仮想通貨投資にオススメ!住信SBIネット銀行の特徴と口座開設方法を画像付きで解説!

仮想通貨投資にオススメ!住信SBIネット銀行の特徴と口座開設方法を画像付きで解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

二人とも、取引所に日本円を入金するときの振込手数料ってちゃんと気を付けてル?

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ん?手数料なんてほんのちょっとなんだから、どこだっていいんじゃないの?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ダメ!入金のたびにかかる手数料ってバカにならないのよ。私は、ちょっとでも手数料の安いところを使うようにしてるけど、手数料を最大限抑える方法ってあるのかしら?

カネット XXX(表情名入力)カネット

それなら、住信SBIネット銀行がオススメだヨ!様々な手数料が無料で、入金も速いンダ!

仮想通貨投資を行うためには取引所に日本円を入金しますが、ほとんどの銀行で手数料がかかります。そのため「大した金額じゃないから…」と気にしていなかったり「手数料はどうしてもかかるものだから…」と諦めていませんか?

そこでぜひオススメしたいのが「住信SBIネット銀行」。住信SBIネット銀行は、振込先に関係なく振込手数料が無料。さらに、ATMでの預入や引出にかかる手数料も無料です。

また住信SBIネット銀行は、ほぼ全ての国内仮想通貨取引所と提携しているため、口座を開設しておけば仮想通貨投資がお得にはじめられます。

ここでは住信SBIネット銀行の特徴やメリット、そして口座開設の手順を画像入りで詳しく解説します。

これから仮想通貨投資をはじめるという方も、すでに売買を行っているという方もぜひ参考にして下さい。

住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行には、どんな特徴やメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

住信SBIネット銀行とは?

住信SBIネット銀行はWEBサイト上のみで運営するネット銀行で、自宅にいながらパソコンやスマホでいつでも銀行取引が可能。

また「ゆうちょ銀行」「セブン銀行」「イオン銀行」などと提携していて、現金の預入や引出もコンビニや郵便局のATMで気軽にできます。

インターネット上のみの銀行ですが、その魅力や特徴は大手銀行に引けを取りません。

手数料無料でお得に仮想通貨投資が行える

住信SBIネット銀行の最大の魅力は何といっても手数料。様々な手数料が非常にお得ですが、まずは仮想通貨投資を行う際に重視するべき振込手数料から確認しましょう。

振込手数料

下の表は、住信SBIネット銀行から振込を行った場合の手数料を一覧にしたものです。

振込先振込手数料
住信SBIネット銀行あて無料
他の金融機関あてランクに応じて月15回まで無料
回数超過分は1回154円(税込)

上で説明したとおり、多くの仮想通貨取引所は住信SBIネット銀行と提携しています。そのため取引所へ日本円を入金する際、回数に関係なく手数料がかかりません。

また多くの銀行では他の銀行へ振り込む場合、200円~500円前後の手数料がかかりますが、住信SBIネット銀行なら他の銀行への振込手数料も無料。無料回数を超過した場合でも、1件あたり154円という格安の手数料で振込できます。

仮想通貨投資で少しでも多くの利益を出すには、費用を抑えることが重要です。住信SBIネット銀行なら取引所へこまめに入金を行っても手数料がかからず、コストを大幅に抑えられます。

ATM利用手数料

さらに、住信SBIネット銀行は銀行ATMの利用手数料が非常にお得。下の表は、主な提携銀行のATMで、預入・引出にかかる手数料を一覧にしたものです。

ATM預入引出
ゆうちょ銀行無料ランクに応じて月 2 回~ 15 回まで無料
回数超過分は 1 回 108 円(税込)
イオン銀行
セブン銀行
イーネット
ローソンATM

表を見てもわかるとおり、銀行ATMで預入や引出を行う際にも手数料がかかりません。しかも、時間や曜日に関係なく無料です。

以上のように、住信SBIネット銀行では銀行取引の際の手数料がほとんどかかりません。ですから仮想通貨投資はもちろん、普段から振込や預入・引出を行う機会が多い方にもオススメできます。

非常にお得に利用できる住信SBIネット銀行ですが、手数料だけでなく他にも様々なメリットがあります。

続いて詳しく見ていきましょう。

その他のメリット

住信SBIネット銀行の主なメリットとして、以下の3つが挙げられます。

入金反映が早い

住信SBIネット銀行は、入金の反映が非常に早いです。ほとんどの銀行では、取引所へ入金を行ってから反映されるまで平均1時間ほど。しかし住信SBIネット銀行なら10分程度で反映されることが多いです。

24時間365日利用可能

多くの銀行は平日の15時以降や土日祝日は営業していないため、入金を行っても翌日扱いになります。しかし住信SBIネット銀行は24時間365日利用が可能。夜中でも、土日でも入金処理が行えます。

ただし、取引所の営業時間によってはすぐに反映されないため注意しましょう。

設定した金額を毎月自動で入金

住信SBIネット銀行には「定額自動入金サービス」があります。これは他の銀行の本人名義口座から住信SBIネット銀行あてに、毎月決まった金額の入金ができるというもの。

このサービスを使えば、メインバンクから毎月仮想通貨投資用に3万円を自動で入金するということが可能。手数料も無料なので非常にお得です。

以上のように、住信SBIネット銀行ならお得に、素早く、そしていつでも利用ができます。仮想通貨投資はもちろん、普段の生活にも大いに役立つため、ぜひこの機会に口座開設をしておきましょう。

では続いて、住信SBIネット銀行の口座開設方法を詳しく見ていきます。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

住信SBIネット銀行なら他の銀行への振込手数料が無料なんだ!しかも時間とか曜日に関係なくというのはすごいなぁ。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

サトシくんがこれまで払ってた手数料が全部無料になったら、もっと仮想通貨買えたのにね…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮に1回の入金に振込手数料が400円かかったとするど、5回で2000円が無駄になっちゃうからね…。手数料には気を付けないト。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

僕、すぐに住信SBIネット銀行に口座開設するよ!やり方を教えて!

住信SBIネット銀行の口座開設方法

住信SBIネット銀行で口座を開設する方法は「オンライン口座開設」「郵送による口座開設」の2種類です。

オンライン口座開設
WEBサイト上で申込手続きを行う方法。申込後、キャッシュカードを受け取る際に本人確認書類を提示することで本人確認ができます。

オンライン口座開設は申込書や書類を郵送する手間がないうえに、1週間前後で口座開設が完了します。ただし顔写真付きの本人確認書類がない場合や、申込者本人が送られてきたキャッシュカードを受け取れない場合は利用できないので注意しましょう。

郵送による口座開設
WEBサイト上で入力した申込書を印刷し、本人確認書類と一緒に郵送する方法。

留守がちでキャッシュカードを直接受け取れないという場合や、顔写真付きの本人確認書類を持っていないという場合にオススメです。ただし、口座開設まで10日~2週間前後かかるので余裕を持って手続きをしましょう。

続いて、口座開設に必要なものを説明します。

口座開設の際に必要なもの

住信SBIネット銀行で口座開設をするには、以下の2つが必要です。

  • メールアドレス
  • 運転免許証などの本人確認書類

なお本人確認書類は、口座開設方法によって違います。それぞれの方法で必要な本人確認書類は以下の通りです。

オンライン口座開設

・運転免許証、運転経歴証明書

・旅券(パスポート)

・在留カード、特別永住者証明書

・写真付き住民基本台帳カード

・官公庁が発行した身分証明書で写真付きのもの

・公的機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳など)

のいずれか1点をキャッシュカード受取時に提示する。

郵送による口座開設

・運転免許証

・各種健康保険証

・写真付き住民基本台帳カード

・在留カード、特別永住者証明書

のいずれかのコピーと公共料金の領収書(原本)の合計2点。もしくは

・住民票の写し、住民票記載事項証明書

・印鑑登録証明書

のいずれか1点の原本を申込書と一緒に郵送で送る。

では続いて、口座開設の手順をひとつずつ見ていきましょう。

オンライン口座開設方法

オンライン口座開設の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 口座開設フォームに必要事項を入力
  2. パスワードなどの設定
  3. キャッシュカードを受け取る
  4. サイトで受取確認をして完了

手順を詳しく説明します。

①住信SBIネット銀行の公式サイトにアクセス

住信SBIネット銀行の公式サイトにアクセスすると、トップページが表示されますので「口座開設のお申し込みはこちらから」をクリックしましょう。

住信トップ

すると、下の画面が表示されますので「WEBサイトでのお申込み」の欄にある「申込みに進む」をクリックして下さい。

WEB申込

続いて、キャッシュカード受取り時に提示する本人確認書類を選び「次へ進む」をクリックしましょう。

本人確認書類

その後、居住している国を選択します。該当のボタンをクリックして下さい。

居住国

②利用規約を読み同意する

サービスを利用するためには、各種確認事項に目を通す必要があります。

利用規約
  • 個人情報の取扱いについて
  • 電子交付について
  • 銀行取引規定
  • 反社会的勢力ではないことへの表明・確約

などの項目について確認し「同意する」をクリックしましょう。

確認事項

③本人情報の登録

次に、氏名や住所などの本人情報を登録します。

口座開設申込

本人情報登録画面では

  • 希望ユーザーネーム
  • 氏名
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 住所カナ
  • 電話番号
  • 職業
  • メールアドレス

の各項目について、選択・入力していきます。

なお、この時に登録した情報をもとに、本人確認書類に記載されている内容との確認が行われます。そのため、ここで入力する内容は間違いのないように注意しましょう。

④カードの選択

その後、画面をスクロールすると「カードの選択」という項目が表示されます。

カード

ここでは利用するカードの種類を次の2種類から選択します。

  • Visaデビット付キャッシュカード+認証番号カード
  • 認証番号カードのみ

ただし、認証番号カードのみだと銀行ATMで現金の預け入れや引き出しができないので注意しましょう。

なおキャッシュカードは後から発行することもできますが、1週間ほど時間がかかります。そのため銀行ATMを利用したい方は「Visaデビット付キャッシュカード+認証番号カード」を選ぶのがオススメです。

その後、キャッシュカードの氏名や暗証番号、勤務先情報などを入力して「次へ」をクリックします。

カード情報

⑤初回ログインパスワードの設定

最後にログインパスワードを設定します。

ログインパス

パスワードは、半角アルファベット(大文字、小文字の区別なし)、数字、記号を組み合わせた6~32文字で自由に設定できます。第三者による不正アクセスを防ぐためにも、推測されにくい複雑なパスワードに設定することをオススメします。

また設定したパスワードは口座開設後、はじめてログインする際に必要ですが、住信SBIネット銀行から通知されることはないため、忘れないようにメモに控えておきましょう。

その後、確認のためパスワードを再度入力し「確認」ボタンをクリックして下さい。

パス確認

これで口座開設の申込みが完了。その後、住信SBIネット銀行による確認が行われキャッシュカードが発送されるので届くのを待ちましょう。

⑥初期設定を行う

続いて初期設定を行います。初期設定はカードの到着後にもできますが、続けて済ませてしまいましょう。

住信SBIネット銀行のトップページ右側にあるログイン情報欄に、先ほど設定したユーザーネームと初回ログインパスワードを入力し「ログイン」をクリックして下さい。

住信SBIトップ

ログインに成功すると、下の画面が表示されます。

設定

この画面では

  • WEBログインパスワード
  • WEB取引パスワード
  • テレフォンバンキングパスワード
  • キャッシュカード暗証番号

などを入力・設定します。

パスワードの数が多いので少し大変ですが、セキュリティを高めるためにもしっかりと設定する必要があります。また設定したパスワードは、第三者の目に触れないように管理しておきましょう。

必要な項目を設定したら「確定」をクリックしましょう。

⑦カードの受取時に本人確認書類を提示

口座開設の申込みから1週間ほどで、登録した住所にキャッシュカードと認証番号カードが届きます。

なおカードは本人限定受取郵便(特定事項伝達型)のため、本人以外の方では受け取れないので注意しましょう。そして、申込時に選択した本人確認書類を配送員に提示することで本人確認が完了します。

⑧ログイン後、カード受取確認を設定して完了

キャッシュカードと認証番号カードを受け取ったら、住信SBIネット銀行のサイトでカード受取確認を行います。ログイン後、トップページ右側の「カード受取確認」をクリックしましょう。

受取確認

クリックすると、下の画面が表示されます。

カード認証

カード受取確認を設定するにはまず「WEB取引パスワード」を入力します。WEB取引パスワードとは、上の⑥で紹介した初期設定時に登録するパスワードです。

その後、画面の「認証番号表」の欄に書かれたアルファベットと数字から、カード裏面の認証番号表に記載された番号を入力します。例えば「B-4」であれば、認証番号表のB列4行目に書かれた番号ということになります。

入力後「確定」をクリックすれば、カード受取確認の設定が完了。これで口座開設ができました。

以上のように、オンライン口座開設ならネット上で全ての入力が完了。順番に入力していけばOKなので、迷うことなく申込ができます。

ただし本人が確実に書類を受け取らなければならないため、留守にしがちな方は郵送による口座開設の方が確実です。

続いて、郵送による口座開設の手順を詳しく見ていきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

必要な情報を入力して、本人確認書類をカードの受取時に掲示するだけ…簡単だね!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

自宅で気軽に申し込みできるのがネット銀行の良いところでもあるわよね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

今紹介した方法がオススメなんだけど、本人がキャッシュカードを受け取れない場合や写真付きの本人確認書類を持っていない場合は郵送による申し込みも可能だヨ。手順を見てイコウ!

郵送による口座開設方法

郵送による口座開設の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 口座開設フォームに必要事項を入力
  2. 口座開設申込書を印刷・または送ってもらう
  3. 申込書と本人確認書類を送る
  4. キャッシュカードを受け取る
  5. 初期設定を行って完了

手順を詳しく説明します。

①住信SBIネット銀行の公式サイトにアクセス

住信SBIネット銀行のトップページから「口座開設のお申し込みはこちらから」をクリックしましょう。

住信トップ

すると、下の画面が表示されますので「WEBサイト+郵送でのお申込み」の欄にある「申込みに進む」をクリックして下さい。

WEB+郵送

続いて、申込書と一緒に郵送する本人確認書類を選び「次へ進む」をクリックしましょう。

本人確認書類

②利用規約を読み同意する

サービスを利用するためには、各種確認事項に目を通す必要があります。

利用規約
  • 個人情報の取扱いについて
  • 電子交付について
  • 銀行取引規定
  • 反社会的勢力ではないことへの表明・確約

などの項目について確認し「同意する」をクリックしましょう。

確認事項

③本人情報の登録

次に、氏名や住所などの本人情報を登録します。

口座開設申込

本人情報登録画面では

  • 希望ユーザーネーム
  • 氏名
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 住所カナ
  • 電話番号
  • 職業
  • メールアドレス

の各項目について、選択・入力していきます。

なお、この時に登録した情報をもとに、本人確認書類に記載されている内容との確認が行われます。そのため、ここで入力する内容は間違いのないように注意しましょう。

④カードの選択

その後、画面をスクロールすると「カードの選択」という項目が表示されます。

カード

ここでは利用するカードの種類を次の2種類から選択します。

  • Visaデビット付キャッシュカード+認証番号カード
  • 認証番号カードのみ

ただし、認証番号カードのみだと銀行ATMで現金の預け入れや引き出しができないので注意しましょう。

なおキャッシュカードは後から発行することもできますが、1週間ほど時間がかかります。そのため銀行ATMを利用したい方は「Visaデビット付キャッシュカード+認証番号カード」を選ぶのがオススメです。

その後、キャッシュカードの氏名や暗証番号、勤務先情報などを入力して「次へ」をクリックします。

カード情報

続いて、収入の種類や投資の経験年数などについて入力する画面が表示されますので、入力・選択して「次へ」をクリックして下さい。ただし、この項目は任意なので飛ばしても構いません。

投資について

⑤申込書を印刷・または郵送を依頼する

クリックすると、確認画面が表示されますので、ここまでの入力項目に間違いがないか必ずチェックしましょう。

輸送依頼

この後のステップとして、ここで入力した申込書を郵送します。そのためにはここで作成した申込書をプリンターで印刷するか、住信SBIネット銀行から郵送してもらわなければなりません。

プリンターがある場合は「印刷」、無い場合は「請求」をクリックします。なお郵送を依頼した場合、申込書が届くまで1週間ほどかかります。

⑥申込書と本人確認書類を郵送

印刷、または郵送された申込書の「記入日」と「氏名」の欄には手書きでの記入が必要です。また「居住地国」の欄には該当する部分にチェックを入れましょう。

ハガキ

その後、申込書の記載内容に間違いや漏れが無いかを再度確認し、本人確認書類を同封して住信SBIネット銀行あてに郵送しましょう。

なお、住信SBIネット銀行の公式ページより宛名ラベルのプリントアウトが可能です。

⑦カード到着後、各種パスワードなどを設定

申込書が住信SBIネット銀行に到着してから10日ほどで、登録した住所にキャッシュカードと認証番号カードが届きます。

そして、カードに同梱された用紙に「ユーザーネーム」「仮パスワード」が記載されており、住信SBIネット銀行にログインができるようになります。

住信SBIネット銀行のトップページ右側にあるログイン情報欄に、ユーザーネームと仮パスワードを入力し「ログイン」をクリックして下さい。

住信SBIトップ

ログインに成功すると、下の画面が表示されます。

設定

この画面では

  • WEBログインパスワード
  • WEB取引パスワード
  • テレフォンバンキングパスワード
  • キャッシュカード暗証番号

などを入力・設定します。

パスワードの数が多いので少し大変ですが、セキュリティを高めるためにもしっかりと設定する必要があります。また設定したパスワードは、第三者の目に触れないように管理しておきましょう。

必要な項目を入力して「確定」をクリックすれば、口座開設が完了です。

以上のように郵送による口座開設の場合、申込書を印刷して郵送する手間がありますが、口座開設自体は非常に簡単。オンライン口座開設と同様、順番に入力していくだけなので迷うことなく進められます。

また、どちらの方法も利用まで日数がかかるため、口座開設は余裕を持って行うのがオススメです。

手数料無料でお得に利用できる住信SBIネット銀行で、早速口座を開設してみましょう!

★住信SBIネット銀行の口座開設はこちらから★

住信SBIネット銀行に関するギモン

住信SBIネット銀行で口座開設する手順を詳しく紹介してきましたが、ネット銀行を利用するとなると不明な点や不安な点があると思います。ここでは住信SBIネット銀行に関する4つの疑問にお答えします。

口座開設は誰でもできる?

住信SBIネット銀行で口座を作るのに、厳しい条件はありません。スマホやパソコンなどのインターネット環境があって本人確認書類が提出できれば、ほとんどの方が口座開設できます。

ただし住信SBIネット銀行では、15歳に満たない未成年は口座開設ができません。

口座開設にかかる費用は?

住信SBIネット銀行で口座を開設する際、費用は一切かかりません。また、口座維持手数料も無料です。

口座開設や利用はスマホからもできる?

口座の開設はスマートフォンからも可能です。画面の表記は少し異なるものの、口座開設の流れは上で説明したとおりです。

また専用のスマホアプリで、いつでもどこでも残高照会や振り込みが行えるので便利ですよ。

デメリットはある?

住信SBIネット銀行は全ての取引がインターネット上でできますが、逆に言えばインターネット環境がなければ利用ができません。

そのため、パソコンやスマートフォンが故障したり、インターネット回線にトラブルがあると、利用ができなくなる可能性があります。

とはいえ、住信SBIネット銀行にはデメリットはほとんどありません。手数料が安く土日でも利用できるので、仮想通貨投資はもちろん普段使いにも非常におすすめです。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

手数料が激安で、いつでも利用できて、入金も速い!ホントいいこと尽くめのネット銀行ね。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

普段の振込にも活用できそうだし、無料で口座開設できるなら今すぐ申込すべきだよね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨取引所の口座開設をしたことがあるなら、手順はほとんど同じだし、はじめての人でも迷うことはほとんどないヨ。ぜひとも口座開設しておこウ!

まとめ

住信SBIネット銀行の特徴と口座開設方法について、ひとつずつ詳しく説明してきました。ネット銀行で口座開設するとなると、初めての方には難しいイメージがあるかもしれません。

しかし実際にやってみると、必要な情報を入力していくだけとシンプルでわかりやすいため、つまずく箇所はほとんどありません。

住信SBIネット銀行は手数料が無料なだけでなく、入金スピードも速く土日も利用可能なのが大きな魅力。今すぐ口座を開設して、仮想通貨取引を始めましょう!