仮想通貨投資の買い時・売り時とは?利益を出すためのタイミングを解説!

仮想通貨投資の買い時・売り時とは?利益を出すためのタイミングを解説!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨取引所にお金を入金して、いざ仮想通貨を買おうと思ったんだけれど……ねぇ、どのタイミングで買ったらいいのかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

初めて仮想通貨を買う時・売る時って難しいよネ……そんな投資初心者のサトシくんのために、今日は仮想通貨の買い時・売り時を解説していくヨ!

仮想通貨投資で利益を出すためには、どのタイミングで買って、どのタイミングで売るのがよいのでしょうか。

「安く買って高く売る」のが投資の基本ですが、言うのは簡単でも実践するのはかなり難しいものです。

多くの人は、価格が高騰しているときは乗り遅れないように急いで買い、暴落したときは不安からあわてて売ってしまうので損をするのです。

そこで今回は、仮想通貨投資で利益を出すための買いどきと売りどきの考え方、そして、相場に左右されない取引方法についても詳しくお伝えします。

買いどきと売りどきが重要な理由

仮想通貨投資で利益を出すために、なぜ買いどきと売りどきを意識する必要があるのでしょうか。まずは、買いどきと売りどきが重要な理由についてお伝えします。

安く買って高く売るのは難しい

仮想通貨投資で利益を出すには「安く買って高く売る」のが基本です。これが実践できれば誰でも利益を出すことができます。

しかし、「安く買って高く売る」は言うのは簡単でも、実践するのは非常に難しいのです。

たとえば、ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格は、2017年後半に高騰しました。

仮想通貨投資で資産を大きく増やした人が話題になり、「仮想通貨は儲かる」という情報が広がって、仮想通貨の取引に新規参入する人が急増したからです。

多くの人が仮想通貨について深く理解しないまま取引を始めたため、利益を出した人もいましたが、結果的に高値で買ってしまった人も多くいました。

そして、2018年1月には価格が下がり始め、損失拡大を恐れた人が次々に売りに転じたことで暴落し、大きく損をした人が続出したのです。

このことから、人は安く買って高く売ることが投資の基本だとわかっていても、仮想通貨の価格が高騰、あるいは暴落するタイミングでは、冷静に判断するのが難しいことがわかります。

安定して利益を出せる

仮想通貨投資で安定して利益を出すためには、買いどきと売りどきを意識することが大切ですが、多くの人は買いどきと売りどきを意識せず、何となく取引をしています。

そのため、運よく利益を出せることはあっても、安定して利益を出し続けることはできません。

しかし、安定して利益を出し続けている人は、仮想通貨を取引するときのルールを作っており、買いどきと売りどきを意識して取引しています。

たとえば、「今の価格よりも〇%下落したら買う」「〇%の含み益が達成できたら売る」など、感情ではなく、ルールに従って取引をしているので、安定して利益を出せるのです。

損失を最小限に抑えられる

仮想通貨投資は必ず利益を出せるわけではなく、損をして元本を減らしてしまう可能性もあります。

しかし、買いどきと売りどきを意識することで、損失を最小限に抑えることができるのです。

たとえば、仮想通貨を取引するときに、あらかじめ「含み損が〇円になったら損切りをする」と決めておき、値下がりしても予定通り損切りすれば、大きく損をすることはありません。

しかし、売りどきを考えずに何となく仮想通貨を買った場合、値下がりしたときに損切りが遅れて大きく損をしてしまうのです。

このように、仮想通貨投資では買いどきと売りどきを意識しておくことで、安定して利益を出せるだけでなく、損失を最小限に抑えることもできます。

カネット XXX(表情名入力)カネット

買い時が分からないのは、自分の中のルールがふんわりした状態のままだカラ!売り買いの際に自分の中でルールを作っておけば、迷わずにスムーズに仮想通貨取引ができるヨ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

た、確かに僕は1番安い時に買う、って1番安いときが分からないのにずっと迷ってたなぁ……でも、ルール決めってどうしたらいいんだろう?

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨の価格を見ると、前日比で価格がどうなってるか?が見えるよネ。この%を基準にしてルールを決めていくといいヨ!

仮想通貨投資で利益を出す人の考え方

仮想通貨投資で安定して利益を出している人は、どのような考え方で取引をしているのでしょうか。次に、仮想通貨投資で利益を出す人の考え方について確認していきましょう。

暴落したときに買う

仮想通貨投資で安定して利益を出している人は、価格が暴落したときに買っています。

たとえば、上図のように価格が暴落しているときは、損失を抑えようして多くの人が保有している通貨を売ります。まさに、売りが売りを呼んでいる状態です。

そして、損をするのが怖いという心理が働いて、ほとんどの人が買うのをためらってしまいます。

しかし、仮想通貨投資で利益を出すための基本は「安く買って高く売る」なので、暴落時は絶好の買いどきでもあるのです。

上図のように、仮想通貨の価格が暴落した後は反動で高騰することが多く、暴落時に勇気を出して買う人は、利益を出せる可能性が高まります。

高騰したときに売る

仮想通貨で利益を出している人は、高騰してある程度の含み益が出たら、無理に利益を最大化しようとせず、売却して利益を確定します。

上図であれば、一番上の線に達するまで待つのではなく、自分の目標利益に達したら速やかに売却して利益を確定させるのです。

しかし、多くの人は上昇しているときは「もっと上がるはず」と考え、なかなか売ることができません。

売りをためらっていると、上図のように上昇相場は下落に転じ、結局ほとんど利益を得られず、最悪は含み益がなくなって損をすることもあるのです。

もちろん、利益を最大化できるのが一番よいのですが、値動きを予想するのは難しいので、含み益が目標に達した時点で売却するほうが運用成績は安定するでしょう。

ルールに従って機械的に取引する

仮想通貨投資で安定して利益を出している人は、自分が作ったルールに従って機械的に取引をしている人が多いです。

ルールを決めておかないと、暴落したときは不安で買えずにチャンスを逃し、高騰したときは「もっと上がる」となかなか売れずに利益を減らすことになります。

しかし、「〇円まで下落したら買う」「含み益が〇円になったら売る」などのルールを作り、そのルールを必ず守るようにしておけば、取引で迷いがなくなるのです。

ポイントは機械的に取引をすること。感情ではなく、ルールに従って意思決定をすることで、安定して利益を出せるようになります。

損切りをためらわない

仮想通貨投資で安定して利益を出すためには、損切りをためらわないことも大切です。

仮想通貨投資では、上図のような暴落が定期的に発生するため、損切りをためらっていると、含み損が一気に拡大してしまいます。

暴落時は絶好の買いどきでもありますが、保有している場合は損切りをして、損失を最小限に抑えなくてはなりません。

損切りをためらわないコツは、先ほども触れたようにルールに従って取引をすること。

「〇%下落したら売る」とルールを決めておき、感情ではなく、そのルールに従って損切りをすることで、損失を最小限に抑えられるのです。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほど。10%上がったら売る、15%下がったら買う、みたいなルールを決めておけば、どんな相場でも動揺せずに売り買いができるんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!ただし、普段は大丈夫でも急騰・暴落チャートだと、そのルールを守れない精神状態になることもあるから気をつけてネ。できるだけ機械的にトレードすることを心がけよウ!

仮想通貨投資で損をする人の考え方

仮想通貨投資で利益を出す人の考え方はわかりましたが、逆に損をする人はどのように取引をしているのでしょうか。

ここでは、仮想通貨投資で損をする人の考え方について確認していきましょう。

みんなが買っているから買う

仮想通貨投資で損をする人の多くは、「みんな買っているから」「儲かりそうだから」という理由だけで取引をしています。

2017年は仮想通貨を取引する人が増えましたが、とくに急増したのが11月~12月。多くのメディアが仮想通貨で資産を増やした人を取り上げたことで、仮想通貨の認知度がアップしたからです。

しかし、このタイミングで取引に新規参入した人の中には、資産の大半を失ってしまった人もいるでしょう。

上図は、2017年10月~2018年3月のビットコインのチャートですが、2017年12月~2018年1月をピークに下落に転じ、価格は半分以下になりました。

短期売買で利益を出した人もいますが、みんなが買っているからという理由で、高値で買ったまま何もしていない人の投資資金は半分以下になっているはずです。

仮想通貨投資で利益を出すには、みんなが買っているから買うのではなく、取引をするときのルールを作り、自分で意思決定する必要があるのです。

高騰したときに買う

仮想通貨の価格が高騰すると、新聞やニュースで大きく取り上げられ、SNSや仮想通貨取引所のチャットは盛り上がります。

すると、まだ買っていない人は「もっと上がるのでは」「乗り遅れてはいけない」という心理が働き、高騰したタイミングで取引に参加します。

しかし、取引に参加したときにはすでに価格はピークに達しており、上図のようにすぐに下落に転じて含み損を抱えてしまうのです。

確かに高騰しているタイミングは買いたくなりますが、そこを我慢して、価格が下がったタイミングで買うことが大切です。

下落するとすぐに売ってしまう

仮想通貨投資で安定して利益を出すには、損切りをして損失を最小限に抑えなくてはなりません。

しかし、下落したからといってすぐに売ってしまうのではなく、ある程度の含み損は受け入れることも大切です。

仮想通貨が下落したときに「安くなった」と思って買っても、一時的には含み損を抱えてしまうこともあります。

しかし、上図のように、仮想通貨は下落したあとに上昇に転じることがよくあるので、下落して含み損が出たからといってすぐに売ってしまうと、利益を出せなくなってしまうのです。

とはいえ、損切りすることはとても大切なことです。「含み損は〇%まで許容する」というルールを作り、そのルールに従って取引をするとよいでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨投資で1番気をつけたいのが、情報収集をしている最中に人の意見に影響されてしまうコト。もちろん、他の人の意見を取り入れることも大事だけど、他の人が買った銘柄をつられて買っちゃダメだヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

◯◯さんが買ってるから上がるはず!っていうのは典型的な『損する人』だから気をつけた方がいいわよ。仮想通貨投資をやってる人はみんな利益を出したいワケだし

感覚で取引をする

安定して利益を出している人は、ルールに従って取引をしていますが、損をしている人は感覚で取引をしています。

なんとなく価格が上がりそうと思ったら買い、価格が下がりそうだと思ったら売るので、運がよければ利益を出せますが、運用成績が安定しないのです。

また、感覚で取引をすると、思わぬ高騰や暴落があったときに対処できなくなってしまいます。

そのため、「もっと上がるはず」と売りどきを逃して利益を減らし、「すぐに回復するはず」と損切りのタイミングを逃して損失を拡大してしまうのです。

もちろん、感覚で取引をする楽しさもありますが、仮想通貨投資で安定して利益を出したいなら取引のルールを作り、そのルールに従って取引をしたほうが運用成績は安定するでしょう。

相場に左右されない取引方法

仮想通貨は価格変動が大きく、買いどきと売りどきを判断するのは難しいため、取引方法を工夫する必要があります。

最後に、相場に左右されない仮想通貨の取引方法についてお伝えします。

指値注文を入れておく

仮想通貨の現物取引では、取引価格を指定しない「成行注文」と指定する「指値注文」があります。

上図は仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)の注文画面ですが、右側に「指値」と「成行」が選択できるようになっています。

たとえば、1ビットコイン(100万円で取得)を保有しているときに、価格が110万円まで上昇したら売りたいと考えているなら、指値で110万円の売り注文を入れておくのです。

すると、相場を見続ける必要はなくなり、110万円まで値上がりしタイミングで自動的に約定してくれます。

また、1ビットコインの現在の価格が100万円のときに、90万円まで下がったら買いたいと思えば、指値で90万円の買い注文を入れておけば約定するかもしれません。

このように、指値注文をうまく使うことで、相場を見続けていなくても、自分が買いたい(売りたい)価格で約定する可能性があるのです。

毎月一定額を買う

仮想通貨の買いどきを判断するのが難しい場合は、毎月一定額を買うのもひとつの方法です。

たとえば、「毎月10日に1万円分のビットコインを買う」と決めておけば、相場に左右されずに買うことができます。

このように、一定期間ごとに一定額を買い続けることを「ドル・コスト平均法」と言い、投資信託の積立でも採用されている考え方です。

ドル・コスト平均法では、価格が下がったときには多く、上がったときには少なく買うことになるため、長期投資においてはリスクを抑える効果があると言われています。

仮想通貨取引所のザイフでは「Zaifコイン積立」というサービスを提供しており、国内取引所では唯一、仮想通貨の積立投資ができます。

積立金額に応じた手数料はかかりますが、買いどきを考えなくてよいため、仮想通貨で長期投資をするなら検討してみてもよいでしょう。

判断ができないときは取引をしない

仮想通貨投資をしている人の中には、利益を出すために「常に通貨を保有しなければいけない」と考える人もいます。

しかし、買いどきや売りどきの判断ができないときに投資をしても、よい結果を出すのは難しいでしょう。

個人で仮想通貨投資をする人はプロではないので、判断ができないときは投資を休んでもよいのです。株式投資の格言ですが、「休むも相場」という言葉もあります。

通貨を保有せずに外から相場を眺めることで、自分の投資方針が明確になることもあります。

なかなか結果が出ず、判断ができないと感じたときは、少し休んでみてもよいのではないでしょうか。

余剰資金で取引をする

仮想通貨は価格変動が大きく、ハイリスク・ハイリターンの投資であるため、短期間で資産が大きく目減りすることもあります。

そのため、仮想通貨投資は失っても生活に支障のない、余剰資金で取引をすることが大切です。

資産を増やすために、個人資産の大半を仮想通貨に投資をしてしまうと、リスクが高すぎて冷静な判断ができなくなってしまいます。

安定して利益を出している人の多くは、余剰資金の範囲で、冷静に判断しながら投資を行っているのです。

カネット XXX(表情名入力)カネット

1番は冷静な状態で投資をするコトだネ。できるだけチャートが落ち着いているときにトレードするのが1番だヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

とくに高騰チャートは人の心を狂わせるわよ……頭では分かっていてもまだ上がる……まだ上がるって思っちゃうから……

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

切実な体験談だ……。でも確かに、ずっとチャートのこと考えてるのも心によく無さそうだね。僕は指値注文を入れて放置するくらいがちょうど良いのかも……スマホゲームのイベントも忙しいしね!

仮想通貨取引で利益を出すためにルールを決めよう

仮想通貨投資で利益を出すためには、安く買って高く売ることが基本になります。

しかし、仮想通貨の価格がどのように変動するかは誰にもわからないため、買いどきと売りどきを判断するのは非常に難しいことです。

そのため、仮想通貨投資で安定して利益を出すには、自分で取引のルールを決め、そのルールに従って機械的に取引を行うことが大切です。

今回紹介した内容を参考に、取引のルールを考えたうえで、仮想通貨投資に挑戦してみてください。