仮想通貨のウォレットとは?仕組みや種類、使い方、メリットを徹底解説!

仮想通貨のウォレットとは?仕組みや種類、使い方、メリットを徹底解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨を購入したらウォレットに移す必要があるんだヨ。ウォレットっていうのは仮想通貨の財布みたいなものデ……

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

その説明よく聞くけどさ、言われてもよくわからないんだよね。別にネット上にお財布があるわけじゃないしさ

カネット XXX(表情名入力)カネット

それはある意味、サトシくんの仮想通貨知識が深まってきた証拠だネ!じゃあ今回は、もっと深掘りしたウォレット知識を覚えてみようカ!

仮想通貨の取引は仮想通貨取引所で行いますが、購入した仮想通貨を取引所に置いたままにしておくと、ハッキングや取引所破綻リスクがあります。

仮想通貨は銀行預金や有価証券のような保護制度がないため、ハッキングや取引所の破綻が起こっても、預けている資産は保護されず、すべて失う可能性があるのです。

そこで活用したいのが「ウォレット」です。ウォレットは仮想通貨を保管しておく場所のことで、取引所で購入した仮想通貨をウォレットに保管しておけば、ハッキングや取引所破綻の影響を受けずに済みます。

しかし、ウォレットは自己責任なので、仕組みや注意点をよく理解したうえで利用することが大切です。

今回は、仮想通貨のウォレットとは何か、そして、利用する際のメリットや注意点についても詳しくお伝えします。

仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨のウォレットとは、どんなものなのでしょうか。まずはウォレットとは何か、そして、必要な理由や仕組みについて確認していきましょう。

ウォレットとは

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を保管する場所のことで、取引所に預けている日本円や仮想通貨も、厳密には取引所のウォレットに保管されています。

取引所で購入した仮想通貨は、取引所に置いたままにしておくこともできますし、自分が管理するウォレットに送金して保管することもできるのです。

ウォレットにはさまざまな種類があり、オンラインで管理するものだけでなく、オフラインで管理できるものもあります。

また、ウォレットによって対応している仮想通貨の種類が異なっているのも特徴です。

たとえば、ビットコインを保管するにはビットコイン対応のウォレット、イーサリアムならイーサリアム対応のウォレットを選ぶ必要があります。

ウォレットが必要な理由

ウォレットが必要な理由は、購入した仮想通貨を取引所に預けたままにしておくと、ハッキングや取引所破綻リスクがあるからです。

2018年1月には仮想通貨取引所のコインチェックで、利用者から預かっている約580億円分のネムが不正アクセスにより流出する事件が起きました。

コインチェックは不正流出したネムについて、利用者への補償を実施しましたが、他の取引所で同じことが起きたときに補償されるとは限りません。

仮想通貨は銀行預金や有価証券のような保護制度がないので、ハッキングや取引所の破綻によって仮想通貨を失っても、基本的には補償されないのです。

もし、取引所で購入した仮想通貨を個人管理のウォレットに送金しておけば、取引所がハッキング被害を受けても影響を受けずに済みます。

このように、仮想通貨をウォレットに保管することで、ハッキングや取引所破綻などのリスクを回避できるのです。

ウォレットの仕組み

ウォレットは、簡単に言うと仮想通貨を保管しておく場所ですが、正確にはウォレットの中に仮想通貨が保管されているわけではありません。

仮想通貨自体はブロックチェーン上に存在し、ウォレットは資産にアクセスするための秘密鍵やパスワードなどを管理するものと考えるとよいでしょう。

取引所が破綻しても仮想通貨自体がなくなるわけではありませんが、秘密鍵が手元にないため、仮想通貨を取り出すことができないのです。

また、ウォレットが入っているスマホやPCが壊れたとしても、秘密鍵をしっかり管理していれば問題なくアクセスできます。

つまり、ウォレット(財布)と言われていますが、実際は仮想通貨をウォレットに保管するのではなく、ウォレットで仮想通貨にアクセスするための鍵を管理すると理解しておきましょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

つまり、ウォレットというのは『自分以外にアクセス権がない場所』のことだネ。ここに仮想通貨を保管することで、ハッキングのリスクを回避することができるんダ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

なるほど……つまり、秘密鍵はアクセス権のことになるんだね!

ウォレットを利用するメリット

仮想通貨をウォレットで管理することには、どんなメリットがあるのでしょうか。次に、ウォレットを利用するメリットについて確認していきましょう。

取引所リスクを回避できる

購入した仮想通貨を取引所に預けたままにせず、ウォレットで管理する一番のメリットは、取引所リスクを回避できることです。

仮想通貨を取引所に預けておけば、秘密鍵は取引所が管理してくれるので楽ですし、簡単に取引ができます。

しかし、コインチェックのように取引所がハッキング被害を受け、預けている仮想通貨が不正送金されてしまっても、基本的には補償を受けることができないのです。

保有する仮想通貨をウォレットで管理すれば、ハッキングや破綻などの取引所リスクを回避できるので、安心して仮想通貨を取引できます。

取引額が少額のうちは取引所に預けたままでもよいかもしれませんが、取引額が増えて資産を安全に管理したいなら、ウォレットを利用するほうがよいでしょう。

分散型取引所(DEX)が利用できる

仮想通貨取引所には、中央集権型取引所と分散型取引所(DEX)の二種類があります。

ビットフライヤーやザイフなどの国内取引所は中央集権型取引所に該当し、仮想通貨の取引は中央管理者(取引所)が仲介します。

秘密鍵は中央管理者が管理してくれるので、利用者は簡単に仮想通貨の取引ができますが、ハッキングや破綻などの取引所リスクもあります。

一方、分散型取引所はウォレットから個人同士で直接売買できるのが特徴で、国内取引所のように中央管理者が存在しません。

運営元はいますが、個人資産には直接アクセスできない仕組みになっているのです。

仮想通貨は特定の国に管理されない「分散型通貨」であることからも、今後は分散型取引所が主体になっていく可能性があります。

ウォレットを作っておくと、この分散型取引所が利用できるので、中央集権型取引所を介さずに個人同士で取引したい方には利用するメリットがあるでしょう。

マイニング報酬が得られるものもある

仮想通貨の中には、ウォレットに保管しておくだけでマイニング報酬が得られるものもあります。

たとえば、ネム(XEM)は10,000ネム以上を「Nano Wallet」というウォレットに入れておくと、ネムがもらえる「ハーベスティング」という仕組みがあるのです。

ウォレットに入れるだけでマイニング報酬が得られる通貨は少ないですが、保有している仮想通貨にこのような仕組みがあれば、ウォレットを利用するメリットは大きいでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

マイニング報酬も分散型取引所の利用もあるけれど、やっぱり1番大きなメリットは取引所のハッキングリスク回避だネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

マウントゴックス事件もコインチェック事件も、取引所がハッキングされて起こったことなら、ウォレットに入れておけば回避できるもんね

カネット XXX(表情名入力)カネット

その通リ!とくに盗まれて困るような金額は、自分のウォレットに入れて保管しておくのが1番だヨ!ただし、ウォレットを使うにしても気をつけたい点がいくつかあるから見ていこうカ!

ウォレットを利用するときの注意点

仮想通貨のウォレットを利用するときは注意点を理解しておかないと、通貨を紛失するリスクがあります。

ここでは、ウォレットを利用するときの注意点について確認していきましょう。

秘密鍵やパスワードの管理

ウォレットを利用するときは、秘密鍵やパスワードが必要になりますが、この秘密鍵とパスワードは厳重に管理しなくてはなりません。

秘密鍵やパスワードを紛失してしまうと、保管してある仮想通貨が取り出せなくなってしまうからです。

ウォレットの管理は完全に自己責任なので、秘密鍵を紛失してしまうと解決する方法がありません。

パソコンだけに保存しておくと、そのパソコンが壊れてしまうリスクがあるので、複数の場所に保存しておくようにしましょう。

送金ミス

ウォレットに仮想通貨を送金するには、ウォレットで生成されたアドレスに仮想通貨を送金する必要があります。

このアドレスを間違えてしまうと、仮想通貨を紛失してしまい、取り戻せなくなる可能性があるのです。

たとえば、ビットコインをウォレットに送金するときに、誤ってイーサリアムを保管してあるウォレットに送金してしまうと、送金したビットコインが行方不明になって取り戻せなくなる可能性があります。

これが国内取引所間であれば、取引所のサポートが対応してくれると思いますが、個人管理のウォレットではすべて自己責任です。

慣れないうちは間違えやすいので、初めて送金するときは少額にしておくなど、慎重に処理するようにしましょう。

ハッキングやフィッシング

ウォレットを利用するときは、ハッキングやフィッシング詐欺に注意する必要があります。

たとえば、オンライン環境に秘密鍵を保管しておくと、ハッキングによって秘密鍵を知られてしまい、ウォレットから仮想通貨が盗まれてしまう可能性があります。

また、仮想通貨のウォレットは数多く存在しており、中には偽物のウォレットアプリなどもあるので注意が必要です。誤って使用すると、仮想通貨が盗まれてしまいます。

そのため、ウォレットを利用するときは、秘密鍵のオフライン管理はもちろん、利用するウォレットに問題がないかも十分に調べるようにしましょう。

対応通貨

仮想通貨のウォレットは、ひとつのウォレットですべての仮想通貨に対応しているわけではありません。

ビットコインは多くのウォレットが対応していますが、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は対応しているものが少ないのです。

そのため、利用するウォレットを選ぶときは、保有している仮想通貨に対応しているかを必ず確認しましょう。

ウォレットのアドレスに未対応の仮想通貨を送金してしまうと、行方不明になって取り戻せなくなるので注意してください。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ただウォレットに入れれば安全安心というわけじゃないんだね……

カネット XXX(表情名入力)カネット

ウォレットの運用は、仮想通貨の知識が多少はないと少し厳しいネ。まずは小額でもいいから、ウォレットに仮想通貨を入れて管理することを初めてみてもいいカモ

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ねぇねぇ、コインチェック事件のときに『コールドウォレット』って言葉を聞いたんだけれど、それもウォレットのことなの?

カネット XXX(表情名入力)カネット

良い質問だネ!じゃあ次はウォレットの種類について見ていくヨ!

ウォレットの種類

最後に、主なウォレットの種類について確認していきましょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、インターネット上にあるウォレットで、インターネットバンキングのようにIDとパスワードを入力して利用します。

初心者でも使いやすく、アクセスしやすいのがメリットですが、インターネット上にあるのでセキュリティに不安があります。

ウォレットを提供しているサイトに不具合があれば、接続できなくなる可能性がありますし、ハッキングリスクもあります。

そのため、少額の仮想通貨の管理には向いていますが、多くの仮想通貨を保管するにはリスクが高いでしょう。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、アドレスと秘密鍵を紙に印刷して管理するウォレットのこと。パソコンやスマホから切り離して保管するので、ハッキングリスクがないのがメリットです。

しかし、印刷した紙を紛失してしまうと、保管してある仮想通貨を取り出せなくなるリスクもあります。

また、盗難リスクもあるので、印刷した紙の管理に気を付ける必要があります。

多くの仮想通貨を保有しており、当分使用する予定がない場合は、ペーパーウォレットによる管理は選択肢のひとつになるでしょう。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは、自分のパソコンにソフトウェアをダウンロードして使うウォレットです。

オフライン環境で管理できるので、パソコンをハッキングされない限りは仮想通貨を盗まれる可能性は低いでしょう。

ソフトウェアウォレットは、仮想通貨の種類によっては公式サイトで提供しているものもあり、使い勝手もよいのがメリットです。

無料で利用できるので、初めてウォレットを利用するなら、ソフトウェアウォレットを検討するとよいでしょう。

ソフトウェアウォレットも、他のウォレットと同じく秘密鍵の管理には注意してください。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット

引用元:レジャー・ナノ

ハードウェアウォレットは、上図のような専用の端末で秘密鍵を保管するウォレットです。

パソコンと切り離して保管できるのでセキュリティが高く、安全に保管できるのがメリットです。

しかし、ハードウェアウォレットは値段が高く(1~2万円程度)、対応している通貨が限られるデメリットもあります。

それでも、非常に安全な保管方法なので、多くの仮想通貨を保有している人はハードウェアウォレットの利用を検討するとよいでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

この中で1番安全なのは、ネット上から切り離して秘密鍵を保管できるコールドウォレットとペーパーウォレットだヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ペーパーウォレットは人に秘密鍵を見られる可能性もあるかもだし、個人的にはハードウェアウォレットが気になるかな?値段はちょっと高いみたいだけど

カネット XXX(表情名入力)カネット

ハードウェアウォレットは初めてコールドウォレットを使う人にもおすすめだネ!ただし、メルカリやヤフオクには偽物が売っているから、購入する際は必ず公式サイトのアナウンスを見て、公式販売店から購入するようにしようネ!

ウォレットのメリットや注意点を理解して、仮想通貨を安全に管理しよう!

保有する仮想通貨を取引所に預けたままにしておくと、ハッキングや取引所の破綻により、仮想通貨を取り戻せなくなるリスクがあります。

仮想通貨をウォレットで管理すれば取引所リスクを回避でき、仮想通貨を安全に保管できますが、秘密鍵の管理には十分に注意する必要があります。

安心して仮想通貨の取引をするために、メリットや注意点を理解したうえでウォレットを利用しましょう。