ブロックチェーン第三世代の仮想通貨とは?特徴や期待される可能性を解説

ブロックチェーン第三世代の仮想通貨とは?特徴や期待される可能性を解説

カネット XXX(表情名入力)カネット

二人とも、仮想通貨のブロックチェーン技術について少しは詳しくなったカナ?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

任せて!ブロックチェーンで不正とか改ざんができない、クリーンで正確な決済が可能になるんだよね!

カネット XXX(表情名入力)カネット

正解!でも、ブロックチェーンの将来性はそれだけじゃないヨ。契約を自動化する「第二世代」。さらに生活に密着した「第三世代」まで、ブロックチェーンの可能性はまだまだ広がると言われているんダ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ブロックチェーンの「第三世代」?なになに、詳しく教えて!

仮想通貨は種類によって、利用目的に違いがあります。そして、その利用目的によって、第一世代、第二世代、第三世代と大きく三つに分けられるのです。

この世代の違いは、ブロックチェーンという技術によるもの。ブロックチェーン技術の進化により、仮想通貨の世代ができているのです。

今回は、ブロックチェーンの世代ごとの特徴を説明し、現在、注目が集まっている第三世代の仮想通貨について詳しく確認していきます。

ブロックチェーンって何?世代はいくつあるの?

ブロックチェーンとは、仮想通貨に利用されている「取引データ」技術のことで、第一世代、第二世代、第三世代という分類がされています。

世代の違いなどについて知る前に、まずはブロックチェーンの仕組みについて確認しましょう。

ブロックチェーンは「取引データ」技術

ブロックチェーンとは、仮想通貨の仕組みを成り立たせる上で重要な役割を担う「取引データ」技術のことです。

仮想通貨は、「トランザクション」と呼ばれる取引データを複数のかたまりで記録していくことで機能しています。このトランザクションのかたまりが「ブロック」というものです。

そして、ブロックが記録されるときは「チェーン(鎖)」のように連なって記録されていくので、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンはブロックごとにつながって記録されるため、「改ざん不可能なデータ記録技術」ともいわれています。

ブロックチェーンは第三世代まである

ブロックチェーンは、その役割によって第一世代、第二世代、第三世代に分けられます。

第一世代のブロックチェーンは、仮想通貨を「通貨」として用いることを指しており、「ブロックチェーン1.0」が正式名称です。

第二世代のブロックチェーンは、仮想通貨を「通貨として以外の金融分野」で用いることを指しており、「ブロックチェーン2.0」と呼ばれます。

そして、第三世代のブロックチェーンは、仮想通貨を「金融分野」以外に用いることを指しており、「ブロックチェーン3.0」と呼ばれます。

現段階では、ブロックチェーンの使い方は上記の3パターン。

第二世代までのブロックチェーン技術が仮想通貨の仕組みとして広く知られているのですが、今後は第三世代のブロックチェーン技術に注目が集まると言われています。

次はそれぞれの世代のブロックチェーンについて、そして、具体的な仮想通貨の銘柄や仕組みを確認していきましょう。

仮想通貨の世代によって特徴と目的が違う!

まずは、第一世代と第二世代のブロックチェーンについて整理します。

第一世代(ブロックチェーン1.0)

第1世代のブロックチェーンは、ビットコインに代表される最初のブロックチェーン技術です。

利用目的

第一世代のブロックチェーン技術は、仮想通貨を「通貨」として機能させるための役割を担っています。現在、世間の多くの人が仮想通貨に持っているイメージが、この第一世代のものでしょう。

代表銘柄

通貨として用いられる仮想通貨はすべて第一世代として認識してもいいのですが、主に代表的なものとしてあげられるのは以下のものでしょう。

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • リップル(Ripple)
  • ライトコイン(Litecoin)

どの仮想通貨も広く知られており、取引量も多いものばかりです。仮想通貨の中心を担っているものと考えてよいでしょう。

第二世代(ブロックチェーン2.0)

第二世代のブロックチェーン技術は、「通貨以外の金融分野への応用」として用いられるものです。

仮想通貨をこれまでの「お金」としての使い方以外にも利用しようという、一歩進んだ仮想通貨の考え方でしょう。

利用目的

第二世代のブロックチェーン技術は、例えば、株式やローン、クラウドファンディングなどに利用されます。

仮想通貨のブロックチェーン技術を様々な業界の取引や契約の実行、権利の管理・証明に応用するという考え方です。

つまり、これまで、「日本円」「ドル」などの国が管理する通貨を使って行っていたやり取りを、仮想通貨を使って直接できるようにするわけですね。

代表銘柄

第二世代のブロックチェーン技術を使った仮想通貨として代表的なものは、以下の銘柄です。

  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアム(Ethereum)

とくに、ビットコインに次ぐ第二の仮想通貨として有名なイーサリアムは、第二世代の仮想通貨としての特性が強いと言えるでしょう。

「スマートコントラクト」というイーサリアム独自のブロックチェーン技術は、ほかの仮想通貨にも広く取り入れられています。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

「スマートコントラクト」は僕も聞いたことあるよ。契約を自動的に実行してくれるなんて、実用化されたらすっごく便利になりそう!

カネット XXX(表情名入力)カネット

こんなことができるのも、みんなでデータの内容を監視して改ざんを防ぐというブロックチェーンの本質がベースになってイル。非中央集権制のシステムが信頼性を担保していると言えるネ

第三世代の仮想通貨とは?どうして注目されているの?

ここからは、今注目されている第三世代のブロックチェーン技術を用いた仮想通貨について紹介します。

正式名称はブロックチェーン3.0

第三世代の仮想通貨は、正式名称として「ブロックチェーン3.0」と呼ばれます。

これは、ブロックチェーン1.0は「通貨」としての役割、ブロックチェーン2.0が「通貨以外の金融分野」での役割と比較したものです。

第三世代の仮想通貨は金融以外の分野に利用される

第三世代の仮想通貨は、「金融以外の生活分野」でもブロックチェーンの技術を応用するというものです。

具体的には、行政・健康・科学・カルチャーなどにブロックチェーンの技術を応用することを想定しています。

ブロックチェーン3.0の有名な活動としては、『Hyperledger Project(ハイパーレジャープロジェクト)』と呼ばれるものがあります。

ハイパーレジャープロジェクトは、ブロックチェーンを利用した新しい世代のフレームとソフトウェアの開発を行うコミュニティです。

つまり、最初に書いたような行政・健康・科学・カルチャーなどにブロックチェーンの技術を使っていけるようにするためのチームということですね。

このチームには、パソコンのメーカーとしても有名な、インテルやNEC、富士通といった大企業も参加しています。

第三世代の中心技術として期待されるIoTとは

第三世代の仮想通貨の中心として期待されているのが、通貨としての機能+スマートコントラクト+IoT(モノのインターネット)の3つを合わせたものです。

IoTは、あらゆるモノとモノをインターネットで繋げて情報交換する仕組みのこと。

例えば、スマートフォンでインターネットに接続されたテレビを外出先から録画予約したり、家に帰る時間に合わせて、エアコンを稼働させたりできるものです。

また、医療分野では健康状態の記録や管理、お医者さんとの情報が共有できる端末などが既に利用されています。

他にも、自動車や交通機関、農業などの分野にも応用されるなど、注目されているのです。

そして、あらゆる分野に応用されているIoTは、第三世代の仮想通貨との融合が期待されています。

IoTだけでは決済機能がないため、お金のやり取りはできません。すると、IoTを使ったサービスの幅は限定されてしまうのです。

しかし、第三世代のブロックチェーン技術とIoTが融合すれば、決済機能が活用できるようになります。これにより、よりIoTの技術が充実し、サービスの幅も大きく広がると期待できるのです。

第3世代の代表銘柄は?

第三世代の仮想通貨には、以下のような銘柄のものがあげられます。

  • ルートストック(Rootstock)
  • アイオン(AION)
  • アークブロック(ArcBlock)

ルートストック(Rootstock)

ルートストックは、ビットコインとイーサリアムの機能をあわせ持つ仮想通貨です。

イーサリアムと互換性のあるスマートコントラクトの実行環境をビットコインのネットワーク上で実現するコンセプトは、非常に先進的といえるでしょう。

少し難しく感じる場合は、ブロックチェーン1.0とブロックチェーン2.0のいいとこ取りをして、ブロックチェーン3.0に活かすものだと考えてもらえれば大丈夫です。

アイオン(AION)

アイオンは、ブロックチェーン1.0とブロックチェーン2.0の仮想通貨において未解決の問題に対処するために設計されたブロックチェーンのシステムです。

近い将来、多くのブロックチェーンが存在するようになったときに、それらのブロックチェーンに使われる統一規格となること目指しています。

統一規格とはどういうことかというと、現在はブロックチェーン1.0とブロックチェーン2.0の仮想通貨を一緒に使えるようにする役割です。

現在、ビットコインしか持っていない人はイーサリアムのサービスを使うことができません。

そこで、アイオンがビットコインとイーサリアムをつなぐ役割を担うというわけですね。

アークブロック(ArcBlock)

アークブロックも、第三世代の仮想通貨としてあげられる銘柄のものです。

アークブロックはブロックチェーン3.0として、互換性のない異なるブロックチェーンをつないで、サービスを展開しようとしています。

つまり、アイオンと同じ役割を目指すものというわけですね。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

第三世代の仮想通貨は期待値が高いから、これから値上がりするかもしれないってことか。今後の動向に注目だね。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

それにしても、私たちの生活のいろんなところにブロックチェーンが関わってくるなんて、ホントにすごい技術なのね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ブロックチェーン技術はこれからますます生活に密着していくと期待されているヨ。仮想通貨の価格変動への影響はもちろん、生活がどう変わっていくかも楽しみだよネ

仮想通貨は世代によってできることが違う!

仮想通貨は利用目的、そしてブロックチェーン技術により、世代が分けられます。

第一世代の仮想通貨は「通貨」、第二世代の仮想通貨は「通貨以外の金融分野」、第三世代の仮想通貨は「金融以外の分野」と分類できるのです。

第一世代と第二世代の仮想通貨は既に活用されています。しかし、第三世代の仮想通貨はこれから応用されていく仕組みであり、今最も注目をされているものでもあります。

第三世代の仮想通貨が本格的に活用され始めれば、我々の生活が大きく変わることは間違いありません。

そして、それらの仮想通貨の価値が上がっていくことも十分に考えられます。第三世代の仮想通貨の動きに注目しておきましょう。