仮想通貨のデイトレードは稼げる?はじめ方やメリット・デメリットを解説

仮想通貨のデイトレードは稼げる?はじめ方やメリット・デメリットを解説

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨って秒単位で価格が動いてるんだね。変動のたびに細かく売り買いした方が、やっぱり利益は大きくなるのかな?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

確か、1日に何度もトレードを繰り返すことをデイトレードっていうのよね。ガチホとどっちが利益を出しやすいのかしら?

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨は価格変動が激しいからデイトレード向きではあるんだけど、どちらが利益を出しやすいかは難しいところだネ。でも、デイトレードにはデイトレードのメリットとデメリットがあるヨ!

たった数時間で大きな価格変動を繰り返す仮想通貨。投資対象としての不安材料であり、大きな魅力でもあります。

そんな仮想通貨の激しい値動きのを最大限に活かせるのが、デイトレードです。

仮想通貨のデイトレードで、わずか数日で莫大な利益を得たという人は多くいます。しかし、その一方で大きな損失が出るなどのリスクもあるのです。

今回は、そんな仮想通貨デイトレードのやり方、そしてメリットやデメリットを詳しく紹介していきます。

仮想通貨のデイトレードとは

まずは、デイトレードとは何か?という基本的なことから確認していきましょう。

短期的な売買を繰り返す投資方法

デイトレードはその名前からもわかるとおり、短期的に仮想通貨の売買をして利益を増やしていく取引方法です。

通常の投資は、将来的に価値が上がると考えられる仮想通貨を購入し、値上がりするまで保有します。これは、長期投資中長期投資と呼ばれる一般的な手法です。デイトレードは、これの真逆の手法と考えていいでしょう。

数カ月後、数年後の値上がりに期待するのではなく、明日、または数時間後に値上がりしそうな仮想通貨を購入し、価格が上がった瞬間に売却して利益を得るのです。

一般的な投資のように、時間をかけて待つのが苦手という人や、とにかく短期間で資産を増やしたいという人に向いています。

とくに仮想通貨は、株や為替よりもボラティリティ(値動き)が高いので、デイトレードで大きな利益を得るチャンスがあるのです。

仮想通貨FXとは違うの?

短期的に売買を繰り返す取引と聞くと、FXを思い浮かべる人も多いはずです。たしかに、仮想通貨FXもデイトレードの一種といえるでしょう。しかし、ここで言う現物取引によるデイトレードとFXにはいくつかの違いがあります。

FXの最大の特徴は、レバレッジ取引ができること。レバレッジとは、実際の資金より何倍もの大きな金額を動かせる取引方法です。少ない資金でも大きな利益が得られるチャンスがある一方、損失も大きく膨らむ可能性もあります。

現物取引のデイトレードであれば、どれだけ損失が出ても投資金を超えることはありません。そのため、余剰金で行っているぶんには、大きな借金を抱えるという心配もないのです。

以上のことから、FXよりも現物取引でのデイトレードの方がリスクは低いと考えられます。投資初心者でデイトレードに取り組むという人は、まず現物取引から始めましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

レバレッジをかければ大きな金額の取引ができるといっても、相場を見極める経験と知識がないと難しいでしょう?

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだネ。だから、まずは現物取引からデイトレードを始める方が安心だし、万が一の損失も少なく済むヨ。

仮想通貨デイトレードのメリット・デメリット

ここからは、仮想通貨でデイトレードをするメリットとデメリットを詳しく確認していきましょう。

仮想通貨でデイトレードをするメリット

仮想通貨でデイトレードを行うメリットは大きく分けて2つあります。

資金効率がよく少額でも大きな利益が得られる

短期的な取引を目的として相場を見ていると、少なくとも1日1回は取引のタイミングがあります。1ヶ月で考えれば、最低でも30回以上の取引を行うことになるのです。

これだけ多くの取引を繰り返すため、成功したときは多額の利益があげられます。そのため、資金効率が良くなり、少ない資金でも大きな利益が期待できるのです。

取引所にトラブルが起こったときも対応しやすい

仮想通貨のデイトレードは短期的に売買を繰り返すため、基本的には特定の仮想通貨を長期保有することはありません。そのため、取引所にトラブルが起こっても損失を最低限に防げる可能性があります。

2014年に発生したマウントゴックスのビットコイン流出事件、2018年のコインチェックからネム流出した事件をはじめ、取引所のハッキング被害は多く起こっています。

またハッキングだけでなく、サーバーがダウンするなど、取引所ではさまざまなトラブルが発生しているのです。

このようなトラブルが起こると、取引所が機能しなくなり、全ての取引がストップする状況も多々起こっています。そのため、保有している仮想通貨の価格が下がり続けていても売却ができず、膨らみ続ける損失をただ見ているだけになってしまうのです。

しかし、短期的に売買を繰り返すデイトレードであれば、特定の仮想通貨を長期保有しないため、このようなリスクが避けられます。もちろん、タイミングによっては保有している状況もあるはずですが、全資産を預けているという状況は起こらないでしょう。

仮想通貨でデイトレードをするデメリット

デイトレードのデメリットは大きく分けて2つあります。

失敗が続くと損失が膨らみやすい

デイトレードは、値上がりの予想が当たれば、どんどん利益を増やせます。しかし、逆に予想を外し続ければ、どんどん資金を失っていくことになります。

デイトレードはとにかく売買を繰り返すことがポイントです。それが、大きな損失に繋がる可能性があるのです。価格が下がったときには売らなければいいと考える人もいるでしょう。しかしそれは、マイナスのままお金を寝かし続けることを意味します。

動かせるお金が少なくなると、稼げる可能性も低くなります。すると、さらに資金が減り、身動きが取れなくなってしまうのです。この悪循環に入り込んでしまうと、どんどんマイナスが膨らんでしまいます。

時間と体力が必要

デイトレードで利益を出すために欠かせないのが、時間と体力です。

仮想通貨の取引は、24時間365日行われており、いつ大きな変動が起きるか分かりません。そのため、毎日長い時間パソコンに向き合って、チャートを確認しておく必要があるのです。

デイトレードで本気で稼ぐには、1日の大半を価格変動のチェックに費やすこと、そしてそれを毎日続けられる体力が必要であると理解しておきましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

デイトレードにのめり込みすぎると、値動きが気になって気になって何も手につかなくなりそうよね…。それこそ株のトレーダー並みに画面に張り付くことになりそう…。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

僕はスマホゲームで画面に張り付くのは慣れてるけど、投資となると自信ないなぁ…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

デイトレードはいきなり始めてうまくいくものではないヨ。始めるに当たって気を付けるべきことや注意点はしっかり確認しておこウ!

仮想通貨デイトレードの始め方と注意点

デイトレードのために、特別な手続きは必要ありません。他の仮想通貨投資と同様に、取引所の口座を開設するだけです。

ただしデイトレードをはじめるときには、常に次の4点を注意して確認しておきましょう。

相場観を知る

デイトレードで利益を出すには、値動きを細かに確認しておくことが最も大切。それができなければ、損失ばかりが膨らんでしまいます。そのため、まずはさまざまな仮想通貨の相場観を知る必要があるのです。

相場観を知るとは、その通貨がどれぐらいの幅で値動きを繰り返しているかを頭に入れておくこと。それを知ることで、いつ購入して、いつ売却をするかのタイミングを見つけられるのです。

仮想通貨の相場観を知るには、ビットチェッカー(bitChecker)というサイトが便利です。ビットチェッカーでは、さまざまな仮想通貨の価格が定期的に更新されています。

また、ビットコイン(BTC)リップル(XRP)ネム(NEM)の値動きが、仮想通貨全体の相場観を表しているとも言われています。この3つの仮想通貨の値動きには、とくに注視しておきましょう。

ポジションの比率を知る

デイトレードではポジションの比率を知ることも大切です。ポジションの比率とは、その仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」の割合。それを知ることで、今後の値動きが予想できるのです。

仮想通貨の価格は、需要によって変動します。そのため、買いたい人が多ければ価格は上がり、売りたい人が多ければ下がっていくのです。つまり、売りたい人よりも、買いたい人の割合が多いと、これから価格が上がっていくと予想できます。

ポジションの比率は、BFXDATAなどのサイトで確認できるので活用しましょう。

デイトレードでは他人のポジションを知り、取引の計画を立てることが重要です。

出来高を見極める

ポジションに加えて重要なのが、出来高を見極めることです。出来高とは、実際にどれだけ売買されているかが確認できる指標です。過去と比較して、今の取引量が多くなっているか少なくなっているかがわかります。

購入している人が多いほど、出来高は多くなります。つまり、これから価格が上がると予想できるのです。

出来高を知るには、コインマーケットキャップ(CoinMakerCap)などのサイトを参考にするといいでしょう。

ポジションではこれからの売買状況を予測し、出来高で現状の売買状況を把握することで、仮想通貨の値動きをより的確に予想できるのです。

ニュースや仮想通貨に関する話題は重要な情報

仮想通貨のデイトレードをする上で何より重要なのは、仮想通貨に関するイベントやニュースなどの情報を得ることです。

たとえば、2017年末に韓国や中国の仮想通貨規制が発表され、仮想通貨全体の価格が暴落したことがありました。

逆に銀行間送金の実験にリップルが使われるというニュースで、リップルの価格が急騰したこともあったのです。

このように、仮想通貨市場はまだまだ安定しておらず、ニュースやイベントによって価格が大きく動く傾向にあります。そのため、いかに早く情報を手に入れて、それによる値動きを予想するのがデイトレードでは重要になるのです。

デイトレードを行うときは、以上の4点を常に確認しておきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

一瞬の価格変動が勝負だから、より細かな情報に目を光らせる必要があるわけかぁ。どの通貨がどれくらいの相場で変動しているかも頭に入れないといけないし、デイトレードって結構大変だね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ただ、その分「買い」のタイミングを掴めれば大きな利益が得られる可能性はアルヨ!それを数日繰り返すことで億り人になったという人もいるカラ、自分の投資レベルと相談しながら試してみよウ!

仮想通貨のデイトレードのメリットとデメリットを知っておこう

仮想通貨は値動きが大きいこともあり、デイトレードで大きな利益を得られる可能性があります。実際に数日のデイトレードにより、資産が1億を超える「億り人」になって人も多くいるのです。

しかし、仮想通貨のデイトレードは大きな利益の可能性があると同時に、大きな損失が出ることも考えられます。

また、24時間365日取引が行わる仮想通貨の値動きを、ずっと確認する必要があるため、時間や体力が必要になるのです。

仮想通貨のデイトレードに興味を持っている人は、まずメリットとデメリットをしっかりと理解してください。そして、自分がデイトレードに向いているのかを、しっかりと考えた上で判断しましょう。