仮想通貨からダップスへ、「分散化」が描く新しい社会とは!?

仮想通貨からダップスへ、「分散化」が描く新しい社会とは!?

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨のテクノロジーはいろんな可能性を秘めているけど、今日はそんな中でもアプリケーションへの可能性について見ていこうカ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

じゃあ、僕の大好きなスマホゲームにも仮想通貨のテクノロジーが使われるってこと!?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

あのねぇ、アプリケーションっていってもゲームだけじゃないのよ…。

「ライトニングネットワーク」「スマートコントラクト」など、仮想通貨が進化するにつれて、さまざまな新しい概念が生み出されてきました。

仮想通貨そのものがブロックチェーンという、全く新しい技術で成り立っているものなので、次々と周辺で新しい発想が生まれるのも当然と言えるでしょう。

そして現在新たに注目を集めているのが、「ダップス(dApps)」です。
ダップスとは「Decentralized Applications(ディセントラライズド・アプリケーションズ)」を略した言葉で、日本では「分散型アプリケーション」と呼ばれています。

今後徐々に広がりを見せるであろうこの「ダップス」という新システムが、一体どのようなもので、どんな可能性を秘めているのかをレポートします。

まさに仮想通貨こそがダップスだった!

ブロックチェーンという仕組みには、中央で全体を管理統括する組織は存在しません。

実は非中央集権型で分散型のシステムとして登場した仮想通貨こそが、最初に実用化されたダップスだったのです。

ここからは仮想通貨の仕組みを参考にしながら、ダップスとは一体何なのか分かりやすく説明します。

ダップスの定義と条件

分散型アプリケーションであれば、無条件にダップスと呼べるわけではありません。ダップスには基本3原則とも言うべき明確な基準があります。

①オープンソースで中央管理者が存在しないこと。

ダップスとは全てのユーザーに対して開かれた環境で、しかもその中でアプリケーションを自由に使えなければなりません。

また中央管理者を置かずに、分散型でしかも自律型のアプリケーションでなければなりません。

この点は仮想通貨の特徴そのものです。ただしシステムの改善などの重要事項に関しては、必ず各ユーザーの同意のもとで行われなければならないという条件もあります。

②アプリケーションと運用データは、ブロックチェーンに格納されること。

運用上の全てのデータは、アプリケーション自体も含めてブロックチェーンに格納される必要があります。

データに関しては暗号化され、充分なセキュリティ対策を施した上で取り扱われなければなりません。この点も仮想通貨では基本中の基本ですから、詳しい説明は必要ないでしょう。

③規格化されたアルゴリズム(演算処理手順)に従ったトークンを発行すること。

アプリケーションの使用や開発者への報酬のために、独自のトークンを発行する必要があります。

トークンとは仮想通貨の一種と考えれば良いでしょう。

詳しくは「仮想通貨 トークン」で説明しています。

ダップスとして進化中の仮想通貨

以上のような基本3原則を確認すると、まさに仮想通貨こそがダップスそのものだということが良く分かります。

ただし仮想通貨がアプリケーションかと言われると、そこに若干の違和感が生じてしまいます。

一般的な仮想通貨はそれ自体に機能はなく、支払いや送金、そして投資の目的で取引される「形のない価値」というべき存在です。

しかも現在の取引は、取引所を通じて行われる割合が非常に高いので、自律型のアプリケーションという定義からは、やや距離感を感じてしまいます。

ところが仮想通貨の中にも通貨としての価値以外に、特別な機能を併せ持ったタイプが登場してきました。代表的なものが「スマートコントラクト」の機能を持つイーサリアムです。

こうした仮想通貨のシステムを進化させ、さまざまなタイプのアプリケーションとして活用することが、ダップスという新しい仕組みだと考えてください。

ここからは、既にダップスとして進化を始めている、主な仮想通貨をいくつか紹介しましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

仮想通貨のブロックチェーン技術を進化させて、中央管理者のいないアプリケーションを作ろうというのが「ダップス」ってわけね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ダップスは金融だけでなく、様々な分野に応用可能と言われてイルヨ。じゃあ、ダップスを活用した代表的な仮想通貨を見てみよウ!

ダップス第一号はダッシュコイン?

仮想通貨として最初に登場したのは、今では仮想通貨の代名詞とも言えるビットコインです。このビットコインは純粋な通貨であり、一般的なお金と同じように扱われます。

しかしダップスとして定義される、アプリケーションとしての機能は持っていません。

仮想通貨はブロックチェーンを基本にしていますが、非常に優れたシステムであるブロックチェーンは、当初から将来の発展性が期待されていました。

仮想通貨のベースになるブロックチェーンを使って、初めて仮想通貨に特殊な機能を装備したのは、2014年にリリースされた「ダッシュコイン(Dash)」だと言われています。

その機能とはどんなものなのでしょうか?

ダッシュコインの特徴

ダッシュは2018年6月現在、仮想通貨取引の時価総額で13位にランクインしています。市場での知名度はかなり高いと言っても良いでしょう。

ダッシュの特徴は、「匿名性が高い」「取引スピードが速い」「セキュリティレベルが高い」という3つに集約されます。

またビットコインなどの仮想通貨と違って、マイニングの代わりに「マスターノード」という仕組みを採用しています。

それぞれの特徴を簡単に説明しておくと、匿名性の高さはダッシュ独自の送金システムによるものです。

ダッシュは送金処理の中に「ダークセンド(Darksend)」という仕組みを採り入れ、複数の送金データを一度完全にミックスして、送金元が特定できないようにしてから、送金先へと届くようにしています。

また平均でおよそ4秒という、驚異的な取引スピードの秘密も「マスターノード」にあり、ビットコインのように複雑な承認手続きを必要としません。

さらにセキュリティ対策としては、仮想通貨全般に採用されている「ハッシュ関数」という暗号化システムを発展させて、ハッシュ関数を11種類も組み合わせた「X11」というシステムで強化しています。

ダッシュが成功させた分散型・自律型システム

ダッシュの重要な特徴の1つであるマスターノードは、分散型アプリケーションへの第一歩だと言えます。

ノードとは仮想通貨のネットワークに参加している、各ユーザーのパソコンだと考えてください。

ダッシュのシステムでは、1000Dash以上を所有しているユーザーの、しかも24時間ダッシュのノードとして稼働できるパソコンの中から、マスターノードが選ばれます。

マスターノードはダッシュの取引処理を承認するという、非常に重要な役割を分担する代わりに、取引手数料の一部を報酬として得ることができます。

これがビットコインなどのマイニングに当たるわけですが、承認処理をマスターノードが代表して行うことで、極めて高速な取引スピードが得られているのです。

さらに取引手数料で得た収入を、どのように使うかという予算の作成から、実際の運営までがマスターノードによる投票で行われます。

つまり仮想通貨アプリケーションとしても、完全に分散化しながら自律しているシステムなのです。

ダッシュコインは仮想通貨の枠を越えて、ダップスとしての第一歩を踏み出した、初の仮想通貨アプリケーションと言っても良いでしょう。

※「Dash公式サイト」

ダップスとして動き始めたネオ

既にダップスとしての存在を意識して、アプリケーションの構築を進めている仮想通貨が「ネオ(NEO)」です。ネオは仮想通貨であると同時に、ダップスの「プラットフォーム」でもあります。

プラットフォームとはやや曖昧な用語ですが、インターネットによるネットワークを通して、さまざまなアプリケーションや、サービスを運用するための「場(フィールド)」のようなものです。

ネオが目指しているのは、ダップスの開拓者としてのプラットフォームの構築です。

ネオの特徴

仮想通貨の時価総額では2018年6月現在、ネオは12位にランクインしています。

ネオは中国で生まれた仮想通貨で、特徴がよくイーサリアムとも比較されることから、「中国版イーサリアム」とも呼ばれています。

ネオはブロックチェーンを基盤にしたプラットフォームで、そこで使われる通貨が仮想通貨としてのNEOです。

プラットフォームとしてのネオには、イーサリアムと同じくスマートコントラクトの機能が装備されていて、取引と並行して契約などの処理を自動的に行うことができます。

その他にも独自のアルゴリズム(演算処理手順)である「DBFT」を使うことにより、取引処理の高速化と、セキュリティ対策の強化を実現しています。

またネオには「ネオ・ガス(NEO GAS)」というトークンもあり、ネオのプラットフォームを運営するために発行されています。

ダップスとしてのアプリケーションも続々登場

ダップスの特徴としては、管理者が介在しなくても、アプリケーションが自律的に動作することが挙げられますが、ネオのプラットフォームでは既にこうしたダップスが、複数稼働を始めています。

ネオのプラットフォームで現在稼働中のダップスを見てみると、約60種類のダップスが確認できます。

一例を挙げると、メールやチャットのように、ユーザー同士で情報やデータをやりとりするサービス。カジノのようにユーザー間で賭けをして、賞金がトークンで支払われるサービス。

また後ほど詳しく紹介しますが、ダップスとして自律的に運営される仮想通貨取引所も存在します。

これらのダップスは、ネオという共通のプラットフォーム上で動作するアプリケーションです。運営上の通貨としてNEOやNEO GASが使われていますが、既に仮想通貨の役割を超えたシステムにまで成長しています。

ネオの今後と課題

今後もネオをベースにしたダップスは増加して行くでしょう。

さらにネオのプラットフォームを、企業やプロジェクトチームなどが、ICO(新規仮想通貨公開)の場としても利用し始めています。

この先ICOによる資金調達の動きと、それらの資金を元にダップスを構築する動きが融合する可能性もあります。ネオを利用したダップスの動きは、間違いなく今後も加速して行くことでしょう。

一方でネオには課題も残されています。その一つは、ネオの開発と運営をサポートしている「NEO協議会」が、ネオの発行総量のおよそ50%を保有していること。

これはネオのシステムを正しく作動させるために、あえて協議会側が計画的に管理していることが理由ですが、今後もこの状態が続くと、分散型・自律型システムというダップスの原則が崩れる恐れもあります。

もう一つの懸念は、中国政府による仮想通貨全般に対する規制と圧力です。現在は仮想通貨と取引所が規制対象になっていますが、今後仮想通貨関連の事業全般に規制が及ぶかもしれません。

こうした問題に関しては、しばらくは静観するしかなさそうです。
※「NEO公式サイト」

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ネオのダップスだけでも60種類もあるんだ!しかも、ジャンルも幅広いんだね。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

魅力的なダップスはICOも後押ししてくれそうよね。どれだけ便利なアプリケーションなのかがアピールできれば、資金もスピーディに集まるかも!

ダップスの最先端を行くイーサリアム

仮想通貨としても、トップに君臨するビットコインをおびやかす存在にまで成長したのが、最初にスマートコントラクトの機能を導入した「イーサリアム(ethereum)」です。

ダップスについて理解するには、やはりイーサリアムを知ることが不可欠と言えるでしょう。

イーサリアムの特徴

イーサリアムとは本来は仮想通貨の名称ではなく、将来の発展性を見越して構築されたプラットフォームのことです。
実際に取引される通貨は「イーサ(ETH)」と呼ばれています。

イーサリアムは2014年に稼働を始めたプラットフォームで、2018年6月現在、ETHは仮想通貨の時価総額では、ビットコインに次いで第2位にランクしています。

以前はビットコインとのシェアには大きな開きがありましたが、最近では徐々にその差を縮めてきています。

イーサリアムの特徴は何と言っても、「スマートコントラクト」という機能に集約されます。

コントラクトとは契約のことですが、スマートコントラクトはブロックチェーンを利用して、さまざまな契約処理を分散型・自律型で行うことができる仕組みです。

この仕組みを利用すれば、今までかなりの手間やコストが掛かっていた契約処理が、ネットワークを使って簡単にできるようになります。

スマートコントラクトは、今後のブロックチェーンの発展の中でも、最も注目されている技術の一つです。

イーサリアムは当初からプラットフォームとして設計されているため、ダップスとの相性もかなり高いと言えます。

そのため現在イーサリアムを使って稼働しているダップスは、ネオに比べて1ケタ多く、今後も増加することは間違いないでしょう。

イーサリアムがベースのダップス

イーサリアムを使ったダップスは、正確な数は把握できませんが数百種類に達していると言われています。

それぞれのダップスの詳細については、「STATE OF THE DAPPS」というサイトで確認できます。

全てがイーサリアム・ベースではないでしょうが、このサイトで紹介されているダップスの種類は、1600を超えています。

またダップスの稼働状況は、「Dapp Insight」というサイトを確認すれば、どんなダップスが人気なのかを知ることもできます。

Dapp Insight

引用元:「Dapp Insight」

イーサリアムのダップスで、最も種類が豊富なのはゲーム関係のものです。他にもユーザー間で直接商品を売買するマーケットプレイスや、ネオと同じように仮想通貨の取引所も増えてきています。

イーサリアムがダップスのベースに適しているのは、スマートコントラクトのように、仮想通貨の取引以外にもブロックチェーンを使って、さまざまなやりとりができるように設計されているからです。

イーサリアムは今後も大規模なアップデートが計画されていて、さらに機能性が向上するはずです。イーサリアムを使ったダップスは、今後も確実に増えて行くでしょう。

イーサリアムの問題点

今後はスマートコントラクトが、社会の広い範囲に浸透する可能性があり、イーサリアムを活用したダップスが一般的になる日も遠くないかもしれません。

しかし高い機能性を誇るイーサリアムにも、いくつか解決しなければならない問題点が残されています。

一つは中核となるスマートコントラクトの処理が複雑になると、ユーザーによる契約ミスなどへの対処も複雑になり、全体的なシステムが不安定になる危険性です。

これはイーサリアムを使ったダップスが、今後大幅に増えた場合にも予想されるリスクです。

また現在イーサリアムのマイニングは非常に難易度が高く、それがマイナーのモチベーション低下や、取引手数料の高騰につながらないかという不安もあります。

こうした問題は現在も行われている、4つのステージに分けられたアップデートで、順次解決されて行くでしょう。

しかしイーサリアムのアップデート自体が、現状ではかなり遅れていることもあり、やや心配な面がないとも言えない状況です。

それでもイーサリアムの開発に関わる「イーサリアム財団」が、優れたダップスのプロジェクトに対して、開発助成金の提供を始めたというニュースもあります。

今後もダップスの発展のためには、イーサリアムという存在が欠かせないと言えるでしょう。

※「ethereum公式サイト」

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

イーサリアムのダップスはゲームが充実しているんだ!これは見逃せないなぁ

カネット XXX(表情名入力)カネット

ゲームもそうだケド、イーサリアムの将来性にはすっごく注目が集まっているンダ。特に、4段階アップデートの実施には期待ダネ!

ダップスの将来と問題点は?

この先ダップスが社会全体で採り入れられるようになると、今までのような仲介マージンで成り立つ経済活動が、根本的に変革を遂げる可能性があります。

ダップスの広がりは、経済の仕組みそのものを変えてしまうかもしれません。

ただし新しいシステムが生み出されると、必ず解決しなければならない問題点も浮かび上がってきます。
最後にダップスの現状と、予想される未来像についてまとめておきましょう。

新たに生まれつつあるダップス

現在ダップスとして稼働しているアプリケーションは、圧倒的多数がゲームに関連したものです。

ゲームでは純粋な経済活動とは離れてしまいますが、参加するユーザーの数はなかなかに侮れません。

実際にトークンもやりとりされているので、経済活動と結びつきながら市場を広げるかもしれません。

「CryptoKitties」というダップスは、バーチャル上の猫の育成ゲームですが、一時人気が高まった時にはイーサリアム(ETH)の相場に影響を及ぼしたほどです。

もう一つ注目したいのが、「Decentralized Exchange(ディセントラライズド・エクスチェンジ)」と呼ばれる「分散型取引所」です。通常は「DEX」と呼ばれます。

本来仮想通貨取引は分散型のブロックチェーンを使った、個人対個人の取引のはずでした。それが現在は取引所や販売所を通した取引が主流になっていて、正しくは分散型とは言えない状況です。

ダップスで登場したDEXなら、仮想通貨取引を本来の分散型・自律型の取引形態に戻してくれるかもしれません。

上図はDEXのサイトの一例ですが、基本的には取引から通貨の保有管理まで、個人の責任で行わなければなりません。

しかも現状ではまだ取引量が少ないため、取引に必要な手数料も割高になるかもしれません。

しかしハッキングのリスクが低いことや、取引所の運営状況に左右されないなど、メリットになる点もいくつかあります。

今後取引するユーザーが増えれば、徐々に取引手数料も引き下げられて、一般的な取引所よりも低コストで仮想通貨投資ができるようになるでしょう。

ICOと連動して伸びる可能性

現在も既にイーサリアムとネオには、プラットフォーム上でICOを行い、調達した資金によって稼働するダップスが登場しており、今後も数多くのICOが予定されています。

ICOで調達した資金をベースにして、新しいダップスが開発される流れが一般的になれば、ICOとダップスが連動して分散型の経済圏が構築されるかもしれません。

さらに仮想通貨市場も巻き込んで、新しい形の経済が生まれる可能性も充分あるのです。

分散化が引き起こす問題は?

今のところダップスが普及することによる、明確なデメリットは特に見当たりません。

これはまだダップスが社会全体のほんの一部であり、認知度が低いせいでもあるでしょう。

今後ダップスが広がると、アプリケーションを使った活動では、個人の責任が今までよりもはるかに大きくなると考えられます。

仮想通貨の取引に関してもDEXを使う場合には、全ての投資が個人の責任によって行われることになります。それは全リスクを個人が背負うことにもつながります。

また契約業務や商品の売買も同様に、全ては個人の責任の元で行われなければなりません。ダップスの広がりと共に、こうした個人間でのトラブルが増える危険性があります。

そのようなトラブルを回避するためには、各個人がダップスに対する正しい知識を持つことが重要になるはずです。

社会のあらゆる分野で分散化が進んだ時には、改めて個人の存在が見直されるのかもしれません。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

仮想通貨の値動きに影響したり、取引所としても機能するようになったり…ダップスによって色々なものが分散化される社会もそう遠くはないのかもしれないわね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

分散化すると誰かがまとめて管理しない分、個人の責任はより大きくなる点は注意が必要だネ。ダップスの将来性に注目が集まっている今から、しっかりと知識と認識を持っておこうネ!

まとめ

ダップスとはひと言では表せない、何だかつかみどころの無い存在のように思えます。それはダップスの基本原則でもある、分散化という性質が大きく関わっているからでしょう。

仮想通貨とブロックチェーンが登場したことで、一般社会にも経済社会にも、まだまだ発展する余地があることが分かりました。

今後この余地全体に広がって行くのが、分散化の波なのではないでしょうか。

今では多くの人々が仮想通貨の可能性を知っています。同じようにダップスの可能性に気付き始めた人たちが、少しずつですが現れてきています。

これからやって来る新しい社会システムに乗り遅れないためにも、今、仮想通貨と一緒にダップスにも目を向けてみてはいかがでしょうか?