仮想通貨投資で利益を出すならテクニカル分析が必須!活用方法を徹底解説

仮想通貨投資で利益を出すならテクニカル分析が必須!活用方法を徹底解説

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

おっ、ビットコインが下がった♪よし、今がチャンス!買い買い~!

カネット XXX(表情名入力)カネット

サトシくん、豪快なのは悪いことじゃないケド、仮想通貨投資で利益を出すなら、チャートを使って分析する方法も覚えておいた方がいいヨ!「テクニカル分析」っていうンダ。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

テクニカル分析?なんだか難しそうだなぁ…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

初めてだと難しく感じるところもあるかもネ。でも、自分のお金を使って投資するんだから、役立つ知識は持っておいて損はないでショ。

仮想通貨投資をするとき、なんとなく銘柄を選んで、適当なタイミングで売買を繰り返ししていませんか?

もしそうであれば、どれだけ資金をつぎ込んでも、なかなか利益は出せないでしょう。

仮想通貨の投資で利益を出すには自分で情報を得て、その通貨の値動きを予測する必要があります。そこでオススメなのが、さまざまなチャートを確認して行う「テクニカル分析」です。

テクニカル分析は株や外国為替の取引でも活用されているものです。それを、仮想通貨投資にも用いることができます。

今回は仮想通貨のテクニカル分析のやり方、そしてメリットやデメリットを確認していきましょう。

仮想通貨のテクニカル分析とは何か?

テクニカル分析とは、チャートを分析して値動き予想すること。つまり、チャートの動きから相場が上昇傾向(上昇トレンド)なのか下降傾向(下落トレンド)なのかを読み解く方法です。

チャートはこれまでの値動きが記録されだけのものに見えるかもしれません。しかし、その値動きは投資家の心情、仮想通貨市場全体の動きが全て表れているのです。

そのため、チャートを細かに分析していけば、これまでの投資家の反応や取引の実績がわかり、それを元に今後の値動きが予測できます。

このことから、テクニカル分析は仮想通貨の投資で利益を出すための有効な手法であることがわかるでしょう。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違い

テクニカル分析を理解するには、ファンダメンタルズ分析との違いを知っておく必要があります。

ファンダメンタルズ分析とは、仮想通貨に関する情報を元に値動きを分析することです。

たとえば、「近々○○コインが分裂(ハードフォーク)する」「△△取引所に□□コインが上場する可能性が高い」など情報から値動きを予測して投資判断をします。

株式投資や外国為替では、ファンダメンタルズ分析が昔から活用されています。とくに仮想通貨は、ニュースやインフルエンサー(影響力のある人)の発言などで、大きな値動きが起こるため有効な分析方法と考えられるでしょう。

しかし、仮想通貨投資にファンダメンタルズ分析を取り入れるのには問題点もあります。それは、一般人と専門家では手に入る情報量に大きな差が出ることです。

株式や外国為替は投資家の保護や健全な市場運営のために、情報がある程度オープンにされています。しかし、まだ普及し始めてまもない仮想通貨には、情報公開に関するルールなどができていません。

また、たとえ同じ情報を得られたとしても、専門知識がないと理解できない情報も多くあります。そのため、一般人と専門家の情報量に大きな差が出てしまうのです。

以上のことから仮想通貨投資は、ファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析の方が効果的と考えられるのです。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

仮想通貨投資では情報収集も大事だけど、個人で得られる情報には限りがあるから、テクニカル分析を覚えておいた方がいいのね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ネット上の情報は信憑性に欠けるものも多いカラネ。不確定な情報で価格を操作しようとする者もいるから、注意が必要ダヨ。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

今までチャートってあんまり重視してなかったもんなぁ。カネット、テクニカル分析のために必要なチャートの見方、早速教えて!

仮想通貨のテクニカル分析に必要なチャートの見方

ここからは、テクニカル分析のために必要なチャートの見方を確認していきましょう。

RSI

RSIは相場が上昇と下降のどちらに傾いているかを表した指標(オシレーター)です。

このRSIでは、その仮想通貨が「買われすぎ」か「売られすぎか」が確認できます。仮想通貨の価格は需要で決まるため、投資においての大きな判断材料になるのです。

一般的に、このRSIの数値が70%以上になると「買われすぎ」、30%以下になると「売られすぎ」と判断できます。

たとえば、「買われすぎ」の状態が続くと、多くの投資家に「そろそろ売った方がいいかも」という心理が働きます。つまり、この後に大きな値下げが起こる可能性があると予測できるのです。

これとは逆に「売られすぎ」の状態が続くと、買いへの心理が働くために、後には大きな上げが来る可能性があります。

買われ過ぎ

このRSIは多くの投資家が参考にしている指標でもあります。そのため、この指標に合わせた値動き起こることが珍しくありません。

このように、RSIは非常に信頼性が高い指標のためテクニカル分析には欠かせないものです。

MACD

RSIと同様に、多くの人が活用しているのがMACDです。

MACDは仕組みが非常に複雑なため、全てを理解する必要はありません。チャートが上向きであれば、その仮想通貨が「上昇トレンド」、下向きであれば「下落トレンド」ということだけ覚えておくといいでしょう。

ただし、MACDは他の指標に比べて相場に対する反応が鈍いといわれています。そのため、この指標が反転したとき(方向が上昇から下降に変わったときなど)は注意が必要。それだけ大きな値動きが起こっているということだからです。

MACDは単体で使うのではなく、他の指標と組み合わせて使うようにしましょう。

ストキャスティクス

ストキャスティクス

さまざまな指標の中で、とくに相場との連動性が高いのがストキャスティクスです。このストキャスティクスもRSIと同じように、「買われすぎ」か「売られすぎ」を判断するのに役立ちます。

見方もRSIと似ていて、80%以上になれば「買われすぎ」、20%以下は「売られすぎ」という判断ができます。

また、%K(赤色の線)が%D(青色の線)よりも先に上昇を始めたときが売買のタイミングと判断ができるのです。

逆に%Kの線が%Dの線に先行して下がる場合もあり、これも売買する上で見逃せないタイミングです。とくに、「買われすぎ」の状態でこの現象が起きたときは、その後下がる可能性が高いので注意しておきましょう。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

引用元:わかる株式用語

ボリンジャーバンドは、仮想通貨価格の推移を表している移動平均線と、値動きの幅を表している複数の線を組み合わせた指標です。

移動平均線に近い順から上は+1σ、+2σ、+3σ、下は-1σ、-2σ、-3σとなっています。この7本の線と移動平均線で相場の様子が表されているのが特徴です。

一見複雑そうに見えますが、見方は単純です。統計上、上下の線の幅で値動きが起こると考えられています。±1σでおよそ68%、±2σでおよそ95%、±3σでおよそ99%の確率で値動きが起こるといわれているのです。

つまり、これらの線と移動平均線の間隔が大きく膨らんでくると、大きな値動きが起こると予測できます。たとえば+2σを超えない可能性はおよそ95%なので、そこまで価格が伸びたら、それ以上の上昇はないと考えて売りを出せます。

このように、ボリンジャーバンドは、ここよりは上がらない、下がらないという目安が確認でき、売買のタイミングが知れる指標なのです。

ADX・DMI

ADXとDMIはセットで活用されることが多い指標です。これまで紹介した指標と比べるとあまり広くは知られていません。しかし、この指標を活用する人も多くいるので、参考程度に知っておくと良いでしょう。

ADXとDMIは、トレンドの勢いを表す指標です。つまり、このまま価格が勢いよく上昇するのかどうかを予測するための指標といえます。

ADXで見るべきポイントは、35%を超えて上昇しているかどうかです。35%を超えていれば、その勢いのまま一気に価格が伸びる可能性が高まります。そのため、そこで取引を始めても利益を出せる可能性があるのです。

また、ADXはストキャスティクスと合わせて使うとより効果的。ストキャスティクスでゴールデンクロスが起こり、ADXが35%を超える状態であれば、一気に価格上昇が起こる可能性が高いことがわかるからです。

そしてMDIは、その日の高値と安値が前の日の高値と安値に比べて大きいのか小さいのかを計算し、それを元に今の相場が強いか弱いかを表す指標です。

見方は簡単で、+DIの方が-DIより大きければ上昇トレンド、その逆であれば下落トレンドです。そのため、+DIが-DIを下から突き抜けたら買い、その逆であれば売りというように活用できます。

テクニカル分析は、以上の指標を参考にして行うものです。ただし、ひとつの指標だけでは、なかなか仮想通貨の値動きを分析することはできません。必ず、いくつかのチャートを組み合わせて分析してください。

まずは、ここで紹介をしたチャートを実際に活用してみて、自分に一番合うと感じるもの選んでみましましょう。そうすれば、自分なりのテクニカル分析ができるはずです。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へぇ。テクニカル分析っていっても、いろんな方法があるんだね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

値動きは色々なことが要因で発生するから、どれかひとつのテクニカル分析さえマスターしておけば大丈夫というわけではないンダ。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

チャートの見方はできるだけ多く覚えておいた方が分析に役立つのね。

仮想通貨でテクニカル分析をするメリットとデメリット

ここからは、テクニカル分析のメリットとデメリットについて確認していきましょう。

仮想通貨でテクニカル分析を活用するメリット

テクニカル分析を活用するメリットは、大きく分けて2つあります。

情報量が豊富な投資家との差が埋まる

テクニカル分析のメリットのひとつが、情報量が豊富な投資家との差が埋められることです。

ファンダメンタルズ分析の説明でも伝えたように、仮想通貨の情報は公開義務などがなく、情報が平等に発信されているわけではありません。そのため、関係者や専門家などが圧倒的に豊富で有利な情報量を持っているのです。

有利な情報を持っている人の中には、投資家も多くいます。そのため、ニュースやイベントなどの情報しか得られない人は、圧倒的に不利な立場にあるのです。つまり、なかなか利益を出すことができません。

しかし、テクニカル分析はチャートを活用して行うものです。チャートの情報は、どんな人にも平等に与えられています。そのためテクニカル分析であれば、情報が豊富な投資とも対等な立場になれるのです。

短期トレードに向いている

短期トレードの大きな強みになるのも、テクニカル分析のメリットのひとつです。

そもそもテクニカル分析は長期的な相場の動きを予想するのではなく、直近の動きを予想するもの。つまり、デイトレードなどの短期トレードの情報として有効なのです。

仮想通貨は価格変動が大きく、数時間で価格が一気に上がることも珍しくありません。そのため、短期間で大きな利益を得ている投資家も多くいるのです。

「買われすぎ」「売られすぎ」の状態、トレンドの勢いを確認してテクニカル分析をすれば、短期トレードの大きな強みになるでしょう。

仮想通貨でテクニカル分析を活用するデメリット

続いては、テクニカル分析のデメリットを確認していきましょう。

指針がブレると失敗を繰り返す

テクニカル分析とは、自分の投資指針を立てることでもあります。たとえば、「RSIが○%になったら取引を開始する」というように、事前に指標に沿った計画を立てて実行してくのです。

しかし実際に投資を始めると、その指針が大きくブレることも珍しくありません。迷いや不安、他の情報に惑わされることで売買の判断が遅れてしまうのです。

当然、そのようなブレた投資方法ではテクニカル分析の意味がありません。自然と失敗が続き、損失も大きくなってしまうのです。そうならないためにも、まずは最初に決めた指針を一定期間は実行するようにしましょう。

仮にそれで損失が出た場合も、その場しのぎの対応をするのではなく、もう一度最初から新たな指針を決めるのです。

常に最初に決めた投資指針を守ることを心がけていれば、大きな損失が出ることはないでしょう。

テクニカル分析は絶対ではない

テクニカル分析は、あくまで相場の動きを予想して、自分の取引行動の指針を作るための手法です。そのため、必ず利益が出る売買のタイミングがわかるわけではありません。

とくに、一つの指標だけを頼りに取引をするのは危険です。先ほど説明したとおり、テクニカル分析では、複数の指標を組み合わせて使うのが一般的。それは、一つの指標だけでは極端な分析しかできないからです。

つまり、指標も一つの情報にしか過ぎません。そして、その指標を活用して行うテクニカル分析には、「これが絶対に正解」というものがないのです。

テクニカル分析は投資をする上で、強い味方にはなりますが、決して盲信しないように注意しましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

テクニカル分析ができれば、情報量が豊富な投資家との差が縮まってトレードが有利にナル。ただし、あくまで値動きを予想する目安として使うものであって、値動きを確約するものではないンダ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

分析結果の通りに100%変動するというわけではないということね。まぁ、完璧に値動きが予想できちゃったら、今ごろ億り人だらけだもんね。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

でも、覚えておいて得することはあっても損はないよね!ひとつひとつしっかりと勉強していこーっと!

テクニカル分析を活用して失敗の少ない仮想通貨投資をしよう

仮想通貨の値動きには、必ず理由があります。そのため、何となく投資する銘柄やタイミングを選んでいては利益を得ることはできないでしょう。

そこで取り入れるべきなのが、テクニカル分析です。テクニカル分析は、これまでの相場をチャートで見ることで、今後の値動きを予想するものです。これにより、投資する銘柄やタイミングを選んで利益を出していきます。

チャートを見るのは難しいと感じるかもしれませんが、ここで紹介した指標にポイントを絞るだけでも十分な分析ができるはずです。

仮想通貨投資へ参加する人はこれからも増えてきます。その中で、しっかりと利益を出すには、今後の値動きを予測しておくことが欠かせません。仮想通貨で利益を得るために、テクニカル分析を始めてみましょう。