仮想通貨のホワイトペーパーとは?内容と将来性を予測する見方を徹底解説

仮想通貨のホワイトペーパーとは?内容と将来性を予測する見方を徹底解説

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨にはホワイトペーパーというものが存在するんダ。仮想通貨におけるホワイトペーパーは、マーケティングするためのテキストって意味だヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へ~……調べたらビットコインにもホワイトペーパーってやつが公開されてるみたいだね。全文英語だから全然読めないけど

カネット XXX(表情名入力)カネット

ホワイトペーパーは仮想通貨の価値を左右する大事な判断材料なんだヨ。今回はホワイトペーパーについて詳しくみていってみよウ!

投資する仮想通貨を選ぶときには、その通貨はどんな目的で作られたのか?どんな技術が使われているのか?などを知っておく必要があります。

それが、その通貨の将来性や今後の価格変動を予測する判断材料となるからです。

そこで重要になるのが、仮想通貨のホワイトペーパーを確認すること。ホワイトペーパーとは、「仮想通貨の説明書」のようなもので、その仮想通貨がどのようなものかを知る手がかりになります。

今回は、ホワイトペーパーには具体的に何が書かれているのか、そして読む上で注目すべきポイントを詳しく確認していきましょう。

ホワイトペーパーとは?

まずはホワイトペーパーとはどんなものなのか、誰が何のために作っているのかを解説します。

ホワイトペーパーとは

ホワイトペーパーの起源をたどると、元々はイギリス政府が発行する公式文書の紙が白かったことから、そう呼ばれていたようです。

それに由来して、企業が発行する報告書がホワイトペーパーと呼ばれるようになり、仮想通貨の報告書も同様の名が付けられています。

仮想通貨のホワイトペーパーはプロジェクトの報告書であり、「これから発行される仮想通貨がどういったものであるか」が記されている説明書のようなものなのです。そのため、ホワイトペーパーは、気になる銘柄について知るための重要な資料となります。

ところが、ホワイトペーパーの内容は専門的なこが多く、仮想通貨投資を始めたばかりの人が目を通しても、なかなか理解はできません。

しかし、知らない用語を調べながらホワイトペーパーを読み解くことは、その銘柄について知るだけでなく、仮想通貨全体の仕組みを理解することにつながります。

これから解説するホワイトペーパーの概要や内容のポイントを押さえて、ホワイトペーパーを読むための基礎を身に着けてください。

誰が何のために作るのか

ホワイトペーパーは仮想通貨の発行者によって作られ、ICO(Initial Coin Offering)の前に公開されます。

ICOとは仮想通貨が正式に発行される前に、その仮想通貨のトークン(正式な仮想通貨の引換券のようなもの)を購入するプレセールのことです。このICOによって、起案者は正式な仮想通貨発行までの開発資金を調達します。

プロジェクト達成に向けた資金調達という点で、ICOはクラウドファンディングと似た仕組みと言えます。図で2つの仕組みを見てみましょう。

クラウドファンディングでは、現金でプロジェクトに投資します。そして、見返りとして「商品」を受け取れる仕組みです。

これに対してICOは現金ではなく、ビットコインやイーサリアムなどの現存する仮想通貨で投資をします。そして、その見返りに起案者が発行する「独自の仮想通貨」を受け取るのです。

ホワイトペーパーは、このICOでより多くの資金を集めるために作られています。ICOの起案者は、「私が作る仮想通貨は〇〇が特徴で、□□のような技術を使っている」など、仮想通貨の優れた点や将来性をホワイトペーパーでアピールしているのです。

そして、ICOへの参加を考えている人にとってもホワイトペーパーは重要。その仮想通貨がどのようなもので、将来性はあるかなどを判断する必要があるからです。

またホワイトペーパーは、ICOのときだけでなく通常の仮想通貨取引でも銘柄を選定する材料になります。つまり、仮想通貨投資においてホワイトペーパーは欠かせないものなのです。

では、ホワイトペーパーには具体的にどんなことが書かれているのでしょうか。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほど。ホワイトペーパーは商品説明みたいなものなんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!ホワイトペーパーを読めば、その仮想通貨のことが丸わかりなんダ!

ホワイトペーパーの具体的な内容

仮想通貨のホワイトペーパーは、銘柄によって多少の違いはあるものの、書かれている大まかな内容は共通しています。

基本的な構造は次のようなものです。

  • 概要
  • 背景と目的
  • 課題
  • プロジェクトによる解決方法
  • 仮想通貨の技術解説
  • 資金調達方法
  • ロードマップ
  • プロジェクトメンバー

以上の8項目をひとつずつ確認していきましょう。

・概要
「その仮想通貨がどのようなものであるか」のざっくりとした説明をしている部分です。しかし、抽象的な表現が多く、「何を言いたいのかわからない」となることも少なくありません。「この仮想通貨は大体こんなものか」と捉えるようにすればいいでしょう。

・背景と目的
「なぜ、その仮想通貨のプロジェクトを立てることになったのか」の背景と目的を書いています。

・課題
「その仮想通貨プロジェクトが対象とする業界には、どのような課題があるか」仮想通貨発行者の考えについて書かれている部分になります。

・プロジェクトによる解決方法
前述した課題を解決するために、その仮想通貨がどのような役割を果たすのかについて書かれています。

・仮想通貨の技術解説
その仮想通貨がどのような技術・手法を導入したものであるかを説明する部分です。

・資金調達方法
ICOで、その仮想通貨トークンを購入する(投資する)際に、交換に使える仮想通貨が何であるか、どれくらいの量の仮想通貨トークンを発行するのかなどについて、書かれています。

・ロードマップ
その仮想通貨の開発スケジュールや、今後のプロジェクトの方針について書かれています。

・プロジェクトメンバー
その仮想通貨プロジェクトに、どんな人が参加するのかについて書かれた部分です。

以上が各項目の大まかな内容となります。しかし、全てを詳しく読んで理解するのは大変な作業です。

そこで、この中から特に確認すべき項目に絞って目を通すようにしましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ホワイトペーパーを読めば、その仮想通貨がどんな目的で作られたか、何に利用されるのか、将来的にどうなるのか?などなどが知れるんダ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

あらすごい。将来的にどうなるのかまで決めてるのね

カネット XXX(表情名入力)カネット

ただし、ちゃんと目標に向かって進んでいけるかどうかは、その仮想通貨次第だヨ。ホワイトペーパーに書かれている目標を全て鵜呑みにしないでネ

ホワイトペーパーで確認すべきポイント

先ほどの項目の中で必ず確認が必要なのが次の3つ。

  • 課題と解決方法
  • 資金調達方法
  • ロードマップ

以上の内容が明確に書かれているかチェックしましょう。

それでは、これらの項目の重要性について詳しく解説していきます。

課題と解決方法

「世間から欲しいと思われる」需要が大きければ大きいほど、仮想通貨の価値は上がります。そして、需要が大きくなるかの判断材料になるのが「課題と解決方法」です。

ホワイトペーパーに書かれている「課題」が本当であれば、それを解決するために発行される仮想通貨は存在する意味を持ちます。

そして実際に、その仮想通貨が「課題を解決できる」のであれば、多くの人が必要となるため、需要が大きくなり、価値が上がるのです。

資金調達方法

資金調達方法では、ICOで発行する仮想通貨トークンの量について確認します。なぜなら、ICOでの発行量が少ない方が、値上がりが期待できるからです。

前述したように、仮想通貨の価値は「需要」で決まり、世の中の人が欲しいと思う仮想通貨は価値が上がり、さらに多くの人に求められるようになります。そのときに発行量が少ないほうが、「希少価値」が上がるため、より値上がりを期待できるというわけです。

いっぽう、発行量の上限が定められていない仮想通貨は、市場に出回る量が増えることになります。そのため、「プレミア感」が出ず、値上がりに繋がりにくいと考えられるのです。

ロードマップ

開発スケジュールなどを確認するロードマップにも注意して目を通しておく必要があります。

ロードマップには、「〇〇の時期に、□□というサービスを開始予定」「〇〇の時期に、取引所へ上場予定」など、仮想通貨の開発における具体的な計画が示されています。

そのため、仮想通貨の開発がスケジュール通りに進んでいるという情報が流れた場合、そのサービスの開始日や上場の直前に、価格が高騰する可能性があるのです。

以上がとくに重要な項目に書かれた内容になります。ICOに参加するとき、そして仮想通貨取引を行うときには、ホワイトペーパーで以上の3項目を確認するようにしましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ホワイトペーパーを読む時は、どういった目的で作られた仮想通貨なのか、なんでボクたちからお金を集める必要があるのか、開発は計画通りに進んでいるのか、の3点をチェックしよウ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へぇ。たとえば、通貨として使う目的で新しく生まれた仮想通貨があっても、需要がないから価格は上がらないってことかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!技術的にも試み的にも、たいして目新しくない仮想通貨はいっぱいあるヨ!そういうのもホワイトペーパーを読めばわかるから、じっくりと読んでみてネ!

ホワイトペーパーは信用できるの?

ここまで伝えてきたようにホワイトペーパーは、その仮想通貨を知る上で非常に重要なものです。

しかし、ホワイトペーパーはあくまで「企画書」に過ぎず、記載された内容が必ずしも実行されるわけではありません。そのため、購入したコインが上場されず、無価値になる可能性もあるのです。

ホワイトペーパーを読んでいて、違和感がある場合には、その仮想通貨を購入するのを一度立ち止まって考え直した方がいいでしょう。そして、ホワイトペーパーだけで判断するのではなく、Twitterやブログなどで情報収集をすることが大切です。

ホワイトペーパーはあくまで情報源のひとつと考えて、さまざまな情報を得た上で投資する仮想通貨を選びましょう。

ICOへの参加や仮想通貨取引にホワイトペーパーは不可欠!

投資する仮想通貨を選ぶときやICOに参加するときは、その銘柄の将来性を見極めることが何より大切。その判断材料になるのが、仮想通貨の「説明書」でもあるホワイトペーパーです。

ホワイトペーパーには、その仮想通貨が作られた目的や使われている技術について詳しく書かれています。それを知ることで、今後の値動きが予測でき、投資のリスク軽減、利益を得るチャンスを掴むなど有益な情報になるのです。

そして、初心者にはホワイトペーパーを読むことで仮想通貨をより深く理解できるというメリットもあります。

ここで紹介したポイントをおさえて、仮想通貨のホワイトペーパーを読む習慣をつけてください。