仮想通貨の『半減期』とは?価格への影響や仕組みをわかりやすく解説!

仮想通貨の『半減期』とは?価格への影響や仕組みをわかりやすく解説!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ねぇねぇカネット。仮想通貨のこと調べてたら『半減期』って言葉出てきたんだけど、どういう意味なの?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

僕わかった!仮想通貨が半額になる時期のことだよねっ?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ブッブー!不正解!じゃあリクエストにお答えして今回は仮想通貨の半減期の説明をしていくヨー!

仮想通貨の半減期は、価格の変動に影響を及ぼす要素です。しかし、仮想通貨投資をはじめたばかりの人には、あまり耳馴染みがない言葉でしょう。

そこでこの記事では、仮想通貨の半減期とはそもそも何なのか?なぜ価格に影響するのか?ということを、実例を挙げながら解説します。

仮想通貨の半減期は投資の判断をするうえで、とても重要な要素なのでぜひ理解しておきましょう。

仮想通貨の半減期とは

仮想通貨は、ブロックチェーンという取引台帳にすべての取引記録が保存されることによって、整合性が保たれています。

その取引台帳への記録と検証を、マイナーと呼ばれるマイニング参加者たちが自分のコンピュータの処理能力を提供して行っています。

ブロックチェーンに取引記録を書き込むためには、膨大な計算が必要となる数学問題を解かないといけません。

そして問題を最初に解いたマイナーだけが、ブロックチェーンに取引記録を保存することができ、新規発行される仮想通貨が得られるのです。

このように仮想通貨の取引記録を作成して報酬を得るためにコンピュータの処理能力を提供することをマイニングといいます。

そして仮想通貨の半減期とは、マイニングによって得られる報酬が減少するタイミングのことです。

半減期は「半分にする」という意味をもつ「halving」を訳した言葉で、仮想通貨の代表例であるビットコインなどは半減期を迎えるとマイニング報酬が半分になります。ただし、半減期を迎えて減少するマイニング報酬は仮想通貨がごとに異なり、必ずしも半分になるというわけではありません。

なぜ仮想通貨には半減期が設定されているのか

マイニングは日本語に訳すと「採掘」という意味で、金などの価値のある貴金属を採掘することに由来しています。金などの貴金属に価値があるのは、新たに採掘するのが難しくて希少性が高いからです。

もし金が無限に採掘されるようになってしまったら希少性がなくなってしまい、あっという間に金の価格は暴落します。

同じように、仮想通貨の希少性を高めるために設定されているのが半減期です。つまり仮想通貨の半減期は、通貨の供給過多によるインフレで価格が暴落しないために設定されているといえます。

なお半減期以外にも、インフレを防ぐ手段として、多くの仮想通貨では発行上限枚数を設定しています。かつてジンバブエドルのインフレにより、市場が混乱したことがありました。これは、流通量を考えずに無節操に通貨を次々と発行されたことが原因です。

仮想通貨は発行上限枚数を決めることで希少性を維持し、同様のことが起こらないようにしています。

仮想通貨の半減期はいつくる?

仮想通貨の半減期は、特定の日付が決められているわけではありません。特定の取引記録(ブロック)が作成されたタイミングが半減期として設定されています。

仮想通貨は、ブロックチェーンという技術を使ってすべての取引記録などをオンライン上に作成及び監視することで成り立っています。

そして世界中の仮想通貨ユーザは取引記録を次々と書き込んでいくことでマイニング報酬を得ています。その取引記録のデータ単位が「ブロック」です。

ややわかりにくいかもしれませんが、半減期はマイニングの速度によって変動するものだと覚えておきましょう。

なお、半減期は特定の日付が決められていませんが、半減期を迎える予定のブロックとマイニングの速度から、ある程度時期の予想はできます。

ここまで解説してきたとおり、半減期は仮想通貨の希少性を保ってインフレを抑制するための仕組みで、マイニング報酬が減少するタイミングのことです。半減期について具体的にイメージできるように、次の章では仮想通貨の半減期の実例を紹介します。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

「つまり、仮想通貨はその価値を保つために、自動的に発行量が少なくなるってことね?」

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだヨ。どんなモノでもそうだけど、『物の価値』は希少性で決まるんダ。たとえば突然、ダイヤモンドが世界中で大量にとれるようになって、1つ100円で売られるようになったら、ダイヤの指輪の価値も低くなるでショ?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

確かに……『100円の宝石がついたアクセサリー』って言われると途端に価値が下がるわね……

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨はそういった『価値の低下』を防ぐために、半減期を設定してるんダ!

仮想通貨の半減期の実例

仮想通貨の半減期設定について、ビットコインとリスクを例に紹介します。

半減期の例・ビットコイン(Bitcoin)の場合

仮想通貨の代表例であるビットコインは、発行上限枚数が2100万BTC(ビットコインの単位)と決められており、約4年毎に半減期を迎えます。

ビットコインは公開当初の2009年はマイニング報酬が50BTCに設定されており、半減期を迎えるごとに50BTC→25BTC→12.5BTC→6.25BTC→…と半減する仕組みになっています。2度の半減期を経た2018年時点でのマイニング報酬は12.5BTCで、、次の半減期は2020年6月頃になると予想されています。

半減期の例・リスク(Lisk)の場合

リスクは、2016年5月24日に発行された仮想通貨です。ビットコインなどとは違い発行上限枚数は設定されていませんが、毎年半減期を迎えるように設定されています。

リスクの場合、半減期に減少するマイニング報酬は半分ではありません。リスクのマイニング報酬は5LSK(リスクの単位)から1年ごとに1LISKずつ減少していき、5年目以降は1LSKになるという設定になっています。

なお、リスクの半減期は下記サイトでカウントダウンされており、次回は2018年9月頃であると予想されています。

仮想通貨の半減期とチャートの関係

仮想通貨の半減期は、マイナーだけではなく仮想通貨取引を行っている投資ユーザにも影響があります。仮想通貨に投資する前に知っておきたい半減期とチャートの関係について解説します。

仮想通貨の価格が上昇する傾向がある

半減期を迎えると、あらたにマイニング報酬として得られる仮想通貨の量が減って流通量も下がるので希少性が高まります。そして希少性が高まった結果として、仮想通貨の価格が上昇する傾向があるのです

「半減期になると通貨の価格が上昇する」という認識が仮想通貨投資家のなかでは常識になっています。多くのユーザが価格の上昇を見込んであらかじめ仮想通貨を購入して、高騰した後に売却して利益を得ようと考えるので、半減期が近づいている仮想通貨の需要が高まり価格が上昇するのです。

ただし、仮想通貨の価格を決める要素は希少性だけではないので、半減期を迎えれば絶対に価格が上昇するというわけではありません。

それでも半減期が近づけば価格が上昇する可能性はかなり高いといえます。そのため、投資する仮想通貨を選定する判断材料として、半減期がいつなのかをチェックしておくことは非常に有効なのです。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

少なくなると希少価値が上がるから、みんなが一斉に買い集めようとして価格が上がっていくのね

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なんか、駆け込み需要みたいな感じだね。品薄になるとレア感出るから、みんな欲しくなるのかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

確かに駆け込み需要に近いものではあるネ。ただし、魅力的じゃない仮想通貨だと半減期が来ても、それほど値段が上がらない場合もあるヨ

仮想通貨の半減期には価格にどういう影響があったのか

実際に、これまで半減期を迎えた仮想通貨でどのような価格推移があったのか紹介します。

半減期のチャート例・ビットコイン

ビットコインが直近で半減期を迎えた2016年7月10日付近のチャートです。

ビットコインチャート

チャートからもわかるとおり、ビットコインの価格は激しく乱高下しています。これは、半減期以外にもビットコインの価格に影響を与えるトピックがいくつもあったからです。

たとえば2017年4月に「改正資金決済法」が施行されて仮想通貨は一般的な貨幣と同等の財産的価値を持つ政府から認定されたことや、2017年8月1日にビットコインがビットコインキャッシュと分裂(ハードフォーク)したことです。

このようにビットコインの前回の半減期には、価格に影響を及ぼす多くのイベントが発生していました。そのため、半減期も5月からの高騰に影響を与えていると言われていますが、どの程度影響があったのかはわかりません。

7月10日の半減期当日にも価格が下がっているのは、半減期に向けて価格が高騰したことによって得た利益を確保するために、売却する投資家が増えるからです。

このビットコインのチャートからわかるように、仮想通貨の価格変動は半減期以外の要素も大きくあります。半減期は価格変動を引き起こすひとつの要素に過ぎないと理解しておきましょう。

半減期のチャート例・リスク

リスクは2017年5月24日と11月17日に半減期を迎えています。

チャートからもわかるとおり、半減期に向けて価格が緩やかに上昇しています。

1回目の半減期を迎えた5月24日の場合、半減期までの1週間だけでもリスクの価格は42円から175円になっており、約4.2倍に高騰しています。2回目の11月17日は、1週間で650円から約1.6倍の1,080円になっています。

ただし、半減期に向けて価格は上昇しますが、ビットコインの項目でも解説したとおり、半減期後は利益を得るために売却する人が増えるため、価格が下落する傾向があります。

実際、5月24日の半減期のあとは価格が落ちています。しかし11月17日の半減期後、むしろ価格が上昇しています。これは2017年末の「アルトコインバブル」と呼ばれる仮想通貨全体の高騰の方が、半減期によるチャートへの影響よりも強かったからだと考えられます。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

実際のチャートを見ると、 半減期前後も結構上がったり下がったりが激しいのね

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨の価格に影響を与えるのは、半減期だけじゃないからネ。半減期よりももっと悪いニュースがあれば、半減期に入っても価格は上がらないヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

半減期だけで仮想通貨の価格が変わる、って考えるのは危険ね……他にも色々とアンテナを張ってニュースを拾わないと……

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨投資では、半減期の存在よりもいち早くニュースを掴む方が大事なんだね。僕も情報収集頑張らなきゃ!

半減期が近づくと仮想通貨の価格が上昇する傾向がある!

半減期は、マイニング報酬を減らすことによって仮想通貨の希少性を維持するためのものです。その結果、半減期が近づくと仮想通貨の価値があがって高騰することを見込んで購入する投資家が増えるので、価格が上昇する傾向があります。

ただし、仮想通貨の価格はさまざまな要因によって変動します。よって半減期を迎えたからといっても絶対に価格が上昇するわけではありませんが、投資判断をするうえで重要な要素であると覚えておきましょう。