プラットフォーム型の仮想通貨とは?仕組みやメリット、通貨型との違いを解説

プラットフォーム型の仮想通貨とは?仕組みやメリット、通貨型との違いを解説

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

う~ん、ビットコインとイーサリアム、どっちを買おうかな…。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ビットコインは通貨型、イーサリアムはプラットフォーム型の通貨だから、サトシくんが惹かれる機能を持っている方に投資するのがいいんじゃない?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

えっなになに?通貨型とかプラットフォーム型とか、知らない言葉を連発しないでよ~…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

泣かなくてもいいデショ…。仮想通貨には決済に特化した「通貨型」の他に、様々な分野に応用できる「プラットフォーム型」というものがあるンダ。詳しく見ていこうカ!

仮想通貨の中には「プラットフォーム型」と呼ばれる通貨が存在します。

プラットフォーム型の仮想通貨は、基盤となるシステムとしてトークンの発行やアプリケーションの動作ができるのが特徴です。

仮想通貨にはプラットフォーム型のほかに、ビットコインのような「通貨型」と呼ばれるものもあります。

通貨型が名前の通り通貨としての機能を果たすのに対し、プラットフォーム型は機能が多様で、さまざまなビジネスへの活用が期待されているのです。

今回はプラットフォーム型の仮想通貨とは何か、そしてメリットやデメリット、代表的な通貨についても詳しく解説します。

プラットフォーム型の仮想通貨とは

まずはプラットフォーム型の仮想通貨とは何か、そして通貨型との違いを確認していきましょう。

プラットフォームとは

プラットフォームとは、コンピューターにおいて、ソフトウェアが動作するための土台(基盤)として機能する部分のことである。

引用元:weblio辞書「プラットフォームとは」

プラットフォームは、「基盤」「土台」を意味する言葉です。ビジネスでは「基盤となるシステム」という意味で使用されています。

たとえば、WindowsやMacなどのOSはパソコンのプラットフォームです。OSは基盤ですが、それだけではパソコンは動作できません。

WordやExcel、ブラウザなどのアプリケーションが動くことで、はじめてパソコンとして機能するのです。

また、グーグルやAmazon、楽天はインターネット事業の、FacebookやTwitterはSNSのプラットフォームと言えます。

グーグルなどがプラットフォームを提供し、個人や事業者がそのプラットフォームを利用してインターネット事業や、SNSでの投稿・交流を行っているのです。

プラットフォーム型の仮想通貨とは

プラットフォーム型の仮想通貨とは、基盤となるシステムとしてトークンの発行やアプリケーションの動作ができる仮想通貨のこと。

プラットフォーム型の仮想通貨は、分散型プラットフォームを提供しているのが特徴です。

分散型プラットフォームは、管理者がいる中央集権型ではなく、ブロックチェーンで複数のコンピューターによって相互管理されます。

たとえば、グーグルやAmazonは中央集権型なので、管理しているコンピューターやサーバーが攻撃されると、一時的にサービスが利用できなくなる可能性があります。

しかし、分散型プラットフォームは複数のコンピューターで相互管理されるので、一つのコンピューターが攻撃されても、問題なく稼働できるのです。

代表的なプラットフォーム型の仮想通貨には、イーサリアムがあります。

利用料としてイーサリアムを支払うと、イーサリアムのプラットフォームを利用して、トークンの発行やアプリケーションを動かせるのです。

つまり、仮想通貨取引所では、プラットフォームの利用料としてイーサリアムが売買されているのです。

通貨型とプラットフォーム型の違い

仮想通貨は「通貨型」「プラットフォーム型」の2つに大別できます。両者の違いは、プラットフォームとしての機能をもつかどうかにあります。

代表的な通貨型の仮想通貨は、ビットコインです。

ビットコインには通貨としての機能しかなく、ブロックチェーンには「AからBに〇BTCを送金した」などの送金記録しか保存されません。

一方、イーサリアムのようなプラットフォーム型には、契約情報やアプリケーションなども記録できます。

そのため、プラットフォーム型の仮想通貨には、通貨としての役割よりも、プラットフォームを利用してどんなプロジェクトができるかに注目が集まります。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

へぇ~。仮想通貨って決済のためだけにあるものだと思ってたけど、それだけじゃないんだね。プラットフォーム型の通貨にはいろんなメリットがありそう!

カネット XXX(表情名入力)カネット

プラットフォーム(土台)という名前のとおり、色々な可能性とメリットが考えられるヨ。順番に見てイコウ!

プラットフォーム型のメリット

次に、プラットフォーム型仮想通貨のメリットを確認していきましょう。

トークンが発行できる

プラットフォーム型仮想通貨のプラットフォームを利用すると、トークンを発行できます。

上図はトークンの時価総額トップ10(2018年4月25日時点)で、名前の右側に「プラットフォーム」という項目があります。

「プラットフォーム」は、どの仮想通貨のプラットフォームを利用して作られたトークンかを意味します。

3位のテザー(Tether)以外はすべてイーサリアムになっており、イーサリアムが代表的なプラットフォーム型の仮想通貨であることがわかります。

一から仮想通貨を開発するよりも、プラットフォームを利用してトークンを発行するほうが簡単であるため、主に資金調達(ICO)に利用されているのです。

ちなみに、トークンは誰でも発行可能で、プラットフォーム型の仮想通貨を購入すれば、簡単に独自トークンを発行できます。

そのため、友人やコミュニティ内でトークンを配り、自分が提供するサービスに利用できるようにするといった使い方ができるかもしれません。

分散型アプリケーション(DApps)

プラットフォーム型の仮想通貨は、分散型アプリケーション(DApps)が構築できるのもメリットのひとつです。

分散型アプリケーションとは、ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーションのこと。

ブロックチェーン上で複数のコンピューターで相互管理されるので、中央管理者がいなくても自動で動作できるのです。

ソフトウェアのソースコードが公開されており(オープンソース)、特定の管理者に制御されず、参加者にはトークンで報酬が支払われます。

また、ユーザーの同意のもとでプロトコル(手順や規約)が改善されるのも、中央集権型のアプリケーションと異なるところです。

分散型アプリケーションの活用事例には、ゲーム分散型取引所(DEX)などがあります。

ビットペット

引用元:ビットペット

ビットペット(BitPet)はデジタルペットを育成するゲームで、イーサリアムのブロックチェーンを利用して作られました。

育てたデジタルペットはブロックチェーン上に記録され、デジタルペットの購入や販売も可能です。購入や販売の決済には、イーサリアムを使用します。

イーサデルタ(EtherDelta)は、イーサリアムのプラットフォームを採用している分散型取引所(DEX)です。

基軸通貨はイーサリアムで、イーサリアムブロックチェーン上のトークンはすべて取引できます。

分散型取引所では秘密鍵を自分で管理するので、取引所のハッキングや破綻リスクがないメリットがあります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、契約の自動化を実現する仕組みのことで、ブロックチェーン上で動くプログラムです。

契約行動をプログラム化することで、自動的に契約が実行されるので、契約に伴う支払処理などが自動化できる可能性があります。

また、契約記録をそのままの状態でブロックチェーン上に保存できるのもメリットです。

そのため、不動産取引などでの実用化が期待されており、各方面で実証実験が行われています。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

仮想通貨が不動産取引の仕組みを変える可能性があるなんて、すごい話よね。契約が自動化できるようになれば、いろんな分野で仲介手数料も抑えられるようになるんじゃないかしら。

カネット XXX(表情名入力)カネット

今までと同等かそれ以上の契約が人を介さずにできるようになれば、社会の仕組みが大きく変わるだろうネ。でも、プラットフォーム型にはデメリットもあるンダ。

プラットフォーム型のデメリット

続いて、プラットフォーム型仮想通貨のデメリットを確認していきましょう。

利用できるサービスが限られる

ビットコインなどの通貨型は、通貨として使用するのが目的なので、利用できる場所が多くあります。

ビットコインは実際に決済手段として使われており、日本国内でもビットコインで決済できるサービスは増えています。

しかし、プラットフォーム型は、あくまでもそのプラットフォーム内でしか利用できません。

たとえば、イーサリアムのプラットフォームを利用して発行したトークンは、イーサリアムプラットフォーム上のアプリなどでしか利用できないのです。

イーサリアムを円だとすると、トークンは日本国内の店が独自に発行するポイントのような関係だと言えます。

このように、利用できるサービスが限られるのが、プラットフォーム型のデメリットのひとつです。

特徴が似ている通貨が多い

プラットフォーム型の仮想通貨は、特徴が似ている通貨が多いのもデメリットのひとつです。

通貨ごとに多少の違いはあるものの、トークンの発行やスマートコントラクトの実装、分散型アプリケーション(DApps)が構築できるのはほぼ共通しているのです。

プラットフォーム型の仮想通貨の中では、イーサリアムの時価総額が大きくなっており、ほとんどのトークンはイーサリアムのプラットフォームを利用して発行されています。

イーサリアムと他の通貨に大きな違いがないことから、イーサリアムとどのように差別化を図るかが、他の通貨の課題になるでしょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

プラットフォーム型の通貨はイーサリアムと同じような特徴のものが多いから、抜きん出たものがまだないってことか。

カネット XXX(表情名入力)カネット

とはいえ、これから先イーサリアムを上回る通貨が出てくるかもしれないし、イーサリアムがさらに便利な機能を実装する可能性もアル。プラットフォーム型通貨の動向に目が離せないのは確かダヨ。

代表的なプラットフォーム型の仮想通貨

最後に、代表的なプラットフォーム型の仮想通貨を2つ紹介します。

イーサリアム

イーサリアムは代表的なプラットフォーム型の仮想通貨で、分散型アプリケーション(Dapps)スマートコントラクトの構築が可能になります。

時価総額はビットコインに次ぐ第2位で、多くのトークンがイーサリアムのプラットフォームを利用して発行されており、ICOでの利用も多いのが特徴です。

2018年4月には、Amazonがイーサリアムなどを利用したブロックチェーンテンプレートを導入すると発表しています。
参考「Ethereum および Hyperledger Fabric 向け AWS Blockchain Templates の導入」

イーサリアムと他のプラットフォーム型仮想通貨で、機能に大きな違いがないことから、今後もイーサリアム一強の状態がしばらく続くと考えられます。

ネム

ネムもプラットフォーム型の仮想通貨のひとつで、新しい経済圏の創出を目標として作られたプラットフォームです。

イーサリアムと同じように、トークンの発行が可能です。

ネムを利用したプロジェクトのひとつが「mijin」で、誰でも簡単にブロックチェーンをネットワークに利用できるように開発された汎用プラットフォームを提供しています。

mijinは金融機関から個人デベロッパーまで、300社以上の導入実績があります。

コインチェックのネム不正流出事件で価格が下がってしまいましたが、今後に期待がかかります。

イーサリアムと特徴が似ているので、どのように差別化を図るかが課題になるでしょう。
参考「mijin」

カネット XXX(表情名入力)カネット

通貨型とプラットフォーム型は運用される分野が違うとはいえ、どちらも期待値によって値動きが変わってクル。特にプラットフォーム型は大手企業との提携で大きく価格が上がることもあるヨ。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

イーサリアムのスマートコントラクトやネムのmijinが有名企業で実用化されたりしたら、利便性の面でも投資の面でもいいことばっかりってわけね。

プラットフォーム型の仮想通貨の特徴を理解して取引をしよう

プラットフォーム型の仮想通貨は、分散型プラットフォームを提供しているのが特徴です。

トークンの発行や、管理者がいなくても動作できる分散型アプリケーション(DApps)が構築できることから、ビジネスでの活用が期待されています。

ビットコインのような通貨型とは機能が異なるため、プラットフォームとしての価値に注目すると、どの通貨に投資をするべきかが見えてくるかもしれません。

プラットフォーム型の仮想通貨の特徴を理解して、仮想通貨を取引しましょう。