仮想通貨のハードウォレットとは?仕組みや安全性、種類、使い方を解説!

仮想通貨のハードウォレットとは?仕組みや安全性、種類、使い方を解説!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨の保管にはハードウォレット……ハードウェアウォレットが1番いいってよく聞くけど、ぶっちゃけどんな構造でどんなものなのか全然わからないんだよね

カネット XXX(表情名入力)カネット

ハードウェアウォレットは、ようはフラッシュタイプのUSBを想像してもらえるとわかりやすいカナ。そのUSBの中に秘密鍵を保管できるから、オフラインで保存しつつも、パソコンにつなげればいつでもネット上にも取り出せるってワケ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

へぇ~。便利なウォレットなのね!もっと詳しく教えてよ!

取引所に仮想通貨を預けたままにしている人も多いでしょう。しかし、取引所にはハッキングリスクがあり、保有通貨をすべて失う可能性があります。

そのため、仮想通貨を安全に管理したい人は、自分で作成したウォレットで仮想通貨を管理しているのです。

そのウォレットの中でも、とくに仮想通貨を安全に保管できると言われているのがハードウェアウォレット(ハードウェアウォレット)。

ハードウォレットは、専用の端末で仮想通貨の秘密鍵を保管するタイプのウォレットで、オフラインで管理ができることからハッキングリスクが低く、安全に保管できるメリットがあります。

今回はハードウォレットとは何か、そして、メリットやデメリット、利用するときの注意点についても詳しく確認していきます。

仮想通貨のハードウォレットとは

まずは、仮想通貨のハードウォレットの特徴や仕組み、使い方について確認していきましょう。

ハードウォレットとは

ハードウォレットとは、専用の端末で仮想通貨の秘密鍵を保管するタイプのウォレット。USBでパソコンに接続して使用するので、秘密鍵をオフラインで管理できるのが特徴です。

仮想通貨を保管するときに注意しなければならないのがハッキングですが、ハッキングはインターネットに接続しているオンライン環境で発生します。

2018年1月に仮想通貨取引所のコインチェックで発生したネムの不正流出は、コールドウォレット(オフライン環境)ではなく、ホットウォレット(オンライン環境)で保管していたのが原因のひとつでした。

仮想通貨を出金するには秘密鍵が必要なので、秘密鍵がオンライン環境で管理されていると、第三者に知られてしまい、仮想通貨を盗まれる恐れがあるのです。

しかし、秘密鍵をオフラインで管理できるハードウォレットを利用すれば、基本的にはハッキングされることはなく、保有通貨を安全に保管できます。

ハードウォレットの仕組み

ハードウォレットでは専用の端末を使用しますが、端末内に保管されるのはあくまでも秘密鍵であり、仮想通貨そのものを保管するわけではありません。

仮想通貨はブロックチェーン上にあり、秘密鍵を使ってそのブロックチェーンにアクセスをするようなイメージです。

秘密鍵はウォレットから仮想通貨を出金するときに署名をする役割がありますが、仮想通貨の所有を証明するものでもあるのです。

そのため、もしウォレットが壊れてしまっても、秘密鍵などのバックアップがあれば、仮想通貨を失うことはなく、問題なくアクセスできます。

ハードウォレットはパソコンのUSBポートに挿入して使用するので、端末内に仮想通貨を保管するようなイメージを持ちやすいのですが、あくまでも秘密鍵を保管するものであることを理解しておきましょう。

ハードウォレットの使い方

ハードウォレットを利用するときの、簡単な使い方の流れは以下の通りです。

  1. ハードウォレット端末の初期設定を行う
  2. サイト側の初期設定を行う
  3. 取引所からハードウォレットに送金する
  4. 着金を確認したら、PCから取り外して保管する

まずは、ハードウォレット端末とパソコンをつないで初期設定を行います。

端末とパソコンをつなぐと、画面に初期設定の手順が表示されるので、手順通りに進めれば問題なく設定ができます。

手順は端末の種類によって異なりますが、どのハードウォレットにも共通しているのがPINコードとリカバリーフレーズの設定です。

PINコードはハードウォレットを操作するときに常に求められるものなので、忘れないように必ず保存しておきましょう。

また、紛失や破損によって端末が使えなくなった場合に、ウォレットを復元するためのリカバリーフレーズの設定も重要です。

ハードウォレットの「Ledger Nano S」では、リカバリーフレーズとして初期設定時に24の単語をメモします。

このリカバリーフレーズがあればウォレットを復元できるので、PINコードと併せて必ず保存するようにしてください。

ハードウォレット端末の設定が完了したら、次はサイト側の設定を行いましょう。

「Ledger Nano S」の場合は、公式サイトにアクセスして専用アプリをインストールします。

そして、インストールが完了したら、保管する通貨種類の設定を行うという流れになります。

サイトの設定も完了したら、仮想通貨取引所からハードウォレットに仮想通貨を送金しましょう。

Ledger Nano Sの場合は、ウォレット画面の受信をクリックするとアドレスが表示されるので、このアドレス宛に送金します。

そして、着金が確認できたら端末をPCから取り外して保管するまでが、簡単な使い方の流れになります。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ハードウェアウォレットを管理する時に注意したいのが、PINコードとリカバリーフレーズの扱いだネ。このどちらかでも無くしてしまうと大変なことになるカラ、メモしたものを一定の場所に仕舞っておくとかしておいてネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

手書きのメモなら複数用意して保管しておいても良いかもだね。PINコードがわかってもハードウェアウォレットがないと秘密鍵は分からないわけだし

カネット XXX(表情名入力)カネット

それもいいかもネ。でも、それでもできるだけ人の目に触れないように要注意だヨ!

ハードウォレットのメリット

次に、ハードウォレットで仮想通貨を保管するメリットを確認していきましょう。

セキュリティが高い

ハードウォレットはオフライン環境で秘密鍵を保管できることから、セキュリティが高いのが一番のメリットです。

たとえば、IDとパスワードで利用するウェブウォレットでは、秘密鍵の管理をサイト管理者に一任します。そのため、ハッキングリスクだけでなく、サイト管理者に仮想通貨を盗まれる可能性もあるのです。

しかし、ハードウォレットを利用すれば、秘密鍵をオフラインで管理できるため、ハッキングの心配はありません。

また、ペーパーウォレットでも秘密鍵をオフラインで管理できますが、印刷した紙は破損しやすく、インクや紙が劣化するリスクもあります。

しかし、ハードウォレットでは専用端末を使うので、紙のように破損や劣化を心配する必要はなく、仮想通貨を安全に保管できるのです。

長期保有しやすい

ハードウォレットは、仮想通貨を長期保有しやすいのもメリットです。

ウェブウォレットやモバイルウォレットは、パソコンやスマートフォンで簡単に操作ができるので、売買取引がしたいと思えば、すぐに出金して取引を始められます。

そのため、長期保有をすると決めていたにもかかわらず、周囲の動向に流されて、取引をしてしまうかもしれません。

しかし、ハードウォレットはパソコンやスマートフォンから切り離し、専用端末で秘密鍵を管理するので、ウォレットの中身を確認するのに少し手間がかかります。

このように、ハードウォレットを利用すれば、取引をしたい気持ちを抑えやすく、仮想通貨の長期保有に向いているのです。

持ち運びやすい

ハードウォレットは、持ち運びやすいのもメリットのひとつです。

ペーパーウォレットは、ハードウォレットと同じく秘密鍵をオフラインで管理できます。ところが、アドレスや秘密鍵が紙に印刷されており、破損リスクがあるので、安易に持ち運ぶのは危険です。

しかし、ハードウォレットの場合は、USBメモリのような小さな端末を使うので、簡単に持ち運ぶことができ、外出先で使うこともできるのです。

ただし、紛失リスクはあるので、持ち運ぶときは失くさないように十分に注意する必要があります。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ハードウェアウォレットは何といっても利便性が高い上にセキュリティが高いという、色んなウォレットの中で1番便利な使い勝手を誇るヨ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ハードウェアウォレットなら、ペーパーウォレットのように万が一人に見られる心配もないってわけね!これならもう、他のウォレットなんていらないんじゃない?

カネット XXX(表情名入力)カネット

そんなコトないヨ!ハードウェアウォレットにもデメリットがあるんダ!

ハードウォレットのデメリット

続いて、ハードウォレットのデメリットについてお伝えします。

費用がかかる

他のウォレットは基本的に無料で利用できますが、ハードウォレットは端末を購入するための費用がかかるのがデメリット。

ハードウォレット端末を購入するには、1~2万円程度のお金がかかるので、お金を払ってまで利用するかを判断する必要があるのです。

ハードウォレットはセキュリティが高いので、大量の仮想通貨を保管するなら利用する価値はあるでしょう。

しかし、数万円分の仮想通貨を保管するために、1~2万円のお金を払ってハードウォレット端末を導入するのは、コストがかかりすぎて現実的ではありません。

このように、ハードウォレットの利用を検討するときは、保有通貨量と端末購入代金のバランスを考えることが大切です。

端末の故障や紛失、盗難リスク

ハードウォレットは端末の故障や、紛失するリスクがあるのもデメリットです。

端末が使えなくなったときに、もしリカバリーフレーズを保存しておかなければ、ウォレットを復元することができません。

つまり、保管している仮想通貨をすべて失うことになるのです。

また、端末を第三者に盗まれる可能性もあります。

端末とリカバリーフレーズを同じ場所に保管していると、一緒に盗まれて不正出金される恐れがあるので、端末とリカバリーフレーズの保管場所を変えるなどの工夫が必要です。

対応通貨種類が端末によって異なる

ハードウォレットは端末によって対応通貨種類が異なるため、ひとつの端末で保有通貨をすべて保管できないこともあります。

対応通貨種類が豊富な端末もあれば、数種類の通貨にしか対応していない端末もあるので、端末を購入する前に、保有通貨に対応しているかを確認することが大切です。

せっかく端末を購入しても、保有通貨に対応していなければ意味がありません。

ビットコインはほとんどの端末で対応していますが、アルトコイン(ビットコイン以外の通貨)の保管を検討している場合は、端末を購入する前に対応通貨を必ず確認しましょう。

利便性が低い

ハードウォレットは、ウェブウォレットやモバイルウォレットに比べると利便性が低いのもデメリットです。

ウェブウォレットやモバイルウォレットなら、パソコンやスマートフォンだけで簡単にウォレットを確認できます。

一方、ハードウォレットはUSBメモリのように小さいので、持ち運びやすいですが、ウォレットを確認するにはパソコンに接続する手間がかかります。

また、モバイルウォレットなら商品やサービスの決済も可能ですが、ハードウォレットを決済に利用することもできません。

そのため、利便性を重視してウォレットを選ぶ場合は、ハードウォレットは使いにくいと感じる可能性があります。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ハードウェアウォレットは、ハードウェアウォレットとリカバリーフレーズがセットになっているだけで秘密鍵が見えてしまうんダ。だから、セットで保管しておくと盗まれた時が大変だヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

USBだから四六時中持ち運ぶわけにはいかないしね……。まだペーパーウォレットの方が財布に入れることができるから、持ち運びの面では優秀かしら?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

あと、ウェブウォレットに比べたら流石に利便性は悪いみたいだね……。あれくらいサクサク使えるのを想像していると、ちょっと肩透かしに遭った気持ちになるかもだねぇ……

ハードウォレットを利用するときの注意点

ここでは、仮想通貨を安全に管理するには、どのようなことに注意してハードウォレットを利用すればよいのかを確認していきましょう。

中古品を購入しない

ハードウォレット端末を購入するときに、中古品を購入するのはおすすめできません。なぜなら、中古品は詐欺の可能性があり、仮想通貨を盗まれるかもしれないからです。

Amazonなどの通販サイトで購入するときは必ず出品者を確認し、メルカリやヤフーオークションなど、中古品が前提のサイトでは買わないようにしましょう。

また、購入した端末が届いたときは、未開封であること、PINコードが未設定であることを確認してから使用することも大切です。

一番安全なのは公式サイトから直接購入する方法ですが、到着まで時間がかかる場合があるので、時間に余裕があるなら公式サイトからの購入をおすすめします。

いずれにせよ、ハードウォレットを安全に利用するためには中古品の購入を避け、商品が届いたら未開封であること、PINコードが未設定であることを必ず確認しましょう。

バックアップを取っておく

ハードウォレットの初期設定のときに設定するPINコードやリカバリーフレーズは、必ずバックアップを取っておきましょう。

バックアップを取っておけば、もし端末が故障しても復元ができるので、保管している仮想通貨を失うことはありません。

初期設定後に仮想通貨をウォレットに送金する前に、念のために復元できるかをテストしておくとより安心です。

また、PINコードやリカバリーフレーズのバックアップをオンライン環境で保管すると、ハッキングされて仮想通貨を盗まれる可能性があります。

そのため、バックアップは必ずオフライン環境で保存し、第三者に見られることがないように注意しましょう。

端末の取り扱いや保管方法に注意する

ハードウォレットは端末の故障や紛失、盗難リスクがあるので、端末の保管や取り扱いに注意することも大切です。

端末を落として衝撃を与えると故障するかもしれないので、持ち運ぶときは取り扱いに十分に注意しましょう。

また、端末を紛失しないように保管場所を決めておき、使用した後はその場所に戻すようにすると、紛失する可能性が低くなります。

大量の通貨を長期保有するなら、盗難を防ぐために、銀行の貸金庫に預けておくのも一つの方法です。

このように、ハードウォレットを利用するときは、端末の故障や紛失、盗難を防ぐために、取り扱いや保管方法に注意が必要です。

カネット XXX(表情名入力)カネット

とくに注意したいのが公式ストア以外から購入しないように!ってところカナ。メルカリやヤフオクは新品で販売されていても偽物だったり、何か怪しいソフトやウイルスが仕込まれている可能性があるヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

コインチェックのネム流出事件を受けて、ハードウェアウォレットが品薄と聞いていたからどうしようかと思っていたけれど……なるほど、気長に待った方が良さそうね……

おすすめのハードウォレットを3つ紹介

最後に、おすすめのハードウォレットを3つ紹介します。

Ledger Nano S(レジャー ナノ S)

Ledger Nano Sは人気が高く、利用者が多いハードウォレットのひとつで、対応通貨種類が豊富なのが特徴です。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアム、リップルなど20種類以上もの通貨に対応しています。

リップルに対応したハードウォレットは少ないので、リップルをハードウォレットで保管したい人はLedger Nano Sを利用するとよいでしょう。

ただし、Ledger Nano Sは他のハードウォレットよりもRAM容量が少なく、通貨ごとにウォレットをダウンロードする必要があるなど、少し使い方がわかりにくいところがあります。

TREZOR(トレザー)

おすすめのハードウェアウォレット

引用元:https://trezor.io/

TREZORは、Ledger Nano Sと並んで人気が高いハードウォレットで、多くの人が利用しています。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどが保管でき、マイイーサウォレットと接続するとイーサリアム、ナノウォレットとの接続でネムも保管できるのです。

しかし、リップルには対応していないのがLedger Nano Sとの大きな違いです。

TREZORは、端末とパソコンをつなぐとすぐにウォレットが使える、アカウントが使い分けられるなど、使いやすさに定評があります。

そのため、ビットコインやイーサリアムなど、リップル以外の主要通貨の保管にはTREZORがおすすめです。

KeepKey

KeepKeyはLedger Nano S、TREZORに比べてデザインが美しく、見た目がシンプルなハードウォレットです。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、ドージコイン、ダッシュ、ネームコインの7種類(2018年4月現在)の通貨に対応しています。

Ledger Nano Sと同じく、Google Chrome(ブラウザ)を使用して設定する必要があるので、使いにくさを感じる人もいるかもしれません。

しかし、RAM容量はLedger Nano S、TREZORよりも大きいので、他のハードウォレットで容量不足を感じる場合は、KeepKeyの利用を検討するとよいでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

レジャーナノSはリップルに、トレザーはネムに対応しているカラ、自分の持っている銘柄に合わせて選ぶと良いヨ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

とくにレジャーナノSはトークンにも対応しているから、トークンをいっぱい買っている人にもおすすめよね。ただ、ネムは保管できないからそこらへんは使い分けかしら

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほど……僕はまだまだ仮想通貨をたいして持ってないけれど、盗られたら困る量になったらハードウェアウォレットを購入しよーっと!

ハードウォレットの仕組みや注意点を理解して、仮想通貨を安全に保管しよう!

ハードウォレットは、専用の端末を使用して仮想通貨の秘密鍵をオフラインで保管できるので、基本的にはハッキングリスクがないのが大きなメリット。

そのため、大量の仮想通貨を安全に保管したい場合は、ハードウォレットを利用するのがおすすめです。

しかし、端末の故障や紛失リスクがあるため、PINコードやリカバリーフレーズを保存し、ウォレットを復元できる状態にしておくことが大切です。

ハードウォレットの仕組みや注意点を理解して、仮想通貨を安全に保管しましょう。