仮想通貨のトレンドがわかるラインチャートとは?見方や分析方法を徹底解説

仮想通貨のトレンドがわかるラインチャートとは?見方や分析方法を徹底解説

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨を安い時に買おうと思ってチャートを見てるんだけど、これってどうやって見るの…?難しくて分からないよ…

カネット XXX(表情名入力)カネット

なになに……?これはラインチャートだネ。仮想通貨取引所では基本的にこのチャートが表示されているカラ、ラインチャートの見方について説明するネ!

仮想通貨の取引を始めると、通貨ごとの毎日の値動きや、長期的な相場の流れを分析する必要が出てきます。

その分析に最適なツールが相場価格推移表、いわゆる「チャート」です。

チャートには「バーチャート」や「ローソク足チャート」、そして「ラインチャート」など色々な種類がありますが、その中で仮想通貨投資初心者にも分かりやすいシンプルなチャートが「ラインチャート」です。

仮想通貨の取引所でもおなじみのチャートであり、過去の相場の流れを瞬時に理解できる便利なチャートなので、ここでラインチャートの見方とメリットやデメリットについて、まとめて確認しておきましょう。

ラインチャートの仕組み

ラインチャート

引用元:Zaif取引所

仮想通貨の取引で最も良く目にするのが「ラインチャート」です。他のタイプのチャートと比べると、非常にシンプルですっきりしているのが分かります。

シンプルなだけに読み取れる情報量が少ないという指摘もありますが、さまざまなデータに惑わされず、直感的に値動きを判断できるというメリットがあります。

基本的な仕組み

基本的にチャートはどのタイプでも、左から右に向かって時間軸が進んで行きます。ラインチャートとは、ある一定期間における取引の「終値(おわりね)」を結んだ折れ線グラフのことです。

ある一定期間というのは、チャートの表示設定で変更でき、通常は1分~1時間~1日~1週間など、任意のスパンで確認できます。

例えば設定を1時間にすると、1時間ごとの終値を結んだラインが形成されます。1日ごとの終値を結んだラインは「日足(ひあし)」と呼ばれ、他にも「週足(しゅうあし)」や「月足(つきあし)」などの用語があるので覚えておくと良いでしょう。

1分足

引用元:Zaif取引所

ラインチャートの性質から、1分や5分など短いスパンの設定にすると細かい値動きを把握でき、1日や1週間など長いスパンに設定すれば、長期的な値動きの傾向を追うことができます。

上のチャートは最も短いスパンの「1分足」ですが、わずか数時間でも大きな値動きをしていることが分かるでしょう。このように、1分足の設定にすると、ほぼ1時間ごとの詳細な値動きをつかむことができるのです。

次に、下のチャートは「1日足」です。この場合は1ヶ月単位の値動きがはっきりと分かります。

1日足

引用元:Zaif取引所

ラインチャートはシンプルですが、投資の世界では終値が重視されるので、大まかな値動きの傾向をつかむには最も適したチャートです。

ラインチャートの見方

ラインチャートが表しているのは、一定期間中の取引終値の推移です。

終値とは1日の取引の場合、その日の最後に付いた値段のことです。そのため、ラインチャートは終値の連続なので、1日の間にどのように相場が動いたかという詳細な情報は反映されません。

詳細な値動きのデータを見る場合は、「ローソク足チャート」での確認をおすすめします。

詳しくは「仮想通貨投資に役立つローソク足チャートとは?見方や分析方法を徹底解説!」で説明しています。

1日足

引用元:Zaif取引所

ラインチャートを日足に設定すると、毎日の終値を結んだラインが形成されます。このスパンの場合、数か月分の値動きを大まかにつかむことができます。

相場を見る時に最も重要視されるものの1つが、相場が動いて行く傾向を把握することですが、この傾向を「トレンド」と呼びます。そして、この重要なトレンドを読む時に最適なのが、ラインチャートなのです。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なんとなくだけど、一日の値動きが分かるのがラインチャートってことかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ソウソウ!詳しい情報は読み取れないけれど、だからこそ初めてチャートを見る人でもわかりやすいのがラインチャートなんダ!

相場を予測するラインチャートの活用法

チャートとは過去から「今」に至るまでの、仮想通貨の相場をグラフ化したものです。チャートから今までの流れを分析することで、今後の流れを推測できます。

つまり、仮想通貨投資で成功するには、チャートをどれだけ上手に活用できるかが、非常に重要なポイント。そしてラインチャートは、直感的に相場の流れを読むには最適なチャートなのです。

トレンドを読む

「トレンド」は、時代の流れや流行りを意味する言葉です。仮想通貨投資におけるトレンドも同様で、その通貨の流行を表す言葉と理解しておくといいでしょう。

ラインチャートでは、そのトレンドをラインの傾きで読むことができます。ラインの傾きは特徴から下記の3つに分けられます。

上昇トレンド(右肩上がり)

上昇トレンド

下降トレンド(右肩下がり)

下降トレンド

ボックス(横ばい)

横ばい

上昇トレンドは細かく値動きしながらも、相場が上昇する力が強いことを表しています。逆に下降トレンドは下降する力が強い相場を表し、ボックスは上下動が少なく横ばいの相場を表します。

投資の世界ではこれらのチャートの傾きに応じて、右上がり・右下がり・水平線の3つの直線を引いてトレンドを確認しますが、この直線を「トレンドライン」と呼びます。

単純に考えると取引のタイミングとしては、上昇トレンドの時は仮想通貨を買うタイミングであり、下降トレンドの時は売るタイミングだと言えます。ただし実際の取引はそれほど単純ではありません。

仮想通貨への投資では現在までのトレンドをつかみ、そこにさまざまな情報を加味して分析し、その上で今後の値動きを予想しなければなりません。

実にシンプルではありますが、ラインチャートでトレンドを読むということは、投資の世界の原則と言っても良いでしょう。

チャートの転換点を予測する

ラインチャートから今後の相場を予測するには、過去の相場の流れやパターンを分析して、その経験則からこの先の値動きを予想しなければなりません。

しかし投資の経験がまだ浅い人には、相場の予想は難しすぎます。そこでまずは、投資初心者でも活用できる投資の基本を確認してみましょう。

転換点

上図のチャートを見てみると、多少の山はありますが左から右に値を上げて、その先で反転して下落しています。

このラインチャートの場合、左端から中央にかけて右上がりのトレンドラインを引き、右側のライン後半部分には右下がりのトレンドラインを引くことになります。

実際にはさまざまなスパンでラインチャートを形成してみて、そこにトレンドラインなどを描き加えて、過去の値動きパターンと比べながら自分なりに相場を分析しなければなりません。

では相場の動きを読んだ上で、どのタイミングで仮想通貨を購入すべきでしょうか?上図のチャートの左側3分の1を見てみましょう。左端で一度小さく値下がりしてから、その直後から急激に値を上げています。

この時購入するポイントは2つあります。1つは一度左端で値下がりした後に、上昇に転じたポイントで購入する方法で、これを「順張り」と言います。

もう一つは一度値下がりしているポイントで、その先の上昇を予測して購入する方法で、これを「逆張り」と呼びます。

当然逆張りの場合はまだ下がっているポイントで買うわけですから、一種の賭けとも言えます。この方法は、かなり投資に慣れている人以外にはおすすめできません。

投資の経験が少ない人は、相場の動きが上昇に転じたのを確認してから、まずは順張りで購入することをおすすめします。

このように仮想通貨の取引には、相場が上昇したり下降したりする転換点が必ずあります。

チャートを使った投資では、トレンドラインなどの手法を使って、いかにしてこの転換点を見つけ出せるかが成否の分かれ目だと言えるのです。

ラインチャート活用の応用編

もう一つ、投資に慣れてきたらぜひ試してほしい、いわば応用編のラインチャート活用法があります。それがFX投資ではおなじみの「移動平均線」です。

移動平均線とは、ある一定期間の仮想通貨の終値を平均化して、その値を結んだ線のことです。

移動平均線もラインチャートと同様に、設定するスパンを変えることができます。詳細な仕組みの説明はここでは省きますが、日々の値動きを滑らかにならして、相場全体の流れを概観できるのです。

ラインと移動平均線

図で確認すると、ラインチャートがギザギザの鋭い線で結ばれているのに対して、移動平均線は滑らかな曲線で表されていることが分かります。

全体的に見るとこの2つの線は、ほぼ同じような動きをしているように見えますが、所々で2本の間隔が開いたり狭まったり、またはクロスしているのが確認できるでしょう。

投資の世界では、この2本の関係から相場の流れを予測します。

移動平均線を使った基本的な分析法にしぼって、簡単に紹介しておきましょう。移動平均線とラインチャートとの上下関係からは、以下の3つの流れが読み取れます。

・ラインが移動平均線の上にある場合、相場が強い(上昇傾向にある)。
・移動平均線がラインの上にある場合、相場が弱い(下降傾向にある)。
・ラインと移動平均線がクロスした場合、トレンドの転換点が生まれやすい。

しかしこうした分析法は、あくまでも原則に過ぎません。本格的な分析には、スパンの違う移動平均線を複数表示して、その相互関係を使うなどさらに高度な方法が色々とあります。

仮想通貨の取引に慣れてきたら、このようなFX投資の手法なども徐々に取り入れてみると良いでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

初心者はまず、上昇トレンドと下降トレンドをつかむところから初めてみよウ。そしてトレンドラインを引いたり、移動平均線を使った分析をしてみてネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

えーっと……高値を更新したときにトレンドラインを引くと……こんな感じかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ソウソウ!最初はどこからトレンドラインを引けばいいか分からないと思うカラ、実際にトレンドラインを引いたお手本を見つつ、どこに引くかを勉強していこうネ!

ラインチャートのメリットとデメリット

仮想通貨のチャートには、ラインチャート以外にもバーチャートやローソク足チャートがあります。

では最もシンプルなラインチャートを使うことには、他のチャートと比較して何か優れた点があるのでしょうか?

ラインチャートのメリット

ラインチャートを使うメリットは、何よりもトレンドが読みやすいということです。あえてシンプルなデータにしぼってラインを形成しているため、投資初心者でも迷うことなくトレンドを読み取ることができます。

チャートの見方に慣れてくると、そこにトレンドラインや移動平均線などをプラスして、自分なりに相場の流れを分析できるようになります。その時にラインチャートを使うと、投資のタイミングでスピーディーに対応できるというメリットがあるのです。

ローソク足チャートはラインチャートに比べると、同時に多くの情報を読み取れるというメリットがありますが、それは分析に迷いが生じるというマイナス面も持っています。

下の図は全く同じタイミングを、ローソク足チャートとラインチャートで表したものです。

ローソク足チャート

ローソク足

ラインチャート

ライン

ローソク足チャートの方は、ヒゲ(上下に伸びた直線部分)まで含めると、かなり上下に幅があることが分かります。

この中のどこを基準にトレンドラインを引くかは、人によって違ってくると同時に、選択肢が多い分だけ迷いやすくなります。

一方のラインチャートは、誰が見てもほぼ同じトレンドラインを引くことができます。そして迷いが少ないということは、それだけ適切に早いタイミングで投資のポイントを決められるわけです。

実際に他のチャートよりもワンテンポ速く動けるということで、ラインチャートを基本に相場を読む投資家もかなりいます。

仮想通貨への投資でも、特にまだ経験が浅い皆さんは、まずはラインチャートを上手に活用して、相場の読み方や投資のタイミングなどを勉強してみるのが良いかもしれません。

ラインチャートのデメリット

一方で総合的なデータをもとに、詳細な分析が必要な場合には、終値しか反映していないラインチャートでは情報が十分ではないでしょう。

ラインチャートが表しているのは、例えば1日の取引の終値のみですから、そこには1日の間にどれだけの高値がついて、逆にどこまで下がったかという情報は一切入っていません。

値動きの詳細が分からないということは、大まかな相場の流れだけで今後の値動きを推測するということになるのです。ローソク足チャートであれば、ヒゲの向きや長さによって、現在の相場の傾向を細かく読み取ることができます。

その点から比較すると、高値や安値の情報を考慮しながら相場の分析をする場合には、ラインチャートは向いていないと言えるでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

でも、初心者が覚えておいて損はないチャートだヨ!仮想通貨投資を初めたばかりの人は、投資慣れと一緒にラインチャートを読める力もつけておこうネ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ラインチャートをしっかり見るだけでも、上がり方と下がり方にはなんとなくのパターンがあるのが見えてくるね!これを見ながらいつ売るか・買うかを判断したらよさそう!

仮想通貨投資にはラインチャートを活用しよう

仮想通貨への投資を始める時に、まず相場の分析に慣れるために活用してほしいのが、ここまで説明してきたラインチャートです。

ラインチャートよりも、詳細な値動きまで確認できるチャートもあります。その方が、より正しい分析ができるように思えるかもしれません。

しかし、投資はトレンドを読むことが、売買のタイミングを知る第一歩になります。

ラインチャートはあえて細かい情報を省いて、最も核となる終値という情報にしぼったシンプルなチャートです。

そのシンプルさを上手に活用すれば、相場の動きにスピーディーに反応して、フットワークの良い投資ができるでしょう。

仮想通貨への投資を始めたばかりの人は、まずはラインチャートを使って、相場の流れをじっくりと分析してみてください。

ラインチャートを上手に活用できるようになれば、さらにハイレベルな投資の世界にステップアップできるはずです。