Paypal(ペイパル)でビットコイン決済が可能に!仮想通貨決済の将来性は?

Paypal(ペイパル)でビットコイン決済が可能に!仮想通貨決済の将来性は?

カネット XXX(表情名入力)カネット

そういえばビッグニュースを伝えていなかったネ。実はキミたちにも馴染みのあるあのPayPalが、ビットコイン決済に対応してるんだヨ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

PayPalってあのPayPalよね?へぇ~ビットコインで支払いできるのね!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ねぇねぇPayPalって何?僕、聞いたことあるような無いような……ペイジーなら知ってるんだけど……

カネット XXX(表情名入力)カネット

PayPalは決済代行サービスのコトだヨ!ある意味ペイジーに近いものだけど、カードを持っていない人には馴染みが薄いだろうカラ、まずはPayPalの説明からしていくネ!

世界最大手のインターネット決済代行サービス「ペイパル」が、2014年9月にビットコインによる決済を導入し大きな話題になりました。

さらに2018年3月には、ペイパルは仮想通貨決済にかかる時間を短縮する「高速仮想通貨取引システム」の特許を申請するなど、さらなる仮想通貨の活用に積極的な動きを見せています。

ペイパルがビットコイン決済の実用化を進めることで、仮想通貨にどのような影響を与えるのかを確認してみましょう。

ペイパルっていったい何?どうやって使うの?

まずは、ペイパルのサービスはどのようなものか?そして、利用方法を見ていきましょう。

ペイパルっていったい何?

ペイパルはアメリカで1998年に設立された、PayPal社が提供する、クレジットカードのインターネット決済代行サービスです。

ネットショップを中心に世界の約1,500万店舗での利用が可能で、2億人以上に使われています。

楽天市場やユニクロ、東急ハンズやヤマダ電機など、多くの日本企業もネットショップの決済方法に導入しているので、知っている人も多いでしょう。

ネットショッピングで買い物をするときは通常、売り手と買い手が直接、代金のやり取りを行います。しかしペイパルを利用すると、売り手とペイパル、買い手とペイパルという、やり取りの構図になるのです。

              売り手

              ↑ ↓

        代金の支払い↑ ↓代金の支払い請求

              ↑ ↓

              ペイパル 

              ↑ ↓

        代金の支払い↑ ↓代金の支払い請求

              ↑ ↓

              買い手

ではどうして、多くの人がペイパルのサービスを利用しているのでしょうか。

ペイパルのメリットは?デメリットは?

世界で2億人以上もの人がペイパルを利用するのは、国内外のネットショッピングを簡単に安心して利用できるからです。ペイパルのメリットを詳しく確認していきましょう。

ペイパルのメリットは?

セキュリティーで安心できる
ペイパルを利用する一番のメリットは、セキュリティー面で安心して、インターネット上でのクレジットカード決済ができることです。

インターネット上でクレジットカード決済をする場合には通常、クレジットカードの番号やCVC/CVVコードなどの重要な情報を、売り手に伝えなければなりません。

インターネット上で大切な情報の入力を行うと、それが第三者に漏れてしまい、最悪の場合クレジットカードが不正利用されてしまう恐れもあります。

しかしペイパルを利用すれば、ペイパルを通して売り手に代金が支払われます。つまり、ショップ側にクレジットカードの情報が伝わることがないのです。

そのため、クレジットカード番号や暗証番号が第三者に漏れるなどのリスクが軽減できます。

決済の時間を短縮できる
初めて利用するネットショップの場合、クレジットカード番号、CVCコード、氏名、有効期限をその都度入力しなければなりません。

しかし、ペイパルを利用すると、ペイパルに登録しているメールアドレスとパスワードを入力するだけで、クレジットカード決済ができます。そのため、決済の手続きにかかる時間を大幅に短縮できるのです。

トラブル発生時にペイパルが守ってくれる
ペイパルには、トラブル発生時に補償してくれる保護プログラムがあるというのもメリットの1つです。

例えば、ペイパルで決済した商品が説明と異なるものであった場合や、商品がなかなか発送されない場合に、ペイパルに異議を申し立てることができます。

異議を提出されると、ペイパルは調査を実施して、ショップ(売り手)にトラブル落ち度があった場合には、返金処置を取ります。

海外のオンラインショップ相手に、自分でトラブルやクレームのやり取りを行うのは難しいため、ペイパルが代行してくれるのは便利です。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

私は海外通販やよくわからないサイトでカードを使わないといけない場合は、できるだけPayPalを使ってるわよ

カネット XXX(表情名入力)カネット

PayPalはクレジットカード決済をしたい人のカード番号を保護してくれるサービスのことなんだヨ。だから、世界中でPayPalが利用されているんダ!

ペイパルのデメリットは?

ペイパルにはメリットだけでなく、デメリットもあります。利用する前にしっかりと確認しておきましょう。

分割払いができない
クレジットカードのメリットでもある分割払いが、ペイパルでは基本的に利用できません。

ペイパルで決済が済んだ後に、利用したクレジットカード会社に個別に連絡して、ペイパルと連携させることが可能な場合もあります。

しかし、手数料や利息といったように別途手数料がかかるため、注意が必要です。

クレジットカードよりも為替手数料が高い
海外のショップでネットショッピングをするときなど、日本円以外で売られている商品を購入するときには、為替手数料というものがかかります。

為替手数料とは、外貨の両替のときに発生する手数料のことです。クレジットカードを利用したときの必要な為替手数料は、以下のようになっています。

ブランド為替手数料
VISA1.63%
MasterCard1.63%
AmericanExpress2.00%
JCB1.60%

一方で、ペイパルを利用したときの日本円の手数料は4.00%で、倍以上の高い割合です。

しかし、これは初期設定のままでペイパルを利用した場合の手数料で、クレジットカードの手数料をペイパルに適用することもできます。

ただし、クレジットカードの為替手数料を適用するためには、支払いのたびに変更しなければならないので、注意しましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

へぇ、PayPalって結構手数料が上乗せされているのね。しかも変更できるのも知らなかったわ……

カネット XXX(表情名入力)カネット

支払いのたびに変更する必要はあるけど、クレジットカードの手数料を適用できればPayPalの標準手数料より安くなるヨ!ぜひ覚えておいてネ!

ペイパルってどうやって使うの?

ペイパルの利用は、基本的に普段のインターネットショッピングと同じです。

ペイパルを利用するには、事前に公式サイトから登録をする必要があります。登録方法はとても簡単。

メールアドレスや氏名、そしてクレジットカード情報などを画面の指示に従って入力するだけで、誰でも無料でアカウントを作れます。

ペイパル

アカウントさえ作れば、Amazonや楽天でいつもネットショッピングを利用しているのと同じ感覚で、ペイパルを使うことができます。

インターネットショッピングサイトで商品を選び、購入手続きへと進みます。このときに支払い方法を「ペイパル」と選択しましょう。

その後、ペイパルに登録したメールアドレスとパスワードでログインをして、商品の発送先となる住所と金額を確認します。それらが正しい内容であれば、「同意して続行」をクリックして、ペイパルでの支払は完了です。

また、この決済のページで「ログイン状態を維持する」にチェックを入れることで、次回以降は、メールアドレスとパスワードの入力を省略できます。

ただし、スマートフォンやパソコンを紛失したときに、第三者に不正利用されてしまう危険性があることに注意しましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

PayPalにクレジットカードの情報を登録しておけば、あとはPayPal決済に対応している通販サイトで購入するだけだヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

すごい楽ちんだね!家のPCで支払いするときはログイン状態を維持したままでやろーっと

ペイパルの決済にビットコインが導入?その影響は?

これまで説明してきたように、ペイパルではクレジットカード決済がメインに使われてきました。

しかし、ペイパルでは新しい支払い手段として、ビットコインを導入し、世界で注目を集めています。ペイパルにビットコインが導入された経緯と、そのメリットを解説します。

ペイパルにビットコイン導入って?

ペイパルには、2017年にビットコインによる決済を導入しました。ビットコインの情報をペイパルに登録することで、クレジットカードでの利用時と同じように、ペイパルでビットコインによる決済ができます。

ただし、まだ北米だけで試験的に導入されている段階です。さらに、決済できるのオンラインゲームの課金やスマートフォン等の着信用音楽の支払いにのみと、利用できる地域やサービスが限られています。

また、ビットコインを決済通貨に加えたわけではなく、ペイパルが行うのはビットコイン決済の仲介サービスです。

実際の取引を行うのは、ビットコイン取引において世界的に広く知られている「BitPay」「Coinbase」「GoCoin」の3社。ペイパルはこの3社と提携を結び、ビットコイン決済を導入したのです。

ペイパルにビットコイン決済が導入された影響は?

ペイパルは全世界で2億人を超える利用者を抱えるため、ペイパルにビットコインが導入されることで、決済手段としてのビットコインの利用がさらに広がると見込まれています。

そして、ペイパルとしても最先端の技術であるビットコインによる決済を導入することで、決済手段に多様性を持たせることが可能です。

現在は利用できる地域やサービスは限られていますが、今後は世界中でさまざまなサービスに利用されていくでしょう。

ペイパルは高速仮想通貨取引システムの特許申請もしている?

ペイパルは2018年3月1日に、仮想通貨決済にかかる時間を短縮するシステムの特許を出願しました。このシステムは「高速仮想通貨取引システム」と呼ばれています。

特許申請の目的は、決済の承認時間の遅さが原因で仮想通貨を使わない消費者を引き留めることです。この特許申請からも、ペイパルの「ビットコインによる決済導入」に対する熱心さがうかがわれます。

カネット XXX(表情名入力)カネット

PayPal自体が仮想通貨決済を行うんじゃなくて、取引所の仮想通貨決済システムを組み込んだ……ってのが、PayPalのビットコイン払いの真相だネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほど……でも、クレジットカードを使いたくない人でもPayPalを利用できるっていうのは嬉しいよね!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

PayPal決済を利用したくてもカードがないからできないって人も多そうだしね。Vプリカを使うってテもあるけれど、仮想通貨を持っているなら仮想通貨で支払いたいもの

カネット XXX(表情名入力)カネット

ただ、現在は北米だけで試験的に行っているっていうのが欠点だけどネ。今後はもっと広範囲でPayPalのビットコイン払いが使われるようになると思うヨ!

ビットコインの実用化は今後ますます期待される

ビットコイン決済の導入、高速仮想通貨取引システムの特許申請など、ペイパルは仮想通貨の活用に積極的な動きを見せています。

ペイパルのビットコイン決済は、まだまだ利用できる地域やサービスは限られていますが、今後拡大していくことは間違いないでしょう。そして、そのシステムが整えば多くの企業も参入し、さまざまなサービスに応用されていくはずです。

ビットコインの実用化を積極的に進めるペイパルには、仮想通貨市場を大きく発展させることが期待されます。