仮想通貨のホットウォレットとコールドウォレットとは?違いや仕組みを徹底解説!

仮想通貨のホットウォレットとコールドウォレットとは?違いや仕組みを徹底解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

二人とも、購入した仮想通貨はどのウォレットで管理してル?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

私は、すぐに使いたい分はホットウォレットに、取引しない分はコールドウォレットにちゃーんと保管しているわよ。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

えっ?ウォレットにホットとコールドがあるの…?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ダメダメサトシくん!仮想通貨投資をするなら、ウォレットの違いは覚えておかないト!

仮想通貨への投資を行うならば、購入した仮想通貨を取引所に置いたままにするのではなく、ウォレットを作ることが必須。取引所はハッキングや破綻のリスクがあるからです。

もし、自分の仮想通貨を預けている取引所がハッキング被害を受けたり、破綻したりすれば、すべてを失う可能性があります。そのため、ウォレットを活用して別の場所に保管しておく必要があるのです。

ウォレットには、ホットウォレットコールドウォレットの2種類があります。

今回はホットウォレットとコールドウォレットの違いをはじめ、それぞれのメリットやデメリットなどについて説明していきます。

ウォレットとは?ホットウォレットとコールドウォレットって何なの?

ホットウォレットとコールドウォレットについて説明する前に、そもそもウォレットとは何なのか、仮想通貨取引を行う際にはなぜウォレットが必要になるのかについて触れていきます。

ウォレットの必要性って?

ウォレットの直訳は「財布」です。日常生活で財布が必要になるのと同様に、仮想通貨を取り扱う際にはウォレットが必要です。

実は取引所に預けている日本円や仮想通貨も、取引所のウォレットに保管されています。そのため、そのまま取引所に置いておくことも可能です。

しかし、最初にも伝えたように、取引所はハッキングや破綻のリスクがあります。実際に、コインチェックのネム流出事件、海外の取引所の破綻などは後を絶ちません。

仮想通貨は基本的に保護制度がないため、このようなことが起こると、すべてを失う可能性があります。

しかし、取引所で購入した仮想通貨を個人で管理するウォレットに送金しておけば、守ることができるのです。

つまり、より安全に仮想通貨取引を行うために、取引所に置いたままにするのではなく、自分でウォレットに入れて移して送金したほうがいいのです。

ウォレットは秘密鍵を保管する場所

仮想通貨を管理するために必要なのが秘密鍵と呼ばれるものです。この秘密鍵があれば、仮想通貨取引や買い物などすべての操作を行うことが可能になります。

しかし、もし秘密鍵を紛失してしまうとお金をなくしてしまったのと同じで、仮想通貨を使うことができません。

そのため、他人の手に渡ってしまうと、すべての仮想通貨を盗まれたのと同じことになるのです。

そして、この秘密鍵を保管するのが、ウォレットの役割。

秘密鍵があれば、すべてのPCやスマートフォンからウォレットへのアクセスが可能になります。これはウォレット内に秘密鍵が保管されており、照合ができるからなのです。

ウォレットは保管状態で大きく2つに分類できる

では、ホットウォレットとコールドウォレットにはどのような違いがあるのでしょうか。それは、仮想通貨の保管状態です。

ホットウォレットは、ネットに接続されている状態(オンライン)で仮想通貨が保管されています。これに対して、コールドウォレットとはネットから切り離された状態(オフライン)での保管です。

この違いにより、セキュリティーや使い勝手に大きな差が出ます。

詳しく確認していきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほど、ホットウォレットとコールドウォレットの違いは「インターネットに繋がった状態かどうか」ってことなのか~。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

そうよ。インターネットに繋がったホットウォレットだと、ハッキングされる可能性があるってことなの。

ホットウォレットとは

先ほども説明したように、ホットウォレットとは仮想通貨をネットに接続している状態で保管しておくことです。

いつでも使える状態になっているというメリットがありますが、ハッキングなどによって被害を受けるリスクもあります。

仮想通貨は、ネット上のデータです。ネットに接続した状態であるからこそ、取引を行ったり、送金したり、買い物に使ったりすることが可能になります。

日常生活でも、お金をほとんど持たずに生活することはできませんよね。すべてのお店でクレジットカード決済ができるわけではないからです。

ホットウォレットは、クレジットカード決済ができないお店や自動販売機で使うために持ち歩いているお金と考えると、分かりやすいのではないでしょうか。

メリット

ホットウォレットの最大のメリットは、「すぐ使える状態になっている」ことです。

そもそも仮想通貨はお金として使うためのものですが、ネットショップや一般的な小売店などで決済をする場合、ホットウォレットに入っている状態でないと使うことすらできないのです。

これは取引所についても同じです。取引所は仮想通貨をホットウォレットとコールドウォレットの両方に入れて保管しています。

しかし、すべてコールドウォレットに入れておくと、利用者が仮想通貨を使いたいと思ったときにスピーディーに対応できなくなってしまうのです。

利用者にとって便利な取引所であるために、ホットウォレットを活用しなければなりません。

デメリット

仮想通貨の管理においてセキュリティーは最も重要。しかし、どれだけ気をつけていても、オンラインで管理している限りハッキング被害を受ける可能性はゼロではありません。

これが、ホットウォレットの最大のデメリットです。

このデメリットが最悪の形で露呈したのが、コインチェックのネム流出事件。コインチェックはネムをすべて、ホットウォレットに保管していたのです。

このため、ハッキング被害を受けたときに流出額が大きくなってしまいました。

こうした問題を避けるために、多くの取引所では利用者から預かっている仮想通貨をホットウォレットとコールドウォレットの両方に分けて保管しているのです。

ホットウォレットは便利ですが、ハッキングのリスクがゼロにできないということは理解しておきましょう。

代表的なホットウォレット

ホットウォレットの代表的なものは、取引所のウォレットが挙げられます。

ネットに接続された状態のため、いつでも取引が可能。さらに、仮想通貨での決済も時間を問わずにできるのです。

自分で仮想通貨を管理するときに利用するホットウォレットが、ウェブウォレットです。ウェブウォレットは、インターネットバンキングのようにIDとパスワードで利用します。

初心者でも使いやすく、アクセスしやすいのがメリットですが、やはりセキュリティーに不安はあるでしょう。頻繁に取引を行う仮想通貨の管理には最適ですが、長期的に保有する予定の仮想通貨の保管は避けるのが無難でしょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

僕はずっと取引所に入れたまんまだ…。でも、すぐ使えるようにしておいた方が何かと便利なんだけどなぁ…

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

何言ってるの!取引所がハッキングされる可能性はゼロじゃないのよ!

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通りだヨ。コインチェック事件に代表されるように、取引所のハッキング事件は世界中で起きているから注意しよウ!

コールドウォレットとは

コールドウォレットはホットウォレットとは逆に、仮想通貨をネットから切り離された状態で保管しておくことです。

ウォレットには仮想通貨の秘密鍵が保管されていますが、コールドウォレットの場合はこの秘密鍵もネットから切り離された状態になっています。

そのため、ハッキングによって流出する可能性がありません。

しかし、ネットから切り離されている以上、仮想通貨をその状態のままで使うことはできません。

普段の生活だと、銀行預金だと考えれば分かりやすいでしょう。有り金全部持ち歩いていると大変危険なので、お金の多くの部分は銀行に預けた状態になっています。

実際にこのお金を使う際には、ATMで引き出さなければならず、デビットカードに対応している店舗以外ではそのまま使うことはできません。

銀行預金=コールドウォレットと考えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

メリット

コールドウォレットの最大のメリットは、ネットから切り離されているため、ハッキングなどによる被害を受けにくいということです。

コインチェックの事件でも、ネムをコールドウォレットに保管しておけば被害が大きくなるのを防げたのではないかという指摘があります。

ハッキング被害を絶対に受けないようにする方法が現時点では存在していない以上、取引所は預かっている仮想通貨がハッキングの被害に遭わないようにする対策を取る必要があります。

多くの取引所が仮想通貨をホットウォレット、コールドウォレットの両方に保管しているのはこのためです。ハッカーも、オフラインに保管されている仮想通貨までは手出しはできません。

デメリット

コールドウォレットに保管している仮想通貨は、そのままでは使えません。

送金や決済を行うには、取引所や自分のホットウォレットに移し替える必要があるのです。そのため、利用するたびに、時間と手間がかかってしまいます。

また、コールドウォレットはハッキングには強いですが、物理的に秘密鍵を盗まれてしまうことまで防げるわけではありません。

秘密鍵を紛失してしまえば仮想通貨を使うことができなくなってしまうという問題点もあるのです。

代表的なコールドウォレット

代表的なコールドウォレットとしては、ペーパーウォレットハードウェアウォレットが挙げられます。同じコールドウォレットではありますが、メリットとデメリットには違いがあります。

ペーパーウォレットとは、秘密鍵を紙に印刷して保管しておくものです。この秘密鍵を打ち込むことで、ホットウォレットの移し替えられる仕組みになっているのです。

オフラインでこのペーパーウォレットを他人に譲渡すれば、その人のホットウォレットに移し替えることもできます。

保管手段が紙なので、コストがかからないというメリットがありますが、印刷が劣化する可能性があるのがデメリットです。

一方、ハードウェアウォレットとは、USBメモリのような形をした専用のハードウェアに秘密鍵を保管しておくものです。

秘密鍵をデジタルデータの形で保管しておくので、ペーパーウォレットのように印刷が劣化してしまうことはありません。

ただし、ハードウェアウォレットの購入には1万数千円が必要で、ペーパーウォレットよりコストがかかってしまうのがデメリットです。

カネット XXX(表情名入力)カネット

コールドウォレットならネット経由で盗まれる心配はないけど、物理的に盗まれたり無くしてしまう可能性があることは忘れないようにネ。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

そっかぁ…。コールドウォレットだからと言って100%安全というわけではないのね。

ホットウォレットとコールドウォレットの違い!

ホットウォレットとコールドウォレットの違いを図にすると、以下のようになります。

 ホットウォレットコールドウォレット
保管状況ネットに接続している状態。ネットから切り離された状態。
安全性ハッキングなどで流出する可能性あり。ハッキングによる被害はあり得ない。
使い勝手いつでも使用できる状態になっている。ホットウォレットに移さないと使えない。

使い勝手は良いけれど安全性に問題があるのがホットウォレット、安全性は高いけれど使い勝手が良いとは言えないのがコールドウォレットといったところです。

ウォレットは目的に合わせて使い分けよう

実際には仮想通貨をどちらか一方だけに保管しておくのではなく、両方に分けて保管しておくのがおすすめです。

お金にしても、手元にある分と銀行に預けている分がありますよね。それと似たようなことだと考えればいいでしょう。

取引のために自由に動かしたい分はホットウォレット、長期で保有する分はコールドウォレットというように、目的に合わせて使い分けていくのがおすすめです。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ホットウォレットとコールドウォレットは、どちらも良い点悪い点があるんだね。うまく使いわけるのが一番ってことか。

カネット XXX(表情名入力)カネット

すぐに使わない分はコールドウォレットで管理するのがオススメだネ!ただし、管理には十分注意しよウ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ガチホしすぎてコールドウォレットの存在を忘れちゃった…なんてことがないようにも注意しないとね…

ホットウォレットとコールドウォレットの特徴を知っておこう

購入した仮想通貨を安全に保管することは何よりも大切なことです。そのためには、ハッキング被害や破綻のリスクがある、取引所に置いたままにせず、自分のウォレットで保管する必要があります。

ウォレットには、オンライン状態で保管するホットウォレットとオフライン状態で保管するコールドウォレットがあります。

使い勝手はホットウォレット、セキュリティーはコールドウォレットなど、どちらにもメリットとデメリットがあります。

この記事でも紹介した、それぞれの特徴をしっかりと理解して、上手に使い分けるようにしましょう。