仮想通貨取引は未成年でもできる?口座開設可能な取引所と手続方法を詳しく解説

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

そういえば、大学1年生の後輩が仮想通貨に興味があるって言ってたんだけど…仮想通貨って未成年でも買えるのかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨を買うのに年齢制限はないヨ。ただし、仮想通貨取引所によっては未成年の口座開設ができないところもあるんダ。必要なものも違ってくるから、ここでしっかり確認しておこウ

仮想通貨取引は、手軽な投資手段ということもあり、老若男女問わず注目を集めています。

とくにネットに触れることの多い世代では、大きな利益が出せる可能性があると興味を引かれている人も多いはずです。

でも、「未成年や学生でも仮想通貨取引所の口座開設はできるの?」「親に知られたら反対される」などの疑問や悩みも少なくないでしょう。

そこで今回は、未成年や学生でも仮想通貨取引はできるのか?親に知られることなく、口座開設ができるのか?などを、詳しく確認していきます。

未成年や学生でも仮想通貨の取引はできる?

結論から言えば、未成年や学生であっても、仮想通貨の取引は可能です。ただし、取引所によって、口座開設の条件が異なります。

仮想通貨取引の年齢制限

仮想通貨の取引では、はっきりとした年齢制限はされていません。つまり、未成年や学生であっても、仮想通貨の取引はできます。極端に言ってしまえば、小学生であってもできてしまうのです。

ただし、仮想通貨を扱っている取引所でアカウントを作成するときには、未成年者は保護者の同意が必要になります。

未成年でも仮想通貨取引はできる

お伝えしているように、保護者の同意さえあれば、未成年者でも仮想通貨の取引ができます。

では未成年者が仮想通貨の取引をするために必要な保護者の同意とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

国内最大のビットコイン取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)で未成年者がアカウントを作る場合を確認してみます。

ビットフライヤーでは、「保護者の承諾書」「保護者の方の顔写真付き本人確認書類」の提出があれば、未成年者でもアカウント作成が可能です。

つまり、「保護者の同意」とは、「保護者の承諾書」と「保護者の方の顔写真付き本人確認書類」の提出ということになります。

取引所により年齢制限や条件が違う

上ではビットフライヤーを例に出しましたが、他の取引所の場合はどうでしょうか?

「日本円と仮想通貨のトレード」と「仮想通貨同士のトレード」の両方を日本で初めて取り扱った取引所ザイフ(Zaif)を確認してみましょう。

ザイフもビットフライヤーと同様に、保護者の同意があれば、未成年者でもアカウントを作ることができます。しかし、ビットフライヤーとは提出する書類が異なります。

ザイフの場合、親権者とアカウントを作る未成年者本人の続柄を確認できる書類、未成年者本人の本人確認書類、親権者の同意書を提出しなければなりません。

このように、取引所によって未成年者がアカウントを作る上での規定や条件は異なるのです。

国内の仮想通貨取引所で口座開設できる年齢制限

国内の仮想通貨取引所で口座を開設する際の年齢制限と条件は下記の表のとおりです。

仮想通貨取引所の口座開設年齢制限一覧

 未成年
学生条件
ビットフライヤー(bitFlyer)
ザイフ(Zaif)
GMOコイン×△(20歳以上〇)満20歳以上の個人
ビットトレード(BitTrade)20歳以上の人(法定代理人の同意があれば登録できる)
コインエクスチェンジ(QUOINEX)
ビットバンク(bitbank)
ビットポイント(BITPOINT)×△(20歳以上〇)満20歳以上
みんなのビットコイン×△(20歳以上〇)満20歳以上で日本法上の行為能力者
DMMビットコイン(DMM Bitcoin)×△(20歳以上〇)満20歳以上75歳未満の行為能力者

表を見てみると、年齢制限されている取引所はあるものの、学生かどうかを判断基準にしている取引所はないことがわかります。

また、“DMMビットコイン”が75歳未満と規定している以外は、年齢の上限を定めている取引所はありません。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

国内の取引所だと、だいたい半分くらいが20歳以上でないと口座開設できないのね

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨取引は大きなお金が動く可能性が高いからネ。そんな中でも保護者の同意があれば未成年でも口座開設できる取引所もあるから、どうしてもという場合はここから始めてみよウ

未成年が口座開設できる、おすすめの仮想通貨取引所

ここからは、未成年や学生でも口座開設ができる取引所の中から、とくにおススメの取引所を見ていきましょう。

取引所の特徴、取扱通貨、未成年の登録条件や必要書類についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ビットフライヤー(bitFlyer)

“ビットフライヤー(bitFlyer)”はユーザー数・取引量共に日本で最大規模の取引所。2014年にサービスを開始しました。

ビットフライヤー代表の加納裕三氏は、日本ブロックチェーン協会の代表理事も務めていることもあり、仮想通貨業界で高い知名度があります。

取扱通貨

ビットフライヤーが取り扱っている仮想通貨の銘柄は、以下の7種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

※2018年5月現在

未成年が登録する際の条件

ビットフライヤーでは利用規約第3条5項2号に基づき、未成年のアカウント作成には保護者の同意書類が必要です。

5.当社は、第 1 項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあります。
1.当社に提供された登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
2.未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合

引用元:ご利用規約

登録する際の必要書類

保護者の同意書類としては、「承諾書」「保護者の方の顔写真付本人確認書類」の提出が必要です。

必要書類

保護者の承諾書

「承諾書」はビットフライヤーの公式ホームページよりダウンロードします。必要事項への署名、捺印をしましょう。

「保護者の方の顔写真付本人確認書類」は、運転免許証など、保護者の方の「氏名」「生年月日」「住所」「顔写真」が載ったものを選びます。

必要事項を満たす本人確認書類を用意できたら、コピーをとりましょう。

「承諾書」と「保護者の方の顔写真付き本人確認書類」のコピーをビットフライヤー宛てに郵送して、申込みは完了です。

登録方法

ビットフライヤーの公式ホームページから通常の登録手順を踏み、保護者の同意書類を提出して登録します。

「承諾書」と「保護者の方の顔写真付本人確認書類」が受領されるまでは、アカウントを登録することができません。

詳しくは「ビットフライヤー 口座開設」で説明しています。

ビットバンク(bitbank)

“ビットバンク(bitbank)”は、モナコインの取引で世界第1位の取引所です。順位は変動することもありますが、モナコインの取り扱いはとても大きいといえます。

また、リップルを取り扱う量も大きいというのも特徴です。モナコインやリップルを多く扱っているのは、ビットバンクの信頼が高いからといえるでしょう。

取扱通貨

ビットバンクが取り扱っている仮想通貨の銘柄は以下のものです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)

※2018年5月現在

未成年が登録する際の条件

未成年がビットバンクでアカウントを作成するためには、保護者の方の同意が必要です。

3.本サービスのユーザーになろうとするものが未成年者である場合は、法定代理人の同意を得た上で本サービスをご利用いただくものとします。

引用元:未成年でも利用できますか

登録する際の必要書類

ビットバンクで未成年者がアカウントを作成するためには、「本人確認書類」「保護者の方直筆の委任状」「保護者の方との関係を証明する書類」の3つの書類が必要です。

ビットバンクでは、「保護者の方直筆の委任状」は書式自由となっているので、ビットフライヤーの「委任状」の形式を参考にして作成しましょう。

「保護者の方との関係を証明する書類」は、「健康保険証」や「住民票」など、顔写真付きのものという条件はありません。

登録方法

ビットバンクの公式ホームページから通常の手順を踏み、問い合わせフォームから、準備した3つの書類をアップロードして登録完了です。

詳しくは「ビットバンク 口座開設」で説明しています。

ザイフ(Zaif)

“ザイフ(Zaif)”は、「通貨の現物・レバレッジ取引」「積立型のコイン購入」「ハードウェアウォレットの販売」など、独自の企画を行う取引所です。

仮想通貨を楽しみながら学ぶことができ、ユーザーを飽きさせないのが特徴でしょう。

取扱通貨

ザイフが取り扱っている仮想通貨の銘柄は以下のものです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ザイフ(ZAIF)
  • XCP(XCP)
  • ビットクリスタル(BCY)
  • StorjCoin X(SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ペペキャッシュ(PEPECASH)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • ゼン(JPYZ)
  • コムサ(CMS)

※2018年5月現在

未成年が登録する際の条件

ザイフで未成年者がアカウント作成するためには、保護者の同意が必要です。

登録する際の必要書類

ザイフで保護者の同意書類として必要なのは、「本人確認書類」「親権者とご本人(登録する未成年本人)の続柄を確認できる証明書類」「親権者同意書」です。

ザイフ同意書
Zaif同意書

上記の「親権者同意書」をザイフの公式ホームページからダウンロードし、必要事項に署名、捺印をします。

「本人確認書類」は、「顔写真付き本人確認書類」なら1枚で済みますが、顔写真の付いていない書類は2枚を組み合わせる必要があります。

例えば、運転免許証なら1枚で済みますが、健康保険証は公共料金の領収書と組み合わせなければなりません。

登録方法

ザイフの公式ホームページから通常のアカウント作成の手順を踏み、先ほど確認した保護者の同意書類2つを提出して、登録しましょう。

ザイフもビットバンクと同様、アップロードでの提出になります。ザイフの本人確認ページからアップロードしましょう。

詳しくは「ザイフ 口座開設」で説明しています。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

未成年が口座開設するときは必要な書類の種類も増えるんだね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

本人の確認書類はもちろん、保護者の免許証や関係を表す書類や保護者の署名・捺印入りの同意書も必要ダヨ!提出の方法も取引所によって違うから、しっかり確認してネ。

口座を開設すると親にバレる?

保護者の同意などがあれば、未成年でも仮想通貨取引所でのアカウント作成は可能だとわかりました。

中には、親に知られることなく仮想通貨取引を始めたいと考えている人もいるでしょう。しかし、保護者の同意が必要になる以上、いわゆる「親バレ」は避けることができません。

では、保護者の方の運転免許証などを使って「勝手に」登録の手続きを進めた場合はどうでしょうか。

運転免許証などのコピー、印鑑など、書類を作成するために必要なものは、保護者に見つからずに準備はできるかもしれません。

しかし仮想通貨取引所のアカウント作成では、本人確認のためのハガキが自宅に送付され、そのハガキで最後の手続きをしなければなりません。

保護者に気づかれないように郵便物を見張っておくのは、至難の業ですよね。「親バレ」を回避するのは難しいと思われます。

そもそも、各取引所が未成年の口座開設に保護者の同意という条件を定めているのは、大きなトラブルを避けるためです。

仮想通貨取引は利益だけでなく、場合によっては大きな損失を生む可能性も十分にあります。それらを全て自己責任で行わなくてはなりません。

まだまだ社会経験が乏しい未成年がそんなリスクを理解し、自己責任で投資を行うのは簡単なことではないでしょう。未成年をトラブルから守るためにも、保護者の同意を条件にしているのです。

未成年の人は仮想通貨取引所のアカウントを作成するときには、きちんと保護者の方と話をするようにしましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨投資は全て自己責任…これはしっかりと意識しておかないといけないよね。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ホントよね。ちゃんと理解せずに取引を始めて大きな損失が出ちゃったら大変だし…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだヨ。値動きだけでなく、取引所のハッキングリスクもしっかり把握しておく必要があるから、未成年が仮想通貨取引をする際は保護者とよく話し合ったうえで、くれぐれも慎重にネ!

未成年でも大丈夫!何歳からでも仮想通貨取引はできる!(まとめ)

ここまで確認してきたように、仮想通貨取引所のアカウント作成は未成年でも可能です。基本的には、年齢制限なく仮想通貨の投資は始めることができます。

しかし、全ての取引所が利用できるわけではありません。未成年がアカウントを作成できる取引所は限られているのです。さらに、取引所によって条件や必要書類などが異なります。

そして、未成年でもアカウント作成ができるどの仮想通貨取引所でも、保護者の同意を証明する書類提出は必要です。そのため、未成年の人が親バレせず仮想通貨取引を始めることはできません。

仮想通貨取引を始めたい未成年の人は、保護者に相談した上で、ビットフライヤー、ビットバンク、ザイフ、いずれかの取引所で口座開設するといいでしょう。