クリプトジャックってなに?仮想通貨マイニングに無断でパソコンが使われている!

クリプトジャックってなに?仮想通貨マイニングに無断でパソコンが使われている!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

あれっ、昨日の晩に充電して来たのに、もう20%しかない……まだ12時なのに困ったなぁ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

それって、スマホゲームやネットサーフィンのしすぎじゃない?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

スマホゲームは今日朝起きてから触ってないし、ネットサーフィンもほら、このサイトを開いてそのまま放置してるだけなんだよ。おかしいなぁ

カネット XXX(表情名入力)カネット

サトシくん、もしかしたらそれはクリプトジャックの被害に遭ってるかもしれないヨ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

クリプトジャック!?なにそれ……怖いけど詳しく教えて!

仮想通貨マイニングのために、他人のパソコンを無断で使用する「クリプトジャック」が大きな問題になっているのを知っていますか?

クリプトジャックはウイルスのようなもので、被害に合っていることすら気づけないことがほとんどです。そのため、知らないうちにあなたのパソコンの容量や電気が消費されている可能性もあります。

そこで今回は、クリプトジャックの被害に合わないために、そもそもクリプトジャックとはどんなものか?そして、正しい対策方法を確認していきましょう。

クリプトジャックでパソコンが乗っ取られる?

クリプトジャックはウェブサイトを利用している人のパソコンが乗っ取られ、知らないうちに仮想通貨の「マイニング」に利用されることです。

クリプトジャックについてより詳しく知るためには、マイニングついて理解する必要があります。

「マイニング」とは?

仮想通貨は、その取引を「ブロック」と呼ばれる単位に記録することで成り立っています。よく耳にする「ブロックチェーン」技術とは、「仮想通貨の取引記録をつなげる」ことを意味しているのです。

新しい取引が行われるたびに「ブロック」がブロックチェーン上に追加されるのですが、ブロックを記録するためには、コンピューターでの膨大な計算処理が必要になります。

その計算があまりにも膨大であるため、世界中のコンピューターを使って計算をする仕組みになっています。これが「マイニング」と呼ばれるものです。

そして、マイニングの参加者(以下マイナー)の中で、最初に追加処理を成功させた人に報酬として、新しく発行される仮想通貨が支払われます。

なぜクリプトジャックは行われるのか?

本来マイナーは、仮想通貨を得るために自分のコンピューターを使って、自らの意思でマイニングを行います。

しかし、莫大な計算処理を成功させるには、数百台の高性能なコンピューターが必要です。さらに、それらを稼働させるには多額の電気代を払わなくてはなりません。そのため、個人が自分のコンピューターだけを使ってマイニングを成功させることは不可能です。

そこで、他人のパソコンを無断で使ってマイニングをするクリプトジャックという考えが生まれたのでしょう。

クリプトジャックを何百、何千の人に仕掛ければ、数百台の高性能なコンピューター、そして多額の電気代の必要なく、マイニング報酬が得られる可能性があります。これを狙って、ウイルスのように多くの人にクリプトジャックを仕掛けているのです。

クリプトジャックによる被害は?

最初にも伝えたように、クリプトジャックは被害に合っていることに気づくことはほとんどありません。

それは、クリプトジャックが仕込まれたウェブサイトを閲覧するだけで、自動的にコンピューターがマイニングを開始してしまうからです。クリプトジャックされてしまうと、パソコンのバッテリーへの負担、そして電気代もかかってしまいます。

さほど大きな被害に感じないかもしれませんが、知らない間に自分のパソコンが使われているのは非常に危険な状態です。

そのパソコンが、より危険なウイルスに感染していた可能性も十分にあり、個人情報を盗まれるなどが行ったかもしれません。それほど、自分のパソコンの安全性を脅かす問題だと認識しておきましょう。

また、「パソコンの動作が少し重い気がする」などの不具合を感じたときは、CPUの使用状況を確認してください。もし、CPUがフル稼働しているとすれば、クリプトジャックの被害にあっているかもしれません。

このように、普段からクリプトジャックへの危機感を持っていれば、被害に合ってもすぐに気付ける可能性もあるのです。

カネット XXX(表情名入力)カネット

アプリやソフトの多重起動や複数ブラウザを起動していないのに、デバイスが重かったり充電の減りが早い場合は、一度クリプトジャックの疑いを持ってみても良いかもネ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

サトシくんの場合は、さっき開いていたサイトが原因かしら?画像が多いサイトだから充電の減りが早いにしても、異常な速度で充電が減っていたら要注意ね

クリプトジャックの事例は?国規模の問題にも?

次は実際に起こったクリプトジャックの事例を見ていきましょう。中には、国家レベルで被害を受けたという驚きのケースもあります。

国家レベル?イギリス政府のサイトに被害

イギリスではクリプトジャックの被害が相次いでおり、現時点で5,000を超えるウェブサイトの感染が明らかになっています。

そして、2018年2月11日にイギリス政府関連のウェブサイトがクリプトジャックの被害にあっていたことを英ガーディアン紙が報道したのです。

他にも、イギリス国民保険サービスや学生ローン企業、地方自治体のウェブサイトもクリプトジャックの被害にあっており、セキュリティーの脆弱さが問題視されました。現在は対策を講じた後で、利用者に被害はないとしています。

YouTubeでもクリプトジャック!あなたも知らぬ間に被害者に?

2018年1月26日には一部メディアが「YouTubeがクリプトジャックの被害にあっていた」ことを報じました。

YouTubeの動画に閲覧者のコンピューターを使ってマイニングをさせる広告が仕込まれていたのです。ウイルス対策ソフトを使っていた閲覧者が被害に気づき、SNSに投稿して発覚しました。

その広告は日本、フランス、台湾、イタリア、スペインの利用者をターゲットにしていたとのことなので、知らない間に被害にあっていた可能性も十分にあります。

ただし、現在はYouTubeを運営するグーグルが対策を取っているので安心していいでしょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

YouTubeを見るだけで人のマイニングに加担させられるなんて……しかも広告にそういう仕組を入れるなんて卑怯だねぇ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

まだYouTubeのサイト側がやるならともかく、広告を出しているところがクリプトジャックはねぇ……人のふんどしで相撲をとるようなもんだわ

クリプトジャックの対策はできるの?

では、クリプトジャックの対策はどのようにすればいいのでしょうか?ここでは、2つの対策方法を紹介します。

「オペラ」を使ってみる!

「オペラ」とはウェブブラウザの1つです。ブラウザとはインターネットでウェブサイトを閲覧するときに使っているソフトのことで、「インターネットエクスプローラー」「サファリ」などが例にあげられます。

「オペラ」は標準機能として、「Ad blocker」という広告ブロック機能を搭載しており、広告自体を表示しないようにする仕組みになっています。

そのため、ウェブサイトを検索して閲覧するときに「オペラ」を使うことで、クリプトジャックを防げるのです。

「クロームエクステンション」で対策する!

もうひとつのクリプトジャック対策は、「グーグルクローム」というウェブブラウザで、「クロームエクステンション」を使う方法です。

下記2つの「クロームエクステンション」で、「グーグルクローム」にクリプトジャック対策ができる機能を装備できます。

NoCoin

NoCoinをインストールすると、「グーグルクローム」にクリプトジャックを遮断する機能が追加できます。NoCoinはオープンソースで公開されているシステムなので、問題が生じたときにはすぐに公になり、対策も講じられる可能性が高いので安心です。

minerBlock

minerBlockもNoCoinと同様に、オープンソースで開発されている「グーグルクローム」用の追加機能です。minerBlockは閲覧ページに仕込まれたクリプトジャックをブロックするものになります。

minerBlockは「オペラ」にも追加することができます。クリプトジャックの対策をしながら、広告を表示したい人のための機能と言えるでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

Google Chromeは色んな拡張機能を簡単に入れられるから、ネットサーフィンをするときはぜひとも使ってみると良いヨ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ただ、スマホ版のGoogle Chromeは拡張機能に対応してないから、スマホの充電の減りがおかしいと思ったら思い当たるページやアプリの消去がオススメね

クリプトジャックは防ぐことが可能!

他人のパソコンを無断で使用してマイニングを行う、クリプトジャックが大きな問題になっています。

クリプトジャックが厄介なのは、被害に気づきにくいことです。しかし、普段から危機意識を持っていれば、すぐに被害に気づくこともできます。また、正しい対策をしていれば、未然に防ぐこともできるのです。

仮想通貨の市場が拡大するに従って、クリプトジャックのようなリスクはますます増えてくるはずです。自分を守るためにも、日頃から危機意識を持って、必要な情報を集める習慣をつけておきましょう。