仮想通貨と電子マネーの違いとは?似てるようで違う特徴や使い方を徹底解説

仮想通貨と電子マネーの違いとは?似てるようで違う特徴や使い方を徹底解説

カネット XXX(表情名入力)カネット

ところでサトシくん。君は仮想通貨と電子マネーの違いを知ってるカナ?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

知ってるよ!仮想通貨は僕がやってるスマホゲーム内のお金で、電子マネーはカードにつくポイントのことでしょ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

出たよスマホゲー……言っておくけど、ゲーム内通貨と仮想通貨はまったくの別物よ

カネット XXX(表情名入力)カネット

ついでに言うと、電子マネーとも全然違うヨ……。今から仮想通貨と電子マネーの違いについて説明するから、ちゃんと覚えておいてネ!

最新版の広辞苑にもビットコインという言葉が追加されるなど、仮想通貨は一般的に広く知られるようになりました。しかし、仮想通貨についてまだまだ詳しく理解していない人も多く、「仮想通貨と電子マネーは同じようなもの」と思っている人もいます。

たしかに仮想通貨と電子マネーには、目に見えない(紙幣や貨幣を使わない)お金という共通点があります。しかし、この2つは全くの別物。発行元や入手方法、使い方などに大きな違いがあるのです。

仮想通貨の購入を考えている人は、電子マネーとの違いをしっかりと理解しておく必要があります。そこで今回は、仮想通貨と電子マネーの違いについて詳しく確認していきましょう。

仮想通貨と電子マネーについて

仮想通貨と電子マネーとの違いを知るために、まずはそれぞれについて詳しく理解することが大切です。

仮想通貨とは?

仮想通貨はインターネット上で利用できる暗号化された「電子通貨」です。日本円やアメリカのドル、EUのユーロのように紙幣や硬貨は存在しませんが、ひとつの通貨として利用できます。

特定の管理者などはおらず、仮想通貨の取引記録を鎖のように繋げて記録する「ブロックチェーン」という技術を使い、利用者全員で管理をしているのが特徴です。

代表的な仮想通貨といえばビットコインですが、他にも1000以上の種類があり、それぞれに特徴や使用用途が異なります。需要に応じて価格が大きく変動するため、今は投資目的で売買を行っている人が大半です。

電子マネーとは?

電子マネーとは

引用元:電子マネーとは

電子マネーとは、ICチップを搭載したカードやスマートフォンを端末にかざして決済ができる「電子的なお金」のことです。

交通機関で利用できるSuica(スイカ)やPASMO (パスモ)、買い物で利用できるEdy(エディ)やWAON(ワオン)などは利用者も日常的に使われている方も多くいますよね。

あらかじめカードやスマートフォンにお金をチャージしておけば、専用の端末にかざすだけで決済が可能。財布から現金を出すことなく支払いができるのでとても便利です。

仮想通貨と電子マネーについて分かったところで、次はどんな違いがあるのかを確認していきましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

キミたちの使ってる『日本円』をそのまま電子化したモノが電子マネーだヨ。世界中の『お金』という概念を電子化したものが仮想通貨だネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

うーん……概念とか難しい言葉はわからないけど、SuicaやPASMOみたいに日本円をチャージして使うものが電子マネーってこと?

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだヨ!じゃあ次は仮想通貨と電子マネーを比較して、具体的な違いを見てみようカ!

仮想通貨と電子マネーの違いとは?

仮想通貨と電子マネーは、硬貨や紙幣ではないという点では同じですが、それぞれの特徴には大きな違いあります。

 仮想通貨電子マネー
本質通貨通貨ではない
発行元・管理者なしあり
使える地域世界中で使用可能国内でしか使用できない
価格変動ありなし
送金可能不可

上記の表は仮想通貨と電子マネーの違いを簡単にまとめたものです。表を見るだけでも、多くの違いがあるのがわかりますよね。では、ひとつひとつを詳しく確認していきましょう。

仮想通貨は通貨だが電子マネーは通貨ではない

仮想通貨と電子マネーの本質的な違いは、「仮想通貨は通貨であるが、電子マネーは通貨ではない」ということです。

仮想通貨は日本円やアメリカのドルと同様に、独立したひとつの通貨。ビットコインやイーサリアムは、それぞれがひとつの通貨としての役割を持っています。もちろん、他の仮想通貨も同じです。

一方で電子マネーは通貨ではなく、SuicaやEdyのように、日本円をカードもしくはデバイスなどにチャージして、決済しやすくしたもの。つまり電子マネーは日本円を別の形に置き替えたものであり、ひとつの利用手段に過ぎないのです。

仮想通貨には基本的には発行元・管理者が存在しない

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨には、基本的に特定の発行元や管理者が存在しません。

仮想通貨はマイニングという作業を不特定多数の参加者が行うことで、新規発行されていきます。そして、その仮想通貨を特定の機関や個人が管理するのではなく、ブロックチェーンという技術を使って、利用者全員で管理しているのです。

電子マネーは先ほども説明したとおり、日本円を置き替えたものです。本質的には日本円と変わりありません。そのため、発行や管理は全て中央管理者である日本銀行が行っています。

仮想通貨は世界中で使える

仮想通貨は国の法定通貨ではなく、世界中の利用者全員で管理行う世界共通の通貨です。そのため、仮想通貨の決済が可能なお店などであれば世界中のどこでも使えます。

現時点では仮想通貨での決済ができるお店は多くありません。しかし、国内ではビックカメラやメガネスーパー、DMM.comでのビットコイン決済ができるなど、仮想通貨に対応しているお店や企業が徐々に増えています。将来的にはお金を両替することなく、海外旅行ができる日が来るかもしれません。

一方で、電子マネーは日本円をチャージしたものなので、使えるのは日本国内のみです。どれだけ高い金額をチャージしていても、海外では対応してくれません。

仮想通貨は日本円換算での価格変動がある

仮想通貨は市場の需要に応じて価格が大きく変動します。たとえば、1BTC(ビットコインの単位)は2017年1月時点で約11万円でしたが、2017年12月には一時200万円以上にまで値上がりしました。

現在、仮想通貨を保有しているのは、この価格変動に期待している投資目的の人が大半です。利益を得るために頻繁に売買が行わることも、仮想通貨の価格変動が大きくなる要因です。

日本の電子マネーには日本円しかチャージできません。中央管理者のいる日本円の価値は日本銀行が保証しているため、基本的には一定。チャージされたお金の価格が変動することはないのです。

個人間の送金は仮想通貨しかできない

仮想通貨の優れた特徴のひとつに、個人間での送金や受取ができることがあります。

仮想通貨は電子データのため、通貨を保管している口座情報さえあれば、インターネット上で簡単にやり取りできるのです。これは国内だけでなく海外も同様です。パソコンやスマートフォンアプリがあれば、世界中に送金ができます。

しかも、仮想通貨は銀行などの第三者を介さずに送金ができるため、手数料が安いというメリットがあるのでし。とくに海外への送金するときには、手数料を大幅に抑えられます。

通常、海外送金の場合は国家の中央管理者同士での送金となるので手数料が高くなってしまいます。しかし、仮想通貨の場合は個人送金のため、日本でも海外でも手数料が同じなのです。

一方、電子マネーは自分の持っているSuicaやEdyに入っているお金を、誰かの電子マネーに送ることはできません。

以上のように、仮想通貨と電子マネーの違いを詳しく確認すると、この2つが全くの別物だということがわかりますよね。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へぇ~!こう見ると仮想通貨と電子マネーの違いってたくさんあるんだね!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ウンウン。とくに、個人間の送金ができる点と発行者が存在しない点は、仮想通貨にしかない特徴だから覚えておいてネ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

世界中で使えるっていうのも仮想通貨の特徴よね?海外旅行先でもビットコインで買い物ができるって話、アメリカのボーイフレンドから聞いたことあるわ♪

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通りだヨ!世界共通で使えるお金っていうのも仮想通貨ならではだネ。特定の国家や機関に依存しないお金だからこそ、実現可能なんダ!

仮想通貨と電子マネーとは全くの別物!特徴を正しく理解して利用しよう

仮想通貨と電子マネーは、目に見えないお金という共通点があるため、同じものだと勘違いする人も多くいます。

しかし実際には、仮想通貨と電子マネーは全くの別物です。

  1. 仮想通貨は通貨であるが、電子マネーは通貨ではない
  2. 仮想通貨には発行元・管理者は存在しないが、電子マネーには存在する
  3. 仮想通貨は世界中で使えるが、電子マネーは日本国内のみ
  4. 仮想通貨は個人間での送金が可能、電子マネーは不可能
  5. 仮想通貨は価格が変動するが、電子マネーはしない

という5つの大きな違いがあるのです。

電子マネーの違いを正しく理解して、自分の生活に合った仮想通貨の利用方法を考えてみましょう。