セグウィット(Segwit)とは?仮想通貨の処理スピードをアップする仕組みを解説

セグウィット(Segwit)とは?仮想通貨の処理スピードをアップする仕組みを解説

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ビットコインの取引ってどんどん増えているのよね。それによって送金に時間がかかるって聞いたんだけど…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通りダヨ。ビットコインには懸念されるべき問題があるンダ。そして、その問題に対処するのが「セグウィット」という技術なんダ。

ビットコインなど取引量の多い仮想通貨の送金スピードが問題になる中で注目されているのが、セグウィット(Segwit)という新技術です。

送金をはじめとする仮想通貨の処理スピードをアップするものなのですが、具体的にはどのような仕組みなのでしょうか。また、どのような仮想通貨で導入されているのでしょうか。

セグウィット(Segwit)ってどんなもの?

セグウィット(Segwit)とはブロックチェーンに記載されるトランザクション(取引)のデータサイズを圧縮する技術です。この圧縮が、仮想通貨取引の効率化に役立ちます。

また、仮想通貨においてはスケーラビリティー問題やトランザクション展性などが存在していますが、セグウィットはこれらを解決する手段のひとつでもあるのです。

セグウィットは仮想通貨の取引を効率化させる技術

セグウィットは上にも書きましたように、ブロックチェーンに書き込まれるデータサイズを圧縮する技術です。具体的には、セグウィット未使用時よりも60%ほどデータサイズを圧縮できるのです。

なぜこれが仮想通貨取引の効率化につながるのかというと、ブロックチェーンを読む時間が短縮されるからです。

ブロックチェーンのデータサイズが大きいと、どうしても読むのに時間がかかります。この問題が顕在化したのが、後述するスケーラビリティー問題です。

セグウィットを実装することで、ブロックチェーンのサイズは小さくなりますから、読む時間が短縮されます。これによって仮想通貨取引にかかわる手続きの時間を短縮できるのです。

なぜセグウィットが必要なの?

セグウィットが必要だとされている理由としては、2つの問題に対応することが挙げられています。スケーラビリティー問題と、トランザクション展性問題です。

スケーラビリティー問題

「ビットコインは送金に時間がかかる」という問題が生じたことは有名ですが、実はこれこそがスケーラビリティー問題なのです。

ブロックチェーンの1ブロックは上限サイズが決まっているうえ、取引や送金を重ねていくと記録が増えてどんどんデータが増えていきます。

必然的にデータが1ブロックのサイズに収まらず、新たなブロックを追加しなければならないケースが出てくるようになります。もちろん、これにはある程度の時間が必要です。

送金のたびにブロックを追加するようなことが頻発すると、処理に時間が生じてなかなか送金が完了しなくなります。これがスケーラビリティー問題なのです。

解決するためには1ブロックのサイズを大きくする方法と、取引記録を圧縮してブロック追加を頻発させない方法が考えられます。セグウィットは後者の方法のひとつというわけです。

トランザクション展性問題

簡単に説明すると、ビットコインの送金を行う際に、受け取り側がブロックチェーン内の取引データを改ざんし、何度もお金を受け取ることができるようになるという問題点です。

ブロックチェーン内の取引データはトランザクションと呼ばれています。送り先と送金元、お金を受け取るときに必要な双方の署名が入っており、すべて暗号化されています。

ところが、ビットコインをはじめとする一部の仮想通貨は、受け取り側の署名については取引内容を変更しないで改ざんすることが可能になっているのです。

この部分を改ざんすると、自分は仮想通貨を受け取ることができているのに、相手側から見ると送金が完了していないという形になってしまいます。

これを利用して、送金元に「まだお金が届いていないよ」と連絡して再び送金してもらえば、二重に受け取ることが可能になるというわけです。

付け加えると、このときにも受け取り側の署名を改ざんすれば同じことが起きるため、相手に怪しまれなければ多重取引も可能になるのですが……さすがに何度もやられたらおかしいと思いますよね?

マウントゴックス事件も、このトランザクション展性による多重送金を利用して行われたものだといわれており、ビットコインの問題点のひとつだとされていました。

ソフトフォークとハードフォークの違い

セグウィットをはじめとする新技術を仮想通貨に導入する際には、ソフトフォークもしくはハードフォークのどちらかが行われることになります。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、ソフトフォークは新技術を導入する際に、古いものとの互換性を残したまま行うことです。ソフトフォークを行っても、基本的にウォレットはそのまま使い続けることができるのです。

逆にハードフォークは新技術を導入する際に、古いものとの互換性を切り捨ててしまうのです。同じ銘柄の仮想通貨であっても、中身は全く別物になってしまうので、ウォレットの更新などが必要です。

スケーラビリティー問題のところで説明しましたが、解決するためにはブロックチェーンの1ブロックのサイズを増やすか、書かれるデータそのものを圧縮することが必要です。

このケースだと、セグウィットのようなデータの圧縮ならばソフトフォークで対応できますが、1ブロックのサイズの拡大はハードフォークでしか対応できないとされています。

ハードフォークは大きなバグの修正には有効ですが、信頼性の低下というリスクがあります。ビットコインなどがセグウィット導入にこだわったのは、ソフトフォークで対応できるためです。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

えぇと…ビットコインの取引が増えすぎちゃって、ブロックに入らない取引がたくさん出ているってこと?

カネット XXX(表情名入力)カネット

そんなイメージだネ。ブロックに入らなかった取引は処理が後回しにされてしまウ。すると送金にますます時間がかかってしまうんダ。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

それらの取引をブロックに納めるための技術がセグウィットなのね。

セグウィットの仕組みと特徴・問題点

セグウィットは取引データを圧縮することで、上記の2つの問題解決が可能になります。これによって送金手数料を抑えられるなどのメリットが生じます。

ただ、セグウィットにも全く問題がないわけではありません。マイナーが減少して処理速度の低下につながるのではないかという懸念もあるのです。

セグウィットの仕組み

セグウィットの仕組みは、理論的にはそれほど難しいものではありません。取引データ内にある送金先と送金元の署名データを切り離し、データのサイズを小さくしてしまうのです。

署名データについてはブロックチェーンの外に格納する場所を作って対応しますが、これによってスケーラビリティー問題とトランザクション展性問題に対応できるのです。

スケーラビリティー問題解決方法

スケーラビリティー問題が起きるのは、送金をはじめとする取引ごとにブロックチェーンに記載される情報が増えていき、ブロックの追加を頻繁に行わなければならないからです。

ビットコインの場合は価格の高騰に伴って利用者が増えていき、ブロックチェーンに記載される情報が大幅に増えていったため、早い時期に送金スピードの低下などが起きたのです。

セグウィットを導入することで取引データが圧縮されれば、時間がかかるブロック追加の回数は減少します。ブロックチェーンに格納されるデータはほぼ6割が圧縮されたサイズになるからです。

この結果、他の取引にも遅延が生じにくくなります。ビットコインの送金遅れの問題が解消されつつあることを考えても、セグウィット導入は一定の効果があったと言っていいでしょう。

トランザクション展性解決方法

トランザクション展性は、改ざん可能な署名データがブロックチェーン内に存在していたことが原因です。ところが、セグウィットはこのデータをブロックチェーンから切り離してしまったのです。

つまり、署名データを改ざんしてもブロックチェーンには何も影響を与えることができません。これによって、多重送金は行えなくなってしまうというわけです。

トランザクション展性はビットコインのシステムの弱点だという指摘があり、解決が急がれていました。セグウィット導入は、この問題の解決という側面も大きかったというわけです。

セグウィットの特徴

セグウィットのメリットとしては、手数料が抑えられること、通貨の信頼度アップで価格高騰が期待できること、ライトニングネットワークの導入に繋がることなどが考えられます。

手数料が抑えられる

ビットコインの送金遅れが問題になっていた時期でも、実は送金スピードを上げる方法はありました。それは、多めに手数料を払うことです。

取引を承認しているマイナーも慈善事業でやっているわけではありませんので、承認によって得られる報酬の多いものから処理していき、報酬の少ないものは後回しにされてしまいます。

少しでも優先順位を上げるためには、手数料を増やしてマイナーの報酬をアップさせればいいというわけです。ただ、これでは送金手数料が安いという仮想通貨のメリットは損なわれてしまいます。

セグウィット導入によってブロックチェーンのブロック追加が減れば、マイナーが処理すべき仕事は減り、送金遅延が起こるようなことは減っていきます。

そもそも多めの手数料を払うのは送金スピードを速くするためなので、送金遅延が起こりにくくなれば余計な手数料を払わなくてすみ、料金を抑えられるというわけですね。

通貨の信頼度がアップすれば価格高騰が期待できる

上にも書きましたように、スケーラビリティー問題を解決する方法としては、ブロックのサイズを増やすという方法もあります。ただこの方法を取るためには、ハードフォークが必要になります。

ハードフォークの問題点は、これまでのものとは互換性のない仮想通貨を作り出すことになるため、通貨の信頼度をダウンさせるリスクがあることです。これは仮想通貨の価格下落要因となります。

セグウィット導入ならばソフトフォークで済むため、信頼度ダウンのリスクはほぼありません。しかも送金スピードアップなどの信頼性アップ要素もあり、これによって価格高騰が期待できるのです。

ライトニングネットワークの導入に繋がる

ライトニングネットワークとは、簡単に説明するとブロックチェーンとは別の仕組みを使って決済を行う仕組みのことです。この技術も手数料抑制や送金スピードアップにつながるとして期待されています。

少額取引の場合、手数料が少ないのでどうしても時間がかかります。加えて、スピードを速くするためには、支払額を上回る手数料を払うという羽目になりかねません。

この少額取引をライトニングネットワークで行うと、マイナーの仕事量が減少して送金スピードの上昇につながります。少額取引を行う側も、承認まで待たされないというメリットにつながります。

問題はこのライトニングネットワークの導入には、セグウィットの導入が必要になるということです。セグウィットが注目されているのは、ライトニングネットワークの関係もあるのです。

詳しくは「ビットコインの未来を変える『ライトニングネットワーク』とは?仕組みやメリットを解説」で説明しています。

セグウィットの問題点

ただ、セグウィットにもマイナーの減少につながる可能性があるという問題点があります。このため、ビットコインでは「セグウィット2X」という改変案がマイナーによって示されたことがあります。

マイナーが減少する可能性がある

上にも書きましたように、セグウィットは手数料の抑制につながる可能性があります。ただ、これはマイナーにとってみれば、手数料の減少につながるのが問題点です。

マイニングを行うためには高性能のコンピューターが必要で、動かすためには電気代がかかります。セグウィット導入で報酬が減ると、設備を維持できなくなったマイナーが離れる可能性があります。

セグウィット2Xについて

こうした問題点を把握しているマイナーが主導したものに、セグウィット2Xへの改変案があります。これはビットコインのブロックサイズを2倍にするというハードフォーク案です。

ハードフォークを行う場合には、安全性を高めるためにリプレイアタック対策を行わなければなりませんが、マイナーは自らの権益を重視してリプレイアタック対策を施さない案を出してきたのです。

リプレイアタックとは、ハードフォーク前の仮想通貨を送る際に、同じデータをハードフォーク後の仮想通貨側にも送ることで、両方の仮想通貨を相手に送ることができるというものです。

送金元と送金先がどちらも自分のウォレットなら、リプレイアタックを行うことで、古い仮想通貨の送金だけで、新旧2種類の仮想通貨を同時に入手することができるというわけです。

この結果、不正に仮想通貨が引き出されてしまう可能性があります。こうした問題を防ぐために、仮想通貨のハードフォークを行う前には、リプレイアタック対策を行うことが多くなっています。

リプレイアタック対策を行っていなければ、現在持っているビットコインを自分のウォレット同士でやり取りするだけで、セグウィット2Xを導入したものと入れ替えることができ、マイナーにとっては都合がいいのです。

もちろん、セキュリティー上の問題を放置している形になりますので、開発陣は導入に反対です。最終的にはセグウィット2Xの導入は無期限延期となりました。

こうした動きには、セグウィットによって報酬が減少する恐れがあるマイナーの危機感が関係している可能性があります。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

セグウィットには処理スピードを上げるメリットがあるけど、懸念される点もあるのね…。

カネット XXX(表情名入力)カネット

大きなものとしてはマイナーの減少ダネ。報酬のない仕事は誰もしたがらないカラ、この点をどう対応していくかがポイントとなると言われてイル。今後の動向に注目しておこウ!

セグウィットが導入された仮想通貨

これまでにセグウィットが導入された仮想通貨としてはビットコイン、ライトコイン、モナコインが挙げられます。それぞれの導入経緯は、どのようなものだったのでしょうか。

ビットコイン

ビットコインのセグウィット導入は難産でした。送金遅れやトランザクション展性の問題が既に生じていたにもかかわらず、導入に反対する勢力がいたためです。

最終的にはセグウィットを導入した現在のビットコインから、セグウィットを実装しない代わりにブロックサイズを拡大したビットコインキャッシュが分裂するという事態になりました。

ビットコインのセグウィットが有効化されたのは2017年8月で、そこからビットコインの価格は上昇傾向を見せ、2017年12月には1BTCが一時200万円を超えています。

ライトコイン

ライトコインのセグウィット導入はビットコインより一足早く、2017年4月末に決定し、同年5月に有効化されています。

それまで1LTC=400円程度だったライトコインの価格は、セグウィット導入の可能性が高くなった3月ごろから徐々に上昇し、9月には8,700円台をつけています。

モナコイン

日本発の仮想通貨・モナコインがセグウィットを実装したのは2017年4月で、世界で最初の導入だとみられています。

それまで1MONA=6円程度だったのが、セグウィット実装によって価格が上昇し、2017年6月には一時100円台をつけています。

セグウィット導入についてはポジティブに見る向きが多く、基本的に仮想通貨の価格上昇につながっているようです。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

懸念材料もあるけど、セグウィットの導入によって仮想通貨の価格が急騰しているところをみると、ポジティブな話題と言えるわね。

カネット XXX(表情名入力)カネット

やっぱり、仮想通貨の機能が向上することで実用化の可能性もグンと上がるからネ。そうなれば価格も上がるカラ。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨はこれからも問題点にひとつずつ対処していくことで実用化に近づくってことだね!技術の進歩には目を見張るものがあるなぁ!

セグウィットはスムーズな取引を行うための画期的な技術!(まとめ)

セグウィットは送金スピードをアップさせると同時に、ブロックチェーンの改ざんによる不正を防ぐことができるという画期的な技術なのです。

ビットコインの送金スピードの問題が一時ほど騒がれなくなったのは、この技術によるところが大きいと言っていいでしょう。

セグウィットの実装が前提となるライトニングネットワークによって、少額取引のスピードアップを行うことも検討中です。今後の動向に注目しておきましょう。