ポートフォリオで仮想通貨投資のリスクを回避!ポートフォリオの正しい組み方とは

ポートフォリオで仮想通貨投資のリスクを回避!ポートフォリオの正しい組み方とは

カネット XXX(表情名入力)カネット

二人共、仮想通貨を買いだしたと思うんだけど、ポートフォリオって組んでる?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ポートフォリオって美大生や専門学生が就活に使う作品集でしょ?私たちは美大生じゃないから作らないわよ

カネット XXX(表情名入力)カネット

そっちじゃなくて、仮想通貨のポートフォリオのコト!仮想通貨投資をするならポートフォリオをしっかり組む必要があるんダ!今回はその必要性を説明するヨ!

仮想通貨の投資は大きな利益を生む可能性がある一方でリスクも少なくありません。そこで知っておきたいのが、ポートフォリオの考え方。

ひとつの仮想通貨に資金を全てつぎこむのではなく、いくつかの種類に資金を分けておくことでリスクを分散できるのです。

しかしこれまで投資経験がない人は、ポートフォリオについて詳しく知らないはずです。

そこで今回は、ポートフォリオとはどんなもの?どのように組めばいいの?という疑問を解消!それぞれの資金や投資戦略に合った、効率的な仮想通貨のポートフォリオの組み方を説明します。

ポートフォリオとは

ポートフォリオ(Portfolio)は、イタリア語の「Portafoglio」が語源。「Porta」は運ぶ、「foglio」は紙や紙幣。つまり書類や紙幣を入れて運ぶケースを意味します。

そして投資の世界でのポートフォリオは、投資金をどの商品に、いくら投入するかを、振り分けることを指します。また、それを考えることを「ポートフォリオを組む」と表現するのです。

では、具体的にどんなものなのか、下記のポートフォリオを参考に確認してみましょう。

円グラフ

このようにポートフォリオは自分の資金を、「何に」、「どれ位の割合」で投資しているかが一目で分かるように、円グラフで表されることが多いです。

この場合、仮想通貨40%、株30%、為替20%、債券10%という形で資金を分けて投資していることがわかりますよね。

でもどうして、このようなポートフォリオを組む必要があるのでしょうか?次はポートフォリオを組むメリットについて考えていきます。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

自分が持っている仮想通貨の割合がポートフォリオなんだね!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

円グラフにすると、持ってる仮想通貨の銘柄の割合が一目で分かるわね……でも、私は自分が持っている銘柄はちゃんと覚えてるし、わざわざ作る必要ってあるのかしら?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ポートフォリオのメリットは、ただ自分が持ってる銘柄を可視化するだけじゃないんだヨ!それについても説明していくネ!

分散投資はリスク管理の為

ポートフォリオを組む一番の目的はリスク管理。資金を振り分けて投資を行う「分散投資」をすることで、リスクが軽減できるメリットがあるのです。

分散投資は「卵」と「かご」で考えるとわかりやすくなります。

卵

卵を運ぶときに1つのかごに卵を全て入れてしまうと、落としたときに多くの卵が割れてしまいます。しかし、いくつかののかごに分けておけば、1つのかごを落としたとしても、他のかごの卵は割れません。結果的に割れる卵の数が少量で済むのです。

仮想通貨の投資もこれと同じで、1つの種類だけに投資していると、価値が下がったときに資金を全て失う可能性があります。しかし、いくつかの仮想通貨に分散投資をしていれば、資産を全て失うようなことにはなりません。

以上のようにリスクを分散できることから、仮想通貨の投資をにはポートフォリオを組むことが重要なのです。

ポートフォリオの重要性がわかったところで、次は具体的な組み方について確認していきましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

なるほど。ただ自分が持ってる仮想通貨が分かりやすくなるだけじゃなくて、『分散投資できているか?』を意識できるようになるのがポートフォリオのメリットなのね。確かにこれは頭の中で考えるだけじゃわかりにくいわ

カネット XXX(表情名入力)カネット

ソウダヨ。どんな人も、自分が買った仮想通貨をどれくらい持ってるか把握してるけド、『全体投資額におけるそれぞれの割合』ってのハ、いまいちピンときてないんダ

ポートフォリオの組み方

まずポートフォリオを組むときには、自分がどんな目的で仮想通貨の投資を行うのかを考えましょう。

それは、年間10%の利益があればいいという人と、年間50%の利益は得たいという人では、ポートフォリオの組み方が大きく変わるからです。

ここでは、少額でいいので安全に資産を増やしたい「安全志向の人」と、とにかく資産を増やしたい「リスクをとってでもリターンを得たい人」、それぞれに合ったポートフォリオの組み方を解説していきます。

安全志向のポートフォリオの組み方

安全志向の人にオススメのポートフォリオは下記のようなものです。

安全志向

数種類の仮想通貨に分散投資しているのがわかります。では、具体的にどのような基準で仮想通貨を選んで、ポートフォリオを組んでいけばいいのかを確認していきましょう。

➀時価総額が高い順にポートフォリオを組む

時価総額は「発行済み枚数×市場価格」で算出されます。時価総額が大きいということは、それだけ流入している資金の量が多いということです。つまり、市場規模が大きく、信用度が高い通貨といえます。

また、相場を動かすのに大きな資金が必要になるため、ボラティリティー(値動きの上下の幅)が低いという傾向にあります。

こちらが2018年1月現在の仮想通貨のランキングトップ5です。

時価総額

1位はビットコインで、時価総額は約20兆円。発行済み枚数は他の仮想通貨と比べて少ないですが、価格が高いため時価総額も大きくなります。高いお金を出してでも購入したい人が多いとい表れです。

時価総額を重視した運用は、日によって大きく資産が上下する可能性がく、比較的安定しています。そのため、安全志向の人に向いているのです。

➁売買高が大きい順にポートフォリオを組む
売買高(Volume)は、一日の売買量を表すもので「取引された枚数×価格」で算出されます。

売買高

売買高のランキングにしてみると時価総額ランキングとは少し順位が入れ替わりました。

ただし、売買高はその時々のニュースや関係者の発言などによって大きく変わる事もあるので、最低でも一週間は動向を見ておく必要があります。

売買高の高い仮想通貨を選ぶメリットは「買いたいと思った時に、その値段ですぐに買える」ことです。このメリットについて株を例に説明しましょう。

まず、次の二つの表を見てください。

株数

どちらの方が、売買高が大きいかわかるでしょうか?

買気配の数字が「この値段で買いたい」、売気配の数字が「この値段で売りたい」という津注文の量。つまり、取引を望む量を表しているのです。

500株を購入したい場合を例に具体的に見ていきましょう。

気配数

Aの場合、500円から560円までで売られているものを購入して、やっと500株を確保できます。

本来なら、もっとも安い売り価格である500円で500株を購入するのが理想。しかし、500円で売りに出ているのは100株しかないため、購入平均単価は1株538円になってしまうのです。

一方、Bの場合は500円で59,000株も売りが出ているので、500円で500株の購入が可能です。

仮想通貨もこれと同じで、売買高が大きい種類であれば、買いたいと思った時に買いたい量を容易に買えます。また、購入時だけでなく、売るときも同じです。

今すぐ買いたい、売りたいと思ったときに容易に取引が成立するため、大幅な価格変動時にもリスクを抑えることが出来るからです。

安全性を重視したい人は、以上の2つを参考に仮想通貨のポートフォリオを組むようにしましょう。

多少のリスクをとってでも大きなリターンをポートフォリオの組み方

仮想通貨投資をするなら、多少のリスクを取ってでも資産を増やしたいという人もいますよね。

次は「リスクを取ってでも大きなリターンを狙いたい」人におすすめのポートフォリオを見てみましょう。

ハイリスク

上記がひとつの例になります。では、具体的にどのように組むのかを説明していきます。

➀銘柄を出来るだけ絞る
購入する仮想通貨の種類をできるだけ絞り、ひとつの種類に多く資金を投入します。投資している金額が大きれば、当然、大きなリターンが期待できるのです。

ただし、そのうちの一つの価格が下がったときには、大きな割合で資産を減らすリスクがあることを理解しておきましょう。

➁値動きの大きい銘柄を狙う
ボラティリティーの高い仮想通貨を選ぶことも、より大きなリターンを得られる方法のひとつです。

ボラティリティーが5%のA、ボラティリティー20%の、Bを、それぞれの100万ずつ購入した場合で考えてみましょう。

Aの最大利益は5万円ですが、Bでは20万円もの利益になります。このように、投資する金額だけでなく、値動きの大きさによっても収益が大きく変わるのです。

③値段の安い銘柄を狙う

ビットコインのように100万円超える高額な仮想通貨は、よほど多額の資金がなければ、数を多く購入できません。また、ここまで価格が上がってしまうと、さらに何十倍、何百倍になる可能性は高くありません。

そのため、資産を大きく増やすことは難しいのです。

そこで、より大きなリターンを狙うため、まだ値段の安い仮想通貨を選びます。

バージ

上記はVerge(XVG)というコインの値動きを表したチャートです。見てわかるように、ほぼ0円から1万倍になっています。

つまり、価格が安いときに100円を投資していただけで、100万円の利益が得られたのです。

ただし、1円にも満たないような仮想通貨が必ず値上がりする保証はありません。場合によっては、無価値になることもあります。あくまで宝くじ感覚での投資となることを理解しておきましょう。

多少のリスクを取っても、積極的に資産を増やしたいという人は、以上を参考にポートフォリオを組むといいでしょう。

取引所のリスクも考慮する
ここまでは、数種類の仮想通貨に分散投資するポートフォリオの考え方について説明してきました。しかし、仮想通貨投資のリスクを回避するには、取引所を分散することも重要です。

取引所は利用者の資産を守るために、さまざまなセキュリティを導入しています。しかし、仮想通貨の取引所に100%安全という保証はありません。ハッキングされ、資産の不正出金被害に合う可能性もあります。

実際に国内の大手取引所でも、同様の被害が相次いでいます。また、過去には大手取引所であった『マウントゴックス』の破綻。ハッキング被害により、閉鎖に追い込まれた海外の取引所もあります。

万が一取引所が破綻した場合には、預けていた資産を全て失う可能性もあるのです。

そのため、ひとつの取引所に資産をまとめておくのではなく、複数の取引所に分散させておく必要があるのです。

例えば100万円をビットコインに投資する場合でも、ビットフライヤーで30万円分購入、コインチェックで30万円分、ザイフで40万円分というように振り分けて購入しておきます。そうすれば、取引所に何かあっても資産を全て失うことはないのです。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨で安全に利益を出したい人は、人気があって取引枚数が多い仮想通貨を中心にポートフォリオを組むんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

逆に、ハイリターンを狙いたい人は、銘柄を絞って一点集中狙いだヨ。大穴狙いってヤツだネ。利益が生まれた時はすごいけど、損も出しやすいから注意しておこうネ!

自分に合った仮想通貨のポートフォリオを組もう

仮想通貨の投資はリスクもあるため、分散投資のためのポートフォリオを組むことが欠かせません。ひとつの仮想通貨に資金を全て投入するのではなく、いくつかの仮想通貨に資金を分散することで、リスクを軽減できるからです。

ただし、ポートフォリオに正解はなく、それぞれの資金や目的、性格によって、適切なものを組む必要があります。

このページで紹介したことを参考に、自分の投資スタイルや性格に合った資金効率の良いポートフォリオを組んでみましょう。