仮想通貨のデモトレードとは?利用方法やデモトレードができる取引所・アプリを紹介!

仮想通貨のデモトレードとは?利用方法やデモトレードができる取引所・アプリを紹介!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

大学の友達が仮想通貨投資に興味があるって言ってたんだけど、お金がなくなる可能性があると思うとなかなか踏み出せないらしいんだよね。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

まぁ気持ちはわかるけど、実際にやってみないとわからない部分もあるわよ。

カネット XXX(表情名入力)カネット

モナちゃんの意見は正しイ。ケド、不安もあるヨネ。そういう時は「デモトレード」でシミュレーションしてみるのがオススメだヨ!

仮想通貨投資に興味があっても、自分のお金を使って取引することに不安を感じる人は多くいます。

そんな初心者の方におすすめなのが、仮想通貨のデモトレードです。

デモトレードとは、自分のお金を使うことなく仮想通貨の取引が実際に体験できるシステムのこと。

デモトレードは本番と同じ環境で取引できるので、はじめての方も不安なく仮想通貨取引の仕組みを学ぶことができます。

今回は、仮想通貨のデモトレードとは何か、そしてメリットやデメリット、デモトレードができる取引所やアプリについても解説します。

仮想通貨のデモトレードとは?

まずは仮想通貨のデモトレードとは何か、そしてデモトレードの方法や特徴について確認していきましょう。

デモトレードとは

仮想通貨のデモトレードとは、自己資金の入金を行うことなく仮想通貨取引が体験できるシステムのこと。デモトレードを利用すれば、自分のお金を使って実際に取引を始める前に、仮想通貨の取引が練習できます。

証券会社などが株やFX用に提供していることが多いデモトレードですが、仮想通貨においても初心者向けにデモトレードを提供している取引所やアプリがあるのです。

そのため「仮想通貨取引に興味はあっても、実際にお金を使って取引するのが不安…」という方は、まずデモトレードを試してみることで仮想通貨取引の仕組みを学べます。

デモトレードのメリット

仮想通貨デモトレードの主なメリットは以下の3つです。

仮想通貨取引所のアカウントがなくても取引が体験できる

実際に仮想通貨取引を行うには、取引所にアカウントを作成し、自己資金を入金しなければなりません。

しかし、取引所にアカウントを作成するには個人情報を入力したり本人確認書類を提出する必要があり、気軽に試してみるには少し敷居が高く感じるでしょう。

その点、デモトレードはアカウントの作成が不要。取引所が用意しているデモアカウントが使用できたり、アプリのダウンロードだけで簡単に利用できます。

デモトレードで仮想通貨取引を体験することで、アカウントを作成して取引をするべきかを事前に判断できるのです。

お金を失うリスクがない

デモトレードは、お金を失うリスクがないのもメリットです。

デモトレードでは、資産残高が用意されている場合もありますが、あくまでも自分のお金ではなく架空の資金。ですから、たとえ損失が出ても、実際に資産が失われるわけではありません。

そのため、お金を失うリスクを恐れることなく、さまざまな取引の仕組みを学ぶことが可能です。

いきなり自分のお金を使って取引するのが不安…という方でも、デモトレードを利用すれば、手軽に仮想通貨取引を試せるのです。

取引所画面の使いやすさを確認できる

デモトレードを提供している仮想通貨取引所の場合、デモ画面と実際の取引画面は基本的に同じ。

そのため、その取引所の利用を考えているなら、デモ画面で使いやすさを確認してからアカウントを作成するのがおすすめです。

またデモ画面を使ってみて、もし使いにくいと感じたら、アカウント作成を見送ることもできます。

デモ画面を提供している仮想通貨取引所は少ないですが、利用を検討している取引所がデモトレードを提供しているなら、事前に試してみるとよいでしょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

へぇ~。デモトレードなら自分のお金を使わずに取引の仕方とか画面の見方が学べるのね!

カネット XXX(表情名入力)カネット

実際に試すことで不安も無くなると思うヨ。ただ、全ての取引所でデモトレードができるわけではないから注意しヨウ。

デモトレードの利用方法

仮想通貨のデモトレードを行うには、以下の3つの方法があります。

  • 仮想通貨取引所「コインエクスチェンジ(QUOINEX)」のデモトレード画面で取引を行う
  • 仮想通貨取引所「ビットポイント(BITPOINT)」のデモ取引ツールをPCにダウンロードする
  • デモトレードができるアプリをスマホやタブレットにダウンロードする

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

コインエクスチェンジのデモトレード画面

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)では、デモトレードを提供しています。

デモトレードを行うには、公式サイトの上部メニューにある「デモ」をクリックしましょう。

コインエクスチェンジ

すると、下のような画面が出てくるので、「新規デモアカウントで進む」をクリックすると、デモモードが利用できます。

デモ

コインエクスチェンジのデモトレードでは、架空の資金として100万円が与えられます。これをもとに、取引の仕組みを学ぶことができるのです。

注文方法もバリエーション豊かで、成行注文だけの「シンプルトレード」や、指値・逆指値注文などができる「多機能トレード」。それに、ウォレット画面も利用できます。

ただしデモトレード画面では、通貨の価格が実際の市場価格と連動していないので注意しましょう。

ビットポイントのデモ取引ツール

ビットポイントでは、FX専用の取引ツール「メタトレーダー4」を提供しています。メタトレーダー4は、チャートのテクニカル分析や自動注文などの機能を搭載しており、本格的な取引が可能。

そして、このメタトレーダー4のデモ版をPCにダウンロードすることで、デモトレードができるのです。

BPMT4

メタトレーダー4のデモ版は、ビットポイントの公式サイトから誰でもダウンロード可能。操作マニュアルもPDFで用意されているので、インストールから起動までスムーズに行えます。

また、メタトレーダー4は画面やチャートのカスタマイズも可能で、お好みの画面構成でデモトレードが利用できます。

ただし、Windowsのみの対応となり、MacOSには対応していないので注意しましょう。

スマホアプリでデモトレードを行う方法

スマホアプリなら、場所を選ばずいつでもどこでもデモトレードが気軽に試せます。デモトレードが利用できる主なスマホアプリは以下の3つです。

  • ビットバーチャル(BitVirtual)
  • コインチェッカー(CoinChecker)
  • iトレFX

これらのアプリは全て、スマートフォン・タブレットのみで利用可能。アカウント登録などは必要ありません。

もちろん、完全無料で利用できますし、チャートの見方や取引方法を学ぶにはぜひオススメです。

では、「ビットバーチャル(BitVirtual)」を例に、基本的な手順を見ていきましょう。

まず、スマートフォンからGoogle Play(Android)、またはApp Store(iphone)にアクセスしてビットバーチャルをダウンロードします。

ビットバーチャル

引用元:GooglePlayストア

ダウンロード後、アプリを起動すると、以下のような画面が表示されます。

ビットバーチャル 画面

引用元:GooglePlayストア

ビットコインの売買を行いたい場合は「ビットコイン」>「ビットコインをデモトレードする」の順にタップします。

すると購入画面が現れるので、購入数量(最初は1になっている)を入力し「購入(デモトレード)する」をタップすれば購入完了です。

ビットバーチャル 資産

引用元:GooglePlayストア

購入した通貨の評価額や評価損益も確認できます。また、ビットバーチャルはビットフライヤーの価格相場と連動しており、実際の価格でデモトレードが行えます。

カネット XXX(表情名入力)カネット

アプリを使えば、実際の取引のようにいつでもどこでも値動きをチェックできるし、売買のタイミングを掴みやすくなるはずダヨ。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

それに、ビットフライヤーの価格相場と連動しているというのもリアルでいいわね。

デモトレードのデメリット

デモトレードは、自分のお金を使うことなく仮想通貨取引が体験できるのがメリットですが、デメリットもあります。

ここでは、デモトレードのデメリットについて確認していましょう。

やる気が出にくく、学習スピードが遅くなりがち

デモトレードは自分のお金を使わないので、やる気が出ない可能性があるのがデメリットです。

自分のお金を使った取引なら、結果が利益に直結するので、自然にやる気が出ますよね。

一方、デモトレードはお金を失うリスクはありませんが、実際に利益が出ることがないため学習意欲も出にくくなります。

それに、あくまで架空の資金で取引を行うので「利益を出さなければ」という気持ちになりにくいのも事実。となれば、失敗しても改善しようという意欲や向上心も出にくいため、実際の取引よりも学習スピードが遅くなる可能性があります。

デモトレードではやる気が出ないと感じるなら、取引所でアカウントを作成して、少額取引で試してみるのもひとつの方法です。

たとえば、ビットフライヤーの場合、取引所形式におけるビットコインの最小発注数量は0.001BTCなので、1ビットコインが100万円なら1,000円から購入可能。

少額でも自分のお金を使って取引をした方が意欲は沸くので、デモトレードで仕組みを理解したら、実際に取引してみることをオススメします。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

どれだけリアルに雰囲気を感じれても、自分のお金じゃないって気持ちがどこかにあると、なかなか本気になれないかもしれないわね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうダネ。失敗しても実際にお金を失うわけじゃないから安心な反面「こんなもんか」と思ってしまいがちカモ。デモトレードはあくまで仕組みを体験するものと考えて、少しでも自分のお金で取引をした方がいい部分もあるネ!

デモトレードを行う際の注意点

ここでは、デモトレードをするときの注意点を紹介します。

ビットポイントのデモトレードには使用期間がある

ビットポイントが提供している「メタトレーダー4」は、アカウントがなくてもダウンロードすることでデモトレードが可能ですが、使用期間があるので注意しましょう。

使用できる期間は利用開始から30日に限定されています。30日を過ぎると自動的に使えなくなるので注意しましょう。

また、デモ版に関しては、予告なくメンテナンス作業を行う場合もあります。

さまざまな取引方法を試す

デモトレードのメリットは、お金を失うリスクがないことです。

そのため自己資金で実際の取引を始める前に、さまざまな取引方法を試しておくのがおすすめです。

自分は長期投資派だと思っていても、あえてデイトレードに挑戦するなどさまざまな取引を試すことで、幅広い投資スタイルが学べます。

また、仮想通貨の値動きをつかめるようになり、好成績を残せるようになるかもしれません。

自己資金ではなかなか冒険できないので、デモトレードでさまざまな取引を試してみましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

デモトレードならいまいち手が出せなかった特殊注文が試せたり、レバレッジ取引も体験できるのはすごくいいことだよね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうダネ。特にリスクの大きいレバレッジ取引なんかはなかなか練習する機会もないカラ。デモトレードで感覚を味わってみるのは成長や学習に繋がるからどんどん利用するのがオススメだヨ!

仮想通貨投資を始めるのが不安な初心者は、デモトレードで慣れることから始めよう!

デモトレードを利用すれば、本番と同じような環境で仮想通貨の取引を体験できます。

お金を失うリスクがないので、初心者でも安心して練習できるのが、デモトレードを利用するメリットです。

しかしリスクがない分、利益が出てもお金は増えないので、やる気が出ない、学習スピードが遅いといったデメリットもあります。

仮想通貨投資を始めるのが不安な初心者の方は、特徴を理解したうえで、デモトレードで慣れることから始めましょう。