仮想通貨の入手方法はこんなにもあった!取引所以外での入手方法を紹介

仮想通貨の入手方法はこんなにもあった!取引所以外での入手方法を紹介

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨を買う場所とい言えば取引所だけド、実は取引所以外でも仮想通貨をゲットすることが可能なんだヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

えっ、それってつまり…タダってことかしら……?

カネット XXX(表情名入力)カネット

タダで入手する方法もあるけど、まずは順番に1つずつ見ていこうカ!

仮想通貨の一般的な入手方法は取引所を利用すること。仮想通貨取引所に口座開設をして入金さえすればすぐに購入できるからです。

しかし仮想通貨の入手方法は、取引所での購入だけではありません。マイニングや無料配布キャンペーンに参加するなど、仮想通貨を入手する方法は多くあります。

さまざまな入手方法を知っていれば、仮想通貨投資の幅も広がるはずです。

そこで今回は、仮想通貨の入手方法にはどのようなものがあるかを詳しく説明していきます。

仮想通貨を購入する

仮想通貨の最も簡単な入手方法は日本円での購入です。まずは仮想通貨がどこで購入できるのかを確認していきましょう。

仮想通貨取引所で入手する

仮想通貨はビットフライヤーやザイフ、GMOコインなどの仮想通貨取引所で購入するのが一般的です。

仮想通貨取引所の中には、運営会社と直接売買する販売所と、仮想通貨を買いたい人と売りたい人とが個人で売買を行う取引所の2つがあります。

取引相手が違うものの、どちらも日本円と仮想通貨での売買、仮想通貨同士の売買です。つまり、仮想通貨取引所は「仮想通貨を売買する場所」と覚えておくといいでしょう。

ただし、仮想通貨取引所を利用するには自分専用の口座開設が必要です。手続きには本人確認などが必要ですが、決して難しいことはありません。

まだ仮想通貨を持っていないという人は、まずは取引所で購入するのがいいでしょう。

仮想通貨のATMで入手する

ATM

引用元:ビットコインATM

仮想通貨取引所と同様に、日本円で仮想通貨を購入できるのが仮想通貨専用のATMです。

仮想通貨ATMは、仮想通貨の売買を行う機械。現金で仮想通貨を購入して自分のウォレット(仮想通貨を保管する場所)に入れたり、ウォレットにある仮想通貨を売却して現金を受け取ったりができます。

ただし、仮想通貨ATMが対応しているのはビットコインのみ。イーサリアムやリップルなどのアルトコインは購入できません。

また、国内の仮想通貨ATMの台数は非常に少なく、東京を中心に数十台しかありません。しかも、そのほとんどが営業を停止した状態になっています。これは2017年10月の資金決済法が改正されたことで、政府から認可を受けた業者でなければ仮想通貨の取引ができなくなったためです。

もちろん、まだ営業しているものもあるので、仮想通貨ATMが近くにあってビットコインが欲しいという方は利用するのもいいでしょう。

ただし上記の理由から多くの人にとっては、あまり利用の機会がないものだと理解しておいてください。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨ATMなんて存在したんだ?でも、一回も見たことないや

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

確かに、仮想通貨ATMは見たことないわ……ツイッターで検索したら出てくるんだけど、結構前のツイートだったりするわね

カネット XXX(表情名入力)カネット

説明した通り、仮想通貨に関する法律が変わった影響で仮想通貨ATMはほぼ撤去されていると言ってもいいネ。まだ残ってる仮想通貨ATMがなくなるのも時間の問題カモ

仮想通貨を購入せずに入手する方法

ここでは、仮想通貨をお金で購入する以外の方法を確認していきましょう。

マイニングで入手する

仮想通貨はマイニングという作業により新規発行されています。このマイニングが仮想通貨を購入せずに入手する方法のひとつです。

マイニングとは仮想通貨の取引データをブロックチェーン(ネット上にある取引台帳)に追加する作業のこと。この作業が行われることでビットコインの新規発行が行われるのです。

マイニングを行うには、高性能コンピューターによる複雑で莫大な計算が必要になります。そして、この計算を最初に完了したコンピューター(コンピューターの所有者)に、報酬とし新規仮想通貨が与えられるのです。

本来マイニングは、コンピューターがあれば誰でも参加が可能です。しかし競争率の高いビットコインのマイニングで一番になるには、高性能なコンピューターが数千台、そしてそれを動かす高額な電気代が必要になります。

そのため、マイニングによってビットコインの報酬を受け取っているのは資金力のある企業ばかり。個人がマイニングでビットコインを手に入れるのは不可能です。しかし、まだ価格が安くて競争率が低いアルトコインであれば、個人でマイニングできる可能性も十分にあります。

専用アプリやコンピューターを利用すれば、特別な知識や技術がなくてもマイニングの参加は可能です。マイニングで得た仮想通貨の価値が数年後に高くなり、大きな利益が得られることも十分に考えられるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

ポイントと交換して入手する

仮想通貨は、ポイントサイトで貯まったポイントと交換して入手する方法もあります。

ポイントサイトはお小遣いサイトや換金サイトとも呼ばれており、広告クリックやアンケートへ回答の報酬としてポイントが貰えるもの。そして、そこで貯まったポイントをさまざまな商品や現金、ギフト券などに交換できるのです。

ポイントサイトは数多くありますが、その中にポイントとビットコインを交換してくれるサイトがあります。

ポイントサイト最低交換ポイント交換取引所
PeX500円ビットフライヤー
PointExchange500円
Gポイント1000円
ポイントタウン500円
モッピー500円
ポイントインカム500円
ポイントオン500円

これが全てではありませんが、上記のサイトでポイントとビットコインの交換が可能です。ただし、ポイント交換はビットフライヤーを経由して行うことになります。そのため、事前にビットフライヤーの口座開設が必要です。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ポイントサイトだと、ポイントサイト側で資料請求したり会員登録したりする必要があるけど、取引所から直接購入する必要はないヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

マイニングってやつでも無料で入手できるの?なんだか仕組みが難しそうだけど……

カネット XXX(表情名入力)カネット

簡単に説明すると、自分のパソコンを使って計算することで仮想通貨をもらえるんダ。基本的に専用のマシンが必要だけど、仮想通貨の種類によってはインターネットブラウザ上でボタンを押すだけでマイニングできたりするヨ

無料で仮想通貨を入手する方法

仮想通貨は無料で入手できる方法もあります。リスクが高いと言われる仮想通貨投資も、無料で始められれば損失が出ることはありません。

ここでは、仮想通貨を無料で入手する方法を確認していきましょう。

取引所のキャンペーンで入手する

キャンペーン情報

引用元:キャンページ

日本国内の仮想通貨市場が大きく広がったことで、多くの仮想通貨取引所が開設されています。これらの取引所が安定した運営を行うためには、利用者を増やさなくてはなりません。そのため、各取引所はさまざまなサービスを展開しています。

そのひとつが、仮想通貨を無料でプレゼントするというキャンペーンです。DMMビットコインでは2018年3月31日までに口座開設するだけで、1000円分のビットコインをプレゼントするキャンペーンを行っています。

また過去にはザイフが、自社Twitterのフォロワー3000人にザイフトークン(ザイフ独自の仮想通貨)を無料で配布するキャンペーンを行っていました。

今後もさまざまな企業が仮想通貨取引所へ参入する可能性があります。そうなれば、仮想通貨を無料配布するキャンペーンも増えてくるはずです。

しっかりと情報を集めて、仮想通貨を無料で入手するチャンスを逃さないようにしましょう。

エア・ドロップで入手する

もうひとつ仮想通貨を無料で入手できるのが、エア・ドロップというイベントに参加することです。

エア・ドロップとは空からバラまくという意味で、その言葉どおり仮想通貨を希望者にバラまくイベントのことを指します。このエア・ドロップは新しく誕生した仮想通貨を多くの人に知ってもらうために行う、一種のプロモーションイベントです。

仮想通貨の価値は多くの人が保有し、市場の流通量が増えることで上がっていきます。そのきっかけを作るために、まずは無料で配布して保有者を増やすのです。

ただしエア・ドロップで入手できる仮想通貨は、基本的に作られたばかりのマイナーなものばかり。手に入れた時点では、ほぼ価値はありません。

しかし、一時200万円以上まで値上がりしたビットコインも、作られた当初はほぼ無価値でした。つまり、エア・ドロップで入手した仮想通貨の価値が数年後に高騰する可能性も十分にあるのです。

仮想通貨を無料で貰って損をすることはありません。取引所のキャンペーンやエア・ドロップなどのチャンスがあれば、積極的に参加することをオススメします。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

エアドロップって、ようは試供品のサンプルみたいな感じなのね

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

知名度アップのために無料で仮想通貨を配れば、SNSでみんなが『ここで無料配布やってる!』って拡散してくれるもんね

カネット XXX(表情名入力)カネット

エアドロップは何のリスクもなく仮想通貨がもらえるから、できるだけ参加しておいて、仮想通貨をもらっておこうネ!

個人で仮想通貨を入手するにはウォレットが必要

取引所で購入した仮想通貨は、取引所が保管してくれています。しかし、取引所以外で入手する場合には、ウォレットと呼ばれる仮想通貨の保管場所を自分で用意する必要があるのです。

このウォレットには大きく分けると3つの種類があります。それぞれの特徴を確認していきましょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは仮想通貨取引所と同じように、インターネット上でブラウザを介して使用します。

開設はとても簡単で手軽に利用できますが、IDとパスワードだけで管理しているものが多く、フィッシング詐欺やハッキングの被害に遭いやすいというデメリットもあります。

便利なものではありますが、セキュリティ面で不安があることを理解しておきましょう。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは、スマートフォンにアプリをインストールして使用します。

自分のスマートフォンからしかアクセスできないため、なりすましなどの被害に遭いにくいというメリットがあります。セキュリティと手軽さを考えると、最も使いやすいウォレットと言えるでしょう。

ただし、スマートフォンを紛失したり、盗難にあったりすると元も子もありません。十分に気をつけることが必要です。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、専用の端末を使用して仮想通貨の暗号を保存します。

インターネットに繋がっていない状態で保管をするため、ハッキングされることがありません。セキュリティ面では最も強いものですが、専用の機材を購入し管理する必要があります。相場は1万5千円以上と決して安くないことを理解しておきましょう。

ウォレットには以上のような種類があります。セキュリティや使いやすさなどの特徴を知った上で、自分に合ったウォレットを選ぶといいでしょう。ただし、どのウォレットも取引所のように複数の種類の通貨を一緒に保管できません。仮想通貨の種類ごとに用意する必要があるので注意しましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

えーっと……ウォレットっていうのがお財布で、仮想通貨ごとに別々のお財布を用意する必要があるの?

カネット XXX(表情名入力)カネット

半分正解だネ。たとえば、Aブランドのウォレットはビットコインとイーサリアム、リップルを保管できるけど、Bブランドのウォレットはビットコインとネムコインしか保管できない、Cブランドのウォレットは、ビットコインしか保管できない……みたいに考えてくれればいいヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

なるほど。ウォレットはブランド……種類によっては、複数保管できるものもあれば1つしか保管できないものもあるのね。で、全ての仮想通貨をまるごと保管できるウォレットは存在しないと

さまざまな方法で仮想通貨を入手しよう

仮想通貨の入手方法は、仮想通貨取引所での購入だけではありません。マイニングやポイント交換、エア・ドロップなどのイベントへの参加といった方法でも仮想通貨を入手することができます。

今後さらに仮想通貨の利用が広がれば、買い物のポイント還元や、ギフトカードのようなプレゼントと同じように、仮想通貨が使われるかもしれません。

入手した仮想通貨の価値が上がり、大きな利益を得る可能性は十分にあります。いろいろな入手を活用してチャンスを掴みましょう。