ザイフ(Zaif)の手数料を徹底解説!取引手数料や入金にかかる振込手数料とは?

ザイフ(Zaif)の手数料を徹底解説!取引手数料や入金にかかる振込手数料とは?

カネット XXX(表情名入力)カネット

ザイフは主に取引所形式だから、手数料が安いのが魅力だヨ!

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

安いって言っても、やっぱり価格に連動して高くなるんじゃないの?実際のところどれくらいかかるのか教えてよ

カネット XXX(表情名入力)カネット

確かに仮想通貨の価格に寄って変わってくる手数料もあるネ……今回はそこらへんも含めて、ザイフの手数料について見ていこうカ!

ザイフ(Zaif) は簡単に売買ができる仮想通貨取引所。取り扱っている仮想通貨の種類が多く、独自トークンを多数扱っているのも人気の理由です。

しかし仮想通貨取引所を利用する際に気になるのが「手数料」。ザイフには販売所と取引所の2つの販売形式があり、取引の際にかかる手数料が異なります。また入金や送金を行う際にも、どれくらい手数料がかかるのか気になりますよね。

ここではザイフを利用するにあたって、かかる手数料について詳しく説明していきます。

ザイフ公式サイトはこちら

ザイフを利用する際にかかる手数料

ザイフの主な手数料は以下の通り。

  • 仮想通貨を取引(売買)する際の手数料
  • 日本円を入金・出金する際の手数料
  • 仮想通貨を別の取引所やウォレットに送る際の手数料

なお、口座アカウントの作成や維持にかかる手数料は無料です。

仮想通貨を取引する際の手数料や入出金手数料、送金手数料は通貨の種類や方法によって違います。

それぞれの手数料について、詳しく見ていきましょう。

ザイフで取引(売買)する際の手数料

ザイフで仮想通貨を売買するには、販売所・取引所のいずれかで取引を行います。2つの違いは以下の通りです。

・販売所(簡単売買)…ザイフを相手に、ザイフが提示する価格で売買を行う
・取引所…別のユーザーを相手に、お互いの希望をマッチングさせて売買を行う

上の2つのうち、ザイフが手数料を明示しているのが「取引所」。

また「販売所」の手数料は無料となっているため、一見手数料がかからないように思えます。しかし、売買価格に手数料が含まれる形になっているため注意しましょう。

それでは、ひとつずつさらに詳しく見ていきましょう。

ザイフ取引所の取引(売買)手数料

ザイフの取引所で仮想通貨を売買する際の手数料は以下の通りです。

主要通貨成行注文(テイカー)指値注文(メイカー)
ビットコイン(BTC)-0.01-0.05
ネム(XEM)0.10
モナコイン(MONA)0.10
ビットコインキャッシュ(BCH)0.30
イーサリアム(ETH)0.10
トークン成行注文(テイカー)指値注文(メイカー)
ザイフ(ZAIF)0.10
カウンターパーティ(XCP)0.10
ビットクリスタルズ(BCY)0.10
ストレージコインX(SJCX)0.10
フィスココイン(FSCC)0.10
ペペキャッシュ(PEPECASH)0.010
カイカコイン(CICC)0.10
ネクスコイン(NCXC)0.10
コムサ<ERC20>(CMS:ETH)0.10
コムサ<Mosaic>(CMS:XEM)0.10

取引所形式でビットコインやアルトコインを売買する際、注文方法によって表の手数料がかかります。

成行注文(テイカー)は価格を指定しない注文方法で、指値注文(メイカー)は価格を指定する注文方法です。2つの注文方法をうまく使い分けることでより有利な取引が行えます。

詳しい取引方法については、別の記事にまとめていますので確認して下さい。
ザイフ 取引方法

また、ザイフの取引所では日本円だけでなく、ビットコインで別の仮想通貨を売買することもできます。これをビットコイン建てと言いますが、ビットコイン建ての場合も上の表と同じ手数料がかかります。

ザイフの魅力は何といっても手数料が格安なところ。特にビットコインの売買に関しては手数料が引かれるどころか逆にもらえます。

例えば、成行注文で1BTCを100万円で売買したとすると、0.01%分の100円がもらえることになります。取引をすればするほど手数料がもらえるため、積極的に活用したいですよね。

またアルトコインやトークンの取引手数料は、支払う金額に上乗せされるのではなく、購入したい通貨から手数料分が差し引かれる仕組みです。

例えば100XEMを成行注文で購入する場合、手数料として0.1XEMが差し引かれるため、実際に購入できるのは99.9XEMとなります。

同じように売却する場合には、手数料が上乗せされます。そのため、100XEMを売却するには手数料分である0.1XEMを合わせた100.1XEMを持っていないと売却できないので注意しましょう。

販売所は手数料が売買価格に含まれる

ザイフの販売所では、ビットコインとモナコインの売買が可能です。販売所で売買をする際には手数料がかかりませんが、実際は販売価格や売却価格に手数料が上乗せされています。

では実際に、ザイフの販売所におけるビットコインの売買価格を見てみましょう。

ザイフの販売所画面

上の画像は、ある日の1BTCあたりの購入価格と、売却価格。右側に表示されているのが購入価格、左側に表示されているのが売却価格です。
【購入価格】890,880円
【売却価格】848,147円

つまり1BTCが890,880円で買え、848,147円で売れます。そして販売価格と売却価格には42,733円の差があります。

販売価格と売却価格の差をスプレッドと言い、これがザイフの利益です。販売所では手数料無料となっているものの、スプレッドが実質的な手数料として販売価格に上乗せされています。

そのため販売所は取引所で購入するよりも割高になるので注意しましょう。

以上がザイフで仮想通貨を売買する際にかかる手数料です。販売所形式、取引所形式によってかかる手数料に加え、売買できる通貨の種類や価格も異なります。それぞれの価格をよく見比べて取引を行いましょう。

ザイフ公式サイトはこちら

モナちゃん XXX(表情名入力)モナちゃん

ザイフは販売所形式と取引所形式の2つの形態があるのね

カネット XXX(表情名入力)カネット

取引所形式の方が、仮想通貨を購入する際の手数料が抑えられるカラ、ザイフユーザーのほとんどは取引所の方で購入しているヨ!それじゃあ仮想通貨の売買以外にかかる手数料を見ていくヨー!

日本円の入金手数料・出金手数料

続いて、ザイフで日本円を入金・出金する際にかかる手数料について詳しくみていきましょう。

入金手数料

ザイフの入金方法は次の3種類。
・銀行振込
・コンビニ入金
・ペイジー入金

それぞれの入金方法でかかる手数料について見ていきましょう。

銀行振込手数料

銀行振込の場合、ザイフに直接支払う入金手数料は無料。ただし、銀行の振込手数料が別途必要です。

コンビニ入金手数料

コンビニ決済の際にかかる手数料は以下のとおりです。

入金額手数料
3万円未満486円
3万円以上594円
5万円以上794円(うち印紙代200円)

コンビニ入金手数料は、入金額によって変動します。

ペイジー入金手数料

ペイジー入金の際にかかる手数料は以下のとおりです。

入金額手数料
3万円未満486円
3万円以上594円

ペイジー入金もコンビニ入金同様、入金額によって手数料が変動します。

出金手数料

ザイフで仮想通貨を日本円に換え、銀行口座に出金する際の手数料は以下の通りです。

出金額手数料
50万円未満350円
50万円以上756円

出金手数料は出金額に応じて異なります。

以上が、入出金の際にかかる手数料です。銀行振込やコンビニ入金など、方法や金額によって手数料が変わるため、より手数料の安い方法を利用することでコストを抑えられます。

なお、ザイフの入金方法・出金方法について詳しくは別の記事にまとめています。
ザイフ入金方法
(「ザイフ 出金」の別記事へリンク)

ザイフ公式サイトはこちら

カネット XXX(表情名入力)カネット

1番手数料が安いのは銀行振込だネ。ただし、振込手数料はキミたちが持っている銀行口座によって違いがあるヨ。一度自分が持っている銀行口座の振込手数料を確認してみてネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

えーっと、ジャパンネット銀行の他行振り込みが172円、三菱UFJ銀行の他行振り込みが270円ってことは、ネットバンクの方が安いみたいだね。ただ、夜間と土日は反映されないっぽいから、そこだけ気をつけないとだね~

仮想通貨を別の取引所やウォレットなどへ送金する際の手数料

ザイフでは、仮想通貨を別の取引所やウォレットに送ることが可能。送金にかかる手数料は次の通りです。

ビットコインの送金手数料

ザイフから別のアドレスにビットコインを送付する際、0.0001BTCから自分の好きな手数料が設定できます。(2018年3月現在)

ビットコイン送金手数料 0.0001BTC以上選択可(0.001BTC以上推奨)

ただし最低料金の0.0001BTCに設定した場合、送金処理が完了するまでに時間がかかる可能性があります。そのためザイフでは、0.001BTC以上の送金手数料に設定するよう推奨しています。

アルトコインの送金手数料

アルトコインの送付手数料は以下の通りです。

通貨の種類手数料
ネム(XEM)2XEM~
モナコイン(MONA)0.001MONA
ビットコインキャッシュ(BCH)0.001BCH
イーサリアム(ETH)0.01ETH~
カウンターパーティトークン0.0008~0.01BTCの間で可変
CMS:XEM5XEM~
CMS:ETH0.01ETH~

上記のうち、ネム、イーサリアム、コムサトークンの送金手数料は「~」となっていますが、2018年3月現在の手数料は固定です。

10XEMでも100XEMでも、送金手数料は2XEM。ただし、今後取引量が増えれば手数料が変更される可能性もあります。

また、カウンターパーティトークンはビットコインのブロックチェーン上で発行されるたため、送金手数料はビットコインで支払う必要があります。

そして0.0008~0.01BTCと手数料に幅がありますが、これはビットコインのブロックチェーンにおける送金スピードの問題に対処するため。

ブロックチェーンはひとつのブロックを10分ごとに承認しており、取引量が増えればその分承認に時間がかかってしまいます。

ザイフでは承認スピードをアップしてスムーズに送金するために、混雑状況によって0.0008~0.01BTCの間でその都度手数料が設定されます。

以上がザイフから仮想通貨を送付する際の手数料です。ザイフからビットコインを送付する際、手数料を上乗せすることで処理スピードを上げられるため、急いでビットコインを送りたいときなどに便利です。

なお、送金の仕方について詳しいことは別の記事にまとめていますので確認して下さい。(「ザイフ 送金」の別記事へリンク)

ザイフ公式サイトはこちら

その他にかかる手数料

ザイフの代表的な機能を利用する際の手数料について解説してきました。続いて、その他の機能を利用する際にかかる手数料について見ていきましょう。

信用取引、FX取引手数料

ザイフでは、レバレッジをかけた信用取引やFX取引が可能。これらを利用する際の手数料は以下の通りです。

 信用取引FX取引
取引手数料(/決済)00
借入手数料(/日)0.039
日次手数料(/日)0.039
利益手数料(/決済)0.007
スワップ手数料(/2時間毎)最大±0.375%

信用取引、FX取引とも取引手数料は無料。しかしそれぞれ借入手数料や日次手数料、通貨同士の価格差によって発生する「スワップ手数料」がかかります。

ザイフの信用取引やFX取引について、詳しくは別の記事にまとめていますので確認して下さい。(「ザイフ FX・信用取引」についての別記事へリンク)

コイン積立手数料

ザイフでは、毎月設定した金額分の仮想通貨を自動で買ってくれるコイン積立というサービスがあります。コイン積立を利用する際の手数料は以下の通りです。

積立金額手数料
1,000円~2,000円一律100円
3,000円~9,000円3.5%
10,000円~29,000円2.5%
30,000円~49,000円2%
50,000円以上1.5%

コイン積立では、毎月設定した積立額に手数料を加えた金額が口座から引き落としされます。

以上のように、ザイフでは取引の種類や利用するサービスによって手数料が変わります。取引時や利用時のコストを抑えるためにも、かかる手数料について把握しておくことが大切です。

手数料について理解したら、早速ザイフで仮想通貨取引を始めてみましょう!

ザイフ口座開設はこちら

手数料を抑えるにはどうすればよい?

ザイフを利用する際の手数料について詳しく解説してきましたが、少しでも手数料は抑えたいですよね。ここでは、手数料をできるだけ抑える方法をお伝えします。

カネット XXX(表情名入力)カネット

コイン積立は積立金に比例して手数料がかかるヨ。毎月の積立金額が大きいほど手数料は安くなるけれど、手数料を節約するためにお金を捻出するのはやめておこうネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

投資は余剰資金でやるもの、だね!でもたしかに、積立は一定の金額以上でやった方がコスパは良さそうだから、無理のない範囲でやっていきたいね!

入出金の際に注意したいこと

仮想通貨取引所を利用するにはまず日本円を入金しますが、小さな金額を何度も入金するよりも、ある程度まとまった金額を一度に入金した方が手数料を抑えられます。

例えば1万円だけ入金し、1万円分のビットコインを買ったとします。その後、一時的に価格が下がり「買い増したい」と思ったら、再び入金する必要があり、その都度手数料がかかってしまいます。

特に仮想通貨は価格の変動が非常に激しいため、一気に相場が下がって「買い」のチャンスが急に訪れることが多くあります。その都度入金していると、手数料も毎回掛かってしまいます。

ですから、想定よりも少し多めの金額を入金しておくと手数料の節約に繋がります。ただし入金は、あくまで余剰資金の範囲内で行いましょう。

出金の時も同様に、こまめに出金するよりも、まとまった金額を出金した方がコストを抑えられます。

手数料を抑えて入金するなら住信SBIネット銀行がオススメ

仮想通貨取引を行うなら、ぜひとも口座を開設しておきたい銀行が住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行はとにかく手数料が格安。振込手数料は、以下のとおりです。

【住信SBIネット銀行の振込手数料(税込)】

振込先個 人法 人
住信SBIネット銀行無 料51円
他の金融機関・ランクに応じて月15回まで無料
・回数超過分は1回154円
3万円未満:165円
3万円以上:258円

住信SBIネット銀行同士の振込は、手数料が一切かかりません。しかも、金額や時間に関係なく、いつでも何度でも手数料無料で振込できます。

また、他の金融機関への振込手数料も無料(回数制限付き)となっています。普段から振込をよく行う人であれば、これを有効活用しない手はありません。

住信SBIネット銀行はザイフだけでなく、ほぼ全ての国内取引所と提携しています。ですから、仮想通貨取引を行うならこの機会に住信SBIネット銀行で口座開設しておきましょう!

★住信SBIネット銀行の口座開設はコチラ★

仮想通貨の売買時に注意したいこと

仮想通貨の売買を行う際、販売所と取引所で手数料や価格が大きく異なります。特に販売所はスプレッドが含まれているため割高なことが多いです。

そのため取引所で売買を行う方が割安になります。しかもザイフは取引のたびに手数料がもらえるマイナス手数料も魅力です。

ただし取引所にはデメリットもあります。取引所はユーザー同士の取引であるため、希望の価格と数量で売りに出しているユーザーがいない場合、約定(注文が確定)しません。

しかし販売所なら、価格の急騰時や注文が殺到している時などでも確実に購入が可能。ですからスプレッドを含めた価格で購入しても得になる場合があるのです。

仮想通貨取引を行う際には、状況に応じて販売形式を選択しましょう。

ザイフ公式サイトはこちら

カネット XXX(表情名入力)カネット

さっきサトシくんはジャパンネット銀行を持っているって言ったけれど、ネットバンクを開設するなら住信SBIネット銀行がオススメなんダ。手数料が無料だし、同じ住信SBIネット銀行同士なら送金は即時に完了するカラネ

サトシくん XXX(表情名入力)サトシくん

土日でも仮想通貨の入金ができるってことだね!ネットバンキング持ってない人は住信SBIネット銀行を作っておいて損はなさそう!

まとめ

ザイフを利用する際の手数料について詳しく説明してきました。

手数料は1件単位で見ると少額ですが、積もり積もれば大きな出費になります。抑えられる手数料はしっかり抑えて、お得に仮想通貨取引を始めましょう!

ザイフ公式サイトはこちら