仮想通貨のマルチシグの仕組みとは?シングルシグとの違いやメリットを解説

仮想通貨のマルチシグの仕組みとは?シングルシグとの違いやメリットを解説

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

コインチェック事件があってからよく耳にするようになった言葉に「マルチシグ」があるんだけど、これって具体的にはどういうことなんだろ。

カネット XXX(表情名入力)カネット

サトシくん、マルチシグについてはしっかりと理解しておかないト!ボクが詳しく教えてあげるネ!

仮想通貨を安全に管理するには、セキュリティ対策が欠かせません。そこで知っておきたいのが、マルチシグ(マルチシグネチャ)シングルシグ(シングルシグネチャ)についてです。

マルチシグとシングルシグは仮想通貨のセキュリティに関係するシステム。それぞれに特徴、メリットやデメリットがありますが、セキュリティ面を重視するにはマルチシグがオススメです。

今回は、マルチシグとはどんなものなのか?そして、シングルシグの違いなどを詳しく確認していきます。

マルチシグとは?シングルシグとの違いについて

まずは、マルチシグとシングルシグがそれぞれどのようなものか、そしてどんな違いがあるかを説明します。

マルチシグとシングルシグの違い

一般的に仮想通貨の管理に用いられている仕組みは、シングルシグです。これは、仮想通貨のアドレス(公開鍵)を一つの秘密鍵で運用する仕組みです。

一方、マルチシグは一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる仕組みを指します。

仮想通貨取引におけるアドレスは、銀行の口座番号と考えるとわかりやすくなります。

たとえば、インターネットオークションで購入した商品代金を振り込むためには、相手の銀行口座を知る必要がありますよね。

それがわからなければ、代金を振り込むことができません。仮想通貨の取引も同様です。ビットコインの送金や決済のときには、相手のアドレスを知っておく必要があるのです。

そして、秘密鍵は銀行口座における「暗証番号」の意味合いを持つもの。ATMで自分の銀行口座からお金を引き出すときには、暗証番号の入力が必要です。

つまり、秘密鍵を持っている人だけがそのアドレスの仮想通貨を利用できます。その仮想通貨が自分のものであると証明するためには不可欠なものなのです。

マルチシグは秘密鍵が複数必要な仕組み

次に、秘密鍵が複数必要なマルチシグの仕組みを詳しく確認していきましょう。

秘密鍵の数を複数に設定することができるマルチシグですが、最も一般的なのは「2 of 3」と呼ばれる形式です。

「2 of 3」では、3つの秘密鍵のうち、2つの秘密鍵を持っていなければ、そのアドレスの仮想通貨を利用できません。

そのため、1つの秘密鍵だけで守られているシングルシグよりも、セキュリティは高いのです。

ここまでの説明だけを見ると、「シングルシグは頼りない…」「マルチシグは安全性に優れている」というイメージを持ちますよね。

たしかに、セキュリティシステムの仕組みとしては、マルチシグの方がシングルシグよりも厳重です。しかし、シングルシグとマルチシグには、それぞれメリットとデメリットがあります。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へぇ。マルチシグって簡単に言えば、鍵をいくつもかけることなんだね。自転車とか金庫とかケータイとか、盗まれたくないものに2~3個鍵をかけるのと同じなんだ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

鍵が多くなればなるほど盗まれにくくなるように、仮想通貨もシングルシグよりマルチシグのほうがセキュリティが高くなるってわけね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

そういうコト。ただ、どちらにもメリットとデメリットがあるから、それぞれ詳しく見てイコウ!

シングルシグのメリットとデメリットとは

ここでは、シングルシグのメリットとデメリットを確認していきます。

シングルシグのメリット

まずは、シングルシグのメリットからです。

利便性が高い

シングルシグは、マルチシグと比べると利便性が高いです。

たとえば、銀行口座からお金を引き出すことをイメージしてください。ATMを使ってお金を引き出すときに、2つの暗証番号が必要だったとしたらどうでしょう?

手早くお金を引き出したいにも関わらず、少し時間がかかってしまいますよね。もたもたしていると、自分の後ろに列ができてしまっているなんてことも…。

これは、仮想通貨の取引でも同じです。仮想通貨の取引、送金や決済の際に、複数の秘密鍵を入力していると手間と時間がかかります。

仮想通貨の価格が下がって、少しでも早く売りたいときなどは、わずかな時間で損益が膨れ上がることがあります。使い勝手の悪さが、取引に影響を及ぼすこともあるのです。

シングルシグは、ひとつの秘密鍵で仮想通貨が管理できるため、すぐに対応が可能になります。

秘密鍵が1つなので管理しやすい

シングルシグの場合、秘密鍵が1つのため管理しやすいというメリットもあります。

銀行の暗証番号のように4桁の数字だけなら、複数あっても覚えるのは簡単です。

しかし、仮想通貨を管理する秘密鍵のパスワードは、英数字を組み合わせたもの。複数を覚えるのは大変です。当然、パスワードを忘れては、仮想通貨の取引、送金や決済もできません。

このようなことを考えると、シングルシグはとても簡単に仮想通貨が管理できるのです。

デメリット

次に、シングルシグのデメリットを確認していきます。

ハッキングリスクが高い

やはり、一番のデメリットは、ハッキングリスクが高いことです。

1つの秘密鍵が知られてしまうと、誰でもその仮想通貨を自由に売却したり、送金したりできるのです。

ハッカーも、厳重なマルチシグで管理された仮想通貨より、セキュリティの甘いシングルシグで管理された仮想通貨を狙います。

利便性が高い一方でハッキングのリスクが高いことは理解しておきましょう。

秘密鍵を失くしたら資産を失う

マルチシグは秘密鍵が1つしかないため、それを紛失してしまうと、二度とその仮想通貨を利用できません。

当然、自分の秘密鍵なので他人に聞いてもわからないでしょう。秘密鍵の管理を怠ると、大切な資金をつぎ込んだ仮想通貨がまったく使えないということも起こりうるのです。

マルチシグのメリット・デメリット

シングルシグの次は、マルチシグのメリットとデメリットを確認していきましょう。

メリット

まずはメリットからです。

秘密鍵が1つ漏洩しても大丈夫

マルチシグは複数の秘密鍵が存在するため、仮に1つの秘密鍵が漏洩してしまっても問題ありません。

先ほど紹介した「2 of 3」の設定の場合。3つある秘密鍵のうち、2つの秘密鍵がそろわないと、仮想通貨をすることができないからです。

ハッキングリスクが低下する

ハッキングリスクが低いことも、マルチシグのメリットです。

「2 of 3」の場合、ハッキングにより3つある秘密鍵のうち1つの秘密鍵が知られても、仮想通貨を奪われる心配はありません。

でもこれでは、もう1つ秘密鍵が盗まれると、仮想通貨が奪われてしまいます。

しかし、このような事態を事前に防げるシステムもマルチシグには備わっています。それは、「ハッキングされたアカウントの追放機能」です。

マルチシグは、まだ知られていない2つの秘密鍵を使うことで、ハッキングされたアカウントを追放することができます。

ハッキングされたアカウントを追放した後、さらに新しい秘密鍵を持つアカウントを設定すれば、「2 of 3」が復活するのです。

デメリット

マルチシグには、メリットだけでなくデメリットもあるので、事前に確認しておきましょう。

セキュリティは高いが100%安全ではない

マルチシグには、シングルシグに比べるとセキュリティ面では圧倒的に優れていると言えるでしょう。

しかし、どれだけセキュリティ対策が高くても、100%安全とは言い切れません。

複数の秘密鍵を同時にハッキングされるようなことがあると、仮想通貨が奪われる可能性があります。

そのため、マルチシグだからと安心するのではなく、秘密鍵の管理には十分に気をつける必要があるのです。

取引や送金などに手間と時間がかかる

秘密鍵が複数あるということは、仮想通貨を動かすときの手間が増えます。

取引や送金、そして決済のたびに2つ以上の複雑なパスワードの入力が必要になるからです。

頻繁に取引や送金を行う人は、不便に感じることもあるはずです。しかし、手間や時間がかかっても、セキュリティを優先することを考えたほうがいいでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

例えば、普段使う財布をわざわざ金庫にしまって鍵をかけて、その鍵を別の金庫にしまってダイヤル式のロックをかけたとシヨウ。これだと毎日取り出すのが大変でショ?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

そうね…。急いで出かけたいときとか、いちいち鍵をひとつずつ開けてられないわよ。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ダイヤルロックの金庫にだけしまっておけば使いやすいけど、暗証番号を誰かに知られる危険性もあるもんね。シングルシグとマルチシグのどちらにも良し悪しがあるってことかぁ。

マルチシグを応用したマルチシグエスクローとは?

次に紹介するのは、マルチシグを応用したマルチシグエクスローというシステムです。

エスクローとは商品取引を仲介する仕組み

エクスローとは買い手と売り手の間に信頼できる第三者を置いて、安全性を確保する取引方法のことです。

これは、ヤフーオークションやメルカリなど、インターネットショッピングサイトで使われています。

エクスローの仕組みを、下の図を使って確認してみましょう。

AさんとBさんが商品の売買をしています。しかし、お金の支払いや商品の発送などのやり取りは、AさんとCさん、BさんとCさんで行われているのがわかりますよね。

この仕組により、買い手側は「代金を払ったのに商品が届かない」などの事態が防げます。また、売り手側も、確実に商品代金を受け取ることができるのです。

仮想通貨が仲介取引をスピーディにする

エクスローを、仮想通貨のマルチシグを利用して行うのが「マルチシグエクスロー」です。

こちらも図を使いながら確認してみましょう。

AさんとBさんが商品の売買を行い、Cさんが仲介するという形は従来のエクスローと同じですが、Cさんは基本的にはAさんとBさんのやり取りを見守るだけの形です。

まず、Aさん、Bさん、Cさんの3人がそれぞれ1つずつ秘密鍵を持ちます。そして、2つの秘密鍵で仮想通貨(資金)にアクセスできる「2 of 3」のマルチシグアドレスを用意します。

Aさんは購入した商品の代金をマルチシグアドレスに送金。Bさんは送金を確認した後に、商品をAさんに発送します。

Aさんが商品を受け取ったら、AさんとBさん二人の秘密鍵2つで署名をして、Bさんにマルチシグの中にある代金を送金して、取引は完了です。

従来のエクスローとは違い、AさんとBさんの二人でやり取りを行うため、取引がスピーディに進みます。

マルチシグエスクローのメリット

マルチシグエクスローのメリットとして、以下の2つがあげられます。

  • 取引コストの軽減
  • 問題が起こってもすぐに対処できる

取引コストの軽減

マルチシグエクスローの場合、商品の売買で問題が起こらなければ、仲介者は基本的に何もする必要がありません。

そのため、人件費などを抑えることができ、取引コストが軽減できるのです。

問題が起こってもすぐに対処できる

商品の売買で販売者が商品を送ったにも関わらず、購入者が秘密鍵の署名を行わなかったとします。

送金をするためには2つの秘密鍵による署名があればいいので、購入者の代わりに仲介者が販売者と2人で署名を行います。

こうすることで、無事に販売者にマルチシグアドレスからの送金が完了です。

また、販売者が商品を送らない場合、購入者と仲介者の2人で署名を行い、購入者がマルチシグアドレスに入金した代金を送り返すこともできます。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

マルチシグで仲介取引を効率化できるのね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

マルチシグは何も仮想通貨のためだけじゃナイ。応用することでこんな便利な使い方もできるんダ。

マルチシグに対応している取引所一覧

仮想通貨取引を安全に行うには、利用する取引所のセキュリティ面もしっかりと確認しておくことが大切です。

不正アクセスにより580億円相当のネムが流出したコインチェックは、マルチシグ対応をしていなかったことが明らかになっています。

ここでは、マルチシグに対応している取引所と、その取引所で取り扱っている仮想通貨が何種類あるかを表にまとめました。

 マルチシグ対応取り扱い仮想通貨の種類
bitFlyer(ビットフライヤー)7種類
Zaif(ザイフ)5種類
GMOコイン5種類
BitTrade(ビットトレード)6種類
QUOINEX(コインエクスチェンジ)8種類
Bitbank(ビットバンク)6種類
BITPOINT(ビットポイント)×5種類
みんなのビットコイン×3種類
DMM Bitcoin×2種類

主な国内取引所の多くは、マルチシグに対応しています。

ただし、基本的には購入した仮想通貨は取引所に置いたままにするのではなく、ウォレットを利用して自分で管理することをオススメします。

自分で管理するのであれば、マルチシグに対応していない取引所を利用しても問題ありません。

マルチシグ対応のウォレットを紹介!

先ほども説明したとおり、購入した仮想通貨はウォレットで管理したほうがいいでしょう。そして、ウォレット選びも、マルチシグがポイントになります。

ここでは、マルチシグのウォレットを紹介します。

bitpay/copay

ビットペイ

bitpay/copayは、bitpay社の運営するウォレット。日本語に対応してしており、セキュリティ面も安心です。

また、個人用ウォレットと共有ウォレットを複数管理することもでき、様々なニーズに合わせた使用が可能というメリットもあります。

対応通貨

bitpay/copayの対応通貨は、ビットコインビットコインキャッシュです。

対応デバイス

bitpay/copayは、Windows、Mac、Linux、iPhone、androidの全てに対応したデスクトップウォレット・モバイルウォレットです。

NEM wallet

NEM ウォレット

引用元:NEMウォレット

NEM walletは、NEM残高の確認やNEMの送金・着金ができるという特徴があります。

対応通貨

その名の通り、NEM walletの対応通貨はNEMです。

対応デバイス

NEM walletはiPhone、androidで使えるモバイルウォレット。ちなみに、デスクトップ版は、Nano walletです。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

コインチェック事件以来、取引所のマルチシグ対応について急激にユーザーの認識が高まったよね。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

あんまり良い名の知られ方ではないけど、マルチシグ対応かどうかを確認するのは絶対重要だもんね!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ソウソウ。同じことを繰り返さないためにも、取引所やウォレットがマルチシグ対応かどうか、しっかりと確認しておくことが大切ダヨ!

仮想通貨取引を安全に行うならマルチシグで管理しよう!

仮想通貨のマルチシグは、通常よく用いられるシングルシグと比較するとセキュリティの面で優れています。複数の秘密鍵で管理するため、ハッキングなどのリスクが軽減するからです。

マルチシグは取引や送金、決済に手間がかかるというデメリットはありますが、大切な仮想通貨を守るためには、欠かせないシステムだと言えるでしょう。

仮想通貨取引を行うときは、セキュリティ面を重視してマルチシグに対応した取引所の利用がオススメです。さらに、マルチシグに対応したウォレットで管理するがベストです。

この記事で紹介した内容を参考に、自分の仮想通貨の管理について考えていきましょう!