コインエクスチェンジ(QUOINEX)での法人口座開設方法!手順を画像入りで詳しく解説!

コインエクスチェンジ(QUOINEX)での法人口座開設方法!手順を画像入りで詳しく解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

コインエクスチェンジは法人口座の開設も可能なんダ。経営者の人は必見だネ!……でもキミたちにはあんまり関係ないかナ?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

僕は大学を卒業して2年は世の中のことを知るために社会経験を積みつつもネット上で色々と探して、未来を輝かせるためのベンチャー企業を起ち上げる予定があるから興味あるよ!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ヒュー!えらく具体的な目標だネ!じゃあ未来のサトシくんのために、コインエクスチェンジの法人口座開設方法を教えるヨー!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

新しい社会をイノベートするためには、誰よりも早くイシューからベネフィットを見つけることが、イニシアティブをとることになるから、余計なタスクは全てアウトソーシングしつつ会社経営の拡大を……

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はスプレッド(売値と買値の差)が非常に小さく、お得に利用できる仮想通貨取引所。QUOINEXでは、個人だけでなく法人名義での口座開設も可能です。※個人の方はコインエクスチェンジ 口座開設方法にて詳しく説明しています。

ここでは法人名義での口座開設手順を画像入りで詳しく解説していきます。

コインエクスチェンジ公式サイトはこちら

法人口座開設の大まかな流れ

法人、代表者などについての情報を入力

メール認証、ログイン

必要な書類を提出

確認ハガキを受け取る

法人口座の開設に必要なもの

・メールアドレス
・法人、個人それぞれの確認書類
・委任状(代表者と取引担当者が異なる場合)
これらの書類があれば、すぐに口座開設の申込みが可能。

運転免許証などの本人確認書類は、スマホなどで撮影したものをネット上にアップロードすることで提出できます。あらかじめ撮影したデータをパソコンやスマートフォンに保存しておくと登録がスムーズにできますよ。

では、口座開設の手順をひとつずつ見ていきましょう。

QUOINEXの法人口座開設方法

メールアドレス、パスワードの登録

QUOINEXの公式サイトにアクセスすると、トップページが表示されます。まず、左下にある「口座開設【無料】はこちら」をクリックしましょう。

コインエクスチェンジ トップページ

すると、新規登録画面に移動します。

コインエクスチェンジ 新規登録画面

まず、居住地域を選択します。通常「Japan(日本)」になっているはずなので、そのまま「次へ」をクリックしましょう。もし、画面全体が英語表記になっている場合は、右上にある地球マークのアイコンをクリックして日本語表記に切り替えて下さい。

コインエクスチェンジ 新規登録画面2

続いて、下の画面に移動します。

コインエクスチェンジ 新規登録画面3

まず、「口座種別」の項目で「法人」を選択して下さい。

コインエクスチェンジ 新規登録画面

次に、メールアドレスを入力しましょう。YahooメールやGメールなどのフリーメールアドレスでも登録が可能です。

続いて「パスワード」の欄に、任意に設定したパスワードを入力します。パスワードは半角アルファベット(大文字、小文字の区別あり)と数字を自由に組み合わせて設定できますが、全ての文字種が1文字以上含まれていなければなりません。

※パスワードは8文字以上で設定する必要があります。長く、複雑なものほど安全性が高くなるため、推測がしやすい短いパスワードは避けましょう。また、他の取引所やサイトで使っているのと同じではなく、独自のパスワードを設定するようにして下さい。

次に、
「当社は、国内法人であることを確約します。」
「当社は、米国納税義務が無いことを確約します。」
という2つの項目に同意するよう求められます。同意しない場合、口座開設ができません。納得の上、チェックを入れましょう。

コインエクスチェンジ 新規登録画面

法人情報を入力

画面をスクロールすると、法人情報の登録画面が表示されます。

コインエクスチェンジ 新規登録画面

ここではまず、
・法人名
・フリガナ
・住所
・電話番号
・業種
・業務内容
・設立年月
・決算日
・HPアドレス
といった項目について入力・選択していきます。

なお、業務内容はできるだけ具体的に書きましょう。具体的でない場合、審査に時間がかかったり、口座開設ができない場合があります。

また、法人のホームページが無い場合は「なし」と入力します。

代表者についての情報を入力

法人情報に続いて、代表者についての情報を入力していきます。

コインエクスチェンジ 新規登録画面

ここでは代表者の
・役職名
・氏名
・フリガナ
・国籍
について入力・選択していきます。

そして、
・日本以外の居住地国の有無
・米国納税義務の有無
・外国の重要な公人、もしくはその親族ではない旨
について回答します。

上記の3点に同意しない場合も、法人口座が開設できません。納得の上、チェックを入れましょう。

実質的支配者の情報を入力

続いて、実質的支配者についての情報を入力します。

実質的支配者とは、法人の事業経営について「実質的に支配(経営に関与)する事が可能」な関係にある個人のことを言います。

QUOINEXで法人口座を開設する際、実質的支配者に該当する個人を特定し、情報を申告する必要があります。新規登録画面の「実質的支配者」の項目で「実質的支配者の追加」をクリックしましょう。

コインエクスチェンジ 実質的支配者の追加

クリックすると、下のように実質的支配者についての情報を入力する項目が表示されます。

コインエクスチェンジ 実質的支配者

実質的支配者に該当する個人の区別は「株式会社」「有限会社」「合資会社」など、事業形態によって変わります。

ですので、「事業形態」の項目をクリックしてあてはまるものを選択しましょう。例えば「株式会社」を選択した場合、「実質的支配者に該当する方」として下のように表示されます。

QUOINEX 新規登録

「実質的支配者に該当する方」を選択し、その個人の
・氏名
・フリガナ
・生年月日
・住所
・国籍
・日本以外の居住地国の有無
・米国納税義務の有無
・外国の重要な公人に該当するか
といった項目について入力・選択していきましょう。

なお、実質的支配者に該当する人が複数いる場合「実質的支配者の追加」をクリックして下さい。入力フォームが追加されますので、同じように入力しましょう。

担当者(口座管理者)についての情報を入力

続いて、取引を担当する人の情報を入力していきます。

QUOINEX 新規登録

ここでは
・代表者と担当者が同じ人か
・担当者の役職
・所属部署
・氏名
・フリガナ
・生年月日
・性別
・住所
・携帯電話番号
・メールアドレス
・国籍
・日本以外の居住地国の有無
・米国納税義務の有無
・外国の重要な公人に該当するか
といった項目について入力・選択します。

なお、「代表者と担当者が同じ人か」の項目で「はい」を選択した場合、氏名とフリガナの入力は不要です。(「代表者情報」の項目で入力済のため)

また、この時に登録した情報をもとに、本人確認書類に記載されている内容と同じかどうかの確認が行われます。その後、登録住所あてに届く確認ハガキを受け取ることで本人確認が完了します。ですから、ここで入力する内容は間違いのないように注意しましょう。

財務情報・投資経験・申込経緯の入力

次に、「財務情報・投資経験」について入力します。

QUOINEX 新規登録画面

ここでは
・事業体の年商
・税抜き後年間所得
・自己資本
・投資目的
・投資経験
それぞれの項目について入力・選択していきます。

なお「投資経験」の項目については、未経験の場合「1年未満」を選択しましょう。投資の経験がないからといって審査が通らない・通りにくいということはありません。正直に入力していきましょう。

続いて、利用規約の同意にチェックを入れ「次へ」をクリックすると、下の画面が表示されます。

QUOINEX 登録完了画面

その後、先ほど入力したメールアドレス宛にQUOINEXからメールが届くので確認しましょう。

確認メールのリンク先をクリックしてログイン

QUOINEXから送られたメールの本文には、登録用のリンクが貼られています。「Confirm my account」と書かれた部分をクリックして下さい。

コインエクスチェンジ 確認メール画面

※QUOINEXから届くメールは英語表記の場合があり、迷惑メールに分類されることがあります。メールが来ないという場合は、迷惑メールフォルダを確認してみて下さい。

リンクをクリックすると、QUOINEXのログイン画面に移動しますので、メールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

コインエクスチェンジ ログイン画面

必要書類の提出

ここまででアカウントの登録は完了。ただ、この段階では仮想通貨の取引ができません。取引を行うために必要書類を提出しましょう。

ログイン後、「ホーム」>「プロフィール&口座開設状況」の順にクリックすると、下の画像のように「口座開設状況」が表示されます。

コインエクスチェンジ 口座開設状況

あとは「ファイルを選択」をクリックしてパソコン内に保存してあるデータをアップロードしていきましょう。法人確認書類、取引担当者の本人確認書類とも、アップロードの方法は同じです。

3か所全てにデータをアップロードしたら「本人確認書類をアップロードする」をクリックすればOKです。これで必要書類が提出できました。この後、QUOINEXによる確認処理が行われます。

なお、提出する書類として有効なものは以下の通り。

1.法人確認書類

・登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の原本
・印鑑登録証明書

の2点とも必要。どちらも、発行から6か月以内のものに限ります。

2.取引担当者の本人確認書類
【顔写真付き本人確認書類の場合】

・運転免許証
・住民基本台帳カード
・個人番号カード(マイナンバーの書かれた裏面は送付しない)
・パスポート(顔写真のページと住所記載のページ)

のいずれか1点。

【顔写真なし本人確認書類の場合】

・各種健康保険証または共催組合員証
・住民票の写し
・住民票記載事項証明書
・印鑑登録証明書

の中から2点。

また、裏面に新氏名や新住所の記載がある場合、両面の提出が必要です。また有効期限がある者に関しては期限内のもの、印鑑証明書及び住民票の写しは6ヶ月以内に発行されたものに限ります。

そして提出する画像は、デジタルカメラもしくはスマートフォンなどで撮影した、鮮明なカラーファイルである必要があります。

3.代表者と取引担当者が異なる場合

・委任状(実印押印あり)
・実印の印鑑登録証明書(原本)

の2点が必要。

なお、委任状はQUOINEXの公式ホームページよりダウンロードできます。

委任状はウェブ上でアップロードができません。プリントアウトして記入・押印の上、実印の印鑑登録証明書を同封し、下記住所まで郵送する必要があります。

〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階
QUOINE株式会社 法人口座開設担当

郵送による本人確認で完了

必要書類をアップロードした後、QUOINEXによる審査が行われ、完了するとその旨が記載されたメールが送られてきます。その後、登録した住所(法人所在地及び取引責任者の住所)に本人確認ハガキが届きます。

なおこの確認ハガキは簡易書留のため、ポスト投函はされません。受け取れなかった場合には不在票が入りますので再配達を依頼しましょう。

コインエクスチェンジ 確認ハガキ

この確認ハガキの受け取りで法人口座の開設は完了です。日本円を入金して仮想通貨の取引をスタートしましょう。

以上のようにQUOINEXで法人口座を開設するのは思ったよりも簡単。画面もシンプルでわかりやすいため、迷うことなくスムーズに口座開設ができます。

また口座を開設したからといって、すぐに取引を始めなくても大丈夫。チャートや画面を眺めているだけでも仮想通貨取引の仕組みが把握できてきますし、実際にいろいろ試してみた上で理解が深まれば安心して利用できます。

QUOINEXはスプレッドが非常に小さく、お得に取引ができるのが魅力。早速口座を開設してみましょう!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

委任状は郵送する必要があるのね。結構時間がかかりそうだから、余裕を持って口座開設に申し込んだ方が良さそうだわ

カネット XXX(表情名入力)カネット

ダネ。だからスムーズに口座開設できるように、委任状は前もって用意しておくと良いカモ。それ以外は個人が口座開設するのと大きな違いは無いから、難しいこともないよネ!

コインエクスチェンジの口座開設はこちら

口座開設のギモン

QUOINEXで法人口座を開設する手順を詳しく紹介してきましたが、仮想通貨取引所の口座を作るとなると、不明な点・不安な点があると思います。ここでは口座開設の際に気になる5つの疑問にお答えします。

法人口座を開設する条件はある?

QUOINEXで法人口座を作る際、条件は特にありません。スマホやパソコンなどのインターネット環境があって、必要な書類が提出可能であれば口座開設を申し込めます。

ただ、法人名義の場合、法人としての経歴や実績、資本金額などを基準に審査が行われます。明らかな節税対策のみで取引の実態がないといった場合、審査が通らないこともあるようです。

しかし法人名義で仮想通貨取引を行うと、多くのメリットがあります。ですからまずは、上で紹介した手順を参考に口座開設を進めてみましょう。法人名義で仮想通貨取引を行うメリットについては別の記事にまとめています。(別記事へのリンク)

登録や口座開設にかかる費用は?

QUOINEXで法人口座を開設する際、費用は一切かかりません。登録の際はもちろん、口座維持手数料も無料です。

登録はスマホからもできる?

口座の開設はスマートフォンからも可能です。画面の表記は少し異なるものの、登録と口座開設の流れは上で説明したとおりです。スマートフォンであれば、本人確認書類を撮影してそのままアップロードできるので便利ですよ。

本人確認書類はなぜ必要?

2017年4月1日に改正資金決済法が施行され、国内の仮想通貨の交換所や取引所において、口座開設の際に本人確認が必須となりました。これは、なりすましなどによる不正アクセスやマネーロンダリング(犯罪などによって不正に得た収益を流通可能なお金に変えること)を防止するためです。

そのため、QUOINEXでは本人確認書類の提出と確認が完了しなければ、仮想通貨の取引ができない仕組みになっています。少し手間はかかりますが、裏を返せばQUOINEXはそれだけセキュリティがしっかりしていて信頼できるとも言えますね。

開設から利用までにかかる日数

登録から必要書類のアップロードまで、10~15分ほどで終了。しかもQUOINEXは確認ハガキの発送もスピーディに行われます。スムーズに審査が進めば、登録から3~4日で取引が始められます。

しかしこれは通常の場合。審査に時間がかかったり、一時的に申し込みが集中した場合は、さらに日数がかかる可能性があります。ですから、1日でも早く手続きを進めておきましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

法人の口座開設は、通常の個人口座開設より時間がかかるんダ。だから、できるだけ早めに口座開設をしておこうネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ということは思い立ったらすぐ登記簿謄本を請求して、会社のオフィスから申し込むべきなんだね。僕も社長になったら何よりも先に法人口座を申し込むことにするよ。社員を集めるよりも先にね

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

妄想上でも会社作るならちゃんと作りなさいよね~

コインエクスチェンジ公式サイトはこちら

口座開設後にやっておきたいこと

QUOINEXで口座の開設が完了したら、すぐにでも取引をスタートしたいですよね。でも、次に紹介する2段階認証は事前に設定しておきましょう。安心して取引が始められます。

2段階認証

仮想通貨取引所では、まず資金として日本円を入金し、そのお金で仮想通貨を買うのが一般的な流れです。自分のお金を使ってネット上で取引する以上、セキュリティ面はしっかりしておきたいですよね。

そのために、2段階認証の設定を強くオススメします。2段階認証とはログインの際、メールアドレスと通常のパスワードに加えて、専用アプリで得られるパスワードで認証する方法です。

この2段階認証を設定していないと、第三者がパスワードを解読し、不正にアクセスする恐れがあります。もし、不正にアクセスされ勝手にパスワードを変更されてしまえば、ログインができず、取引所にある日本円やビットコインを失うことになります。

このようなトラブルを防ぐためにも、2段階認証の設定が必要です。2段階認証の設定については、こちらで詳しく説明しています。(別記事へのリンク)

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

二段階認証かぁ……。本当ならものすごく面倒だけど、法人口座となったら絶対にしなきゃいけないよね

カネット XXX(表情名入力)カネット

個人の口座でもちゃんとやってネ?会社の資産を法人口座に預け入れる先なんだから、セキュリティ対策はちゃんとしとかないと、サトシくんがクビになるかもだヨ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

いや、僕が社長になる予定だから大丈夫だよ。まぁせいぜい倒産くらいじゃないかな

カネット XXX(表情名入力)カネット

そういえばそういう設定だっタ……でも倒産も大事だヨ……

まとめ

いかがでしたか?法人口座の開設は、必要な書類や入力項目が増える分、難しいイメージがあるかもしれません。しかし実際にやってみると、とてもシンプルなのでつまずく箇所はほとんどありません。

QUOINEXは格安のスプレッドと、豊富な機能が魅力で初心者から上級者まで本格的な取引が可能。今すぐ口座開設して、仮想通貨取引を始めましょう!

コインエクスチェンジ公式サイトはこちら