。

出金の時も同様に、こまめに出金するよりも、まとまった金額を出金した方がコストを抑えられます。

手数料を抑えて入金するなら住信SBIネット銀行がオススメ

仮想通貨取引を行うなら、ぜひとも口座を開設しておきたい銀行が住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行はとにかく手数料が格安。振込手数料は、以下のとおりです。

【住信SBIネット銀行の振込手数料(税込)】

振込先個 人法 人
住信SBIネット銀行無 料51円
他の金融機関・ランクに応じて月15回まで無料
・回数超過分は1回154円
3万円未満:165円
3万円以上:258円

住信SBIネット銀行同士の振込は、手数料が一切かかりません。しかも、金額や時間に関係なく、いつでも何度でも手数料無料で振込できます。

また、他の金融機関への振込手数料も無料(回数制限付き)となっています。普段から振込をよく行う人であれば、これを有効活用しない手はありません。

住信SBIネット銀行はビットトレードだけでなく、ほぼ全ての国内取引所と提携しています。ですから、仮想通貨取引を行うならこの機会に住信SBIネット銀行で口座開設しておきましょう!

★住信SBIネット銀行の口座開設はコチラ★

仮想通貨の売買時に注意したいこと

仮想通貨の売買を行う際、販売所と取引所で手数料や価格が大きく異なります。特に販売所はスプレッドが含まれているため割高なことが多いです。

そのためビットトレードのような取引所形式で売買を行う方が割安になりますが、取引所にはデメリットもあります。取引所はユーザー同士の取引であるため、希望の価格と数量で売りに出しているユーザーがいない場合、約定(注文が確定)しません。

しかし販売所なら、価格の急騰時や注文が殺到している時などでも確実に購入が可能。ですからスプレッドを含めた価格で購入しても得になる場合があるのです。

そのため、仮想通貨取引を行う際には複数の取引所に口座を開設し、状況に応じて取引所や販売形式を選択するのがオススメです。

なお、販売所と取引所の違いについて詳しくは別の記事にまとめています。
仮想通貨 取引所 販売所

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

販売所は注文手数料が高いけれど、その場で即仮想通貨を購入することができるのね。取引所だと注文が通らないことも多いから、臨機応変に使い分けると良さそうだわ

カネット XXX(表情名入力)カネット

取引所の手数料は、それぞれの取引所によって違いがあるんダ。だから、複数の取引所に口座開設をしておくことをオススメだヨ。あとは住信SBIネット銀行の口座開設カナ?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

僕はジャパンネット銀行しか持ってなかったけれど、仮想通貨投資では住信SBIネット銀行の口座を持ってると良いんだね。仮想通貨用の口座として、僕も作っておくよ!

まとめ

ビットトレードを利用する際の手数料について詳しく説明してきました。

仮想通貨取引にかかる手数料は1件単位で見ると少額ですが、積もり積もれば大きな出費になります。抑えられる手数料はしっかり抑えて、お得に仮想通貨取引を始めましょう!