仮想通貨のおすすめ保管方法・保管場所とは?ウォレットの種類や安全性を解説

仮想通貨のおすすめ保管方法・保管場所とは?ウォレットの種類や安全性を解説

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨ってどこに保管するのがベストなんだろ…。仮想通貨取引所も100%安全じゃないもんね?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ソウダネ。記憶に新しいコインチェック事件や、過去にも大きなハッキング事件が起きてイルカラ、管理には気を付けないト!じゃあ今日は、仮想通貨のおすすめ保管方法について説明シヨウ!

購入した仮想通貨を取引所に置いたままにしていませんか?もしくは取引所からウォレットに移して安心していませんか?

仮想通貨の保管方法には、さまざまな方法があり、自分の目的にあったものを選ぶ必要があります。

そのためには、仮想通貨の保管方法について詳しく知っているほうがいいでしょう。

今回の記事では、仮想通貨を保管するためのウォレット、ウォレットよりも取引所に保管した方がいい場合などを紹介します。

ウォレットだけでは不十分?仮想通貨を安全に保管するにはどうすればいい?

仮想通貨の保管方法の1つに“ウォレット”と呼ばれるものがあります。しかし、ウォレットにただ保管するだけでは不十分で、保管には適切な知識が必要なことを確認しましょう。

仮想通貨のウォレットとは?

“ウォレット”とは財布を意味する英単語で、仮想通貨を保管しておく場所の1つだと思ってください。

ザイフ(Zaif)やビットフライヤー(bitFlyer)といった取引所で仮想通貨の売買を行い、自分のウォレットでその仮想通貨を管理するという流れですね。

ウォレットにはいくつか種類があり、大きく分けて“ウェブウォレット”“デスクトップウォレット”“ハードウェアウォレット”“コールドウォレット”の4つに分けられます。

① ウェブウォレット

ウェブウォレットは、インターネット上で仮想通貨を保管するウォレットのことです。

ザイフやビットフライヤーといった取引所での保管も、このウェブウォレットに分類されます。

「取引所に保管できるなら安心」と思っている人もいるのですが、完全に信用して預けたままにしておくのは危険です。

ハッキングにより、580億円相当のネムが流出した“コインチェック事件”を考えても、それがわかりますよね。

また、ウェブウォレットでは、取引所とは別に“オンラインウォレット”というものがあります。

こちらはインターネット上で仮想通貨を保存するのですが、自分で直接保管できるので取引所より安心できるというメリットがあります。

② デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、パソコンなどのデスクトップに専用のソフトをダウンロードして仮想通貨を保管しておくウォレットです。

ウェブウォレットがインターネット上で仮想通貨を管理しているのに対し、デスクトップウォレットはオフラインでも管理できます。

そのため、仮想通貨を管理するセキュリティーはウェブウォレットよりデスクトップウォレットの方が高くなるといえるでしょう。

また、デスクトップウォレットは、“完全型ウェブウォレット”と“安易型ウェブウォレット”の2種類に分けられます。

完全型のウェブウォレットの特徴としては、仮想通貨のブロックチェーンを全てダウンロードすることです。

ブロックチェーンを全てダウンロードすることでコンピューターの容量は大きく使うのですが、ビットコインのマイニングや取引などを行えます。

安易型のウェブウォレットは、完全型のウェブウォレットよりも容量が少ないものです。仮想通貨の送金や管理だけをする分には、安易型で十分に事足りるでしょう。

ただし、デスクトップウォレットにもデメリットがあります。それは、デスクトップウォレットをダウンロードしたパソコンがウイルスに感染したり、故障したりすると管理ができなくなるという点です。

よって、長期間の保管や大きな金額を保管する場合には、次に紹介するハードウェアウォレットやコールドウォレットを使うのがいいでしょう。

③ ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、USBメモリのような外付けの端末に仮想通貨の“秘密鍵”を保管できるというものです。

インターネットにつながったパソコンと切り離して、完全にオフライン管理ができるため、ハッキングなどに対するセキュリティーは強固でしょう。

また、ハードウェアウォレットを失くしてしまったり、壊してしまったりしたときの対応を可能というメリットも。

そのために“パスフレーズ”と呼ばれるものが関わってくるのですが、こちらは後ほど説明します。

④ コールドウォレット

コールドウォレットとは、紙に仮想通貨の秘密鍵を記載する管理方法“ペーパーウォレット”とも呼ばれます。

シンプルで原始的な管理方法ではあるのですが、インターネットには一切触れないで管理できるため、最も安全な管理方法です。

ただし、ハードウェアウォレットのように、失くしてしまったときに復元する手段がないため、どちらが優れているかは“人による”と言わざるを得ません。

仮想通貨の管理は『ウォレット』に入れるだけでは不十分

仮想通貨を取引所に置いたままにせずに、ウォレットに保管した方が安全だということはわかりましたよね。

しかし、仮想通貨の管理は、ただウォレットに入れるだけで安心というわけではありません。自分が仮想通貨をどのように使うかによって、その管理方法にメリット・デメリットが生じます。

仮想通貨を安全に管理するためには知識が必要!

ウォレットに仮想通貨を入れるだけは不十分というのは、自分の目的に適した管理をするための知識も必要ということです。

例えば、仮想通貨を価格の上がり下がりで売買して儲けを出したいと考えている人がいるとしましょう。

この人の場合、いくらハードウェアウォレットが安心だとしても、仮想通貨の保管方法としては適しているといえません。

なぜなら、価格の変化にすぐに対応する必要があるのに、パソコンに接続するなどの手間でウェブウォレットよりもスピードが遅くなるからです。

他にも、ウイルスについてなど、様々な知識が必要になります。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ふむふむ。仮想通貨取引所からウォレットに移しておくだけでも万全とは言えないのね…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

それに、ウォレットにもいくつか種類がアル。それぞれメリットデメリットがあるから、正しい知識を持っておくことが大切ナンダ。

仮想通貨を安全に保管するための知識とは?

ここでは、仮想通貨を安全に保管するために必要な知識について確認します。

取引所に関する知識

まずは、取引所について見ていきましょう。

複数の取引所のアカウントを作っておく

仮想通貨の取引所は、ひとつに絞るのではなく、複数作っておくのがいいでしょう。登録は無料でできるため、少しでも多くの取引所を利用することをオススメします。
では具体的にはどのようなメリットがあるのかというと…

① 売買できる通貨の種類を増やせる
取り扱っている仮想通貨の種類は、取引所によって異なります。つまり、複数の取引所でアカウントを作ることによって、売買できる仮想通貨の種類を増やすことが可能です。

② サーバーダウンのリスクヘッジ
仮想通貨の取引所で時々見られる「サーバーダウン」という問題。これは、仮想通貨の価格が大きく変動したときに、一斉に多くの人が売買を行うことで発生します。

要するに、その仮想通貨を価格が下がりきった状態で購入するチャンスというわけですね。しかし、1つの取引所だけを利用していて、その取引所がサーバーダウンしていた場合には、チャンスを逃すことになります。

このようなチャンスのためにも、複数の取引所を利用するのがいいでしょう。

③ 取引所閉鎖のリスクヘッジ
まだまだ法整備や保証制度が整っていない仮想通貨市場ですので、取引所を運営している会社が倒産するという可能性があります。

記憶に新しい“コインチェック事件”では、仮想通貨の取引所であるコインチェックがハッキングの被害に遭いました。

コインチェックは倒産こそ免れたものの、その信頼度が下がったことは間違いありません。

完全に信用できる取引所というのは難しいので、複数の取引所を利用して、資産を分散させておくのがいいでしょう。

④ “アービトラージ”が可能に
“アービトラージ”とは、取引所間の価格差を利用して、その差額分で利益を出す方法です。

仮想通貨は同じ銘柄であっても、取引所によってその価格が異なることがあります。つまり、ある取引所で仮想通貨を安く買って、他の取引所で高く売るという仕組みですね。

パスワードは複雑なものを設定して使い回さない

取引所に仮想通貨を保管するということは、自分の仮想通貨をいつでもインターネット上に置いておくということ。

つまり、ハッキングやウイルスの被害に遭いやすい環境に、常に仮想通貨を置いていることを意味します。

そのリスクに少しでも対応するために、パスワードは大小の英字・数字・記号を組み合わせたできるだけ複雑なものを設定するようにしましょう。

名前や誕生日などを使った、シンプルで他人から予測されやすいものをパスワードにするのは危険です。

また、ハッキングの被害に備えて、取引所ごとに使うパスワードを変えるようにしましょう。同じパスワードを使っていると、1つのアカウントがハッキングされると、他のアカウントにも被害が及ぶ可能性が高くなってしまいます。

取引所の二段階認証は必ず設定する

取引所のアカウント登録には、必ず二段階認証を設定するようにしましょう。二段階認証とは、取引所にログインするときや取引所から資産を取り出すときに、2つの端末で認証をするというものです。

例えば、取引所アカウントのIDとパスワードを盗まれてしまったとしましょう。この場合にも、二段階認証を設定したスマホなどの端末が手元にあれば、第三者からの不正ログインを防ぐことが可能です。

ウォレットに関する知識

次にウォレットについて確認していきます。

秘密鍵は誰にも教えない

仮想通貨は“ウォレットアドレス”と“秘密鍵”によって管理されています。ウォレットアドレスは銀行口座でいう“口座番号”、秘密鍵は“暗唱番号”の役割です。

つまり、ウォレットアドレスと秘密鍵を知られてしまうと、誰でもその仮想通貨を自由に移動させることができてしまいます。

怪しいサイトなどの巧妙な誘導に従って、秘密鍵を安易に入力しないように注意しましょう。

仮想通貨は複数のウォレットに分散させる

ウォレットに保管しても安心してはいけません。ハッキングによる盗難被害や、ハードウェアウォレットの紛失など、リスクは数多く存在します。

できるだけ、複数のウォレットに分散して仮想通貨を保管するようにして、何かあったときのリスクを軽減できるようにしましょう。

ウォレットの復元パスフレーズの紛失に注意

ハードウェアウォレットの説明の中でも触れた“復元パスフレーズ”の紛失に注意しましょう。

復元パスフレーズとは、ウォレットの仮想通貨を復元できるパスワードのことを言います。この復元パスフレーズがあることで、

  • ウォレットアプリを入れたスマホを紛失した
  • ウォレットの秘密鍵を忘れた

といった場合に、ウォレットの資産を復元できます。

ただし、復元パスフレーズは二度と再発行できないため、紛失しないように注意しましょう。また、他人に知られてしまうと資産の盗難もあり得る点にも注意が必要です。

デバイスに関する知識

最後はデバイスについてです。

ウイルス対策を行う

ウイルスがパソコンやスマホに感染すると、仮想通貨を盗難されるというケースがあるため、ウイルス対策も万全にしましょう。

実際に、仮想通貨を盗むことが目的で作られたウイルスをダウンロードしてしまった人が、ウォレットのモナコインを盗まれた被害もあります。

怪しいソフトウェアは入れない

ウイルスはどこに仕掛けられているのかなど、実際に被害に遭うまではわかりません。

そういったウイルスに感染しないためにも、違法サイトなどで怪しいソフトウェアや動画などをダウンロードすることは避けましょう。

ブラウザにパスワードを保存しない

意外と多くの人がやってしまいがちな“プラウザの自動入力設定”ですが、これも避けるようにしましょう。

グーグルクロームなどで、ショッピングサイトに利用したときに「プラウザにパスワードを記録しておく」のが、“プラウザの自動入力”です。

便利で次に利用するときの手間は省けるのですが、ハッキングで大切な情報を盗まれる恐れがあります。

名前とメールアドレスしか入力していないにもかかわらず、すでにプラウザに記録していた他の情報が盗まれたという例もあるので注意が必要です。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

危ない~~~!僕、口座開設した取引所ぜんぶで同じパスワードにしちゃってたよ…。すぐに変更する!

カネット XXX(表情名入力)カネット

取引所は常にオンラインの状態だから、注意が必要ダヨ。それに別のサイトで使っているメールアドレスもできるだけ使わないようニ!

自分の用途に合わせて仮想通貨を保管する場所を決めよう

取引所やウォレットの特性を確認したところで、仮想通貨を保管する場所の決め方を整理しましょう。

すぐに使う予定の仮想通貨は取引所に

取引所に仮想通貨を保管するのはリスクが高いと説明しました。しかし取引所に仮想通貨を保管しておいた方がいいケースもあります。

それは、仮想通貨をすぐに取引する目的で保有するケースです。ハードウェアウォレットなどに保管するのは、セキュリティー上は確かに安心です。

ところが仮想通貨をウォレットに移動させるためには、その都度、送金するための手数料がかかってしまいます。

また、ウォレットから仮想通貨を取り出している間に、思っていたタイミングで売買できなくなるという可能性もあります。

そのため、利益を得るチャンスを逃したり、損切ができずに損失が膨らんだりすることもあるのです。

動かす予定のない、中~長期で投資する仮想通貨はウォレットに

迅速な対応ができないというデメリットこそあるものの、やはり取引所よりもウォレットの方がセキュリティーは安心です。

すぐに動かく予定がなく、中~長期での投資を考えている仮想通貨は、ウォレットに保管しておくのがいいでしょう。

盗まれたら困る額はオフライン状態のウォレットに移す

大きな金額の仮想通貨をまとめて保管する場合は、ウォレットの中でも、オフライン状態のものに保管しましょう。

例えば、コールドウォレットの場合は完全にインターネットから切り離して管理できるため、ハッキングの心配は一切ありません。

ただし、パスワードを記録した紙を紛失しないように注意しましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

資産は分散・オフラインで保管・取引所のパスワードは複雑に!これは仮想通貨の管理に必須のポイントね!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ここで紹介した方法は全て実践しても足りないくらいダヨ。資産の管理には最大限気を付けておこウ!

正しく管理できれば仮想通貨のリスクは怖くない!

コインチェック事件など、仮想通貨のハッキング被害のニュースを見ると、仮想通貨はリスクが高く、保管が難しく感じてしまいます。

しかし、取引所やウォレットの特性など、しっかりとした知識を身に着けていれば、保管方法は決して難しくなく、ハッキングなどのリスクにも十分に対応が可能です。

また、自分が仮想通貨をどのような目的で利用するかによって、適した保管方法も変わってきます。ここで紹介をしたことを参考に、自分に合った仮想通貨の保管方法を選んでください。