コインチェック(coincheck)での法人口座開設方法!手順を画像入りで詳しく解説!

コインチェックの法人口座開設方法

コインチェックは取り扱い通貨が多く、簡単に取引ができる人気の仮想通貨取引所。コインチェックでは、個人だけでなく法人名義での口座開設も可能です。

ここでは、法人名義での口座開設手順を画像入りで詳しく解説していきます。

法人口座開設の大まかな流れ

メールアドレスを登録

法人、代表者などについての情報を入力

必要書類を提出

確認ハガキを受け取る

法人口座の開設に必要なもの

・メールアドレス
・法人、個人それぞれの確認書類
・取引担当者のIDセルフィー(提出書類と本人が写っている自撮り写真)
・法人名義の口座通帳の写し
・法人取引担当者届出書(担当者と代表者が異なる場合)
これらの書類があれば、すぐに口座開設が可能。

またそれぞれの確認書類やIDセルフィーは、スマホなどで撮影したものをネット上にアップロードすることで提出できます。あらかじめ撮影したデータをパソコンやスマートフォンに保存しておくと登録がスムーズにできますよ。

では、口座開設の手順をひとつずつ見ていきましょう。

コインチェックの法人口座開設方法

メールアドレスを登録

コインチェックの公式サイトにアクセスすると、トップページが表示されます。

トップ

そして「メールアドレス」と書かれた部分にカーソルを合わせて、メールアドレスを入力しましょう。YahooメールやGメールなどのフリーメールアドレスでも登録が可能です。

続いて「パスワード」の欄に、任意に設定したパスワードを入力します。

パスワードは、半角アルファベット(大文字、小文字の区別あり)と数字を自由に組み合わせて設定できますが、全ての文字種が1文字以上含まれていなければなりません。

※パスワードは長く、複雑なものほど安全性が高くなります。セキュリティの面でも、推測がしやすい短いパスワードは避けて下さい。また、他の取引所やサイトで使っているのと同じではなく、独自のパスワードを設定するようにしましょう。

メールアドレスとパスワードを入力後「登録する」ボタンをクリックすると、下の画面が表示されます。

メールアドレスを確認

その後、先ほど入力したメールアドレス宛にコインチェックからメールが届くので確認しましょう。

確認メールのリンク先をクリック

コインチェックから送られたメールの本文には、登録用URLが記載されています。ここをクリックして下さい。

確認メール画面

メールのURLをクリックすると、下の画面が表示されます。

CCトップ画面

本人確認の手続き

ここまででアカウントの登録は完了。ただ、この段階では仮想通貨の取引ができないため、本人確認手続きが必要です。コインチェックのトップページから「本人確認書類を提出する」をクリックしましょう。

本人確認書類を提出する

すると、下の画面が表示されます。

電話番号認証画面

本人確認の手続きを行うためには、まず電話番号認証をする必要があります。

電話番号認証は、携帯電話のSMSメッセージを利用します。「電話番号」の欄に携帯電話番号を入力し「SMS送信する」ボタンをクリックしましょう。その後、入力された電話番号あてに6桁の認証コードが記載されたSMSメッセージが届きます。

届いた認証コードを「送信された認証コード」の欄に入力し「認証する」ボタンをクリックすれば、電話番号認証は完了です。

各種重要事項を確認

続いて、トップページ>設定画面から「本人確認」をクリックしましょう。

設定画面

すると、下の画面が表示されます。

重要事項説明
サービスを利用するためには、以下の事項に同意する必要があります。
【確認事項】
・プライバシーポリシー
・電子交付に関する同意書
・取引説明書
・利用規約
・PEPs確認書
・反社会的勢力でないことの確約書
・Payment利用規約
・加盟店規約

これらの事項について確認し、全てにチェックを入れてから「各種重要事項に同意し、承諾してサービスを利用する」をクリックして完了です。

本人情報の登録

各種重要事項に承諾をすると、下の画面が表示されますので「本人確認書類を提出する」をクリックします。

重要事項説明2

すると、住所などの各種必要事項を入力する画面が表示されます。まず、一番上にある「個人・法人区分」の項目で「法人」にチェックを入れましょう。

法人にチェック
ユーザー情報登録画面では
・法人名
・フリガナ
・所在国
・郵便番号
・法人所在地
・事業内容
・主な利用目的
・代表者の氏名(フルネーム)
・フリガナ
・生年月日
・役職
・住所
の各項目について、選択・入力していきます。

なお、この時に登録した情報をもとに、本人確認書類に記載されている内容と同じかどうかの確認が行われます。

その後、登録した法人住所と代表者住所に届く確認ハガキを受け取ることで本人確認が完了します。ですから、ここで入力する内容は間違いのないように注意しましょう。

各種必要書類の提出

続いて、必要書類の提出に移ります。コインチェックでは、法人名義の口座通帳の表紙の写しや、登記事項証明書が必要です。まず、口座通帳の表紙の写しを提出します。写しといってもコピーなどを取る必要はありません。通帳の表紙をスマホなどで撮影すればOKです。

コインチェックではパソコン内に保存されている画像をアップロードする方法に加え、カメラ内蔵のパソコンに限り、カメラを起動してその場で撮影する方法も選択できます。

パソコン内のデータをアップロードする場合は「ファイルを選択する」ボタン、その場で撮影する場合は「カメラを起動」するボタンをクリックしてアップロードします。

提出画面

続いて、同じ要領で登記事項証明書をアップロードします。

提出可能な登記事項証明書は

登記簿謄本等の写し(発行から6か月以内)

となります。2枚目・3枚目がある場合も提出が必要ですので忘れずにアップロードしましょう。

続いて、取引担当者のIDセルフィーを提出します。

IDセルフィー

IDセルフィーは、書類の方にピントが合うように撮影しましょう。書類が反射していたり、指などが文字にかかっていると、再提出を求められ、口座開設に時間がかかる場合があります。

同じく、本人確認書類のみの写真を提出します。

裏

裏面も同様にアップロードしましょう。必要な書類のアップロードが済んだら「本人確認書類を提出する」ボタンをクリックします。

これで各種必要書類が提出できました。この後、コインチェックによる書類の確認処理が行われますので、1~2営業日待ちましょう。

なお、個人の本人確認書類として有効なものは

・運転免許証(両面)
・パスポート(顔写真のあるページと住所のページ)
・在留カード(両面)
・特別永住者証明書(両面)
・運転経歴証明書(両面。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
・住民基本台帳カード(両面)
・マイナンバーカード(裏面のアップロードは不要)

のいずれか1点。

これらについて
・取引担当者と代表者が同じ場合は、代表者個人の本人確認書類
・取引担当者と代表者が異なる場合は、担当者個人の本人確認書類
の提出が必要です。

また取引担当者と代表者が異なる場合、法人取引担当者届出書が必要です。法人取引担当者届出書とは、代表者から担当者への委任状のこと。

法人取引担当者届出書を提出する場合は、まず「仮想通貨の取引、及びその付随行為を○○へ委任する」という内容の書面を作成します。その後プリントアウトし、署名・捺印の上、スマホなどで撮影したものをアップロードしましょう。

郵送による本人確認で完了

提出した書類に不備がなければ、コインチェックから本人確認完了のメールが届き、登録した住所へ本人確認ハガキが発送されます。

ハガキ

確認ハガキは通常であれば、発送から2~3日で到着します。法人口座の場合、法人用と担当者用の2通がそれぞれの住所に届くので受け取りましょう。なおこのハガキは簡易書留のため、ポスト投函はされません。受け取れなかった場合には不在票が入りますので再配達を依頼しましょう。

この確認ハガキの受け取りで法人口座の開設は完了です。日本円を入金して仮想通貨の取引をスタートしましょう。

以上のように、コインチェックで法人口座を開設するのは思ったよりも簡単。画面上で順を追って案内してくれるため、迷いなく進めていけます。また口座を開設したからといって、すぐに取引を始めなくても大丈夫。

チャートや画面を眺めているだけでも仮想通貨取引の仕組みが把握できてきますし、実際にいろいろ試してみた上で理解が深まれば安心して取引できます。

コインチェックはサイトが使いやすく、入門用としてもオススメです。早速口座を開設してみましょう!

★coincheckの口座開設はこちらから★

口座開設のギモン

コインチェックで法人口座を開設する手順を詳しく紹介してきましたが、仮想通貨取引所の口座を作るとなると、不明な点・不安な点があると思います。ここでは口座開設の際に気になる5つの疑問にお答えします。

法人口座を開設する条件はある?

コインチェックで法人口座を作る際、特に条件はありません。スマホやパソコンなどのインターネット環境があって、必要な書類が提出可能であれば口座開設を申し込めます。

ただ、法人名義の場合、法人としての経歴や実績、資本金額などを基準に審査が行われます。明らかな節税対策のみで取引の実態がないといった場合、審査が通らないこともあるようです。

しかし法人名義で仮想通貨取引を行うと、多くのメリットがあります。ですからまずは、上で紹介した手順を参考に口座開設を進めてみましょう。

法人名義で仮想通貨取引を行うメリットについては別の記事にまとめています。(別記事へのリンク)

登録や口座開設にかかる費用は?

コインチェックで法人口座を開設する際、費用は一切かかりません。登録の際はもちろん、口座維持手数料も無料です。

登録はスマホからもできる?

口座の開設はスマートフォンからも可能です。画面の表記は少し異なるものの、登録と口座開設の流れは上で説明したとおりです。スマートフォンであれば、本人確認書類を撮影してそのままアップロードできるので便利ですよ。

本人確認書類はなぜ必要?

2017年4月1日に改正資金決済法が施行され、国内の仮想通貨の交換所や取引所において、口座開設の際に本人確認が必須となりました。

これは、なりすましなどによる不正アクセスやマネーロンダリング(犯罪などによって不正に得た収益を流通可能なお金に変えること)を防止するためです。

そのため、コインチェックでは本人確認書類の提出と確認が完了しなければ、仮想通貨の取引ができない仕組みになっています。

少し手間はかかりますが、裏を返せばコインチェックはそれだけセキュリティがしっかりしていて信頼できる取引所とも言えますね。

開設から利用までにかかる日数

提出した書類を確認する処理に加え、ハガキが到着するまでの期間を考えると、登録から利用まで早くても3~4日かかります。しかしこれは通常の場合。一時的に申し込みが集中した場合は、さらに日数がかかる可能性があります。

ですから、1日でも早く口座開設の手続きを進めておきましょう。

口座開設後にやっておきたいこと

コインチェックで口座の開設が完了したら、すぐにでも取引をスタートしたいですよね。でも、次に紹介する2段階認証は事前に設定しておきましょう。安全でスムーズな取引が始められます。

2段階認証

仮想通貨取引所では、まず資金として日本円を入金し、そのお金で仮想通貨を買うのが一般的な流れです。自分のお金を使ってネット上で取引する以上、セキュリティ面はしっかりしておきたいですよね。

そのために、2段階認証の設定を強くオススメします。2段階認証とはログインの際、メールアドレスと通常のパスワードに加え、専用アプリで得られるパスワードで認証する方法です。

この2段階認証を設定していないと、第三者がパスワードを解読し、不正にアクセスする恐れがあります。もし、不正にアクセスされ勝手にパスワードを変更されてしまえば、ログインができず、取引所にある日本円やビットコインを失うことになります。

このようなトラブルを防ぐためにも、2段階認証の設定が必要です。2段階認証の設定については、こちらで詳しく説明しています。(別記事へのリンク)

まとめ

いかがでしたか?法人口座の開設は必要な書類が増える分、難しいイメージがあるかもしれません。

しかし実際にやってみると、画面の案内や見方はシンプルでわかりやすく、つまずく箇所はほとんどありません。

コインチェックは取り扱い通貨の多さに加え、サイトの使いやすさも大きな魅力。今すぐ口座を開設して、仮想通貨取引を始めましょう!