仮想通貨のウェブウォレットとは?仕組みや安全性、使い方を解説

仮想通貨のウェブウォレットとは?仕組みや安全性、使い方を解説

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨ウォレットにはいくつか種類があるけれど、今日はウェブウォレットについて説明するヨ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

ウェブウォレット……名前からしてネット上で保管するものかな?となると取引所のウォレットと何が違うんだろう?

カネット XXX(表情名入力)カネット

そこらへんの説明も込みで説明するからネ!じゃあ順番に見ていこうカ!

仮想通貨の保管方法には、取引所に預けておく他に、ウォレットを作成して自分で管理する方法もあります。

仮想通貨のウォレットにはいくつかの種類があり、そのひとつがウェブウォレットです。

ウェブウォレットはWeb上にアカウントを作成し、IDとパスワードで利用するタイプのウォレットで、利便性が高く、無料で使えるメリットがあります。

しかし、デメリットや注意点もあるため、利用する前には、特徴や注意点を理解しておくことが大切です。

今回は仮想通貨のウェブウォレットとは何か、そして、メリットやデメリット、利用するときの注意点について詳しく解説します。

仮想通貨のウェブウォレットとは

まずは、仮想通貨のウェブウォレットとはどんなものか、そして簡単な使い方についてお伝えします。

ウェブウォレットとは

ウェブウォレットとは、Web上でアカウントを作成し、IDとパスワードで利用するタイプのウォレット。

メールアドレスやパスワードなどを入力するだけで簡単に作成でき、オンライン環境ならどの端末でも利用できるのが特徴です。

しかし、オフライン環境では利用できないのでハッキングリスクがあり、セキュリティに不安もあります。

ウェブウォレットは、仮想通貨取引所のように本人確認書類を提出する必要がなく、すぐに作成が可能です。そのため、仮想通貨のウォレットを試してみたい人や少量の通貨を保管したい人に向いています。

仮想通貨取引所もウェブウォレットのひとつ

仮想通貨取引所もWeb上でアカウントを作成し、IDとパスワードで利用するので、ウェブウォレットのひとつです。

仮想通貨取引所とウェブウォレットとの違いは、アカウントを作成するときに本人確認書類が必要なこと。

仮想通貨取引所は利用者保護やマネー・ロンダリング対策の観点から、犯罪目的の利用を事前に防止するために、本人確認を徹底しているのです。

しかし、ウェブウォレットはメールアドレスやパスワードなど、最小限の情報を入力するだけで簡単に作成できます。

ただし、取引所のように仮想通貨を売買できる機能は基本的にないので、あくまでも、仮想通貨の保管や送金、受金のみに利用するのがウェブウォレットです。

ウェブウォレットの使い方

ウェブウォレットを利用するときの、簡単な使い方の流れは以下の通りです。

  1. ウォレットの公式サイトにアクセスする
  2. アカウントを作成する
  3. ウォレットに仮想通貨を送金する
  4. 残高を確認する
ウェブウォレットの使い方

まずは、作成するウォレットの公式サイトにアクセスします。

多くのサイトで「ウォレットを作る」という意味のボタンが表示されているので、クリックしてアカウントを作成しましょう。

上図は「Blockchain.info」の画面で、ウォレットを作成するには「GET A FREE WALLET」をクリックします。

ウォレットを作る

次に、メールアドレスやパスワードなどの必要事項を入力して、アカウントを作成します。

「Blockchain.info」の場合は、メールアドレスとパスワードを入力して続行をクリックするとメールが届くので、内容を確認して認証されると初期設定は完了です。

あとは取引所から仮想通貨をウォレットに送金し、着金を確認するまでが、使い方の簡単な流れになります。

アカウントを作成する際に設定したIDやパスワード、表示された秘密鍵などを忘れてしまうと、保管している仮想通貨を取り戻せなくなるので、第三者に知られないように管理しておきましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

仮想通貨取引所もウェブウォレットの一種……ってことは、取引所のウォレットでよくない?ウェブウォレットをわざわざ使うメリットなんてあるのかしら?

カネット XXX(表情名入力)カネット

特別にコレ!というメリットではないけれど、ウェブウォレットにもきちんとメリットはあるヨ!

ウェブウォレットのメリット

次に、仮想通貨の管理にウェブウォレットを利用するメリットについて確認していきましょう。

どの端末でも利用できる

ウェブウォレットはIDとパスワードを入力して利用するため、インターネットに接続していれば、どの端末でも利用できるのが最大のメリットです。

ウォレットの種類によっては、ひとつの端末でしか利用できないものもあり、利用環境が制限されてしまいます。

しかし、ウェブウォレットなら自宅ではパソコン、外出先ではスマートフォンやタブレットで確認するなどの柔軟な使い方ができるのです。

そのため、ウェブウォレットは外出する機会が多く、外出先でもウォレットを確認したい人に適しているでしょう。

アカウントの管理が簡単

ウォレットの操作や仮想通貨を送金するために、通常は秘密鍵を管理しなくてはなりません。

しかし、ウェブウォレットの中には秘密鍵の管理が不要で、IDとパスワードの管理のみで利用できるウォレットもあるのです。

たとえば、仮想通貨取引所もそのひとつで、取引所が秘密鍵を管理してくれているので、利用者はIDとパスワードを管理するだけで仮想通貨を保管できます。

秘密鍵などの管理が面倒で、ウォレットの利用をためらっている人は、まずウェブウォレットを試してみるとよいでしょう。

無料で利用できる

ウェブウォレットは、無料で利用できるのもメリットのひとつです。

ウォレットの種類によっては、専用の端末を用意する必要があり、端末の購入費用がかかるものもあります。

しかし、ウェブウォレットは公式サイトでアカウントを作成するだけなので、基本的には無料で利用できるのです。

費用をかけずにウォレットを利用したい人にとって、ウェブウォレットは選択肢のひとつになるでしょう。

カネット XXX(表情名入力)カネット

仮想通貨取引所のログインは1つの端末だけにしておきたいとか、何かを購入する際に取引所のアドレスを使いたくないって人にオススメだネ!

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

なるほど。確かに取引所のアドレスをうかつに入力したくはないわね……ウェブウォレットは、ちょっとしたお金を使うための、小銭入れみたいなウォレットなのね

ウェブウォレットのデメリット

ウェブウォレットはメリットだけでなくデメリットもあります。どんなデメリットがあるかを確認していきましょう。

サイトの不具合

ウェブウォレットは公式サイトにアクセスし、IDとパスワードを入力して利用するタイプのウォレットです。

簡単に利用できる反面、秘密鍵やセキュリティなどをすべてサイト管理者に一任することになります。

そのため、サイトに不具合が発生すると一時的に利用できなくなり、最悪は保管してある仮想通貨を取り戻せなくなる可能性があるのです。

ウェブウォレットは簡単に利用できますが、仮想通貨を安全に管理できるかはサイト管理者の運営次第であることを理解しておきましょう。

ハッキングリスクがある

ウェブウォレットはインターネットに接続した状態でしか利用できないので、ハッキングリスクがあります。

自分のアカウントだけでなく、サイトそのものがハッキングされることによって、仮想通貨を盗まれる可能性があるのです。

仮想通貨をハッキングリスクから守るためには、インターネットに接続しないオフライン環境で管理するしかありません。

仮想通貨をウェブウォレットで管理する限り、ハッキングリスクは避けられないのです。

対応通貨が少ない

仮想通貨取引所以外のウェブウォレットは、対応している仮想通貨の種類が少ないのもデメリットです。

ビットコインやイーサリアムといった主要通貨は、多くのウォレットで対応していますが、他のアルトコインまで対応しているウォレットは少ないのです。

そのため、多くの種類の仮想通貨を保有している人が、その管理のためにウェブウォレットの利用するのは難しいかもしれません。

通貨ごとに利用するウェブウォレットを変える必要があり、管理が大変になる可能性もあります。

カネット XXX(表情名入力)カネット

ウェブウォレットのデメリットは、取引所のウォレットのデメリットに近いネ。とくにアルトコインに対応していないウォレットが多いのは、ウェブウォレットの1番のデメリットかナ……

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ビットコインもイーサリアムも、他に良いウォレットはたくさんあるものね……。出先や旅行先でちょっと使う金額を入れるのがちょうど良い使い道かしら?

ウェブウォレットを利用するときの注意点

ここでは、ウェブウォレットを利用するときの注意点について確認していきましょう。

大量の通貨を保管しない

上でも説明したとおり、ウェブウォレットはインターネットに接続した状態でしか利用できないため、ハッキングリスクがあります。そのため、大量の通貨を保管せず、少額の利用にとどめておくことが大切です。

ウェブウォレットはどの端末でも利用でき、利便性が高いのがメリットですが、大量の通貨を保管するには向いていません。

仮想通貨を安全に保管するには、オフライン環境で管理をするのが基本です。大量の通貨を保管するときは、オフラインで保管できるウォレットを利用しましょう。

信頼できるウォレットを利用する

ウェブウォレットは、信頼できるサイトのウォレットを利用することも大切です。

利用者が少ないサイトや、インターネット上に情報が少ないサイトは詐欺の可能性があり、利用すると仮想通貨が盗まれる恐れがあるのです。

また、本物そっくりのサイトを作って利用者を誘導し、仮想通貨を盗む「フィッシングサイト」もあるので、URLが正しいことを確認して利用する必要があります。

ウェブウォレットは利用者や情報が多い、信頼できるものを選んで利用しましょう。

二段階認証を設定する

二段階認証とは、bitFlyerのログインパスワードに加えて、さらに確認コードによる認証を行うことで、アカウントのセキュリティをより強化するための仕組みです。

引用元:https://bitflyer.com/ja-jp/faq/2-10

二段階認証とは、アカウントにログインするときにIDとパスワードに加えて、確認コードによる認証を行う仕組みのこと。

ウェブウォレットを利用するときに二段階認証を設定していれば、IDやパスワードを第三者に知られても、不正ログインを防ぐことができるのです。

そのため、利用するウェブウォレットを選ぶときは、できるだけ二段階認証を設定できるものを選ぶのがおすすめです。

ウェブウォレットを利用するときは二段階認証を設定して、ハッキングリスクに備えましょう。

パスワードを使い回さない

ウェブウォレットはIDとパスワードを入力して利用するので、セキュリティを高めるためにパスワードを使い回さないことが大切です。

他のサービスで使用しているパスワードを使い回さず、必ずウェブウォレット専用のパスワードを用意しましょう。

もし、使い回しているパスワードを特定されてしまった場合、仮想通貨だけでなく、他の資産まで被害が広がる可能性があるのです。

また、生年月日など、特定されやすいパスワードの使用も避けるべきです。

ウェブウォレットを利用するときは、英数字を組み合わせる、意味のない文字にするなど、特定が難しいパスワードを作成しましょう。

ID、パスワード、秘密鍵はオフラインで管理する

ウェブウォレットの利用に必要なID、パスワード、秘密鍵は、第三者に知られないようにオフラインで管理することが大切です。

パソコンのファイルなどに保管していると、パソコン本体がハッキングされた場合にパスワードなどを盗まれる可能性があります。

そのため、USBや外付けハードディスク、印刷して金庫に保管するなどで管理するのがおすすめです。

大切な資産を盗まれないように、ウェブウォレットを利用ときはID、パスワード、秘密鍵の管理には十分に注意しましょう。

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

『信頼できるウォレットを使用する』以外は、取引所の注意点と一緒ね。フィッシングサイトには注意しないといけないわね……

カネット XXX(表情名入力)カネット

2018年5月には、マイイーサウォレットというウォレットの公式サイトがハッキングされて、トップページがフィッシングサイトにすり替わるようになっていた!という事件もあったヨ。ウェブウォレットはそういうリスクもあるから十分に気をつけたいネ!

おすすめのウェブウォレットを3つ紹介

最後に、おすすめのウェブウォレットを3つ紹介します。

Blockchain.info

Blockchain.info

Blockchain.infoはビットコインとイーサリアムが保管できるウェブウォレットで、利用者が多く、有名なウェブウォレットのひとつです。

メールアドレスとパスワードを入力し、メールアドレスが認証されるとすぐに利用することができます。

Blockchain.infoは日本語にも対応しているので、英語が苦手な方でも比較的使いやすいウェブウォレットです。

また、二段階認証を設定できるので、セキュリティを高めるために設定してから利用しましょう。

MyEtherWallet

MyEtherWallet

MyEtherWalletは、イーサリアムとイーサリアムクラシックに対応しており、イーサリアム保有者が利用する定番のウォレット。

パソコンにダウンロードするタイプ(デスクトップウォレット)と、ウェブウォレットがあります。

MyEtherWalletはERC20トークン(ERC20という基準に準拠したトークン)に対応していることから、ICOに参加する人の多くが利用している、人気が高いウォレットです。

日本語にも対応しているので、英語が苦手な人やウォレットを作成したことがない人でも利用しやすいでしょう。

ビットフライヤー

ビットフライヤー

ビットフライヤーは、ビットコイン取引量が日本一の仮想通貨取引所。取引所もウェブウォレットに含まれるので、おすすめのウォレットのひとつに挙げました。

国内取引所では唯一、二段階認証設定ユーザーに対して、メールアドレスやパスワードなどの盗取による不正な日本円出金を最大500万円まで補償してくれます。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を売買でき、どの端末からでも利用できるので、少額の保有であれば、取引所のウォレットを利用するのも選択肢のひとつでしょう。

ただし、取引所がハッキングされるリスクはあるので、リスクを理解したうえで利用することが大切です。

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

あ、さっきカネットが言っていたマイイーサウォレットだ。ウェブウォレットの中では大手のウォレットっぽいけれど、そういうウォレットでもハッキングリスクはあるんだね

カネット XXX(表情名入力)カネット

そうだヨ。だから、無くなったら困る金額は絶対にウェブウォレットに入れておかないコトを心がけてネ!

ウェブウォレットはメリットやデメリット、注意点を理解したうえで利用しよう!

ウェブウォレットは、メールアドレスやパスワードなどを入力するだけで簡単に作成でき、オンライン環境ならどの端末でも利用できるのが特徴。

利便性が高く、無料で利用できるので、外出先でも残高を確認したい人や少額の仮想通貨を保管するのに適しています。

しかし、インターネットに接続した状態でしか利用できないため、ハッキングリスクがあり、大量の仮想通貨を保管するのは避けたほうが無難です。

ウェブウォレットはメリットやデメリット、注意点を理解したうえで利用しましょう。