仮想通貨投資は儲かるの?仮想通貨取引で儲ける方法と損しないポイント

仮想通貨投資は儲かるの?仮想通貨取引で儲ける方法と損しないポイント

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

私よりフォロワー数が少ない人が、仮想通貨で億り人になった自慢をしているわ……私も億り人になるにはどうすれば……?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

無理に何億も稼がなくてもよくない?ほら、コツコツと投資して地味に利益を出した方が税金の計算とかもラクだよ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

それでも私は億り人になりたいのよ!ねぇカネット、仮想通貨を使って利益を出す方法を教えてよ!

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨で利益を出す方法はいくつかあるケド、どれも焦りは禁物だヨ。仮想通貨で利益を出すために必要なポイントを考えてみようカ

ビットコインなどの仮想通貨を購入して多くの人が資産を増やしていますが、仮想通貨はどうして儲かるのでしょうか?

仮想通貨で儲けるには、株式や投資信託と同じように仮想通貨に投資し、売却益を得る方法が一般的。

株式よりも価格変動が大きく、値幅制限もないことから大きな利益が期待できるのです。

しかし、仮想通貨を購入すれば必ず儲かるわけではなく、逆に大きく損をしてしまう可能性もあり、儲けるには必要な知識やおさえておくべきポイントがあります。

今回は仮想通貨取引で儲ける方法、そして必要な知識やおさえておくべきポイントについても詳しくお伝えします。

仮想通貨はどうして儲かるの?

仮想通貨はどうして儲かるのでしょうか。まずは、仮想通貨で儲ける仕組みについて確認していきましょう。

仮想通貨投資で儲ける

仮想通貨投資とは、購入時の価格よりも高く売ることで売却益の獲得を狙う投資法。

仮想通貨で儲けている人の多くは、この仮想通貨投資によって利益を得ているのです。

仮想通貨の取引は、仮想通貨取引所にアカウントを開設して入金すれば簡単に始められます。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、24時間365日取引が行われており、常に価格が変動するため、株式と同じように、安く買って高く売ることで利益が得られるのです。

また、仮想通貨はレバレッジ取引(信用取引、FX)もできるため、取引所から仮想通貨を借りて先に売却し、後から買い戻すことで利益を得る方法もあります。

仮想通貨のマイニング(採掘)で儲ける

仮想通貨はブロックチェーン技術を使い、すべての取引記録を分散型台帳に追記していきます。

円やドルのように中央管理者が存在しないため、仮想通貨の取引記録は、有志がコンピューターの計算能力を使って膨大な計算を行うことで、みんなで共有する台帳に追記されているのです。

この追記作業に参加し、追記処理を成功させた人には報酬が支払われる仕組みになっており、ビットコインの場合は、新たに発行されたビットコインで支払われることになっています。

このビットコインの新規発行に至る行為を「マイニング(発掘)」と呼び、仮想通貨ではマイニングに参加することで儲けられる可能性があるのです。

ただし、個人がマイニングへ参入するのは難しいため、一般の人が仮想通貨で儲ける方法としては現実的ではありません。

ビットコインがもらえるサービスがある

仮想通貨取引所の中には、ビットコインがもらえるサービスを提供している取引所があり、サービスを利用すると無料でビットコインがもらえるのです。

また、ポイントサイト経由で商品を購入し、貯まったポイントをビットコインに交換できるところもあります。

もらえる額は多くありませんが、無料でもらったビットコインが値上がりする可能性もありますし、売買することで利益が得られる可能性もあるのです。

ビットコインがもらえるサービスの詳細は、後ほどお伝えします。

取引所価格の差を利用する

仮想通貨取引所は国内だけでも複数の取引所が存在しますが、同じ種類の通貨でも、取引所ごとに価格が微妙に違っていることがあります。

板画面

引用元:bitFlyer板画面

GMO

引用元:GMOコイン

上の2つは、同じ日時の「bitFlyer」と「GMOコイン」の画像ですが、「bitFlyer」は1ビットコインあたり66万円台、「GMOコイン」は67万円台で取引されており、2つの取引所で取引価格が違っているのがわかります。

株式は証券会社が違っても、同じマーケット内で取引をしているので、同じ銘柄ならどの証券会社を利用しても価格差はありません(手数料は除く)。

しかし、仮想通貨は同じ取引所のユーザー同士で取引をしており、それぞれの取引所内の需要と供給で価格が決まるので、取引所ごとに価格差が生じるのです。

そのため、価格が低い取引所で購入し、価格が高い取引所で売却することで利益を得ることができます。このように、取引所間の価格差で利益を得る方法を「アービトラージ」と言います。

取引所間で資金を移動するなど、初心者には難しい方法ですが、取引所によって微妙に価格が違うことを理解しておきましょう。

損をすることもある

仮想通貨で儲ける方法は、基本的に仮想通貨投資であり、多くの人は株式や投資信託と同じように売却益を獲得することで、資産を増やすことに成功しています。

しかし、絶対に儲かる投資は存在しません。つまり、仮想通貨を購入すれば必ず儲かるわけではないのです。

仮想通貨は価格変動が大きく、購入するタイミングによっては損失が大きくなる可能性があり、ハイリスク・ハイリターンの投資と言えます。

そのため、仮想通貨で儲けるには必要な知識を得て、おさえておくべきポイントを理解することが大切です。

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨で利益を出す方法はいくつかあるんダ。中でも1番やりやすいのが仮想通貨投資だネ。あとは取引所の価格差の利用と、仮想通貨をもらえるサービスを使うと良いヨ。ただし、どれも爆益を求める人にはちょっと地味かもしれないケド

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

じゃあマイニングは?どれくらい報酬がもらえるの?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ビットコインだと、2016年から2020年までは12.5BTCだネ。1BTCが1万円だと12万5千円、1BTCが10万円だと125万円くらいだね

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

125万円!?ちょっと片手間にマイニングしてたら億万長者なんてあっという間じゃないの!

カネット XXX(表情名入力)カネット

デモ、電気代だけでお金が手に入るマイニングは、世界中の人たちが競い合ってるんダ。マイニング専用工場を建ててるところもあるくらいだし、個人がマイニングで利益を出すのはちょっと難しいカモ

仮想通貨の投資方法

仮想通貨で儲けている人の多くは、仮想通貨投資により獲得した売却益で資産を増やしていることがわかりました。では、仮想通貨にはどのような投資方法があるのでしょうか。

次に仮想通貨の投資方法について確認していきましょう。

長期投資

長期投資は、購入した仮想通貨が将来値上がりすることを期待して、長期保有する投資方法。

短期の値動きを確認する必要がないため、相場が大きく変動しても神経質になる必要がないのがメリットです。

そのため、毎日値動きをチェックするのがつらい人や、仮想通貨の可能性に期待して投資したい人に向いている投資方法だと言えます。

しかし、価格が高いタイミングで購入してしまうと、損失が大きくなる可能性もあるのです。

また、株式は長期保有することで配当金がもらえますが、仮想通貨を保有しても配当金や分配金はもらえないため、複利効果が得られないのもデメリット。

長期投資をするなら、購入タイミングの分散、値下がりしたタイミングで購入するなどの工夫が必要です。

短期投資(現物取引)

短期投資は、短期間で仮想通貨を売買することにより、売却益の獲得を目指す投資方法。

仮想通貨は価格変動が大きいため、値下がりしたタイミングで購入し、値上がりしたタイミングですぐに売却するのを繰り返すことで、効率よく利益が得られる可能性があります。

また、予想外の値動きをしても、すぐに売却(損切り)すれば、損失を最小限に抑えられるのもメリットです。

しかし、短期投資は常に相場をチェックする必要があるため、仕事や私生活に支障が出る可能性があるのがデメリット。

自分が決めたルールに従い、取引する時間を自分でコントロールできる人に向いている投資方法です。

レバレッジ取引(信用取引・FX)

レバレッジ取引は、FX(外国為替証拠金取引)のように、レバレッジをかけて仮想通貨の売買を行う投資方法です。

レバレッジは取引所へ証拠金を預けることで、証拠金の数倍もの金額を動かせます。日本国内では最大25倍のレバレッジをかけることができ、用意できる投資資金が少額でも大きな額の取引が行えるため、効率よく利益を得られる可能性があるのです。

またレバレッジ取引は、現物取引と違い売りから入る(空売り)も可能。空売りとは、取引所から仮想通貨を借りて高いときに売り、安くなってから買い戻すことです。そのため、価格が下落しているときでも利益が得られます。

しかし、レバレッジをかけることで、逆に大きく損をする可能性もあり、レバレッジ取引は仮想通貨投資の中で最もハイリスク・ハイリターンの投資方法だと言えます。

短期投資と同様に、常に相場をチェックする必要もあるため、投資に十分な時間を使える方や上級者向けの投資方法です。

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨投資は『安く買って高く売る』だけのコトだから、仕組みとしてはとってもシンプルだヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

仕入れ値と販売の値段の差額で利益をだしていくって、つまりはお店みたいなものよね。じゃあ投資以外一択じゃないかしら

カネット XXX(表情名入力)カネット

デモネ、安く買ったつもりが値段が上がらないトカ、買った直後に大暴落を起こすトカ、仮想通貨投資にもデメリットはあるんだヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

あらそうなの……とりあえず今は、儲ける方法の一つとして考えておくわ。次よ次!

ビットコインをもらう方法

先ほど少し触れたように、一部の仮想通貨取引所やポイントサイトを利用すれば、ビットコインがもらえます。

ここでは、ビットコインをもらう方法について、詳しくお伝えします。

「bitFlyer」経由で商品やサービスを購入する

仮想通貨取引所の「bitFlyer」は、bitFlyer経由でインターネットサービスを利用するとビットコインをもらえるサービスを提供しています。

bitFlyerの「ビットコインをもらう」のページに掲載されている、宿泊予約サイトやネットショッピングなどの広告をクリックしてサービスを利用すると、利用額に応じてビットコインがもらえるのです。

もらえるビットコインの額は、「利用額の〇%」「〇円相当」など、利用するサービスによって異なります。

いつも利用しているサービスがあれば、bitFlyerを経由するだけでビットコインがもらえるので、非常にお得なサービスなのです。

もらったビットコインは現金に交換でき、FX取引に使うこともできます。

ポイントサイトを利用する

モナッピー

引用元:モナッピー

ビットコインをもらうもう一つの方法は、ポイントサイトを利用することです。

ポイントサイトとは、掲載されている広告を経由して商品を購入したり、アンケートやゲームに参加したりすることでポイントが貯められるサイトのこと。

大手ポイントサイトの「moppy(モッピー)」では、上図にあるように、貯めたポイントをビットコインに交換できるのです。

「bitFlyer」などの仮想通貨取引所と提携しており、moppyでは1P=1円相当の交換率で、500P単位で交換できます。

大きな金額にはならないかもしれませんが、ポイントサイトを利用するだけでビットコインがもらえる、お得なサービスです。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へぇ、取引所経由で買い物をしたらビットコインがもらえるんだ!通販のポイントの代わりにビットコインが付与される感じかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだヨ。特定の通販サイト内でしか使えないポイントよりも、どこでも使えるビットコインがもらえるのは嬉しいよネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ポイントサイトって、げん玉とかお財布.comみたいな『お小遣いサイト』だよね。今まではウェブマネーとかギフト券と交換してたけど、ビットコインとも交換できるのは嬉しいね!

仮想通貨で儲けるために必要な知識

仮想通貨で儲けるためには、最低限知っておくべき知識があります。ここでは、仮想通貨で儲けるために必要な知識についてお伝えします。

仮想通貨の基礎知識

仮想通貨で儲けるためには仮想通貨について勉強し、基礎知識を得ることが大切です。

勉強と言っても仮想通貨で儲けるためだけなら、長い時間をかけて学ぶ必要はなく、以下のような基本的な内容を把握しておくだけで問題ありません。

  • 仮想通貨とは何か
  • 仮想通貨の種類
  • 仮想通貨の購入方法
  • 法定通貨(円やドルなど)との違い
  • 仮想通貨のメリットと課題

仮想通貨の基礎知識を得るには、仮想通貨の解説書を一冊、あるいは仮想通貨取引所に掲載されている仮想通貨の説明ページ(例:ビットコインとは?)を読むのがおすすめ。

仮想通貨の仕組みは複雑で理解するのが難しいですが、書籍や取引所の説明ページには、仮想通貨の基礎知識がわかりやすく説明されているので、取引を始める前に読んでおくとよいでしょう。

実際に取引を始めると、勉強して得た知識が体験として理解でき、さらに知識が深まっていきます。
※参考:ビットコイン(Bitcoin)とは?

仮想通貨取引所ごとの特徴

仮想通貨を取引するには、仮想通貨取引所にアカウントを開設する必要があります。

国内には「bitFlyer」「Zaif」「GMOコイン」をはじめ、多くの仮想通貨取引所が存在し、それぞれ取扱通貨や手数料、サービス、安全性などに違いがあるため、取引所ごとの特徴を知っておくことが重要です。

たとえば、「bitFlyer」には国内取引所で唯一、不正出金の補償制度(一定の要件あり)があり、不正な日本円出金を最大500万円まで補償してくれるのです。

コイン積立

引用元:Zaifコイン積立

また、「Zaif」は取扱通貨の種類が多いのが特徴で、国内取引所で唯一、仮想通貨を積立で購入できるサービスを提供しています。

さらに、「GMOコイン」は仮想通貨FXに力を入れているのが特徴で、高性能アプリを提供しています。このように、取引所ごとに特徴や強みが異なるため、何を重視するかによって利用する取引所が選ぶ必要があるのです。

セキュリティ対策

仮想通貨で儲けるためには、セキュリティ対策の知識も必要です。

仮想通貨には銀行預金や有価証券のような保護制度がないため、仮想通貨取引所に預けてある資産がハッキングにより失われても、基本的には何も補償してもらえません。

そのため、ログインパスワードをこまめに変更する、二段階認証を設定するなど、最低限のセキュリティ対策が必要なのです。

また、購入した仮想通貨は取引所に預けたままにせず、個人管理のウォレットに送金してオフラインで保管するという方法もあります。

仮想通貨に投資をして利益を得ても、資産を失ってしまっては意味がありません。

仮想通貨の取引は自己責任であるため、ハッキングから大切な資産を守るために、個人でできるセキュリティ対策について調べておきましょう。

税金

仮想通貨で儲けるためには、仮想通貨の税金についても理解しておく必要があります。

上場株式等を売却して利益を得た場合、売却益は譲渡所得(申告分離課税)に該当し、20.315%の税金がかかります。

基本的に確定申告が必要ですが、特定口座で「源泉徴収あり」を選択すれば、確定申告不要にすることもできるのです。

しかし、仮想通貨は雑所得に該当し、総合課税に区分されるため、税率は住民税と合わせて15~55%になるのです。

また、仮想通貨は円に戻したときだけでなく、仮想通貨を他の仮想通貨に交換(例:ビットコインをイーサリアムに交換)したときや、仮想通貨を使って商品を購入したときも課税対象になります。

そのため、仮想通貨の税金について理解しておかないと、課税所得を計算できない、予想以上に税金がかかって納税資金を用意できないといったトラブルが起こるかもしれません。

仮想通貨の取引を始める前に、仮想通貨の税金について確認しておきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨で儲けるためには、仮想通貨を理解しとかないとダメなんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨のことを知ってる方が、どうやれば儲けやすいか分かるようになってくるんダ。技術や知名度、どんな仮想通貨に育つかモ見えてくるからネ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

確かに、最終的には仮想通貨を売却して利益を出すんだから、自分が何を仕入れて売ろうとしているかの把握は大事よね

仮想通貨を購入するときにおさえておくべきポイント

仮想通貨で儲けるためには、どのように購入するかも重要です。

最後に仮想通貨を購入するときのポイントをお伝えします。確実に儲かるわけではないため、あくまでも自己責任であることにご注意ください。

余剰資金で購入する

仮想通貨は価格変動が大きく、ハッキングにより資産を失うリスクもあるため、仮想通貨投資はハイリスク・ハイリターンの投資だと言えます。

そのため、最悪失っても生活に支障がない、余剰資金で購入することが大切です。

資産の大半を仮想通貨につぎ込んで、運よく資産を大きく増やすことに成功した人はいます。

しかし、絶対に儲かる投資はなく、仮想通貨を購入したことで資産を失い、借金を背負うことになった人もいるのです。

取り返しのつかないことにならないように、いくらまで投資するかを決めておき、その額以上は購入しないようにしましょう。

大きく値上がりしたときに購入しない

大きく値上がりしているときは、相場が盛り上がっているので、乗り遅れまいと多くの人が急いで購入します。

しかし、投資で儲けるには「安く買い、高く売る」ことが鉄則。

大きく値上がりしたタイミングで慌てて購入すると、「高く買う」ことになり、購入後に大きく値下がりして損をする可能性があるのです。

そのため、長期投資の場合は多くの人が買わない、大きく値下がりしたタイミングで購入するほうが安く買え、将来の値上がりを期待できます。

もちろん、投資に絶対はなく、相場環境などから慎重に判断する必要はありますが、少しでも安く買うことを重視するなら、大きく値下がりしたときを狙うとよいでしょう。

購入タイミングを分散する

仮想通貨を購入するときは、一度に購入するのではなく、何度かに分けて購入し、購入タイミングを分散することも有効です。

投資資金を一度にすべて使ってしまうと、その後にさらに値下がりしたときに追加購入ができず、大きく損をする可能性もあります。

しかし、購入タイミングを分散させれば、値下がりしたときに追加で投資でき、大きく損をする可能性も低くなるのです。

価格変動を予想するのが難しい場合は、積立のように毎月同じ金額を、同じタイミングで購入するのもひとつの方法(ドル・コスト平均法)。

「毎月同じ日に1万円分のビットコインを買う」と決めておけば、安値のときは多く、高値のときは少なく買うことになり、結果的に購入価格を平準化できるため、大きく損をするリスクを下げられるのです。

購入通貨を分散する

仮想通貨を購入するときは、ひとつの通貨だけではなく、複数の通貨を購入することで大きく損をするリスクを下げられる可能性があります。

たとえば、Aコインにだけ投資をしていた場合、Aコインが大きく値下がりすると、損失も大きくなります。

しかし、Bコイン、Cコインも購入してれば、たとえAコインの価格が半分になっても、Bコイン、Cコインが値上がりすれば、資産全体ではプラスになることもあるのです。

ひとつの通貨に集中投資したほうが、値上がりしたときには大きな利益が得られますが、値下がりしたときの損失も大きくなります。

そのため、大きな利益を得ることよりも、損をするリスクを下げることを重視するなら、購入通貨を分散するのが有効なのです。

複数の仮想通貨取引所を利用する

仮想通貨の取引をするときは、複数の仮想通貨取引所を利用するのがおすすめ。

取引所にはハッキングや破綻するリスクがあるため、利用する取引所をひとつに絞ると、投資した資産をすべて失う可能性があるのです。

日本では実際に、2014年にビットコイン取引所の「マウントゴックス」が、顧客のビットコインを消失して破綻する事件、そして、2018年1月には「Coincheck」がハッキングにより580億円分のネムを不正流出させる事件が起きています。

また、システムトラブルなどで一時的に利用できなくなる可能性もあり、ひとつの取引所しか利用できないと、投資機会を失う可能性もあるのです。

投資金額が少額のうちはひとつの取引所でも問題ありませんが、投資金額が増えてきたら、リスクヘッジのために複数の取引所を利用するとよいでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

初心者がまず注意すべき点は、余剰資金を使うのは大前提として、購入価格の平均化と購入通貨の分散カナ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

えー……もしもこの先、1BTCが1億円になるっていう絶対的な確証があっても、全額つぎ込んじゃダメなの?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ダメだヨ。リスクの分散は仮想通貨投資における『絶対』だヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

でもビットコインが1番値段の上がり方が激しいし……1億円とまではいかなくても、大儲けできると思うんだけど

カネット XXX(表情名入力)カネット

それに、利益率で言えばもっと安値のコインの方がよかったりするヨ。例えば1BTCが100万円のビットコインが1億円になるよりも、1枚0.1円のコインが1万円になる方が値段の上がり方がすごいのはわかるよネ?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

あっ、言われてみれば!同じ100万円あるなら、1枚0.1円のコインを1000万枚買っといた方が利益率が高い!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

なるほど、一攫千金を狙うなら、目先の利益だけにこだわってちゃダメなのね……目からうろこだわ……!

仮想通貨で儲ける方法やおさえておくべきポイントを理解して、仮想通貨の取引を始めよう!

仮想通貨で儲けている人の多くは、株式や投資信託と同じように仮想通貨に投資し、売却益を得ることで資産を増やしています。

しかし、仮想通貨ならではの特徴やハッキングリスク、取引所破綻リスクなどもあるため、仮想通貨で儲けるには、仮想通貨の基礎知識やリスクを理解しておく必要があるのです。

また、仮想通貨を購入すれば必ず儲かるわけではなく、大きく損をする可能性もあるので、あくまでも自己責任であることに注意してください。

仮想通貨で儲ける方法やおさえておくべきポイントを理解して、仮想通貨の取引を始めましょう。