仮想通貨のICOとは?参加方法や注意点、メリット・デメリットを解説!

仮想通貨のICOとは?参加方法や注意点、メリット・デメリットを解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

サトシくん、モナちゃん。仮想通貨は企業の資金集めにも使われているって知ってル?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

聞いたことある!たしか、ICOっていうのよね!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ICO…僕も何となく聞いたことあるよ。でも、仮想通貨で資金を集めるってどういうことなんだろう?

仮想通貨に興味のある人なら、ICOという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ICOとはイニシャル・コイン・オファリングの略で、仮想通貨を使った資金調達のこと。

IPO(新規株式公開)や金融機関からの借り入れに比べ、起業して間もない企業でも資金調達できるメリットがあるのです。

ICOは一般の投資家も参加できますが、ICOを謳った詐欺も多く発生しているため、ICOについて理解を深めておくことが大切です。

今回は仮想通貨のICOについて、そして参加する方法やメリット、デメリットなども含めて詳しく解説します。

仮想通貨のICOとは

まずは、ICOとは何か、そして、IPO(新規株式公開)や金融機関からの借り入れとの違いについて確認していきましょう。

ICOとは

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial coin offering)の略で、仮想通貨を使った資金調達のこと。

ICOはクラウドセール、トークンセールなどとも言われます。

事業者はトークンと呼ばれるデジタル権利証を発行して買い手を募り、賛同した投資家は、仮想通貨でトークンを購入します。

起業したばかりで信用や実績がない企業でも、ICOなら比較的短期間で調達できるメリットがあるのです。

また、投資家は受け取ったトークンの価値が上昇すれば、大きな利益を得られる可能性があります。

ICOは新しい資金調達方法として注目されていますが、ICOを謳った詐欺も多く発生しており、国や地域によって対応が統一されていないなどの課題もあります。

発行されるトークンの種類

ICOで事業者から投資家に発行されるトークンには、以下のような種類があります。

  • 通貨として使用できる
  • 保有数に応じた優待、サービスが受けられる
  • 事業者が提供する商品購入やサービスに使える
  • 保有数に応じた収益が受けられる
  • プラットフォームの利用料に使える

通貨として使用できるトークンは、仮想通貨取引所に上場し、売買されるようになると価格が上昇して売却益が得られる可能性があるのです。

また、保有数に応じて優待やサービスが受けられたり、商品やサービスが購入できたりするトークンもあります。

そのため、ICOを実施する企業の商品やサービスに魅力を感じるなら、投資家はICOに参加する価値があるでしょう。

ICOが成功してプロジェクトがうまくいけば、株式の配当のように、トークンの保有数に応じて収益が受けられるトークンもあります。

IPOや借り入れとの違い

企業が資金調達を行う手段として一般的なのが、IPO(新規株式公開)と金融機関からの借り入れです。

IPOは証券取引所に上場し、新株を発行して投資家から資金を集める方法です。

しかし、上場審査はかなり手続きが煩雑で、起業したばかりで信用や実績がない企業が審査をパスするのは難しいのです。

また、金融機関からの借り入れも、起業したばかりの企業への融資審査は厳しいので、資金調達するのは難しいのが現状です。

ICOなら信用や実績がなくても、プロジェクトの魅力や将来性を伝え、多くの投資家に賛同してもらえれば、資金調達できます。

また、IPOや借り入れに比べて、煩雑な手続きが必要ないのもICOのメリットです。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ざっくりいうと「新しい事業を始めるからトークンを買ってね!事業が軌道に乗ればトークンの価値も上がる可能性があるよ~」って感じで資金を集めるのがICOってこと?

カネット XXX(表情名入力)カネット

大まかにいうとそんな感じダネ。株式とかに比べて仮想通貨なら発行しやすいし、買い手からすれば将来的な値上がりも期待ができるカラ、資金を集めやすいってワケ。

ICOの仕組み(事業者側の手順)

ICOは、どのような仕組みで実施されるのでしょうか。次に、ICOを行うときの事業者側の手順について確認していきましょう。

アナウンス

事業者は、ICOによりトークンを発行することを周囲に知らせる必要があります。

そのため、企業が取り組むプロジェクトに関する公式サイトを開設し、資金調達が必要な理由や目的を伝えます。

また、ホワイトペーパーと呼ばれる、事業概要をまとめた目論見書のようなものを発行するのが一般的です。

そして、投資家はホワイトペーパーの内容を確認し、投資するべきプロジェクトかを判断するのです。

オファー

事業者がアナウンスの次に行うのがオファーです。

ICOのオファーは、特定の人物や投資家に対して契約条件などを提示すること。不特定多数に向けた提案ではありません。

オファーに対して、投資家はプロジェクトの内容を理解したうえで、投資額や投資期間などを指定します。

事業者はオファーを行うことで、ICOで調達できる金額やトークン販売の実施期間などを見極める狙いがあるのです。

ICOには、IPOや借り入れのような基準が存在しないため、投資家に対して詳細な条件を提示する必要があります。

PR活動・プロモーション

ICOを成功させるために重要なのが、プロジェクトのPR活動やプロモーションです。

ICOの多くは、知名度が低い企業が取り組むプロジェクトについて、資金調達を行う目的で実施されます。

そのため、ICOを成功させるには、PR活動やプロモーションを行い、少しでも多くの人にプロジェクトについて知ってもらう必要があるのです。

事業者のプロジェクトに魅力や将来性を感じた投資家が、ICOに参加することになります。

トークンの販売開始(トークンセール)

そして、最後はトークンを発行して投資家に販売し、資金調達を行います。

トークンの販売方法は、オファーで提示した最低金額が集まった時点でトークンを発行し、投資家に分配する場合が多いです。

また、仮想通貨取引所でトークンを個別に販売する方法もあります。トークンの販売が開始されると、投資家はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨でトークンを購入します。

そして、事業者はICOで調達した資金を使い、プロジェクトの開発を進めていくのが、事業者側の一般的な手順になります。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほどねぇ。どれだけ資金を集められるかは、魅力的なPR活動によるところが大きいってことか。

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうダネ。中にはトークンの機能をアピールするといった場合もアル。でも、一番は企業が行っているプロジェクトの内容をどれだけ魅力的に投資家に伝えられるかダヨ。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

たしかに。投資家の立場からすれば、良くわからない事業にお金をつぎ込むなんてことはしないものね。

ICOに参加する方法

続いて、一般の投資家がICOに参加する方法について確認していきましょう。

メールアドレスなどの登録を行う

まずは、参加するICOの公式サイトからメールアドレスなどの登録を行います。

メールアドレスを登録すると、トークンの販売時期の案内やプロジェクトの進捗状況などを知らせてくれるのです。

また、名前や住所などの基本情報の入力、身分証明書の提示などが必要な場合もあります。

ICOは詐欺の可能性もあるので、メールアドレスは専用のものを用意するのがおすすめです。

取引所で使用しているものを使い回すとハッキングされる恐れがあるので、手間はかかりますが、専用のメールアドレスを用意しましょう。

ウォレットを作成する

ICOに参加するには、取引所からではなく、ICOに対応した外部のウォレットから仮想通貨を送金する必要があります。

取引所のウォレットでは、送金はできてもトークンを受け取れないことが多いので、必ずICOに対応したウォレットを用意しましょう。

ICOはイーサリアムで支払うタイプのものが多いので、参加するICOが決まっていない場合は、マイイーサウォレットを作成しておくのがおすすめです。

参加するICOが決まっているなら、ICOで支払う仮想通貨やトークンの受け取りに対応したウォレットを作成する必要があります。内容を確認して作成しましょう。

仮想通貨を購入してウォレットに送金する

ICOへの登録とウォレットの作成が終わったら、取引所で仮想通貨を購入して、作成したウォレットに送金しましょう。

もし、イーサリアムで支払うICOに参加するなら、イーサリアムを購入してウォレットに送金をしておきます。

初めてウォレットに送金する場合は、まず少額を送金して、間違いなくウォレットに着金したかを確認するのがおすすめです。

ICOのアドレス宛に仮想通貨を送金する

ウォレットに仮想通貨が用意できたら、ICOの運営側から提示された送金アドレス宛に仮想通貨を送金します。

先ほども触れたように、トークンが受け取れないので、取引所からは送金しないように注意してください。

送金後、着金されたことをメールで知らせてくれることもあれば、着金した時点でトークンが付与されることもあります。

トークンを受け取る

最後に、事業者が発行したトークンを受け取ります。

イーサリアムベースのICOでは、トークンがウォレットに自動で付与されるタイプが多いのが特徴です。

発行されたトークンを受け取るには、あらかじめウォレット側で設定が必要な場合があります。

たとえば、マイイーサウォレットの場合、「お財布情報を見る」の「カスタムトークンを追加」で、ICOで受け取るトークンを登録しておく必要があるのです。

事業者からの情報を確認し、トークン契約アドレス(Contract Adress)トークンシンボル(Token Symbol)ケタ数(Decimalsの数字)を入力して「保存する」をクリックします。

すると、トークンの販売が終了した時点で、トークンがウォレットに自動で付与されます。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ICOに参加するナラ、ウォレットの用意は必ずしておこウ!取引所のウォレットではトークンが受け取れないこともあるヨ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ICOではイーサリアムベースのトークンが多いから、イーサリアム対応のウォレットを選ぶことも大切ね!

ICOのメリット

ここでは、事業者と投資家それぞれの、ICOのメリットについて確認していきましょう。

事業者のメリット

事業者がICOで資金調達を行うメリットには、以下のようなものがあります。

  • 比較的短期間で資金調達できる
  • 過去の実績がなくても資金調達できる
  • 世界中の投資家から資金調達できる
  • 配当の支払いや株式(所有権)発行が不要

IPO(新規株式公開)の場合、上場審査や必要書類の準備などに年単位の時間がかかりますが、ICOなら半年程度で資金調達が可能です。

プロジェクトの魅力や将来性が受け入れられれば、過去の実績がなくても資金調達できるので、とくに起業して間もない企業にはメリットが大きいでしょう。

また、インターネットを利用して、世界中の投資家にICOに参加してもらえるので、多額の資金が集まる可能性もあります。

トークンを発行しても、配当の支払いや株式発行が不要なのもメリットです。

トークンには株式のような議決権はないので、投資家にプロジェクトや企業の運営に介入されずに済みます。

投資家のメリット

一方、投資家がICOに参加するメリットには、以下のようなものがあります。

  • トークンの価値が上がれば大きな売却益を得られる
  • トークンで商品やサービスを購入できる
  • トークン保有数に応じた優待、サービス、収益を受けられる

投資家は、受け取ったトークンが取引所に上場し、価値(価格)が上がれば、大きな売却益を得られる可能性があります。

そのため、投資家の多くは、売却益の獲得を目的にICOに参加しています。

また、トークンで事業者が提供する商品やサービスを購入できる場合もあるので、商品やサービスに魅力を感じる場合はメリットが大きいでしょう。

さらに、株主優待や配当のように、トークンの保有数に応じた優待やサービス、収益を受けられることもあります。

トークンの内容はICOによって異なるので、参加する前に内容を確認しておきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ICOは事業者も投資家もいいことだらけ!よく考えられたシステムだよね!

カネット XXX(表情名入力)カネット

サトシくん、ICOにはメリットだけじゃなくてデメリットもあるヨ!しっかり確認しておイテ!

ICOのデメリット

続いて、事業者と投資家それぞれの、ICOのデメリットについて確認していきましょう。

事業者側のデメリット

事業者がICOで資金調達を行うデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 魅力的な商品やサービスが必要
  • 投資家を集めるための活動が必要
  • 仮想通貨取引所の認可が必要
  • ICOに対する悪いイメージ

事業者がICOを成功させるためには、魅力的な商品やサービスを用意し、多くの投資家を集める必要があります。

他のプロジェクトとの差別化を図り、その魅力や将来性をアピールしなくてはなりません。

しかし、多くの事業者がICOを実施しており、さまざまなプロジェクトが進行しているため、競争が激しいのが現状です。

また、発行したトークンを取引所に上場するには、プロジェクトの実績や仮想通貨取引所の認可も必要になります。

ICOを謳った詐欺も発生しており、ICOに対して悪いイメージを持つ人が多いのもデメリットのひとつです。

投資家のデメリット

一方、投資家がICOに参加するデメリットには、以下のようなものがあります。

  • ホワイトペーパー(プロジェクトの内容)を理解するのが難しい
  • プロジェクトが実行される保証がない
  • 投資したお金をすべて失う可能性がある

ブロックチェーン技術などに知識がない一般の投資家には、プロジェクトの内容が書かれたホワイトペーパーを理解するのは難しいでしょう。

ホワイトペーパーは英語で書かれていることが多いので、英語ができないと、さらに理解するのが難しくなります。

また、ICOに参加しても、そのプロジェクトが必ず実行される保証がないのもデメリットです。

第三者機関が細かくチェックすることもないので、株式などの有価証券とは異なり、将来性の有無を判断する基準がありません。

さらに、発行されたトークンに対してどれだけの価値がつくかは予測できず、トークンが無価値になり、投資金額をすべて失うリスクもあるのです。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

そっか…トークンを買っても、将来的に価値がなくなる可能性もあるのね。そうなるとお金を失うことになっちゃう…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ホワイトペーパーの内容も、知識がないと難しいことが多いからネ…。それに、開発途中のプロジェクトが中止になっちゃうこともあるヨ。他にも注意点があるから、確認してイコウ!

ICOに参加する際の注意点

一般の投資家がICOに参加する際は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。ここでは、ICOに参加する際の注意点について確認していきましょう。

投資すべきプロジェクトかを見極める

ICOに参加する際は、公式サイトやホワイトペーパー、SNSなどから、投資すべきプロジェクトかを見極めることが大切です。

ICOに参加してトークンを受け取っても、トークンの価値が上がる保証はなく、最悪の場合は無価値になる可能性もあります。

基本的には、事業者がプロジェクトに成功すれば、受け取ったトークンの価値も上がります。

そのため、ICOを実施する企業が、他の商品やサービスですでに実績を残していれば、より投資がしやすいでしょう。

また、SNSなどで他の投資家の反応を確認するのも、投資すべきプロジェクトかを見極める方法のひとつです。

フィッシングサイトに注意する

フィッシングサイトとは、本物そっくりの偽サイトのこと。

ICOの公式サイトそっくりの偽サイトを作り、仮想通貨を盗む詐欺が発生しているので注意が必要です。

たとえ、ネット検索で上位に位置していても、それだけで信用するのは危険です。

ICOに参加をするときはしっかり情報を収集して、公式サイトにアクセスするときは、URLが正しいかを必ず確認しましょう。

余剰資金で投資する

ICOに参加して、受け取ったトークンの価値が上がれば、大きな利益を得られる可能性があります。

しかし、プロジェクトがいつ実行されるかわからないものも多く、トークンの価値が上がる可能性は低いのが現状です。

価値が上がるどころか、トークンが無価値になって、投資したお金をすべて失うこともあるのです。

そのため、ICOへの参加は、失っても生活に支障がない余剰資金で行いましょう。

ICOへの投資は、「投資資金が回収できればラッキー」くらいの気持ちで行うのがおすすめです。

代表的な3つのICO事例を紹介

最後に、代表的なICO事例を3つ紹介します。

Brave

Braveは、ウェブブラウザのFirefoxを開発した、Mozillaの前CEOが立ち上げたブラウザ開発企業です。

BraveのICOは、過去最高の資金調達額で、ICOを実施して30秒以内に3,500万ドルを調達したことが話題になりました。

Braveは、ブロックチェーン技術を使った広告システムの効率化により、すべての関係者が利益を得られるような仕組みを提唱しています。

ICOで調達した資金を使い、広告プラットフォームの開発に取り組む予定です。

しかし、BraveのICOは参加者が少なく、投資総額の半分は5人の投資家によるものだと報じられています。

そのため、ICOの成功事例と言えるのかは意見が分かれています。

COMSA

COMSA

引用元:COMSA公式

仮想通貨取引所のザイフを運営するテックビューロが実施し、100億円以上の資金調達に成功しました。

COMSAは、企業のICOによる資金調達や、ビジネスへのブロックチェーン技術導入をサポートするプロジェクトです。

日本のICO事例は少なく、今後ICOによる資金調達が定着するかは課題であるため、COMSAに期待がかかっています。

しかし、金融庁はICOへの規制を強化する可能性があり、日本人が海外のICOに参加することを禁止する方針を示しているとの報道もあるのが懸念材料です。

Tezos

Tezosは2017年7月に、ICOで約260億円もの資金を集めました。

しかし、内紛によってプロジェクトが進まず、トークンの配布も滞っており、アメリカの投資家から集団訴訟を起こされています。

Tezosは、ハードフォーク(分岐)をすることなくアップデートできる特徴があり、将来性を期待されて資金が集まりました。

しかし、プロジェクトは進んでおらず、トークンはどこの取引所にも上場されていません。

今後プロジェクトが進められる可能性もありますが、現時点では、ICOの失敗事例のひとつと言えるでしょう。
参考:TezosのICO訴訟の行方

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

けっこう難航しているICOも多いのね…。詐欺も紛れているなら、しっかりと見極めないと!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ホントだね。ちょっと調べてみただけでも国内・海外問わずICOはすっごくたくさんあるし、これからもどんどん出てくるだろうからね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

まずはしっかり調べるクセをつけヨウ!信用できるプロジェクトかどうかを見極めるのは簡単じゃないけど、しっかり情報を集めて、余剰資金で投資することがタイセツ!

ICOに参加する前に、ICOの仕組みやメリット、デメリットを理解しよう!

ICOは仮想通貨を使った資金調達で、起業したばかりで実績や信用がない企業にメリットがあります。

また、投資家には、受け取ったトークンの価値が上がると、売却益を得られるメリットがあるのです。

しかし、ICOは詐欺も多く、投資したお金が盗まれる可能性もあるので、投資すべきプロジェクトかを見極めることが大切です。

ICOに参加する前に、ICOの仕組みやメリット、デメリットを理解しましょう。