仮想通貨のトークンとは?仮想通貨との違いや投資するメリットを徹底解説!

仮想通貨のトークンとは?仮想通貨との違いや投資するメリットを徹底解説!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

仮想通貨のサイトを見てると、さも知ってて当然のように『トークン』って言葉が出てくるんだよね。どういう意味なの?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

トークンは代用通貨とか引換券って意味の英単語よね。でも仮想通貨におけるトークンの意味はもっと別モノな気がするわ

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨とトークンは同じものとして扱われがちだけど、厳密に言えば違うモノなんだヨ。今日は仮想通貨における『トークン』について見ていこうカ!

仮想通貨に興味を持って情報を集め始めると、「トークン」という見慣れない言葉が目に付くようになります。

仮想通貨の知識もまだ少ない皆さんからすると、なおさら正体をつかみづらい「トークン」。

ところが今後は仮想通貨の広がりと同時に、このトークンを使った新しい投資やビジネスが活発化しそうなのです。

既に日本国内でも、ザイフ(Zaif)などの大手取引所が、積極的にトークンの取引を始めています。仮想通貨の取引を始めるなら、このチャンスにトークンについても一緒に学んでしまいましょう。

仮想通貨とトークン

トークンの本質を理解するために、まずは仮想通貨との違いを確認しておきましょう。

言葉としての定義は?

仮想通貨は一般的には「バーチャル・カレンシー(Virtual Currency)」と呼ばれますが、英語圏の国々では「クリプトカレンシー(Cryptocurrency)」、つまり「暗号通貨」と呼ばれています。

それに対して「Token(トークン)」は、元々は「しるし・証拠」を表す言葉で、そこから「商品引換券」や「地下鉄やバス料金の代用貨幣」などの意味でも使われるようになりました。

仮想通貨の世界では、この「代用貨幣」からの転用で使われているようです。

仮想通貨とトークンの大まかな違い

インターネット上だけで流通する貨幣という意味では、仮想通貨とトークンとは同じ性質の貨幣だと言えます。と言うよりも、この2つの貨幣には本質的な違いはないと言ってもいいかもしれません。

あえて分類すると、仮想通貨は実際の取引に既に流通している通貨で、トークンは流通前の準備段階にある貨幣だと考えても良いでしょう。

これは、株式市場の「公開株」と「未公開株」との関係を考えると、分かりやすいかもしれません。トークンは未公開株とよく似た性質を持っており、ベンチャー企業の資金調達に使われたりもしています。

簡単に言うと現在のところは、トークンは仮想通貨よりも小規模でマイナーな貨幣だと考えておいてください。

仮想通貨とトークンのシステム的な違い

仮想通貨はブロックチェーンという仕組みを使って成り立っていますが、仮想通貨とトークンでは、その使い方に違いがあります。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、それぞれ独自のブロックチェーンを持っていて、そこに毎日新しい取引情報が追加されています。一方のトークンは、こうした仮想通貨のブロックチェーンを利用して、いわばその仕組みを借りて取引情報を管理しているのです。

現在トークンの取引には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンが最も多く利用されています。

ブロックチェーンについて詳しくは「仮想通貨のブロックチェーンとは?仕組みやメリットをわかりやすく解説!」で説明しています。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ふむふむ。つまり、ビットコインやイーサリアムみたいな、独自のブロックチェーンという土台の上にあるものがトークンなのね

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだネ!独自のブロックチェーンを持つ仮想通貨のことをトークンとは呼ばないヨ

トークンの種類と主な銘柄

仮想通貨と同様に、トークンも種類によって発行方法が異なります。また発行されている種類も非常に多く、約1500種類の仮想通貨に対して、トークンは8000種類を超えているのです。

ここでは、トークンの発行方法や用途について見ていきましょう。

トークンの発行パターンは2つ

実際にトークンが発行されるパターンは、「カレンシー」と「アセット」という2つに大別されます。

「カレンシートークン」は主な仮想通貨と同じ仕組みで、「マイニング」と呼ばれる取引の認証作業によって発行されます。

この場合はあらかじめ1回ごとの発行枚数や、そのトークン全体での発行総数が決められていることがほとんどです。詳しくは「仮想通貨のマイニング(採掘)とは?仕組みや報酬、やり方を解説します!」で説明しています。

一方の「アセットトークン」は、トークンを発行する母体が存在していて、発行枚数や発行のペース、トークンの用途までが決められます。そのため、アセットトークンは「ICO(Initial Coin Offering)」や、企業の資金調達などに利用されるようになってきました。

トークンのこの役割は非常に重要なので、後ほど詳しく説明します。

「ICO」の仕組みについて詳しくは「仮想通貨のICOとは?参加方法や注意点、メリット・デメリットを解説!」で説明しています。

国内取引所が扱う主要トークン

現在日本国内の取引所で売買できるトークンは、まだ種類が限られています。取引所として最もトークンの取引に積極的なのがザイフ(Zaif)です。

ザイフトークン画面

ザイフでは9種類(うち1種類は実験段階)のトークンが扱われています。その中でも注目度が高い2種類を紹介しましょう。

コムサ(COMSA)
取引所ザイフを運営するテックビューロ社が発行するトークン。将来的には中小ベンチャー企業が、COMSAのICOを使って資金調達ができるようなシステム作りを進めるようです。

技術的にも、ビットコインやイーサリアムのブロックチェーンに、テックビューロ社が開発したブロックチェーンを組み合わせた、信頼性の高いシステムが構築される予定です。

ザイフトークン
COMSAと同じくテックビューロ社が発行しているトークン。ベースにはビットコインのブロックチェーンを使っていて、将来的にはザイフ発の仮想通貨に発展させる狙いがあるようです。

ザイフトークンと同様に、取引所は発行しているトークンもあります。

キャッシュ(QASH)
キャッシュは取引所の「コインエクスチェンジ」が発行しているトークンです。

このトークンは現在開発中の「リキッド(LIQUID)」という取引システムで使用される予定で、取引所の垣根を越えたトークンの取引が可能になるかもしれません。

現在は仮想通貨でも、ユーザーは取引所間をまたいだ取引はできません。しかしそれを可能にするのがリキッドというシステムなので、もし開発に成功すればキャッシュはかなり価値の高い仮想通貨になる可能性があります。

トークンは主要な仮想通貨と比較すると、取引量や値動きが小さいため、投資対象として魅力を感じないと思う人もいるはずです。しかし、将来性的に大きく発展する可能性があることを十分に知っておきましょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

キャッシュ以外はザイフで購入できるんだね。トークンが欲しい人ならザイフに登録した方がいいのかも?

カネット XXX(表情名入力)カネット

日本の取引所で購入できるトークンは、基本的にその取引所の独自トークンが多いヨ!だから、どのトークンがほしいかを考えた上で取引所を開設するのも良いかもネ

トークンとICO

トークンを理解する上で重要なのが、ICOとの関連性です。アメリカなどに比べると、日本ではベンチャー企業の資金調達には厚い壁があるため、この資金調達の手段としてトークンが注目されているのです。

トークンの理解を深めるためにもICOについて簡単に説明しておきましょう。

将来性に投資するICO(Initial Coin Offering)

まずここに新しい事業を始めようとする、あるベンチャー企業があると仮定します。今までは株主を募集して、未公開株ということで株式を発行していました。そこで集まったお金を資金として、企業は新しい事業をスタートするわけです。

ところが最近ではこの未公開株の代わりに、トークンを発行することで資金を調達するという、新しい資金確保の方法が登場しました。それがICO(プレセールとも呼ばれる)です。

出資者はまだ公開前のトークンに投資して、その企業とトークンの将来性に賭けます。そのベンチャー企業が成功すれば、手持ちのトークンが公開されて、仮想通貨として価値が上昇する可能性があるのです。

ICOの魅力は、そのトークンが最安値の状態で購入できるため、今後の値上がりに大きな期待できることです。ただし値上がりも公開もされずに消えて行くトークンもあるので、投資するには正確な情報収集とテクニックが必要になります。

現在進行中または公開前のICOについての情報は、日本語のICO検索サイトがあるので確認してみてください。

ICOへの参加方法

ICOに参加してトークンを購入するためには、上記のような検索サイトで情報を集めてから、それぞれのICOのサイトで詳細を確認することから始めます。

ICOは企業の資金調達以外にも、さまざまな分野で広がりを見せています。英語での情報サイトが多いので、日本語で説明されているサイトを見つけるのに少し手間がかかるかもしれません。

ICOには必ず「ホワイトペーパー」という説明書のようなものが付いていて、その目的やトークンのシステムなどについて非常に詳しい情報が書かれています。事前に確認することが大切です。

ICOで購入したトークンが値上がりするか、または値下がりして消滅するかは未知数です。ICOで投資する場合には、事前に充分な情報を収集して、少額から慎重に取引を始めましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ICOは主にベンチャー企業の資金調達に利用されるヨ。だから、その企業がどんなことをするか、成功しそうなのかをきちんとリサーチした上でトークンを購入しないといけないんダ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ふーん。でも会社の理念とか見ればなんとなくわかるんじゃない?だから何だかんだでどうにかなる気もするわ!

カネット XXX(表情名入力)カネット

……ちなみに、企業生存率は6~7%と言われているヨ。つまり、生き残るトークンも少ないってコトをしっかり覚えておいてネ!

新しく広がるトークンの活用法

既存のビジネス以外にも、トークンを活用したさまざまな活動が生まれています。とくに注目されているものを紹介しましょう。

Globatalent

将来性のあるスポーツ選手にトークンで先行投資するという、非常にユニークな取り組みです。選手たちはその活動資金でトレーニングに励み、成功した選手たちによる広告収入などから、投資家に還元する仕組みです。

MEvU・Ethouseなど

あらゆるものを賭け事の対象にしてしまい、現金を賭ける代わりにトークンでやりとりするシステムです。ちょっとしたゲーム感覚で、勝てば保有するトークンが増えるというシンプルな仕組みです。

EQUI

個人投資家とプロの投資家を結び付け、プロの目から将来性のある新興企業に投資して、成功した投資による利益がトークンで配分されるという仕組みです。

ALIS

日本発のシステムとして注目されているのが、新しい形のソーシャルメディアを目指す「ALIS」です。

簡単に言うとグーグルのような検索メディアなのですが、広告収入に頼らない点が大きく違います。

ALISでは信頼性の高い記事が重視されていて、質の高い記事を書いたり見つけたりすると報酬が得られます。その報酬がトークンなのです。

ALISでは既にICOが行われており、かなりの資金調達にも成功していますが、実際のメディアとしてはまだ公開されていません。今後の動向が期待されています。

このように、今までは誰も考えつかなかったような新しい取り組みに、トークンという新しい通貨が活用されています。

実際にこうした活動のICOに参加するには、海外の取引所やサイトを使うことになり、仮想通貨の取引に熟達した人以外は、安易に手を出さないほうが良いかもしれません。

しかし今後のトークン市場の広がりと一緒に、その動きを注視する必要はあるでしょう。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ICOってただ企業に投資するだけじゃなくて、色んなことに活用できるんだね!面白そう!

カネット XXX(表情名入力)カネット

この中でオススメなのはALISだネ。日本発のサービスだから日本語に対応しているし、ICOの活用例の1つとして見てみると良いカモ!

トークンの活用ポイントをチェック

実質的には仮想通貨と同じタイプの貨幣と考えて良いトークンですが、取引や活用のしかたがかなり違うということが分かりました。

では今後トークンによる投資を考える場合、どのような点に注意したら良いのでしょうか?

トークンに投資する上でのメリット

トークンの活用法の部分で紹介しましたが、トークンに投資する最大の魅力は、非常に多くの選択肢があることでしょう。

しかも極めてユニークな発想の活用法も多くあり、投資よりも気軽に始められることも1つのメリットです。

またICOでは公開前のトークンに投資をすることになるので、まだ相場が値上がりしない状態の、いわば底値で購入できる点も大きなメリットです。

もう一つ、トークンの今後の発展性を考える上で注目したいのが「コムサ(COMSA)」の存在です。コムサはトークンであると同時に、取引所ザイフを運営するテックビューロ社が構築しているプラットフォームの名称でもあります。

このCOMSAが発展すると、ちょうど東証の株式市場のようなイメージになり、そこでさまざまな企業のICOが一元的に管理されるようになるかもしれません。

ICOを活用したベンチャー事業が活性化するにつれて、今後は仮想通貨よりもトークンへの投資が活発化する可能性もあるのです。

トークンに投資する上でのデメリット

トークンへの投資を考えている人は、マイナス面も充分に考慮しておく必要があります。

まず国内ではトークンを扱っている取引所が少ないため、仮想通貨のように安定した取引が難しいという点があります。さらに、値動きがなく、ただ保有しているだけになってしまうトークンもあるのです。

ICOでトークンでの投資をする場合は、それなりのリスクを伴うこともデメリットと言えるでしょう。投資しても、今後そのトークンが値上がりするかどうかは非常に判断が難しく、トークンそのものが消滅してしまう危険性もあります。

しかもICOは海外発信のものが圧倒的に多いため、トークンの購入は一度別な仮想通貨を購入してから、その仮想通貨で購入するという手間も掛かるのです。

トークンへの投資も自己責任であり、リスクは付きもの。そのため、トークンでの投資は慎重に行いましょう。。

トークンに投資する上での注意点

トークンは既存の仮想通貨のブロックチェーンを利用しているため、セキュリティ対策はベースになるブロックチェーンの信頼性に左右されます。

投資対象のトークンが、どのブロックチェーンを使っているかなど、技術的な安全性も事前に確認しておきましょう。

また、トークンを使ったICOでも詐欺事件も多く発生しています。

国内ではICOの法による規制はなく、野放しの状態だと言えます。自分自身で責任を持って見極めるしかないでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

現在発行されるトークンのほとんどが詐欺だと言われているヨ。詐欺じゃなくてもプロジェクトが失敗する可能性も高いから、情報をしっかり集めた上で見極めてネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ほ、ほとんどが詐欺かぁ……でも、他の人が投資してるトークンなら大丈夫だよね?

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

それも怪しいところよね。サクラだっているだろうし……まぁ、ICOには無くなっても困らない金額を入れる程度にしておくのが良さそうだわ……

トークンの今後の発展に注目をしよう!

大きくまとめてしまうと、トークンも仮想通貨の一種です。しかし、トークンと主要仮想通貨とは別の方向に、その活用法が広がっています。

トークンの利点は、発行する側が自由に用途や発行量を決められる点。その特性を生かして多くの企業が行っているのが、トークンを使った資金調達「ICO」です。

現時点でトークンを保有していても、投資の観点では何の利益も生み出さないかもしれません。しかし今後トークンを使ったICOがさらに発展を見せれば、価値の無かったトークンが一転して利益を生み出す可能性はあります。

特にコムサのようなICOのプラットフォームが一般的になれば、トークンの役割は現在の仮想通貨をしのぐ可能性もあるのです。まだ未成熟な通貨であるトークンだからこそ、投資する価値は十分にあります。今後の展開に注目しておきましょう。