仮想通貨のペーパーウォレットとは?仕組みや安全性、作り方を徹底解説!

仮想通貨のペーパーウォレットとは?仕組みや安全性、作り方を徹底解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

今日は仮想通貨のペーパーウォレットについてと、その作り方を解説するヨー!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ペーパーウォレットって、もはやただの紙幣なんじゃないの?うーん……それなら日本円を使った方が良いような……?

カネット XXX(表情名入力)カネット

お金として使うなら紙幣をそのままの方がいいカモネ!でも、ペーパーウォレットは仮想通貨の保管場所としてはとっても優秀なんだヨ!早速見ていこうカ!

仮想通貨を安全に管理するには、仮想通貨取引所に預けたままにせず、ウォレットを作成して自分で管理するのがおすすめです。

もし、仮想通貨取引所がハッキングされて、預けてある仮想通貨を盗まれてしまうと、保有通貨をすべて失う可能性があるからです。

自分で作成できるウォレットにはさまざまな種類がありますが、その中でもセキュリティが高いのがペーパーウォレット。

ペーパーウォレットはウォレットアドレスと秘密鍵を印刷して保管するタイプのウォレットで、オフライン環境で保存できるため、基本的にはハッキングリスクがないのです。

今回は仮想通貨のペーパーウォレットとは何か、そしてメリットやデメリット、作り方についても詳しく解説します。

仮想通貨のペーパーウォレットとは

そもそも仮想通貨のペーパーウォレットとは、どのようなものなのでしょうか。まずはペーパーウォレットの特徴や作り方について確認していきましょう。

ペーパーウォレットとは

ペーパーウォレットとは、ウォレットアドレスと秘密鍵を紙に印刷して保管するタイプのウォレットです。

上図はペーパーウォレットのイメージで、左側がウォレットアドレス、右側が秘密鍵を表しています。

銀行預金に当てはめると、ウォレットアドレスは銀行口座、秘密鍵は暗証番号のような役割があるのです。

印刷したペーパーウォレットのアドレス宛に送金をすれば、ウォレットで仮想通貨が保管できます。そして、出金するときは秘密鍵のQRコードを読み込んで、出金先のアドレスに送金するのです。

オフライン環境で仮想通貨を保管できる

ペーパーウォレットの強みは、仮想通貨をオフライン環境で保管できることです。

仮想通貨のウォレットは「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の二種類。ホットウォレットはオンライン、コールドウォレットはオフラインで保管することを意味します。

パソコンやスマートフォンで利用するウォレットは、ウォレットアドレスと秘密鍵の管理をサイト管理者に一任するか、自分の端末内で管理することになります。

そのため、持ち運びやすく、複数の端末で使えるなど利便性が高いのがメリットです。しかし、オンラインで保管するホットウォレットであるため、ハッキングリスクが高いデメリットもあります。

しかし、ペーパーウォレットは仮想通貨をオフラインで保管できるコールドウォレットであるため、基本的にはハッキングリスクがないのです。

ペーパーウォレットの作り方

ペーパーウォレットを利用するときの、簡単な作り方の流れは以下の通りです。

1.公式サイトにアクセスしてダウンロード
2.インターネット接続を切りオフラインの状態にする
3.ペーパーウォレットを作成して印刷
4.他のウォレットから出金

ここでは、ビットコインのペーパーウォレット「bitaddress.org」を例に、作り方の流れを確認していきましょう。

公式サイトにアクセスしたら、画面左下の「ZIP」をクリックしてダウンロードをします。

ダウンロードが完了したら、インターネットの接続を切ってパソコンをオフラインの状態にしましょう。

ファイルをダウンロードせずにオンライン環境で作成することもできますが、ハッキングリスクを下げるために、ダウンロードしてオフライン環境で作成するのがおすすめです。

次に、ZIPファイルの中にある「bitaddress.org」をダブルクリックしましょう。

すると、上図のような画面が表示されるので、%の数字が100%になるまでマウスを左右に動かす、またはtextbox右横のボックス内に文字を入力します。

そして、%の数字が100%になったら、ウォレットアドレスと秘密鍵が生成され、上図のような画面に切り替わります。

あとは印刷して、仮想通貨取引所からアドレス宛に仮想通貨を送金すれば完了です。

ペーパーウォレットから保管中の仮想通貨を送金する場合は、モバイルウォレットなどで秘密鍵のQRコードを読み取って送金を行います。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ペーパーウォレットはオフライン下で作ることをオススメするヨ!作ったものは印刷して、取引所から仮想通貨を送金すればそれでOKだからネ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ペーパーウォレットに対応しているのはビットコインだけなのかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

イーサリアムやリップルなんかでもペーパーウォレットは作れるヨ!ただし、ペーパーウォレットが作れるサービスのフリをして、秘密鍵を聞き出そうとするツールもあるから要注意だネ!

ペーパーウォレットのメリット

次に、仮想通貨の管理をペーパーウォレットで行うメリットについて確認していきましょう。

ハッキングリスクがない

ペーパーウォレットの最大のメリットは、ハッキングリスクがないことです。

ペーパーウォレットはインターネットから完全に切り離されているので、ハッキングされる心配がありません。

ただし、ペーパーウォレットをオンライン環境で作成してしまうと、作成時に秘密鍵を知られてしまう可能性があるので、完全にハッキングを防ぐためにオフライン環境での作成を徹底しましょう。

ペーパーウォレットを貸金庫などで保管し、第三者に秘密鍵を見られなければ、自分以外は誰もウォレットから仮想通貨を取り出せません。

長期保有しやすい

仮想通貨を長期保有しやすいのも、ペーパーウォレットのメリットです。

パソコンやスマートフォンで利用するタイプのウォレットは、ウォレットを簡単に操作できるので、長期保有すると決めていても、値動きの状況によっては取引をしたくなるかもしれません。

しかし、仮想通貨をペーパーウォレットで保管すれば、出金に少し手間がかかるので、取引をしたい気持ちを抑えやすく、長期保有に向いているのです。

そのため、ペーパーウォレットは頻繁に取引をしない、長期保有派の人に向いているでしょう。

無料で複数のウォレットが作成できる

ペーパーウォレットは、無料で簡単に複数のウォレットが作成できるのもメリットです。

たとえば、複数のペーパーウォレットを作成し、仮想通貨の保管先を分散すれば、盗難リスクが下げられます。

また、作成したペーパーウォレットに1,000円分の仮想通貨を送金し、そのペーパーウォレットをプレゼントするという使い方も可能です。

このように、紙に印刷するペーパーウォレットだからこそ、できることがあるのです。

カネット XXX(表情名入力)カネット

若干の手間はあるけれど、無料で1番安全に仮想通貨を保管できる方法がペーパーウォレットなんダ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へぇ~じゃあ僕の0.001ビットコインもペーパーウォレットに保管した方がいいかな?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ウーン……金額が金額なのもあるけれど、ペーパーウォレットにはデメリットもあるカラ、それを確認してからにしてネ!

ペーパーウォレットのデメリット

ペーパーウォレットには、デメリットもあります。詳しく確認していきましょう。

紛失リスク

ペーパーウォレットは、ウォレットアドレスや秘密鍵を紙に印刷して保管するため、その紙を紛失するリスクがあります。

ペーパーウォレットを印刷した時点できちんと保管せず、机の上などに置きっぱなしにしていると、不要な書類だと勘違いして捨ててしまうかもしれません。

また、一緒に住んでいる家族が掃除をするときに、他のゴミと一緒に処分してしまう可能性もあります。

ペーパーウォレットは紛失しないように、作成したらすぐに安全な場所への保管が大切です。

盗難リスク

ペーパーウォレットは、印刷した紙を盗まれてしまう盗難リスクがあります。

かばんや財布に入れて持ち歩いていると、かばんや財布が盗まれる可能性がありますし、自宅の手提げ金庫に保管をしても、金庫ごと盗まれてしまうかもしれません。

そのため、盗難リスクに備えるなら、銀行の貸金庫などを利用するのがおすすめです。

半年で1~2万円程度の利用料がかかりますが、ペーパーウォレットを安全に保管するなら、必要な費用だと考えられるでしょう。

インクや紙の劣化・破損

ペーパーウォレットは紙に印刷するため、インクや紙の劣化や紙を破損する可能性があるのもデメリットです。

長期間保管することによってインクや紙が劣化し、秘密鍵が読み取れなくなると、保管している仮想通貨を取り出せなくなるリスクがあります。

また、誤って紙を破損してしまうと、インクや紙の劣化と同じく保管している仮想通貨を取り出せなくなるかもしれません。

そのため、ペーパーウォレットは大切に扱い、インクや紙の劣化を定期的に確認する必要があります。

利便性が低い

ペーパーウォレットは、パソコンやスマートフォンで操作をするウェブウォレットやモバイルウォレットに比べると、利便性が低いのもデメリットです。

IDとメールアドレスで利用するウェブウォレットなら、どの端末でも利用できますし、秘密鍵の管理はサイト管理者に任せられるので手間がかかりません。

また、モバイルウォレットはスマートフォンで操作ができるので持ち運びやすく、仮想通貨を決済に利用することも可能です。

しかし、ペーパーウォレットは紛失リスクや盗難リスクがあるので、持ち運びには不向きですし、決済に利用することもできません。

ペーパーウォレットは、利便性が悪いからこそ長期保有に向いていますが、利便性を重視する場合は他のウォレットを検討したほうがよいでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ペーパーウォレットで気をつけたいのは物理的な紛失とその手間だネ。だからこそ、頻繁に利用しない金額の保管に向いているとも言えるヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

確かに0.001BTCなんか、いつ動かすかわからない額だなぁ……。いちいち出し入れするのもめんどくさそうだし、僕は今回やめておくことにするよ……

ペーパーウォレットを利用するときの注意点

ここでは、ペーパーウォレットを利用するときの注意点についてお伝えします。

印刷した紙の取り扱いに注意する

ペーパーウォレットは紙に印刷して利用するので、印刷した紙の取り扱いに注意が必要です。

印刷してアドレス宛に仮想通貨を送金したら、紛失を防ぐためにそのまま置きっぱなしにせず、必ず安全な場所に保管しましょう。

また、紙の劣化を防ぐには、折り曲げずにそのままクリアフォルダーなどに入れて保管するのがおすすめです。

ペーパーウォレットは重要種類だと認識し、大切に取り扱いましょう。

安全な場所に保管する

先ほども紹介したように、ペーパーウォレットには盗難リスクがあるので、安全な場所に保管することも大切です。

少額の仮想通貨を短期間保管する目的でペーパーウォレットを利用するなら、自宅の引き出しや金庫の中でも問題はないでしょう。

しかし、大量の仮想通貨を長期間保管するなら、自宅での保管はリスクが高いので、銀行の貸金庫などを利用するほうが安心です。

たとえば、300万円分の仮想通貨が入ったペーパーウォレットを自宅に保管するのは、300万円の現金を銀行口座に預けずに、そのまま自宅に保管してあるのと同じようなものです。

年間1~2万円程度の利用料はかかりますが、安全に保管するなら銀行の貸金庫の利用がおすすめです。

バックアップを取っておく

ペーパーウォレットを利用するときは、バックアップとして複数枚印刷しておくのがおすすめです。

もしペーパーウォレットを紛失しても、バックアップ用に印刷したものがあれば、保管している仮想通貨を取り出すことができるのです。

ただし、バックアップ用に印刷したペーパーウォレットを適切に保管しないと、やはり盗難リスクがあります。

そのため、バックアップとしてペーパーウォレットを複数枚印刷する場合は、バックアップ分の保管方法も考えておきましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ペーパーウォレットは紙だからネ。けして無くさないようにするのと、万が一無くしたらすぐに対応できるようにする必要があるヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

もしも無くしてしまったら、予備で印刷しているウォレットから仮想通貨を引き出して、また新しいペーパーウォレットに入れる必要があるんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!ペーパーウォレットには秘密鍵が印刷されているカラ、もし第三者に拾われていたら資産を無くすリスクが高いヨ!

おすすめのペーパーウォレットを3つ紹介

最後に、おすすめのペーパーウォレットを3つ紹介します。

bitaddress.org

bitaddress.orgはビットコインを保管できるペーパーウォレットで、ビットコイン用のペーパーウォレットでは利用者が多いウォレットのひとつです。

ファイルをダウンロードしてオフラインで作成できるので、ハッキングリスクを避けるために、オフラインでビットコインを保管したい人に向いています。

簡単な操作で作成できるので、英語のままでも問題ないと思いますが、日本語に対応しているので、英語が苦手な人でも安心です。

bitaddress.orgは、ビットコインをペーパーウォレットで保管するならぜひ利用したい定番のウォレットです。(参考:https://www.bitaddress.org/

ripply paper wallet

ripply paper walletは、リップルに対応したペーパーウォレット。

ripply paper walletはインターネット上に多くの情報が発信されており、リップルを安全に保管したい多くの人が利用しています。

bitaddress.orgと同じように、ZIPファイルをダウンロードしてオフライン環境で作成できるので、ハッキングリスクがほとんどないのが特徴です。

リップルをオフライン環境で安全に保管したい人は、ripply paper walletを利用するとよいでしょう。(参考:https://github.com/tagawa/ripply-paper-wallet

MyEtherWallet

MyEtherWalletは、イーサリアムやイーサリアムクラシック、イーサリアム系のトークンに対応したウォレット。

ウェブウォレットやソフトウェアウォレットもありますが、上図のように印刷してペーパーウォレットを作成することもできます。

そのため、イーサリアムをより安全に保管したい場合は、ウェブウォレットのようなオンライン環境ではなく、ペーパーウォレットを利用するのがおすすめです。

ただし、bitaddress.orgやripply paper walletのように、ペーパーウォレット専門ではないので、作成方法が若干異なることに注意が必要です。

参考:https://www.myetherwallet.com/

カネット XXX(表情名入力)カネット

どのペーパーウォレットも、オフライン環境で作成してネ。今回紹介した以外にもペーパーウォレット作成サービスはあるだろうけれど、ネットの接続は絶対に切るようニ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ふむふむ。いっそのことLANケーブルを引っこ抜いたり、Wi-Fiをオフにするくらい徹底的にやったほうが良さそうだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

まさにその通りだヨ。あと、秘密鍵の入力を求めてくるペーパーウォレット作成サービスがあったら、そのサービスは使わないようにネ!

ペーパーウォレットのメリットやデメリットを理解したうえで、仮想通貨を安全に保管しよう!

ペーパーウォレットは、ウォレットアドレスと秘密鍵を紙に印刷して保管するので、基本的にハッキングリスクがないのがメリットです。

インターネットから切り離されており、金庫などに保管できるので、ハッキングを気にすることなく大量の仮想通貨を安全に保管できるのです。

しかし、ペーパーウォレットには紙の劣化や紛失リスク、盗難リスクもあるため、保管方法をよく検討したうえで利用する必要があります。

ペーパーウォレットのメリットやデメリットを理解したうえで、仮想通貨を安全に保管しましょう。