みんなのビットコインの取り扱い通貨とは?売買できる仮想通貨の種類や通貨ペアを徹底解説!

みんなのビットコインの取り扱い通貨とは?売買できる仮想通貨の種類や通貨ペアを徹底解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

今日はみんなのビットコインで取り扱っている仮想通貨の種類を教えるヨ!登録するかどうか、検討する時の参考にしてネ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

仮想通貨取引所を比較する時、まず一番最初に取り扱い通貨の種類見るしね。教えてくれると助かるわ♪

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

種類って言われても、僕は仮想通貨に詳しくないから、違いとかわかんないや……

カネット XXX(表情名入力)カネット

大丈夫!仮想通貨の簡単な説明も一緒にしていくヨ!さぁ、さっそく見ていこウ!

みんなのビットコインは簡単に売買可能な仮想通貨取引所。自由にカスタマイズできるチャート画面や、高いセキュリティも魅力です。

しかし、みんなのビットコインをはじめとした仮想通貨取引所では、全ての仮想通貨が取引できるわけではありません。

取引所によって取り扱う通貨の種類や取引できる通貨の組み合わせも異なります。ここでは、みんなのビットコインの取り扱い通貨とそれぞれの特徴をわかりやすく紹介します。

さらに現物取引やレバレッジ取引といった取引形式によって取り扱う銘柄が違うこと、それぞれの取引形式で取引できるコインの種類についても詳しく解説していきます。

みんなのビットコインの取り扱い通貨

みんなのビットコインで取り扱っている仮想通貨は次の3種類。(2018年2月現在)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

まずは、それぞれの仮想通貨の特徴から見ていきましょう。

みんなのビットコインの取り扱い通貨の特徴

ビットコイン(BTC)

仮想通貨の中で最も有名なビットコイン。仮想通貨についてほとんど知らないけど、ビットコインという名前は聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

ビットコインは決済や送金用の通貨。ブロックチェーンという不正や改ざんができない公開台帳に履歴を記録しながら取引が行われます。

ブロックチェーンとは仮想通貨のもとになる仕組みで、全ての取引情報をひとつひとつのブロックにまとめ、それらを鎖のようにつなげることで信頼性の高い取引を可能にする技術。

ビットコインはブロックチェーン技術を最初に使用した通貨なのです。

ブロックチェーンのイメージ

ビットコインの単位はBTCといって、1BTCや0.5BTCと数えられます。

日本でもすでに実用化されていて、ビットコイン決済に対応した店舗やショッピングサイトが少しずつ増えています。今後ますます世間に広まっていく仮想通貨の代表格と言えるでしょう。

ビットコインについて、詳しくは別の記事にまとめていますので確認して下さい。(ビットコインについての別記事へリンク)

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ビットコインに次いで有名な仮想通貨で、単位はETHといいます。イーサリアムの最大の特徴は「スマートコントラクト」という機能にあります。

「スマートコントラクト」とは、取引データに加えて契約情報を記録できる仕組み。

スマートコントラクトのイメージ

スマートコントラクトを使えば、例えば「実家に10万円を送る」という取引内容と同時に「毎月25日に送る」という内容をブロックチェーンに記録できます。

ブロックチェーンに記録されたデータは不正や改ざんができない上、いつでも契約内容が確認可能。そのため第三者や契約書などを介さなくても、信頼性と透明性の高い契約が当事者同士でできるのです。

先ほどの例であれば、毎月25日になれば自動的に実家宛に10万円が送金されます。銀行の自動引き落としサービスと似ていますが、間に銀行などが入らないため手数料も手間もかかりません。

「スマートコントラクト」を利用すれば、今後様々な契約案件が簡略化・効率化できると考えられています。そのため、イーサリアムは通貨以外の面でも注目されているのです。

イーサリアムについて、詳しくは別の記事にまとめています。(イーサリアムについての別記事へリンク)

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂して作られた仮想通貨。単位はBCHです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの利用者が急増したことで、取引に時間がかかってしまうことへの対応策として誕生しました。

基本的な仕様はビットコインとほとんど同じで、ブロックチェーンに取引内容が記録されます。

しかしビットコインキャッシュは、ひとつひとつのブロックのサイズがビットコインの8倍。そのため約8倍の取引ができるといわれています。

ビットコインから分裂してできたコインのため、ビットコインと同じような値動きをするのが特徴です。

ビットコインキャッシュについて、詳しくは別の記事にまとめています。(ビットコインキャッシュについての別記事へリンク)

以上が、みんなのビットコインで取り扱っている仮想通貨です。異なる特徴・個性を持つ仮想通貨のうち、どれを買うのかは自由。

機能面や流通量から銘柄を選ぶ人もいれば、値動きや好みで選ぶ人もいます。

それぞれの銘柄について詳しく知るには、まず買ってみるのが一番。少量でも購入することで、その銘柄に興味が湧いてくるはずです。

ただし、取引形式によって取り扱っている通貨が違います。続いて詳しく説明していますので確認しておきましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

みんなのビットコインで取り扱っている仮想通貨は3種類……とりあえず基本の銘柄3つを抑えたって感じかしら

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだネ。ただ、今後取り扱い通貨が増える可能性も高いから要チェックだヨ!

取引形式によって対応通貨や通貨ペアが異なる

仮想通貨取引所には「販売所形式」と「取引所形式」の2つの販売形式があります。まず、販売所形式と取引所形式の違いについて簡単に説明しましょう。

販売所形式と取引所形式で大きく違うのは取引相手です。販売所形式では仮想通貨取引所を相手に売買を行い、取引所形式では別のユーザーを相手に売買を行います。

みんなのビットコインは取引所形式で売買可能な仮想通貨取引所。ビットコインはもちろん、アルトコインも取引所形式で売買できるのが特徴です。

そして、みんなのビットコインには「現物取引」と「レバレッジ取引」の2つの取引形式があります。

「現物取引」とは、例えば「口座に入れている10万円で10万円分の仮想通貨を買う」という取引形式。所有しているお金の分だけ買い物ができる、一般的な取引です。

そして「レバレッジ取引」は「証拠金取引」といって、口座に入れているお金を担保にすることで、より高額な取引ができるという取引形式。

うまく相場を掴めば高い利益が得られる可能性はありますが、その分損失リスクも高くなります。

そして、この2つの取引形式で取引できるコインと取引できないコインがあるのです。また取引形式によって、対応する通貨同士の組み合わせ(通貨ペアと呼びます)も異なります。

それぞれで売買できるコインや通貨ペアを知らないと「レバレッジ取引で買いたかったコインが現物取引でしか購入できない銘柄だった…」ということもあります。

それでは、現物取引とレバレッジ取引それぞれの取り扱い通貨と通貨ペアについて詳しく見ていきましょう。

現物取引できる仮想通貨と通貨ペア

みんなのビットコインで現物取引が可能な仮想通貨は以下の通り。(2018年2月現在)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

みんなのビットコインの現物取引で売買できる通貨ペアは以下の通りです。

 日本円ビットコインイーサリアム
ビットコインBTC/JPYBTC/ETH
イーサリアムETH/JPYETH/BTC
ビットコインキャッシュBCH/JPY

みんなのビットコインでは日本円に加え、ビットコインでイーサリアムを購入することもできます。これをビットコイン建てと言います。

ただし上の表を見てもわかるとおり、ビットコインとビットコインキャッシュ、ビットコインキャッシュとイーサリアムでは取引ができないため注意が必要です。

みんなのビットコインは取引所形式のため、別のユーザーを相手に売買を行います。詳しい取引方法については、別の記事「みんなのビットコイン 取引方法」にまとめていますので確認して下さい。

レバレッジ取引できる仮想通貨と通貨ペア

みんなのビットコインでレバレッジ取引ができる仮想通貨は以下の通り。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)

みんなのビットコインでレバレッジ取引ができる通貨ペアは以下の通りです。

 日本円ビットコイン
ビットコインBTC/JPY
イーサリアムETH/JPYETH/BTC

レバレッジ取引では口座に入っているお金よりも多くの金額で売買ができますが、その分損失も大きくなるため、まずは現物売買で取引に慣れていきましょう。

また、レバレッジ取引で仮想通貨を購入・売却する方法については、別の記事にまとめていますので確認して下さい。(「みんなのビットコイン FX・信用取引」についての別記事にリンク)

以上のように、みんなのビットコインでは取引形式によって取り扱う通貨も、取引可能な通貨ペアも異なります。

どの仮想通貨がどの取引形式で売買できるかを知っておけば、欲しい通貨をスムーズに取引できます。早速みんなのビットコインで仮想通貨取引を始めてみましょう!

仮想通貨についての気になるギモン

みんなのビットコインの現物取引とレバレッジ取引、それぞれで売買できる仮想通貨の種類と通貨ペアについて詳しく説明してきましたが、仮想通貨を売買するに当たって、気になる点や不安な点があると思います。

よくある疑問と回答を下記に記載していますので、参考にしてください。

仮想通貨はいくらから買える?

ビットコインは2018年2月現在、1BTC=100万円前後で価格が上下しているため、高すぎて買えないと思っている方も多いかもしれません。しかしビットコインは、0.1BTCや0.01BTCなど小さな単位でも購入できます。

みんなのビットコインでは、現物売買・レバレッジ取引とも0.01BTCから買うことができます。

ビットコイン以外のアルトコインについても同様です。通貨の種類や販売形式によって最低取引単位は変わってきますが、どの通貨も少額から購入可能。ですからまずは少額から売買を始めていきましょう。

みんなのビットコインの最低取引単位について、詳しくは別の記事にまとめていますので確認して下さい。(「みんなのビットコイン いくらから」の別記事にリンク)

仮想通貨は日本円以外の法定通貨でも売買できる?

みんなのビットコインでは、以下の10種類の法定通貨で売買が可能です。

  • 日本円(JPY)
  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • オーストラリアドル(AUD)
  • 香港ドル(HKD)
  • シンガポールドル(SGD)
  • 人民元(CNY)
  • フィリピンペソ(PHP)
  • インドルピー(INR)
  • インドネシアルピア(IDR)

ただし日本国内に在住している場合、日本円でしか入出金ができないので注意しましょう。

通貨の種類によってかかる手数料が違う?

みんなのビットコインで取引を行う際の手数料は、通貨ペアや取引形式によって異なります。

詳しくは別の記事にまとめていますので確認して下さい。(「みんなのビットコイン 手数料」についての別記事にリンク)

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

えっと、基本は日本円で購入するけど、ビットコインでイーサリアムを、イーサリアムでビットコインを買うことができるんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!みんなのビットコインは取り扱い銘柄が少ないから、ビットコインキャッシュだけ他の仮想通貨と互換性がないって覚えたらいいヨ!

まとめ

いかがでしたか?みんなのビットコインはビットコインやアルトコインが取引所形式で売買可能。セキュリティもしっかりしているので安心して取引ができます。

また今後仮想通貨がますます広まれば、みんなのビットコインで取り扱う銘柄もどんどん増えていくはずです。

これから仮想通貨取引を始める人はぜひ、みんなのビットコインで口座開設をしておきましょう!