ザイフ(Zaif)での法人口座開設方法!手順を画像入りで詳しく解説!

ザイフ(Zaif)での法人口座開設方法!手順を画像入りで詳しく解説!

カネット XXX(表情名入力)カネット

ザイフは法人口座も開設可能なんだヨ!取引手数料がもらえるメリットもあるし、企業にとっては嬉しい取引所だよネ

さおりちゃん XXX(表情名入力)さおりちゃん

法人で仮想通貨を取引する人は取引慣れしてる人だろうし、こういう小さな利益が嬉しいわよね~

たかしくん XXX(表情名入力)たかしくん

僕もいつか社長になる予定だから、ザイフの法人口座を開設する方法もきちんと勉強しなきゃだね!

Zaif (ザイフ) は、取引のたびに手数料がもらえる人気の仮想通貨取引所。個人だけでなく法人名義での口座開設も可能です。※個人の方はザイフ 口座開設方法にて詳しく説明しています。

ここでは、法人名義での口座開設手順を画像入りで詳しく解説していきます。

ザイフ公式サイトはこちら

法人口座開設までの大まかな流れ

  1. メールアドレスを登録
  2. 法人、代表者についての基本情報を入力
  3. 本人確認書類を提出
  4. 確認ハガキを受け取る

法人口座の開設に必要なもの

・メールアドレス
・法人、個人それぞれの本人確認書類
・委任状(担当者と代表者が異なる場合)
これらの書類があれば、すぐに口座開設が可能。

また本人確認書類は、スマホなどで撮影したものをネット上にアップロードすることで提出できます。あらかじめ撮影したデータをパソコンやスマートフォンに保存しておくと登録がスムーズにできますよ。

では、口座開設の手順をひとつずつ見ていきましょう。

ザイフ公式サイトはこちら

Zaifの法人口座開設方法

メールアドレスを登録

Zaifの公式サイトにアクセスすると、トップページが表示されます。

Zaif公式サイトトップページ

そして「Email」と書かれた部分(画像の赤枠部分)にカーソルを合わせて、メールアドレスを入力しましょう。YahooメールやGメールなどのフリーメールアドレスでも登録が可能です。

入力後、「無料登録へ」をクリックすると下の画面が表示されます。

Zaifメールアドレス登録後

その後、先ほど入力したメールアドレス宛にZaifからメールが届くので確認しましょう。

確認メールのリンク先をクリック

Zaifから送られたメールの本文には、下の画像のように「上記URLから登録手続きを行ってください」と書かれています。その部分のURLをクリックして下さい。

Zaif確認メール画面

利用規約、重要事項説明を確認する

メールのURLをクリックすると、ユーザー登録画面が表示されます。

zaifユーザー登録画面

口座開設するためには利用規約と重要事項説明、両方に同意する必要があります。「利用規約」と「重要事項説明」をクリックし、内容を確認しましょう。

zaifユーザー登録画面2

パスワードの設定

利用規約と重要事項説明を読んで納得したら、パスワードを設定します。下の画面の「パスワード」の部分に、任意のパスワードを入力してください。(この時点でメールアドレスは既に入力されています)

zaifユーザー登録画面3

パスワードは、半角アルファベット(大文字、小文字の区別あり)、数字、記号を自由に組み合わせて設定できます。

ここで設定する文字の組み合わせによりパスワードの強度が変わってきます。複雑なパスワードであるほど第三者に推測されにくく、不正アクセスがされにくくなります。

パスワードの強度はZaifが自動で判別し、画面に表示されます。好きな文字の組み合わせで構いませんが、強度が50%を超えないと次に進めないようになっています。

zaifユーザー登録画面4

アルファベットのみ、数字のみという具合に1つの文字種だけで設定しようとすると、かなり長いパスワードでないと50%を超えません。アルファベット、数字、記号を組み合わせると、比較的少ない文字数でパスワード強度を上げることができます。

また不正アクセスなどのトラブルを避けるため、他のサイトで使っているものと同じパスワードは避けて下さい。独自のものを設定するようにしましょう。

パスワードの強度が50%を超えると、下の画面のように「パスワードの強度は○○%です。強いパスワードです」と表示され、「同意して登録」がクリックできるようになります。

zaifユーザー登録画面5

「同意して登録」をクリックすると、下のようなログイン画面が表示されますので、先ほど設定したメールアドレスとパスワードを入力して下さい。そして「私はロボットではありません」にチェックを入れ、ログインをクリック。

zaifユーザー登録画面6

また、初めてログインする時や、別のブラウザでログインを行う時に、下のような認証画面が表示される場合があります。

zaif画像認証

この認証画面では、16分割されたマスの中にある「道路標識」「道路」「車」など特定のものを選択する指示が出されます。そして、指示されたものを正しく選択すると認証される仕組みです。時間制限もありませんし、選び直しもできるので落ち着いて選択しましょう。

ザイフ公式サイトはこちら

法人についての情報を入力

ユーザー登録が完了したら、次に基本情報を入力していきます。

ログインすると、画面の上の方に「本人確認が完了していません。本人確認を行うと、入出金の限度額が解除され、取引ボーナスや利殖ボーナスの対象になります」というメッセージが表示されています。

zaifログイン後画面

このメッセージをクリックするとユーザー情報登録画面に移動します。まず、一番上にある「個人・法人区分」の項目で「法人」にチェックを入れましょう。

ザイフ 入力画面

ユーザー情報登録画面では
・国名
・法人名
・法人名フリガナ
・住所
・連絡先電話番号
・使用言語
・取引目的
・事業内容
これらの法人情報について、選択・入力していきます。

続いて、代表者の情報を入力します。

ザイフ 入力画面

ここでは代表者の
・氏名
・フリガナ
・生年月日
・郵便番号
・住所
について、順番に入力していきましょう。

次に、実質的支配者についての情報を入力します。実質的支配者とは、事業活動において支配的な影響力を持っている個人のことです。まず、実質的支配者に該当する理由を選択します。説明をよく読み、あてはまるものにチェックを入れましょう。

ザイフ 入力画面

続いて、実質的支配者の情報を入力します。代表者と実質的支配者が同じ場合は「代表者の情報をコピーする」にチェックを入れると、先ほど入力した内容が自動でコピーされるので入力の手間を省けます。

ザイフ 入力画面

最後に、外国PEPsに該当するか否かについて選択します。外国PEPsとは、外国政府などにおいて重要な地位にある人、または過去にそのような地位にあった人、およびその家族のことを言います。

あてはまる人はほとんどいないと思いますので、この項目は「いいえ」でOK。(あらかじめ「いいえ」にチェックが入っています。)

この時に登録した情報をもとに、本人確認書類の記載内容と同じかどうかの確認が行われます。その後、登録した法人住所と代表者住所に届く確認ハガキを受け取ることで本人確認が完了します。ですから、入力する内容には間違いがないよう注意しましょう。

また、ログインの際のパスワードを忘れた時なども、ここで入力した情報をもとに本人確認が行われます。ですから、入力した内容はメモを取っておくかスクリーンショットなどで保管しておくといいでしょう。

全ての情報を入力し「変更」ボタンをクリックすればユーザー情報の登録が完了です。

電話番号認証

続いて、電話番号認証を行います。ログインした後、右上の「アカウント」をクリック。

zaif電話番号認証

そして「本人確認」の「電話番号認証」をクリックします。

zaifアカウント画面

すると、下の画面が表示されます。「電話番号」の欄にSMSメッセージが受信可能な携帯番号を入力しましょう。

zaif認証コード発行画面

そして、「送信」をクリックすると、入力された電話番号あてに6桁の認証コードが記載されたSMSメッセージが届きます。認証コード発行画面の「電話番号認証コード登録はこちら」をクリックし、認証コードの入力に進みましょう。

zaif認証コード発行画面2

クリックすると下の画面が表示されますので、SMSメッセージに記載されている6桁の認証コードを入力し「登録」をクリック。

zaif認証コード発行画面3

以上で電話番号認証が終了です。

本人確認書類のアップロード

続いて、本人確認書類のアップロードに移りましょう。

電話番号認証コードの登録が完了すると、下の画面が表示されます。青い部分「本人確認画像のアップロードはこちら」をクリック。

zaif認証コード発行画面4

「ファイルを選択」をクリックして、運転免許証などの画像を選択し、「アップロード」をクリックします。

ザイフ 本人確認画像アップロード

法人口座開設の際は書類が複数必要ですが、同じ作業を繰り返すことで複数の書類をアップロードできます。必要な書類のアップロードが済んだら、「アップロードしたファイルで申請する」ボタンをクリックします。

ザイフ 本人確認画像アップロード2

これで、本人確認書類をアップロードが完了し、Zaifでの本人確認処理が進められます。

ザイフ 本人確認画像アップロード3

なお、法人口座開設の際に必要な本人確認書類は以下の通りです。

1.法人の本人確認書類

登記簿謄本(発行日時がわかるもの。発行から3ヶ月以内)

2.個人の本人確認書類

・運転免許証(現住所が表面記載のものと異なる場合、裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
・在留カード(現住所が表面記載のものと異なる場合、裏面も必要)
・日本国パスポート、ビザ(住所が記載されている面も必要)
・マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは不可)

のいずれか1点。

もしくは

・官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など)+公共料金の明細書1点(電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書)
・官公庁発行の公的証明書を2点
※公共料金の明細書に関しては、氏名・住所・発行日が確認できるもの
※有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効

となります。

これらについて
・担当者と代表者が同じ場合は、代表者個人の本人確認書類
・担当者と代表者が異なる場合は、担当者個人の本人確認書類
の提出が必要です。

3.委任状
担当者と代表者が異なる場合、代表者から担当者への委任状が必要。委任状はZaif の公式サイトからダウンロードが可能です。

ダウンロード後、プリントアウトして記入・捺印の上、スマホで写真を撮りアップロードすることで提出できます。

全ての本人確認書類はスキャナーでの読み取り、もしくはデジタルカメラやスマートフォンなどで撮影された、鮮明なカラーファイルである必要があります。

郵送による本人確認で完了

本人確認書類のアップロードまで終わり、Zaifの本人確認処理が終わると、その旨が記載されたメールが送られてきます。

その後、登録した住所にZaifから本人確認ハガキが発送されます。法人口座の場合、法人用と担当者用の2通がそれぞれの住所に届くので受け取りましょう。

なおこのハガキは簡易書留のため、ポスト投函はされません。受け取れなかった場合には不在票が入りますので再配達を依頼しましょう。

ザイフ 本人確認ハガキ

確認ハガキは圧着式になっていますので、ゆっくりと開封して下さい。中面を開くと、法人用の確認ハガキに本人確認コードが記載されています。

ザイフ 本人確認ハガキ

あとはハガキの案内にしたがって、

・STEP1
Zaif>ログイン>アカウント>郵送による本人確認のページにアクセス

・STEP2
ハガキに記載された本人確認コードを入力して、「送信」をクリックして登録を完了させましょう。

zaif本人確認画面

これですべての本人確認が済み、Zaifの法人口座開設が完了です。

このように、法人口座の開設は思ったよりも簡単。それに口座を開いたからといって、すぐに取引をしなくても大丈夫です。

しかし本人確認までには、通常2週間程度かかり、新規の申込者が多い期間は2週間~1ヶ月程度かかることもあります。

そのため、事前に口座開設だけでも済ませておくことをお勧めします。

ザイフ口座開設はこちら

カネット XXX(表情名入力)カネット

法人口座の開設方法も、個人口座の開設方法とあんまり変わりないヨ。注意したいのが提出する登記簿謄本は発行から3ヶ月以内のモノってことカナ。3ヶ月以上前のモノだと口座開設が完了しないヨ

さおりちゃん XXX(表情名入力)さおりちゃん

3ヶ月以内って、えらく期間が短いわね。それほど頻繁に登記簿謄本を使う会社もないだろうし、多くは改めて取り寄せになるんじゃないかしら

たかしくん XXX(表情名入力)たかしくん

取り寄せなら時間もかかるよね……。法人口座を開設する前に取り寄せておいた方が良さそうかも

口座開設のギモン

Zaifで法人口座を開設する手順を詳しく紹介してきましたが、仮想通貨取引所の口座を作るとなると、不明な点・不安な点があると思います。ここでは口座開設の際に気になる5つの疑問にお答えします。

法人口座を開設する条件はある?

Zaifで法人口座を作る際、特に条件はありません。スマホやパソコンなどのインターネット環境があって、必要な書類が提出可能であれば口座開設を申し込めます。

ただ、法人名義の場合、法人としての経歴や実績、資本金額などを基準に審査が行われます。明らかな節税対策のみで取引の実態がないといった場合、審査が通らないこともあるようです。

しかし法人名義で仮想通貨取引を行うと、多くのメリットがあります。ですからまずは、上で紹介した手順を参考に口座開設を進めてみましょう。法人名義で仮想通貨取引を行うメリットについては別の記事にまとめています。(別記事へのリンク)

登録や口座開設にかかる費用は?

Zaifで法人口座を開設する際、費用は一切かかりません。登録の際はもちろん、口座維持手数料も無料です。

登録はスマホからもできる?

口座の開設はスマートフォンからも可能。画面の表記は少し異なるものの、登録と口座開設の流れは上で説明したとおりです。スマートフォンであれば、本人確認書類を撮影してそのままアップロードできるので便利ですよ。

本人確認書類はなぜ必要?

2017年4月1日に改正資金決済法が施行され、国内の仮想通貨の交換所や取引所において、口座開設の際に本人確認が必須となりました。これは、なりすましなどによる不正アクセスやマネーロンダリング(犯罪などによって不正に得た収益を流通可能なお金に変えること)を防止するためです。

そのため、Zaifでは本人確認書類の提出と確認が完了しなければ、日本円の入金ができない仕組みになっています。つまり、本人確認書類を提出しないと取引ができません。

1日でも早く仮想通貨の取引をしたいという人が多いでしょうから、これは少し手間のかかるシステムです。でも、裏を返せばZaifはそれだけセキュリティがしっかりしている取引所とも言えますね。

開設から利用までにかかる日数

Zaifの公式サイトによれば、本人確認処置は通常約2週間で完了とありますが、2018年1月現在、口座開設の申し込みが集中しており、処理に相当な時間がかかっているようです。

登録してからハガキが到着するまで、目安として2週間~1ヶ月、時期によってはもっと時間がかかる場合があります。これからますます利用者が増加することを考えると、1日でも早く口座開設の手続きを進めておくのが得策です。

ザイフ公式サイトはこちら

さおりちゃん XXX(表情名入力)さおりちゃん

ちゃんと会社として事業をしていれば、特に問題なく口座開設ができるのね

カネット XXX(表情名入力)カネット

よっぽどなことをしてない限りは、普通に口座開設ができるヨ。さァ、口座開設を進めていこウ!

口座開設後にやっておきたいこと

本人確認処理が終わってハガキを受け取ったら、すぐにでも取引をスタートしたいですよね。でも、次の2つを事前にしておくと、安全でスムーズな取引が始められます。

2段階認証

Zaifをはじめとした仮想通貨取引所では、まず資金として日本円を入金し、そのお金で仮想通貨を買うのが一般的な流れです。自分のお金を使ってネット上で取引する以上、セキュリティ面はしっかりしておきたいですよね。

そのために、2段階認証の設定を強くオススメします。2段階認証とはログインの際、メールアドレスと通常のパスワードに加え、専用アプリで得られるパスワードで認証する方法です。

この2段階認証を設定していないと、第三者がパスワードを解読し、不正にアクセスする恐れがあります。もし、不正にアクセスされ勝手にパスワードを変更されてしまえば、ログインができず、取引所にある日本円やビットコインを失うことになります。

このようなトラブルを防ぐためにも、2段階認証の設定が必要です。2段階認証の設定については、こちらで詳しく説明しています。(別記事へのリンク)

出金口座の登録

日本円で仮想通貨を取引して利益が出たら、その後は自分の銀行口座に日本円を出金しますよね。そのために、事前に出金口座を登録しておきましょう。

・アカウント画面>基本情報画面
ここで下の画像の赤い部分「JPY出金口座」→「新規追加」の順にクリック。

zaif基本情報画面

すると、下の「出金口座:新規登録」画面が表示されます。

zaif出金口座画面

あとは必要情報を入力して「新規登録」ボタンをクリックすれば完了です。

これで、日本円を出金したい時、スムーズに出金ができます。出金方法についてはこちらの記事に詳しく書いています(別記事へのリンク)

カネット XXX(表情名入力)カネット

出金口座まで登録すれば全部完了!あとはザイフからのハガキを待つだけだヨ

さおりちゃん XXX(表情名入力)さおりちゃん

法人口座を開くっていうから複雑な手順が必要かと思ってたけど、簡単に口座開設できるのね

たかしくん XXX(表情名入力)たかしくん

うん!僕でも理解できたよ!ただ、登記簿謄本をどこに取り寄せるかだけがわからないけど……

カネット XXX(表情名入力)カネット

登記簿謄本は法務局に取り寄せてもらうヨ。最近はパソコンからオンライン申し込みして送ってもらえるカラ、登記所にいちいち出向かなくていいんダ

たかしくん XXX(表情名入力)たかしくん

へぇ~。最近はなんでもネットでできるんだなぁ……便利な世の中になったもんだねぇ……しみじみ

さおりちゃん XXX(表情名入力)さおりちゃん

ちょっと、まだ大学生なのにお年寄りみたいなこと言わないでよね

まとめ

いかがでしたか?Zaifで法人口座を開設する方法について、ひとつずつ詳しく説明してきました。法人口座を開設する場合、必要な書類は増えますが、開設方法自体はとてもシンプルなのでつまずく箇所はほとんどありません。

Zaifはやはりマイナス手数料が魅力。取引すればするほど手数料がもらえるわけですから、積極的に利用しない手はありませんよね。

お得に取引ができるZaifで、仮想通貨の取引を始めましょう!

ザイフ公式サイトはこちら